眼鏡、補聴器、入れ歯も争点の仏大統領選

今年のフランス大統領選は4月23日に行われ、この結果を受けて決戦投票が5月7日に実施される予定だ。1回目の投票で得票率50%+1票以上あれば当選するが、ほぼ絞り込まれた候補者が3人のため、それは無いだろうということで2回目が本当の大統領選となる。
国民戦線のマリーヌ・ル・ペン、中道・無党派のエマニュエル・マクロン、右派統一候補のフランソワ・フィヨンの三つ巴戦となることが予想されているが、フィヨンが妻ペネロプ夫人に勤務実態がないのに多額の給与を支払っていた疑惑について公金横領の疑いで捜査に着手されたことで、一気にル・ペンvsマクロンという決戦投票の構図になってきた。
また、同じ中道のフランソワ・バイルがマクロンに肩入れすることが先日発表され、ひょっとすると決選投票以前に1回目の選挙で当選するのではないかという観測もわずかにあるようだ。
 

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。

カテゴリー: 雑感

企業誘致とベンチャー

先週、知人から『あそこ、だいぶ迷走しかけてるな』という話を聞いた。あそことは秋田県・市の認定誘致企業の創薬ベンチャー、UMNファーマである。
秋田市御所野に本社を置き創業(2004年)、現在は秋田本店、横浜本社である。秋田県では数少ない上場企業(マザーズ)だ。
2009~2010年に世界中を襲ったインフルエンザ(世界的には豚インフルエンザ、日本では新型インフルエンザ)は日本でも大きな脅威とされ、当時はワクチンが化学及血清療法研究所(化血研)、北里研究所、デンカ生研、阪大微生物病研究会の4団体・企業しかなかったため、量の確保が問題だった。そこに量産、しかも鶏卵を使わない細胞培養ワクチン(アレルギー無し)ということで投資家達も色めき立ったようだ。
このUMNファーマが2016年12月期は141億円の赤字となり債務超過に陥ったそうだ。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。

カテゴリー: 雑感

3セク破綻と公務員給与

青森市のアウガを運営する第3セクターの特別清算で約17億円の債権放棄をする見通しとなり、小野寺晃彦市長が市職員らの給与削減方針を示したことに、労組が反発しているほか、市職員から不満やら何やらが渦巻いているようだ。(読売新聞)
給与削減とはいっても、来年度1年間、課長級以上の管理職を10%、一般職を5%削減するなどの方針らしく、まあ大したことはない期間と数字だ。(と書くと怒られるかな(^^))
そもそも青森県全体あるいは青森市の勤労者の平均給与水準に比較したら間違いなく多いだろうし、1年間は組織全体の責任を感じたらいいのかもしれない。

 

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。

カテゴリー: 雑感

県知事選佐竹vs寺田 県民が変化を望むなら寺田勝利

寺田元知事が返り咲きを狙って正式に出馬を表明し、現職佐竹知事との違いを鮮明にしたようである。(以下、敬称略)
個人的な結論を書くと、
衰退と転落の継続・延長を善しとするなら、佐竹
冒険主義ながら秋田の将来を考えるなら、寺田
である。そして、選挙戦は寺田の勝ちだろうと筆者は予想する。
H/Wが普通と違うのだろうと思われる訛りの2人、舌ペロペロ爺さんとゴニョゴニョ爺さん、どちらを選択しても年齢を考えれば1期(可能性は低いがせいぜい2期)で終わりだろうし、フットワークの良さなどは期待できないが、秋田の人材不足を今更嘆いても仕方がない。
何とか可能性を見出そうとしても・・・なかなか2人とも難しい。
しかし、知事選は寺田の勝利(圧勝かもしてない)を予想する。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。

カテゴリー: 雑感

福島の賠償は区切りが必要

ヘルシンキの知人の家で数人で飲みながら話し込んでいたら、何かのきっかけで一人が『日本は福島(原発)をどうするつもりなんだ?』と振られて、普段あまり考えもしなくなっていたことに気付かされた。
フィンランドで何故日本の福島を気にする人間がいるかというのは2つ理由がある。
1つは世界初の核廃棄物処分施設オンカロに関しての議論がフィンランド国内でもあれこれあることで関心が高いこと(対岸のスウェーデンからの危惧の声もある。ただでさえ仲の良くない2国)と、2つめは福島原発の汚染水処理の装置に使用されているイオン交換除去剤(ヘルシンキ大学で開発されFortum社(フォルトゥム))製造)がALPSで使用されているからだ。
(これについては日本でもあまり知られていないのではないだろうか?)

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。

カテゴリー: 雑感

シェアリング・エコノミーは日本で普及するか

最近欧米ではシェアリング・エコノミーの代表的なものであるAirbnb(エアビーアンドビー、宿泊施設・民宿を貸し出す人向け)やUber(ウーバー、白タク配車サービス)が流行だが、例によって日本では前者は旅館業法との絡み、後者は一般乗用旅客自動車運送事業法の縛りがあるため大々的には事業を行えない。(何か問題が起きるまで泳がせられている状態)

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。

カテゴリー: 雑感

臨床医は職業訓練校で

高等教育で医学部・看護学部は大学ではなく職業訓練校でいいではないかというニュアンスを書いたところ少々町医者から小言をいただいた(^^)。(その通り!という小言なのだが)
ということでやや補足しておく。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。

カテゴリー: 雑感

トランプという存在とその影響

今、欧州全体はいろいろな意味で戦々恐々といった状況である。
経済面ではギリシャ危機の再燃に伴うユーロ危機、安全保障面ではNATO対ロシアと各国でのテロへの不安である。
ギリシャは今年7月に償還を迎える国債に備えなければならないが、ドイツがIMFとの協調が無ければこれ以上救済のためにEUが融資することは無く『終了』(ギリシャのデフォルト)だと警告している。これはギリシャ国債を大量に抱えるドイツ銀行のロビーイング(IMFへの脅迫)そのものでもある。『終了』はギリシャのEUからの離脱とイコールでもあるが、ドイツ銀行破綻も誘発するはずで、ドイツのIMFへの脅迫は北朝鮮の瀬戸際外交と変わらない。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。

カテゴリー: 雑感

日本の教育システムは激変するか(2) 高等教育・職業教育

最近の日本では、経済格差が教育格差を生み、それによる貧困のスパイラルがどうのという議論が目につく。進学を希望する若者は全て無償で大学まで行けることが重要といった論調に大きな違和感を持つのは筆者だけだろうか。
字ズラだけ見れば全くその通りなのだが、猫も杓子も大学に行くその先にあるものは、やはり卒業大学のランキングや勉強した内容の充実度の差、大学で醸成された人脈の広がりや豊富さの差が現実にあるわけで、競争社会を生き抜くために他者と差別化するために大学に行ったはずが、全くそれとは別で高給も正規の定職も保証されていない現実に困惑・挫折することになる。そんな現実に国民も全く目を向けていないように見えるのだ。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。

カテゴリー: 雑感

日本の教育システムは激変するか(1) 義務教育

自民党が大学などの高等教育の授業料を無償化した場合の財源として、使い道を教育政策に限定する『教育国債』発行の検討に着手する方針を決めたそうで、安倍首相も前向きだと新聞紙サイトで報じられている。
一見するとまーた国債で国の借金(イコールほぼ国民の資産)を増やすのかという見方もあるだろうが、国債である以上、いざとなれば日銀が買いオペで回収したら良いわけで、一つの方法だろうなとも思える。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。

カテゴリー: 雑感