秋田県や秋田市はどんな支援をしているのか?

こちらからは、地元紙や大新聞の地域版などを見る以外に秋田県や秋田市の自治体としての動きはそれぞれのWebで見るくらいしかできないのだが、原発問題に関しては秋田は県も市も傍観者でしかないわけだが、震災の被害地、被害者への支援はどうなのだろう。NPOやJAなど各種団体での募金や行動は記事にもなっていて民間レベル(ほぼ個人に限られるが)では素晴らしい動きがあるようだが、自治体の動きが全くといっていいほど見えない。今回の震災は規模、範囲が大きくとても個人レベルのボランティアだけではどうしようもない。自治体の組織的な対応が望まれているはずだ。
県知事が、震災後何日か経って岩手や宮城をドヤ顔で訪れたらしいが、特にこれといった協力の要請は無かったようだ。まあ、避難民受け入れと言っても住んでいたところより田舎の秋田に避難するというのはあまり好まないのは人情だろうが、行くのが遅すぎて相手にされなかったというのが実情だろうと推察される。何しろ戊辰戦争で秋田は岩手、宮城からは裏切り者扱いされているわけだし、訪問した知事がその末裔であれば、少なくとも年寄りは良い顔をするはずがない。岩手からは不要と思われる古着などは要らないとばかり物資の支援を丁重に断られたようだ
避難してきた人は受け入れますよといった来るものは拒まずみたいな消極的な姿勢が秋田県や秋田市から感じられるのは筆者だけか? 地元マスコミの力不足か?
知事の専決処分で2億くらいの予算措置をしたそうだが、一体何に使うものなのか。
 
酷いのは秋田市だ。いち早く救援物資と人を送った能代市、コメや物資を送ったにかほ市、大仙市は支援要員の滞在先を岩手県内に設けて人手で支援をするらしい。秋田市よりも小さな自治体がそれぞれ動いているのに秋田市は何か組織的な支援をしているのだろうか?
秋田市は市長が無洗米(たった1トン)を送るのを見送った程度しかマスコミに登場していない。県内で給水車を多く持っているのは秋田市のはずだ。役所ごと被災した自治体の業務支援に人を送れないほど秋田市は一杯一杯の人数で運営しているのか?
現地では遺体の火葬やゴミ処理が既に大きな問題となっているようだ。秋田県内の斎場に余裕があるのかどうか筆者は知らないが、秋田の自治体で受け入れたという報道は無さそうだ。また、秋田市には御所野に立派な溶融炉があるではないか、現地のゴミ処理に協力するなど、自治体として協力できること、自治体でないと取り組めないレベルの支援があるはずだ。災害時の協定を結んでいる宮古市の支援など話題も出ないのか?
何故秋田市は動かない? 市長は首相のように無能呼ばわりされても仕方が無い。

 

人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク

秋田県や秋田市はどんな支援をしているのか? への2件のフィードバック

  1. 通りすがり より:

    SECRET: 0
    PASS:
    管理人さんは、秋田出身の方ですか?
    秋田に住んだことがあるだけの人ですか? ただの評論家ですか? 
    「秋田はどんな支援をしているのか?」などと
    海外に逃げている人に、言われたくないでしょうね。

  2. Argus より:

    SECRET: 0
    PASS:

    そうですねぇ、住民票は秋田にあるし、税金も納めているので行政に文句言うくらいの権利はあるでしょうね。
    政府や保安院や東電の発表する数値を解釈できる人はそれぞれの判断で逃げたらいいし逃げなくてもいいでしょう。
    わけのわからない御用聞き学者の持論やメディアのくだらない解説をアテにするのは時間の無駄。この1ヶ月、ほとんど自分自身の予想とシナリオはそのまま進んでいます。
    今はどのくらいの核燃料棒がどの程度損傷して崩壊熱を出しているかを自分なりに仮定して計算して放水量が足りないと判断するので、いずれどこかの炉か燃料棒保管プールで温度が上がって状況は悪化するでしょう。『数ヶ月で終わる話』ではないのです。この重大さが多くの国民にあまり理解されていない。
    遅かれ早かれ・・・という状況では皆がパニックになる前に自己責任で家族を守る方法を選ぶのもごく普通のことと考えます。
    何故逃げないのか、私なら無理に金を工面してでも逃げて家族を守ります。

コメントは受け付けていません。