インターネットの敵&要監視国

今年も国境なき記者団(RSF)が、インターネットの検閲、コンテンツフィルタリングなどの状況を国別に評価し、『インターネットの敵』と『要監視国(予備軍)』に分類し発表している。
http://en.rsf.org/beset-by-online-surveillance-and-12-03-2012,42061.html

<インターネットの敵>と名指しされた国
サウジアラビア
バーレーン
ベラルーシ
ビルマ(ミャンマー) (近いうちにリストから除外予定)
北朝鮮
シナ
キューバ
イラン
ウズベキスタン
シリア
トルクメニスタン
ベトナム

<要監視国(予備軍)>と名指しされた国
南朝鮮(4年連続)
オーストラリア
エジプト
エリトリア
フランス
マレーシア
ロシア
スリランカ
タイ(近いうちにリストから除外予定)
チュニジア
トルコ
アラブ首長国連邦
インド(新規追加)
カザフスタン(新規追加)

<要監視国(予備軍)から除外された国>
ベネズエラ
リビア

日本はどうかというと政府が露骨にフィルタリングしていることは無いが、薬物、爆発物、チャイルドポルノ等のいわゆる公序良俗に反するものはあちこちでプロバイダによる自主的な削除が行われている程度。
(ただし、公安等による監視が行われていないかというとそうでもない)
日本についてはこのRSFが長年指摘しているのは、日本記者クラブの閉鎖的な慣習についてである。

さて、あなたはインターネットで『自由』を感じますか?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: ディジタル・ネットワーク, 社会・経済, 科学・テクノロジー, 迷惑な隣国, 海外 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

インターネットの敵&要監視国 への2件のフィードバック

  1. 屈辱 より:

    ~韓国、4年連続「インターネット監視国」の屈辱~
     
    中央日報も聯合ニュースも取り上げている。
    http://japanese.joins.com/article/127/149127.html?servcode=400&sectcode=400
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/03/13/0200000000AJP20120313003100882.HTML
     
    日韓基本条約全部を自国民に知らせなかったから厄介なことになった売春婦問題など、朝鮮政府は南も北も風通しは悪いんだよな。

  2. 嫌韓 より:

    ほとんどの日本人: インターネットでも歴史の事実を探す

    ほとんどの朝鮮人: インターネットで捏造・創作の歴史を広める

    使い方が違うんだよ、根本的に。

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中