2012年は女性の年かもしれない

いよいよ世界の多くの国でトップが交代する年になった。
まずは、1月14日の台湾総統選挙だが、シナ寄りの現職:馬英九(マー・インジウ、国民党)か、写真の独立派の蔡英文(ツァイ・インウェン、民進党)になるかは日本にも大いに影響があると考えてよい。

■アメリカ大統領選
[共和党]
大統領候補 ギングリッチ元下院議長、ロムニー前マサチューセッツ州知事
ロン・ポール下院議員[テキサス州]、リック・サントラム前上院議員[ペンシルベニア州]

1月3日 アイオワ州党員集会
1月10日 ニューハンプシャー州予備選挙
1月12日 アイオワ州で共和党候補者討論会
1月30日 アイオワ州で共和党候補者討論会
1月31日 フロリダ州予備選挙
2月4日 ネバダ州党員集会
2月6日 アイオワ州党員集会
2月14日 ニューハンプシャー州予備選
2月18日 ネバダ州党員集会
2月28日 サウスカロライナ州予備選
3月6日 スーパーチューズデー[11州で党員集会・予備選挙]
8月27-30日 全国党大会[フロリダ州タンパ] 候補者正式決定

[民主党]
9月3-6日 全国党大会[ノースカロライナ州シャーロット]

10月 テレビ討論会
11月6日 大統領選挙
2013年1月20日 次期大統領就任

さすがに今回は有力な女性候補はいなさそうだが、オキュパイ・ウォールストリートやティ・パーティの動きでは、またまたサラ・ペイリン(写真)が出てくるかもしれない。

■フランス大統領選
第1回投票を
4月22日 第1回投票
5月6日 (第1回で決まらなければ)決戦投票
※今のところ候補は15人でそのうち女性が5人いる。

ナタリー・アルソッド(41歳) 労働者の闘争党(極左派)出身

マリーヌ・ル・ペン(42歳) 国民戦線出身


セゴレーヌ・ロワイヤル(57歳) 社会党出身

 


エヴァ・ジョリー(67歳) ユーロップ・エコロジー=緑の党出身

 


クリスティーヌ・ブータン(67歳) 民主キリスト党


■台湾総統選

1月14日 台湾総統選挙

■ロシア大統領選
3月4日 ロシア大統領選
アンナ・ポリトコフスカヤが殺されないで生きていたら候補だったかもしれない。

■メキシコ大統領選
7月1日 メキシコ大統領選

■南朝鮮大統領選
12月19日 南朝鮮大統領選
※ここもひょっとすると女性大統領かもしれないが、故朴正煕元大統領の長女に対抗してベンチャー起業家出身の安哲秀ソウル大教授が出てきたことで結構煩くなりそうだ。

■シナ
10月 共産党大会
※さらに対日姿勢は厳しくなり、軍拡・覇権の道を進むのだろう。

◆ロンドンオリンピック
7月27日~8月12日

◆APEC(ウラジオストク)
11月

◆マヤ暦終わり
12月21日

※サミット(G8)はアメリカ・シカゴだが日程は未定


この写真は、2008年ノルウェーオスロのオペラハウス落成式に出席したときのアンゲラ・メルケル ドイツ連邦共和国連邦首相(ドイツでは現在はBundeskanzlerではなくきちんと女性名詞でBundeskanzlerinと表記される)。

『メルケルの大量破壊兵器』と言われた写真。
メルケル首相も2期目半ばだが、ユーロ危機をうまく乗り越えて、原発・エネルギー問題を処理できないと退場かもしれない。
そろそろ日本でも無能なポピュリズムの首相が続くのなら、気合の入った女性首相にでも任せるべきだな。
秋田市、秋田県も来年の選挙まで、誰か有能な『秋田美人』出ませんかね。(応援しちゃうけどなぁ・・・)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告
カテゴリー: 国際・政治 タグ: , , , , , , , パーマリンク

2012年は女性の年かもしれない への2件のフィードバック

  1. 台湾応援 より:

     
    そうです、台湾はぜひ独立派の蔡英文に勝ってもらわないと、
    台湾は中国に飲み込まれます。
    東日本大震災で日本を応援し続けてくれている台湾。
    日本人は、これを忘れてはいけない。
     

  2. Argus より:

     
    ロムニー、サントラム僅差!
    どっちもすごいメイクした健康そうな顔で出てきてるなぁ。(そういうのがアメリカ)
     
    反対に”どじょう”のあの肝臓の悪そうな顔と体型は先行きの心配な日本を象徴しているようで、不安感を国内外に印象付ける。

コメントは受け付けていません。