パチンコ、自販機禁止特区

5年パスポートもページ追加で膨れてそろそろ新しいのにしないといけない。5年もった試しがないので、10年と5年の2種類ではなく3年とか2年とかの種類を選べるようにして欲しいものだ。

海外に行くと日本を逆に眺めることがあり、いつも思うのはパチンコ屋と街中の自動販売機である。これは外国から見たら相当に異質なもの、日本を理解できないものの代表だと思う。日本人が外国人にその存在理由や事情を聞かれてもうまく説明できないものの代表と言えるのではないか。
<パチンコ屋>
・換金のシステムを誰でも知っている明らかに違法な賭博行為であること
・取り締まるべき警察が天下る団体があれこれと許認可権を持つこと
・禁止法案など絶対出さないパチンコ族議員(民主党になって人数が増えたらしい)
北朝鮮への送金問題
枚挙に暇が無いが、こういうパチンコの実態は決して『庶民の娯楽』ではなく、若者、主婦、年金老人から小銭(最近のパチンコは小銭では遊べないそうだが)を巻き上げ、依存症を生み、自殺やDVや幼児虐待などの遠因にもなっているのだろう。
筆者はギャンブル全部を否定するものではないが、例えばカジノはもっと金持ちの遊びにすべきであると思う。
何より新聞やTVなどのマスコミがそういう部分を全く報道しないことが異常な国日本の象徴かもしれない。ローカルTV局のCM見ていたらあのパチンコのCMの多さとそれに伴うマスコミのだんまりも納得がいく事は確かだが。
いつだったか地震の時秋田県の副知事が公用車を待たせてパチンコやっていて騒ぎになったが、副知事であろうとも依存症になっていた証拠だ。
とにかく、駅前などに賭博場があって、普通の主婦や若者がそこに出入りする光景は日本以外では考えられない。隣の南朝鮮は5年位前に全面禁止になったはずだが、何故か日本ではそういうことが出来ないのだ。(全面禁止になったきっかけは日本の『海物語』の中古輸出台であったことなどマスコミは絶対報道しない)

<自動販売機>
海外でも国際空港や駅、建物の中などのごくごく限られたところには飲料の自販機はあるが街中ではまず見ることが無い。タバコに関しては、レストランの中に小さな数種類しか買えないような自販機が置いてあることがあるが電動でないものなども多い(ガチャポンのようなもの)。
歩道の邪魔だったり、美観を損ねるとか、24時間電気を食う全くエコでないものである。操作しておもしろい自販機もあることは確かだが、必要なものとは到底考えられない。
海外では街中によくKIOSKがあるが、缶入り、瓶入りの飲料とタバコは対面販売という条例でも作れば、ささやかに雇用に貢献するだろう
資源の無い日本が自販機でエネルギーを無駄にしているのはやはり外国から見たら説明の難しいものに見られることは間違いない。

パチンコ禁止特区、自販機禁止特区、そんなものを公約にぶち上げるような画期的な候補者がいるなら市議選も県議選も投票に行くのだが….。

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 社会・経済, 秋田を改造, 国政・国会 タグ: , , , , , , パーマリンク

パチンコ、自販機禁止特区 への1件のフィードバック

  1. Argus より:

    お、都知事選に勝った石原知事もパチンコ、自販機批判をしているようだ。
    当然だと思う。

コメントは受け付けていません。