新文化施設建設なら既存施設の解体・撤廃を

ロンドンに出張で来ていて、滅茶苦茶忙しいながら昨夜はパブで飲みながら昨年のロンドンオリンピックの会場や施設の話になった。
聞いたところではメインスタジアムは規模縮小の工事中で周囲を含めて今年の7月にエリザベス女王記念公園としてオープン予定だとか。20,000人収容できたプレスセンターは駒割りしてベンチャー企業向けなどのオフィス集合体になるらしい。選手村は8,000程の分譲住宅になるようだが、場所がロンドンのイーストエンドでもともと貧民街とは言わないまでも低所得者層のゲットー状態だったため移民以外には印象が良くないらしく売れ行きはあまり芳しくないらしい。
イギリスも欧州全般と同様に景気が良いとは言えず、オリンピック・パラリンピックの効果は本当に瞬間的だったという評価が一般的のようだ。
スタジアム以外にプール会場なども規模を縮小して国際大会を開催する計画らしいがスポンサーが付かず(命名権のようなものも含めて)、今後の維持費が建設費の10倍以上もかかる(期間は不明だが)という試算なども出ているようでLLDC(公社)は頭を抱えているらしい。

最近は日本でも首都高をはじめ老朽化したインフラの問題がクローズアップされてきたが補修・維持工事では旨味がないためか政治は動かない。
身近な秋田でも老朽化した県民会館や(何故かリニューアルしたばかりの)文化会館に替わる新しい文化施設の建設が県と秋田市で目論まれているという。
喜ぶのは予定敷地の地権者と建設業者なのは明らかでどうでも良いが、問題は行政側だ。県立美術館を見ればわかるように、新しく建築しても既存の建物は何故かそのままである。既存のものも当然維持費がかかることは明らかで、場合によっては修繕費もかかるだろう。
既存の建物はあのデカいだけの絵画『秋田の行事』を移設するまでという話もあるが、あの作品は分割できるはずであり、分割して新県立美術館かどこかに厳重に保管したらよいだけで、建物を壊さない理由にはならない。
昭和40年代の建築で県民会館と共に耐震性で問題があるとかないとか言われていることだし、さっさと解体し更地にすべきである。
ただし、旧県立美術館に思い入れがある市民もいそうだから、Googleにでも手伝ってもらって(地元業者でも機材があれば可能だが)外観・周囲から内部の展示状態をそのままデジタルアーカイブしてバーチャル空間で美術館内を歩ける視覚的な保存をしておくのも文化的な意義はあると思われる。

人口が減少し、入場者も減少するのは目に見えている。新しく施設を作るなら、そのランニングコストを最低でも既存施設の合計と同程度に抑えるのが当然。補修・維持費がかかるものを残していく意味は無い。都市のインフラは社会保障とは違う、建設・管理・維持・修繕といったコストを可能な限り精密に見積もって都市経営コストの考えを持たなければならない。
無為無策な殿と(どうせ再選する、あるいは新人でも同じだろうが)無能な市長で都市経営コストについて話し合うことなどあるのだろうか・・・。

2020オリンピックに関して、欧州ではイスタンブールで決まりだろうという見方が多いように感じる。スペインは民族問題が複雑化してきつつあり財政的にも問題ありと多くの人が考えるようで東京はどうも最初から少々論外のようだ。(IOCという欧州貴族中心の民間団体が一番儲かるのが東京であるのは間違いないらしいが)
イスラム圏初の開催という謳い文句以上のものが東京には無いようにも感じる。一方ではオスマン帝国の歴史にアレルギー反応を示す国が多いのも事実だ(オーストリアなど)。
いっそのこと、親日国トルコを日本が財政・技術的に官民あげてバックアップしてイスタンブールオリンピックを大成功させたほうが中長期的に日本にとっては国益のように筆者には思えるのだが。
日本がイスラム圏にコミットしていくにはトルコとマレーシアとの付き合いが穏健な入り口だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: スポーツ, 県政・市政・議会, 社会・経済, 祭り・イベント, 海外 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

新文化施設建設なら既存施設の解体・撤廃を への3件のフィードバック

  1. 選挙マニア より:

    Argusさん、今回は海外長いですね。
    ちょっと遅かったですがエイプリルフール、ニヤっとしました。

    秋田は今まるで統一地方選状態ですが、知事の無投票再選に始まって何だか盛り上がらない感じです。
    秋田市は実質的に穂積vs寺田ですが市民全体がシラーッとした空気。
    まさに目くそ鼻くその戦いというか何と言うか。

  2. 新屋衆 より:

    同じく秋田市民の新屋衆です。ちょいとご無沙汰です。
    すっかり融けて無くなった雪ですが、あの1月の除雪の酷さと秋田市の対応、穂積市長の「我慢しろ」発言は忘れてはいけませんな。
    一方の寺田氏、国政に関わっていた政治家が一転して地方の首長にという行動は全く理解できませんよ。首長は政治家ではなく行政の責任者に過ぎないのに。
    どうせ何も変わらないだろうから共産党に1期だけやらせてみるかという気持ちもちょっとありますが、同じように安易に国民が選択した民主党を思い出すとダメです。
    白票しかないじゃありませんか?

    エイプリルフール、私はホントかと思っちゃいましたよwww

  3. argusakita より:

    選挙マニアさん、新屋衆さん、こんにちは。

    ちょっと日付がズレちゃいましたね、エイプリルフール。
    でも、本当にデバイスを配るくらいのことをしないと参院選では秋田県の年寄りたちが置いていかれますよね。新聞紙と地上波TVに頼るのでは拙いでしょう。
     
    時々新聞紙サイトなどを見ていますが秋田市もその他市町村も盛り上がっていないようですし、無投票当選もいくつもあったとか。
    どこの基礎自治体も(県自体そうですが)実質的倒産、銀行管理下の企業のようなもので、そんな自治体の首長なんて敗戦処理担当みたいなものですから、立候補するのもある意味非常に奇特な方々だと。下手に夢や希望などを語るよりも管財人のようなテクノクラートという人物像が必要でしょうね。
     
    投票は7日でしたっけ。今回は残念ながら投票に行けないのですが白票なり何なり住民の意思表示がわかるような投票率になって欲しいですね。

    ではでは

コメントは受け付けていません。