ガレキとは日本の政治家たちではないか?(ヘルシンキ発)

ヘルシンキに来ているが今回は短期間のため時差ボケを修正する時間もないため日本時間で動いている。
深夜、ヒマをもてあましたこともあり、参議院予算委員会のインターネット中継を眺めている。
ヒゲの隊長(佐藤正久議員)のゴラン高原PKOに関しての田中防衛大臣叩き、世耕議員の先日の大震災追悼式での台湾の扱いを巡る官房長官叩き。
前者は甲高い声でやたらクイズ問題のようないつもの叩き方だが、この間抜け防衛大臣も本当にどうしようもない。これだけシリア問題が国際的に大きな話題のときに、自衛隊が派遣されているゴラン高原の位置関係がわかっていないようだ。(シリアとヨルダンの間にあると思っているようだから苦笑だ)
本当にこんな防衛大臣で、核を持つシナ、北朝鮮、ロシアを隣国に抱えて緊急事態に対応できるのだろうか?
一方の官房長官、確かに台湾は国家承認していないのだから国としては扱えないだろうが、パレスチナは国家承認していないにも関わらず外交団扱いするとは、やはりシナを意識していることが明らか。
民主党というか現政権の国家観と親シナが露骨に出たのが今回の一件だろう。
大体、この官房長官、男系天皇と女系天皇の違いを説明できなかったらしい。とんでもない人間が官房長官という国を代表するスポークスマンをやっているものだ。
間抜けな答弁をするほうもするほうだが、クイズを出すような質問をするほうもそろそろ戦法を変えないと、どっちもどっちでガレキ同然と国民が感じ始めているに違いない。

helsinki04

 

滞在しているホテルがヘルシンキ大聖堂の近くのため、ちょっと散歩がてらに港近くの小さなマーケットに軽く食べられるものを買いに出かけた。

helsinki09

 

 

 

寒い中、抱擁しているカップル・・・、いいねぇ(^^)。

 

 

 

 

 

マーケットの中には、あれこれ食料品・飲料の他に寿司屋もあるが、前に一度食べたもののあまり美味くはない。(なんか、海苔が変なのと醤油が変なのだ)

helsinki05

helsinki06
(オリーブだけの店、サーモンだけの店。まあ秋田風に言えば漬物屋とボタッコ屋だな)

 

 

 

 

 

 

 

 

helsinki07helsinki08
(ここで小さなチーズの塊を買った)

そういえば、以前夏に来たときに見つけた変なショップ(Tシャツや土産物がゴチャゴチャ売っている店)の写真がPCに残っていたので紹介。

 

 

 

 

 

 

helsinki01

 

 

 

 

 

日本語というか漢字が完全に壊れているというか、欧州の人間から見たらこんな感じなんだろうなというのがよくわかる『変な日本』である。

helsinki02helsinki03

 

 

 

 

 

 

(これ何だろう? death『死』と書きたかったのかな? 右側は完全に意味不明)

どうしたら、普通に『日本』が伝わるだろうか・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらクリックしてください

広告
カテゴリー: 国際・政治, 国政・国会, 海外 タグ: , , , , , , , , パーマリンク