年金受給者のパスポートは取得制限を

コペンハーゲン経由でウィーンに入った。今回も、ささやかに震災募金に回す予定でビジネスではなくエコノミー。あと2ヶ月で1年、1年間はこれを続けると決め、この溜め込んだ差額も自分としては結構な金額になったが、個人でもこんなことしてるのに政府のノロさは一体何なんだという怒りが時々起こる。

運悪く、お揃いのツアーのバッジを付けたオバチャン達の集団の傍の座席で参ったなぁと内心苦笑いしていたところ、首に巻くエアー枕をつけて自前のスリッパを履いて早速話しかけてきた。(どうでもいいが飛行機乗るときは周りの迷惑考えて安物のフレグランスはやめようね)

オ『どちらまで?』
『ウィーンまでです』(一応年上のようなので長幼の序を)
オ『あら、同じだわ。お一人でご旅行?』
『仕事です。事務所が向こうにもあるので』
オ『素敵ですねぇ、ウィーンは長いの?』
『いや、もう歳なので行き来は結構シンドいです。もう6年くらいになります。ツアー旅行、どちらまでですか?』(止せばいいのに振ってしまった)
オ『ウィーンからパリ、ローマ・・・ウィーン』(旅程表を取り出して長々と説明)
『いいですねぇ、観光旅行・・・』
オ『でも、年金受給者でしょ、やることもないし、こうやって時々海外旅行に出るくらいしか楽しみないのよぉ。ユーロ安だし云々』
『そうですか。ちょっと寝させてもらいますので』(馬鹿ババァめ)

ビジネスクラスでは滅多にないがエコノミーではしょっちゅうこういう状況だ。こういうオバチャンや泣き叫ぶガキンチョが傍のときはビール飲んでさっさと寝るに限る。ホント誰かが言っていたがエコノミークラスというのはカーゴなのだ。航空自由化と値下げ合戦で2004年くらいからの欧州便各社のサービスの低下は急激だった。その結果、エコノミーは荷物扱いとさほど変わらないのがわかっていない連中が多すぎる。

それにしても、そもそも年金受給者が海外で金を使うなんてことはおかしいだろう? 同じ金を使うなら国内で使わせないと。
有楽町のガード下のサラリーマンのオッチャンだって『こうやって飲んで、経済を回して震災地を応援してるんだ!』(アンタのビール一杯で経済は回らない(^^))と泣かせる台詞を言うくらいなのに、この年金受給者達は・・・亡国の民か?(^^)

年金では暮らしていけないという気の毒な年寄りも多い現状とは反対に、こういう小遣い&海外で浪費されているのを見せ付けられると、賦課方式で払わされている現役世代としては納得できない。筆者よりも若い世代は怒り心頭だろう。
年金受給開始時にパスポートを持っている人間は返却。海外に肉親、親戚がいて行く必要がある場合には必ず向こうからpersonal invitationを取らせて商用以外の年金受給者の海外旅行を制限すべきだ。
国内にはもっとオバチャンに似合った温泉なり観光地があるはずだし、余生を我侭に過ごすのは勝手だが少しは日本のためになることを心がけてくれと。
ウィーンであの頭が痛くなるような甘さの『モーツァルト大発生チョコクッキー』を買うより、岩手で、ほんのり上品に甘い『かもめの玉子』でも買ってくれと。

mozart

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告
カテゴリー: 社会・経済, 国政・国会, 海外 タグ: , , , , パーマリンク

年金受給者のパスポートは取得制限を への5件のフィードバック

  1. あはは より:

     
    秋田には関係ないですね。
    だって、パスポート持ってる人の数が全国最低なんだもーん。
    むしろ、年に1度は必ず海外でも国内でも旅行に行かせるような施策が必要かも。
     

  2. 若年者 より:

     
    賛成です。
    年寄りは自由気ままに、若者は首を絞められる日本では困る。
    このままで増税などが進めば、年金受給者を含めて金持ちが
    日本を出て行く。
    残るのは私たち貧乏な若者ばかり・・・。
     

  3. Argus より:

     
    日本人の年寄りたちが一斉に日本を脱出というのは考え難いですね。
    『言葉の壁』があまりにも大きい。だから政府は『日本人は逃げられない、逃げる場所が地球上に無い』と安心しているんですけどね。
     
    しかし、1980年代後半、それこそ年寄りを輸出しちゃおうと当時の通産省が『シルバーコロンビア計画』というのをブチ上げて内外から批判を受け、結局バブルもあってうやむやになったんですよ。
    うやむやになってもしっかり経産省の天下り先として受け皿を財団法人で今も残しています。財団法人ロングステイ財団です。何故仕分けされないのか不思議な財団です。
     
    1,400兆円の個人資産のちょうど6割は、60歳代以上の年寄りが握っています。この年代以下の国民が残りの4割(560兆円)と負債約350兆円を抱えています。
    団塊の世代は何を考えて動くか予想は難しいですが、確実に日本を動かしてきましたから、一斉に脱出と言うのも荒唐無稽ではないかも。
    怖いことに、日本の世代間格差というのはマスコミが伝えるよりも現実はもっと厳しいものなんです。他の国なら年寄りを狙う若者の過激な集団が大勢出てきても全然おかしくない状況です。若者が弱すぎる日本、笑う年寄り&泣く若者が今と未来の日本ですね。
     

  4. Argus より:

     
    パスポート剥奪(そんなこたぁ言っちゃいない(^^))は厳しいという意見メールをもらったのですが、国内旅行に目を向けてもらうように、何かインセンティブが必要ですね。日本の名湯100とかでスタンプラリーでもやったらどうでしょうね? 100で足りなきゃ200くらいでもいいと思いますが。
    全部回ったら、『湯当たり賞』なんかを観光庁で授与したらいいんですよ。
    [E:coldsweats01]
     

  5. 賛成 より:

     
    年金受給者にパスポートは不要。
    死ぬまでに資産を使い切るくらい国内で消費をしてほしい。
    カーネギーのように、死ぬときは文無しを理想とする年寄りは
    いなのか?
     

コメントは受け付けていません。