たかがカンニングじゃないか

山形出身の予備校生に逮捕状….か。

たかが大学入試のカンニングじゃないか。何故、天下の京大、早稲田、同志社、立教が官憲の力を借りる? カンニングを見抜けなかったそれぞれの大学の責任で何とかしろよと言いたい。かつて言われた『大学の自治』などというものは既に死語か。そんなに簡単に官憲を入れていいのか?

無論、公正・公平な入試であるべきでカンニングはアカン
カンニングの歴史は科挙の時代から連綿と続いているのだ。今回は新しい(珍しい)テクノロジーの使用に皆が一斉に驚いただけだ。
マスコミが一斉にIPアドレスだの何だのと社会問題化して大騒ぎすることなのか?
筆者はそっちのほうに驚いている。

プロから見たら、その予備校生も足のつくIPアドレスというものを知らなかったわけじゃないだろうし、もっとうまい方法があったのに残念だな。
IPアドレスを詐称したりするのは技術的にはいとも簡単なことなのに。

この点ではこの予備校生は確かに『不合格』だ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: ディジタル・ネットワーク, 社会・経済, 教育・学校 タグ: , , , パーマリンク

たかがカンニングじゃないか への1件のフィードバック

  1. やぶ睨み より:

    "たかが"カンニングと言うのは賛成できないが、大学側も全科目全問題を
    晒されたわけではないから、怪しい問題は全員ゼロ点、それ以外の問題の
    点数で合否を決めればよかった。
    業務妨害での被害届はそれからだ。何だか天下の京大が情けない。

コメントは受け付けていません。