またも世界一に返り咲いた東京 ~割を食う日本人~

毎年恒例の企業駐在員の生活コストの都市別比較が発表された。
Worldwide Cost of Living Survey 2012 – city ranking(MERCER)
http://www.mercer.com/costoflivingpr#City_rankings

これによれば、昨年2位だった日本の東京が1位に返り咲き、大阪が昨年6位から3位、名古屋が11位から10位になった。ぜーんぜん自慢できることではないのだが・・・。
もっとも、昨年1位のアンゴラのルアンダ(今年は2位)などは住居など供給が少ないためのコスト高のため『都市』という意味ではやはり東京がずーっと世界一なのだろう。
この調査、ニューヨーク(今年は33位)のコストを基準として賃貸住宅などを含めた生活コスト(まあ、物価と考えてよい)をドルベースで比較しているため超円高の昨今、東京、大阪、名古屋が突出するのは当然といえば当然。だいたい、東京の外資系の駐在員などは西麻布、六本木界隈の高級賃貸マンション(持ち主はだいたい節税対策の日本人だが)住まいだからこういう調査結果になるのだろうとは思う。
同じように自国通貨高のスイスも東京よりは安いとはいえジュネーブ、チューリヒとランキングされている。
アジアでは高コストランクの常連であるシンガポール、香港なども10位以内に入っているが、最近の傾向としてはオーストラリア各都市(シドニー、メルボルン等)が軒並み上がってきていることだろうか不況のヨーロッパからオーストラリアへの移住がかなり盛んになってきたのもコスト高に影響しているようだ。反対にヨーロッパの各都市はランクを軒並み下げている。変わらないのはスイスとロシアのモスクワ&サンクトくらいだ。ロシアについていえば、モスクワとサンクトだけが別の国のように物価が高いのは実際に行ってみればすぐに理解できる。この2都市以外は物価が安いというか住居すらまともな賃貸などは無いに等しい。

筆者のいるウィーンは昨年36位から48位とランクダウン。そんなにアパートが安くなった実感は無いが、確かに近所に空き部屋の張り紙が増えたような印象はある。
カンガルーのいないオーストリアからカンガルーのいるオーストラリアへ移住というのも何かの雑誌に載っていた記憶がある。

物価高で割を食っているのは日本人だし、あのオーストリア版『リポビタンD』であるレッドブルが日本では200円くらいなのは円高ユーロ安でも値下げをしないメルセデスのようで笑ってしまうし、日本に戻るのがバカらしくなってしまう。
『社会保障と税の一体改革』とは既にBuzzWord
ではないかと日本人のほとんどが思っているはずなのに日本を脱出しない日本人。来週にはまた日本政府のメルトダウンが再開されるのだろう。何故あの蓄膿ブタ首相&イボ蛙コンビを誰も止められないのだ?

物価高(所得低下による相対的)だろうが原発事故だろうが日本に留まってる俺ってカッコイイ! なんて思っていたら大変なことになるよなぁ・・・。
やせ我慢しているのもいいが、そのうち増税したって国の借金減らないじゃないかと世界から見なされて国債暴落&円安&株安に急転回することは明らか。そうなるともう日本から海外に脱出することは相当難しくなる。
年寄りはまあ仕方がないとして、脱出の選択肢を若者から奪う日は間もなくだろう。筆者の愚息・愚娘たちは間に合うだろうか・・・。

redbull

RedBullVW1
(右は日本では見たことがないがシュガーフリーのRedBull。RedBullは元々日本の『リポビタンD』を真似てタイで開発されたものをオーストリアの企業が買収したというのは有名な話)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらクリックしてください

広告
カテゴリー: 海外 タグ: , , , , パーマリンク

またも世界一に返り咲いた東京 ~割を食う日本人~ への1件のフィードバック

  1. Argus より:

    SECRET: 0
    PASS:
     
    こちらではギリシャ再選挙の行方の経済への影響が注目の的だが、メディアから伝わってくる情報では日本では相変わらずわかりにくい政治屋たちのショーが行われているようだ。
    日本では議会制民主主義とか国会の意義などはどうでもよく、各地の人気投票で選ばれた議員達による政党(烏合の衆)政治と小部屋の談合が本質なのだと改めてよくわかる。
    しかし、この政党政治も民主、自民のそれぞれの内紛を抱え先が見えない。
    『国民会議』って何だ? 国会は要らんのか?(^^)
     
    ギリシャの結果以降はおそらくユーロ圏はしばらく立ち上がれなくなるだろうし、影響は確実に支那に及ぶ。おそらく日本を含めて世界的な株安、暴落が起きるだろうが、為替に関しては日本売りも考えられるため円高、円安どっちに振れるのかよくわからない。
    ゴールドでも買って静かにしているのが賢明なのかも。
     
    何故、日本の政治屋たちは日本を沈めようとするのか・・・。

コメントは受け付けていません。