靖国問題は支那・朝鮮にとってドリンク剤のようなもの

ヘルシンキからウィーンの事務所に戻りスタッフと雑談していたが、唐突に一人が安倍首相が靖国神社に奉納したという真榊(まさかき)って何だと聞かれ思わず窮した。V君は一度日本に行ったことがあり日本の伝統文化にハマっている。
真榊の実物は知っているのでwebで画像などを探してその作りを英語で説明したが対になっている意味だの何だのと・・・うーん後で調べておくよV君。(^^;)
(これ神道に詳しい人以外はあんまり知らないよなぁ・・・きっと。日本人の常識なら筆者は常識が足りないことになる)

その安倍首相の真榊奉納(ぜひ参拝に行って欲しかったが)、麻生副総理ら閣僚の参拝などを理由に南朝鮮が外相訪日を取りやめたということで反日傾向の強いBBCやアメリカのWSJには早速ニュースが出ていた。これからNYTimesやらWashington Postあたりも記事が出てくるだろう。
毎度毎度春秋の例大祭と終戦記念日近くに騒ぐ支那や朝鮮にとってこの靖国神社問題は定例行事のようなものだろう。何の効き目も無いが自己満足でシャキッとなった気がする国内反日分子向けのドリンク剤のようなものだろうか。
脊髄反応のように外相訪日取り止めだので騒ぐ南朝鮮など放っておけば良いのだ。
日支友好議連(会長:高村副総裁)も支那側の『習主席との面会はできないぞ』という返事で5月の連休中の訪問を止めたそうだ。それで良い。

先ごろアジア開発銀行の発表した今年のアジア各国の成長率で南朝鮮は下から2番目の低さと予想され、円安で輸出が激減し内需も伸びずに経済が崩壊しつつあるため、じきに日本か支那にすがりついてくるのは明らかだ。ひょっとすると立ち上がったばかりとはいえパク政権は今年中に終わるのではないかと筆者は予想している。
支那は支那で尖閣問題が台湾との漁業協定でやりにくくなったことに加え、鳥インフル、環境汚染、さらに四川の大地震と国内で手一杯のようで今回はドリンク剤もあまり効かないだろう。
今回のドリンク剤について支那や南朝鮮の側の反応を大げさに伝える日本メディアには注意しよう。彼らは支那や南朝鮮の代弁者なのだから。

外交は『隣近所との付きあい』ではない。隣近所はその外部からの侵入者などに警戒・対抗するためのいわば集団安全保障体制でそれなりの付き合いが必要だが、日本の場合、隣近所が世界で一、二を争う反日国家ばかりなのだから『隣近所』とお付き合いは無駄であるばかりか国益を損ねる。ご近所だから仲良くという発想は外交が『隣近所との付きあい』の延長にあるという島国日本的な幼稚な思考だ。
欧州を見ればわかるように互いに緊張感を持ち『隣近所との付きあい』を維持できるからこそここ数十年は戦争が無いだけで大人の付き合いなことは明らかである。
こういう関係を日本は特亜と持たなければならないが、相手が相手でしかも3つもあるのだから、まだまだ時間はかかりそうだ。
日本とロシアの関係が劇的に変化すると特亜3国も随分と変化があるような気がするため、安倍首相の訪ロは大いに期待したい。
天皇皇后陛下のインド訪問も報道されているが、閣僚があちこちに出かけ外交の成果を形にし、元首である(少なくとも外国はそう見ている)天皇陛下の訪問で堅固なものになることは政治利用臭くも無いわけではないが、民主党にはできなかった戦略だ。
(天皇陛下のインド訪問は昨年民主党政権下でのインド側からの要請だ)

順調すぎるくらいの安倍政権だが、ちょっとなぁと思うのが育児休暇を子供が3歳まで取得できるようにすることと就職活動の開始を遅らせることを経済団体に要請した点はいただけない。社会主義国家ではないのだからそこまでやる必要は無いのではないか。
就職して数年で結婚し子供が出来て3年目一杯育児休暇を取り、数年働いて第二子でまた3年休暇などという女性を抱える企業などあるだろうか? 育児休暇中のコストを考えれば女性の雇用コストが増大することになる。3年も不在で復帰して元の仕事に就けるほど企業の仕事のスピードは緩くない。筆者のところのような零細ではまず不可能。
育児休暇の延長は、結果的に逆に女性の雇用を敬遠・抑制させることになるのでないだろうか。
こういうのはアイデアとして総理談話程度にしておいて経済団体に直に要請などはすべきではないと思う。
ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 社会・経済, 迷惑な隣国, 国際・政治, 国政・国会 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

靖国問題は支那・朝鮮にとってドリンク剤のようなもの への4件のフィードバック

  1. 不満居士 より:

    ドリンク剤、相変わらずうまいこと言いますねぇ。まさにそういう感じですね。
    ヘルシンキからウィーンに…..ブログ主さんは実際にはどういう仕事されているのか興味があります。同じくらいの年齢だと想像しているのですが。
     
    ご近所の付き合いの延長だと思っている人の一人が現知事でしょうね。

  2. argusakita より:

    靖国参拝に関して特に反日の空気が強いイギリスでいくつかのメディアが取り上げている。

    Yahoo! News UK&IRELAND 同じ記事がMSNフィリピンでも掲載
    Japan vows to use force if Chinese land on islands
    (安倍首相がもし支那が尖閣に上陸したら力で追い返すと発言したと伝えている)
     
    REUTERS(ロイター)
    Japan MPs visit war dead shrine amid tensions with China
    (安倍首相が靖国参拝をしたような誤った記事をupしている)

    ドイツやオーストリア、北欧のニュースではほとんど取り上げていない。
    イギリスのメディアは日本のNHKのように支那に侵食されているからなぁ・・・。
    168人でまとまっていくから示威行動と見られる。バラバラに行けばいいのに。
    この辺が政治屋の嫌なところだ。

  3. 半島嫌い より:

    いやぁ、相変わらず南北朝鮮と中共の靖国参拝への反応はおもしろいですね。
    彼らが「アジアの・・・」というときは南北朝鮮と中共つまり特亜しか指していませんからね。安倍首相他閣僚の毅然としたコメントも事前に打ち合わせしたようにきっちりしていて上手い上手い。あれでいいのですよ。
     
    特亜に対しては日本が右傾化していると見せる(言わせる)程度で十分。
    二隻目の空母を建造する国が何言ってんだと。w
    カミカゼの歴史があるように日本人のいざとなればのキレっぷりは世界が知るところ。
    日本人のそういう歴史が裏打ちする気概こそ最高の抑止力かも。
     
    南のパク政権、立ち上がっていきなりレームダックですねw

    • argusakita より:

      半島嫌いさん、ご無沙汰です。

      >カミカゼの歴史があるように日本人のいざとなればのキレっぷりは世界が知るところ。

      確かにそうですね・・・。
      だからこそ戦後アメリカは徹底的に日本人のそういう隠れた牙を抜こうとあれこれやったのでしょう。
      靖国神社には朝鮮人も祀られているなんてことは一切報道されないでしょうし日本人も知らない人が多い。
      マスコミの多くはそういうことを絶対に報道しないし『アジアの反応』などといって支那と朝鮮からしか取材しない。もっと東南アジアででも取材してほしいですね。
      ほとんどが普通のこと、内政干渉はしない、といった反応でしょう。
      国のために散った英霊に感謝し敬うことが問題になり右傾化だのと騒ぐのでは世界中の先進国のほとんどが右傾化国家です。朝鮮と支那が異常なだけです。

      私の母の長兄(7人兄弟姉妹)は特攻隊でフィリピン沖で戦死しています。
      海の藻屑だったようで当然遺骨などはなく、実家に戻ってきた箱の中に『***の霊』と書かれた紙が1枚入っていただけだったそうです。
      そういうこともあり、歳のせいかもしれませんが、私は靖国に祀られている伯父を思いながら毎年靖国に行きます。(右翼でしょ? (^^))

      何としても日本には普通の国になって欲しいものです。

コメントは受け付けていません。