秋田の歴史(幕末・戊辰戦争)

戊辰戦争についてはいろいろな参考資料があるが、どれを読んでも久保田藩、佐竹氏の意図が明らかではない。
結果について短く言えば、結果的に秋田にとってほとんど何も得るものが無く、マイナス面としての『裏切り者のレッテル』と戦場と化した田畑の荒廃と多くの民衆が死んだことである。

備考
1868年 1月 17日 鳥羽・伏見の戦いで勝利した新政府は仙台藩に会津藩への追討を命令。
しかし仙台藩は行動せず。
2月 25日 庄内藩、新政府に使者を送ったが新政府軍への参加を拒否
(会津藩も天皇への恭順を示していたが新政府の権威を認めない姿勢)
3月 22日(23日) 庄内藩、会津藩を討伐するための奥羽鎮撫総督及び新政府軍が仙台に到着
(奥羽鎮撫総督九条道孝は京都から船で仙台に)
29日 仙台藩・米沢藩をはじめとする東北地方の諸藩に会津藩及び庄内藩への追討が命令
4月 6日 九条道孝は久保田藩に庄内討伐を命じた。
10日 会津・庄内軍事同盟。
19日 藩主伊達慶邦の率いる仙台藩の軍勢は会津藩領に入り戦闘状態となる
23日 沢為量(新政府軍副総督)及び大山綱良(下参謀)の率いる新政府軍は庄内藩を攻撃
24日 清川口で戦闘状態となるが庄内軍が新政府軍に勝利
29日 仙台・米沢・会津藩による談判。仙台藩は会津説得を断念
※庄内藩は、当時日本一の大地主と言われ藩を財政的に支えた商人本間家の莫大な献金を元に商人エドワード・スネルからスナイドル銃など最新式兵器を購入するなど軍備の強化を進めていた。
※4月6日の庄内討伐の命令を受けて久保田藩は亀田藩、本荘藩、矢島藩、津軽藩、新庄藩などと共同し由利地方や新庄藩に兵を集結し、庄内藩を攻めようとした。
しかし庄内藩が討伐対象とされる経緯に疑問を持ち士気はふるわなかった。
由利地区に攻勢にでた久保田連合軍に対し閏4月20日に攻撃した。そのため、久保田連合軍は総崩れとなった。その後、仙台藩の白石同盟の呼びかけにより、この連合はなし崩し的に解散となった。11日 江戸開城
19日 旧幕府軍宇都宮城を攻略
23日 新政府軍宇都宮城を奪回
5月 3日 奥羽列藩同盟成立(25藩)
6日 越後の6藩が加わり奥羽越列藩同盟(31藩)となる
19日 新政府軍、長岡城占領
15日 上野で彰義隊敗れる
※仙台藩首席家老但木成行が、東北地方・北海道の首脳達の前で開戦血気の演説を行った。
但木成行はアメリカの南北戦争を引き合いに出して「この戦いは日本の南北戦争である」と宣言
6月
7月 1日 鎮撫総督九条道孝、盛岡を経て秋田に入る
4日 久保田藩、同盟離脱
(久保田に在宿していた仙台藩士を襲い11人死亡。奥羽戦争突入)
24日 同盟軍、長岡城を奪回
29日 二本松城落ちる。長岡城落ちる。新潟港を新政府軍が占領
※久保田藩が寝返った(裏切った)という見方については賛否両論がある。
参考 「秋田の戊辰戦争」(内田誠一)
※11人のうち6人殺害、捕らえた5人を斬首し、その首を現在の五丁目橋付近に晒したとされる。
8月 6日 本荘城陥落
11日 横手城陥落
17日 榎本武揚8隻の軍艦を率いて品川沖を脱走
22日 大館城陥落
23日 新政府軍、若松城下に進入。白虎隊、飯盛山に自刃
26日 榎本艦隊、松島湾に到着。米沢藩、降伏
※京都から海路送られた八千の援軍と、最新式洋銃により、戦局は一変し、同盟軍を領外へと追い出す事に成功
明治元年 9月 3日 榎本武揚、青葉城に登城、仙台藩首脳と軍議
15日 仙台藩降伏
21日 亀田藩(同盟軍)降伏
22日 会津藩降伏
27日 庄内藩降伏
29日 本荘藩、本荘城奪回
8日 元号を明治とする
※亀田藩は当初は勤皇(新政府軍)側だったが、列藩同盟加入、脱退、再加入。結局同盟軍として降伏し、戦後2千石減封
※本荘藩は当初は勤皇(新政府軍)側だったが、列藩同盟加入、脱退。戦後1万石加増。
10月 12日 榎本を率いて蝦夷地に向かう
26日 榎本軍函館を占領
※当時の蝦夷地(北海道)は箱館(函館)附近を支配する松前藩を除くと、仙台藩及び会津藩、庄内藩、盛岡藩、久保田藩、弘前藩の支配下に置かれていた。特に、仙台藩だけで択捉島・国後島ら北方四島を含む“北海道の約半分を支配”していた。
11月 5日 土方歳三ら松前城を落とす
12月 5日 榎本政権樹立
1869年(明治2年) 5月 11日 新政府軍、箱館占領。土方歳三、戦死
18日 榎本、降伏。戊辰戦争終結

幕 末~明治、つまり戊辰戦争時には秋田は難解な動きをしている。会津、庄内救済のために奥羽列藩同盟に加わり亀田、本荘といった小藩とともに同盟軍となる も、仙台藩士を切り捨て脱退し新政府軍に寝返る。この結果、東北地域では『裏切り者』のレッテルを貼られ、戦後処理でも薩長から厚遇されたとはいえず、得 たものは章典禄2万石だけである。一体何を目指して佐竹氏(義尭)は動いたのか?単に優柔不断、情報不足だっただけではないのか?
さらに、寝返っ た際に秋田に居た鎮撫総督九条道孝は保護したようだが、この九条道孝は後の日本初の海上保険会社である東京海上保険会社(現在の東京海上日動火災保険)の 創設者である。この創設を薦めたのは三菱の岩崎弥太郎である。後の尾去沢鉱山開発はこの岩崎弥太郎であり、こういった人脈を秋田の発展に利用することが出 来なかった佐竹氏の先を見通す力の無さが際立つ。

参考資料
「秋田・庄内戊辰戦争」新人物往来社/郡義武著
「戊辰東北戦争」新人物往来社/坂本守著
「奥羽越列藩同盟」中公新書/星亮一著
「戊辰戦争と秋田」 無明舎出版/加藤貞仁著

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらクリックしてください

広告
カテゴリー: 秋田の歴史 タグ: , パーマリンク

秋田の歴史(幕末・戊辰戦争) への1件のフィードバック

  1. 小山啓天 より:

    土方歳三は松の陰に懐かしい顔を見た。
    微笑んで近づくとき殺気を感じて、はっと我に返った。
    「そんな筈はない」歳三は抜き打ちの姿勢で身構えた。
    無料電子書籍「幕末・桜田三兄弟」のご紹介です。
    よろしければご笑読ください。
    ( パソコンや ipad への取り込みは )
    インターネットに[ipadzine小山啓天] ——-ウエッブ検索
    「小山啓天」の書籍-ipadzine(電子書籍)—–クリック
    読みたい画面——————————–クリック
    啓天の無料電子書籍は2014年7月現在、5部あります。
    新着順表示でない場合には下に隠れています。カーソルで動かしてください。
    直接ファイルを開く————————–クリック
    保存—————————————-クリック
    画面表示での読書は、縮小や横書き変換で読みやすい画面表示をお勧めします。
    印字したい場合は、枚数に注意して用紙をセット・印字してください。

コメントは受け付けていません。