県知事無投票当選は戦後17例目(の恥)になるか!?

新聞紙サイトを眺めていると、秋田県知事選は現職以外に候補がまだ現れず無投票当選の可能性が出てきたそうだ。
とんでもない話である。
公選法では『落とすための投票』というのは無いし、信任投票も行われないため現職以外立候補が無ければ公選法第100条で自動的に当選になってしまう。
余談だが投票が行われた場合は1年間はリコールができないが無投票当選の場合は当選翌日からでもリコール請求が可能である。

特に大きな失政が無いから、議会と対立も無いから無投票当選では県民の信任を得たとは言えないし、イメージ戦略ばかりの特筆すべき実績の無い現職にはぜひ交代してもらわないとまた4年間停滞・沈滞・後退が続き秋田県が本当にダメになる。理由は今まで散々書いてきた通りだ。
■来年4月7日は秋田県の民度が試される日か?(2012/12/11)
■佐竹知事の2期目は問題外(2012/09/08)
■秋田県 殿のバラ撒き(2011/11/28)
その他、震災がれき受け入れ問題やソウル便維持に異常な固執やクマ問題、朝鮮ドラマ助成問題に関してもその面妖さをいくつか指摘してきた。

県庁出身でその内側を知っているならばひょっとして改革も・・・と期待した向きは大きく裏切られ、内部出身故に手をつけられないできたようだ。
特に現職は前回選挙でも次点と僅かの差(6万票弱)でかろうじて当選したわけで県民の多数から信任を受けているとは考えられない。前回3位の佐藤正一郎氏は3度目の正直は狙わず今回は羽後町の町長選挙に出馬のようで、この7万票がそのまま次点だった候補に動けば結果がどうなるかわからない。かといって民主党の川口博氏を支持するわけではないが。

戦後民選となってから都道府県知事の無投票当選は16例あり、そのうち最新のものから3例は、先月の山形県知事、2011年の高知県知事、2003年の鳥取県知事と主に人口減少の顕著な低迷・後退をしている県ばかりである。
県勢が衰え、住民も『県知事など誰でもいいや』という空気が支配し結果的に無投票当選を招くのであれば同じように県勢が衰えている秋田県もやむなしという見方もできるだろうが、これでは民主主義や首長選挙そのものの後退、無意味化に等しい。

何でも反対の共産党や民主党には例え落選覚悟でもぜひ候補を出してもらいたい。公党を自負するならある意味それが責務の一つと言ってよい。
無論、よほどの政策を打ち出さない限りその候補には投票しないが我々有権者は白票を投じて無効票として現職への不信任の意思を示すことが可能になる。
供託金300万円すら捻出できないほど共産党や民主党が衰えているならもはや度し難いが、いみじくも民主主義を標榜する政党ならば不戦敗というのはその矜持を疑われ、ますます支持を失うことになるだろう。
都道府県知事は別に選挙前に秋田県に住んでいる必要は無い。被選挙権の年齢に達しているな落下傘候補でも何でも良い。
無投票阻止を叫んで各地に出てくる運動家(政治家とは考えにくい)もいるわけだから、そういう人間でもよい、ぜひ有権者に白票を投じる機会を与えて欲しいものだ。

秋田市はもっと酷い状態でこちらも無投票当選が言われているようだが、秋田にいる家族の話では除雪一つとってもどうしようもない市政のようで住民目線では評価に値しない。
こちらも白票を投じる機会を与えてくれる候補者は出てこないものだろうか。
民主主義と選挙制度を守るために立候補、それだけでよい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 県政・市政・議会, 社会・経済 タグ: , , , , , , , パーマリンク

県知事無投票当選は戦後17例目(の恥)になるか!? への11件のフィードバック

  1. Hidemaro Iida より:

    県知事の無投票当選を許すような事態を招いたのは、秋田県の住民が悪いからだ。私は佐竹氏という人物を全く知らないが、おそらくは江戸時代の殿様の末裔かなんかだろう。お殿様の子孫だから知事になって当然jだなんていう意識が、今日も県民の心に有るのなら、これはもう救いようが無い。無投票で知事が決まるような事態を、郷土の恥と認識して欲しい。

    • Kob Facabock より:

      正にその通り 民主主義の危機感じますね 閉塞感充満し無気力、無関心、無感予の三無主義かな

  2. Kob Facabock より:

    供託金を県民募集して立候補してはいかがでしょうか
    (例)県民有権者一人50円X60.000i人=3.000.000円  つまり6万人の支持取り付けて立候補すれば当選の可能性ありかな  もちろん県再生の公約を掲げて賛同者を募り

    • 選挙マニア より:

      その案は先月24日にコメントで書きましたが反応ありませんでした(笑)。
      でも、今日21日の17時まで間に合いますかね。
      残念ですねぇ、秋田は何もかもが。

      • Kob Facabock より:

        つい 先ほどこのニュースを知り、、、、、ぶつりてきに不可能ですね 残念

  3. argusakita より:

    こんにちは、皆様

    今、ラトビア・リガからウィーンに戻る途中で空港のラウンジで秋田のニュース拾い読みしました。
    やはり無投票再選でしたか。
    最悪ですね。

    >県知事の無投票当選を許すような事態を招いたのは、秋田県の住民が悪いからだ

    まあ教科書的にはそうなんですが、秋田の場合は選挙は『選んだ住民が悪い』とは言い切れない状況があると感じますよ。あんまり民主主義を必要としない状況とも言えますが、日本の標準・普通とは分けて考えたほうがいいかもしれません。

    夏の参院選はネット選挙でしょうが、情弱状態の秋田ではどうなるのか・・・。

    それにしても、この落書き記事が今日16,000以上もhitしているのには驚きました(^^)。

    • Kob Facabock より:

      私は血統的にも日本人ですが不思議な民族ですよね 県知事選とは直接関わりありませんが3.11の原発事故後行われた福島県議選で当選した県議のほとんどが自民党(戦後日本のエネルギー革命【国策で石炭産業をつぶし原発に切り替えた】)議員かもしくは原発推進賛成議員、私からすればあれだけ痛い目にあっても何故って感じ平常心では考えられない、先の衆議院選でも自民大勝【福島小選挙区】、
      あれだけ盛り上がった反原発が票に結びつかない国民心理って異常な民族よね、、、、到底外国人には理解不能でしょうね、、、、これらに象徴されるように1000年に一度とも言われる大震災と原発事故経験しても何も社会や国のシステム変えられない、変えないもどかしさは国民に無力感だけを残し脱力呆然人間を
      生み出した、その延長線の一こまが無風選挙になたのでは、それゆえにまだ見ぬアベノミクスの虚像果実に群がる国民病【内閣支持率ロケットスタート持続上昇中】は多剤耐性菌か

  4. 秋田県痴痔 より:

    知事選のニュース見ていたらここのblogにたどり着きました。
    いくつか拝見しましたが、なかなか興味深い記事が多いですね。blog主さんは今秋田にいないのでしょうか。外から見るとなるほど違う視点もあるんですね。

    今回の秋田県知事選は表面的には異常だと思います。自民、公明、社民推薦に加えてJAや連合も推薦ってのは常軌を逸している組み合わせでしょう。さらに共産党も民主党も一定の評価を与えて過去4年間を及第としている。
    オール与党ということはいざとなればオール野党になり得るわけですが、全方位外交(八方美人)が身上の佐竹氏としては真逆の支持団体の推薦を得た以上、動きシロがほとんど無くなるわけです。大胆な施策が期待できないのは当たり前ですし地方の首長を政治家と呼ぶかどうかは別として、政治家の姿勢として大いに疑問です。

    Kobさん、はじめまして
    反原発、そんなに国民的に盛り上がりましたか? 報道で取り上げられる回数が多いため盛り上がってるような錯覚なのでは?
    票に結びつかないのは原発が国民の大多数にとって選挙の争点ではなかったからではないですか?私は仕事柄輸出入の数字には敏感なのですが、貿易収支や日本のエネルギー安全保障の面から原発は消極的賛成派だろうと思います。LNGのジャパン・プレミアムという足元を見られた状況は酷いもんですよ。

    人口が1億超えて共和制や連邦制でない国は日本くらいでしょう。制度的にそう簡単に仕組みは変えられないジレンマ抱えていますよね。
    だから、維新の会(私はシンパではありません)の『統治機構の変革』は字ヅラでは全くその通りだと思います。

    アベノミクス、いいんじゃないでしょうか。景気はマインドの問題も大きいし、それで実体経済全体が浮き上がっていけば万々歳。
    我々庶民としてはアベノミクスによるバブル(あるとしたら)への対処を心がけながら大いに騒ぐほうが得策かと。過去のバブル崩壊時にどうなったか記憶している人は強いかも(笑)

    • Kob Facabock より:

      国の借金は1000兆円になんなんとしているし、それぞれの都道府県も全体予算の20~25%前後は借金、返済期日の来る元利を返済するため新たに借金をしているのが殆どの都道府県、つまり財政は硬直化し(自主財源乏し)県単独の事業規模はすずめの涙で国の紐付き地方交付税でその場をしのいでいる  いわは北海道から沖縄まで金太郎飴国土になっているゆえんである。

      このような現状にも関わらず持続的成長産業を見出せず、見え出さず借金(赤字国債増発)して従来型の産業に円札をばら撒く手法は言語道断、今でさえ投資先の見つからない円札は市場にあふれているにも関わらず
      更にそれに拍車かけようとしている25年度予算案に油を注ぎ日銀が円札増発して赤字国債や社債を買い集め市場に円札を乱舞させるは狂気の沙汰 一時的に景気上昇しても失速エンスト(円ストライキ)は現実のものになるだろう

      世界一の借金大国 誰が作ったかの反省もなく 認識もなく 更に借金を積み上げてアベノミクスの根幹ここにあり、、、会社や個人が金融機関に借金申して出るときは返済計画を明示しそれが認められて初めて借金できるが国や地方自治体にはない 必要なのは議会の議決だけ、、、、気楽な家業ですね借金しても返済しなくともいい政治家は

      おそらく私の推測ではそう遠くない時期国家の財政破綻は現実のものになるであろうと予測しています
      ギリシャ、スペイン、イタリア、キプロス、、、、、、、ジャパーンと なるか ならないか 神ぞ知るX年

    • argusakita より:

      こんにちは 秋田県痴痔さん

      >アベノミクス、いいんじゃないでしょうか。景気はマインドの問題も大きいし、
      >それで実体経済全体が浮き上がっていけば万々歳。
      >我々庶民としてはアベノミクスによるバブル(あるとしたら)への対処を心がけ
      >ながら大いに騒ぐほうが得策かと。

      同感、同感。
      過去のバブルの時と違って外国為替について個人でも相当に自由で便利な今は、ヘッジの仕方もいろいろあって、よく考えて自己責任ですね。

コメントは受け付けていません。