公務員に甘い報道姿勢

公務員あるいはそれに準ずる人間の事件についての報道、特に地元新聞紙の扱いには常に疑問がある。
県庁職員、市役所職員、小中高教諭、大学教員などの犯罪あるいは容疑の報道の際に実名報道をしないことである。(凶悪事件は別らしいが)
ただし、警察官、自衛隊などの場合は実名報道が行われる場合が多い。
どういう基準で実名、匿名報道を行うか、一度webでも新聞紙上でも明らかにすべきだ。
例えば、最近では、秋大医学部の教授と元教授の収賄容疑の報道がある。
■教授ら2人、現金受け取り認める 県警で供述、秋大医学部収賄容疑
http://www.sakigake.jp/p/akita/national.jsp?kc=20111207e
金額的には大した額ではないが、医師派遣の見返りとして現金の授受が行われたということで、元教授は容疑をほぼ認め、教授のほうは現金の授受は認めたが医師派遣の見返りとは明確に認めていないということだ。
秋大の教授は国立大学法人職員で、刑法などの適用については公務員とみなされるわけで厳格な裁きが必要で書類送検後の立件は確実だろう。
にも関わらず、実名で報道されない。
朝日新聞では、書類送検されたのは、呼吸器外科の教授と小児外科の元教授と報道されているので、秋大のHPで前者はO教授か? とか調べられる。(筆者が私的なリンチをする必要は無いのでイニシャル表記)

一方、個人の場合は即、実名報道だ。
■児童買春の疑いで能代市の男逮捕 青森県警
http://www.sakigake.jp/p/akita/national.jsp?kc=20111207a
まあ、こっちは女子中学生相手の遊びで、いくら渡したのかはわからないが、100万ということはあり得ないだろう。どうしようもない朝鮮人のような犯罪だ。

どっちの犯罪も筆者にとっては無関係でどうでも良い軽微な犯罪のような印象だし、当事者にとっても自分の社会的立場で『大したことはない』という意識であろうことは想像できる。しかし、大きな組織に属する公人は匿名で、個人は実名報道か? と。
片や、医者、教授と言う地位を利用して行った犯罪。片や個人の小銭で行った犯罪。
社会的な影響はどちらが大きいか一目瞭然である。

しょっちゅう報道される教諭の酒気帯びや飲酒運転の事件はほぼ確実に匿名だ。
中には酒気帯びで検挙され、数ヶ月別の勤務先で隠遁し、しっかり元の職場(学校)に復帰している事例(この場合も匿名報道)などもある。
犯罪の重大性、凶悪性などは別としても、報道するなら欧米並みに実名報道を原則とすべきだ。
実名報道による周囲への影響、特にその犯罪者が属する公的機関の権威に関わるというなら、それは公務員への甘やかしで、報道機関の諂いだ。
公務員こそ実名報道を行う。そのことが公務員への規律の遵守と犯罪抑止に繋がるのではないか?
公務員とその所属機関に阿るなら最初から報道するな! である。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告
カテゴリー: 県政・市政・議会, 社会・経済, 教育・学校 タグ: , , , , パーマリンク