泉・外旭川新駅はコンビニと進学塾とジョイントで

秋田市が市長公約を進めるべく(ポーズかもしれないが)、泉・外旭川新駅に関して整備効果等調査業務委託に関する公募型プロポーザルを公募していた(17日締め切り)。
おや、今頃公募型プロポーザルで市民のアンケート調査か? 過去4年間一体何をやっていたんだと・・・。調査業務の中の一つに市民意向があり、その仕様は、
———-
調査対象
母集団 新駅周辺地域および市域全体の2つの母集団とする
想定回収率:30%
標本数 新駅周辺地域1,300件、市域全体1,300件
抽出方法 層化無作為抽出(比例配分法)
対象者の抽出は秋田市で行う
———-
1,300という標本数を決めているが、調査前に決めるべき要求精度が不明(かなり低く見ている?)、かつ信頼率(通常は0.95~0.99)も示されていない。
何か暗黙の取り決めでもあるのだろうか。

問題は中身で、与えられた地図(下記)には既に2箇所新駅の候補場所が記載されているではないか。

izumi-new-st-map
この1、2と番号が振られた場所はなかなか興味深く下衆の勘ぐりが働く。
1は現市長の実家である医療法人惇慧会の外旭川病院に近く、2は中通病院を本部とする明和会の特別養護老人ホームがある場所に近い。後者はしばらく前からあるので、おそらくこの地域に新駅ができることを見越しての開設だったのだろうが、この二つの医療法人の綱引きが水面下で行われているのだろうなと。
まあ、アンケートの対象者抽出は秋田市が行うのだそうだからアンケート結果は1に落ち着くような標本集団を選ぶのであろう。
連続何年も地価下落が続く秋田でもアンパスの近くの土地はこの新駅が決まれば今後多少値上がるのだろう。(^^)

新たな人の流れを生み出すことを考えれば新駅は作らないよりは作ったほうがいいに決まっているのだが、問題は予算だろう。
今回のプロポーザルでどのような案を持ってくるのか筆者は知らないが、秋田市があまり金を出さずに進める方法は考えられる。ただし、縦割り行政の現行法では難しいことがあり、特区でも申請することが必要なのでこの部分が秋田市の役割だ。

長く続く不景気の秋田市で比較的鼻息が荒いというか競争状態になっているのは、
・コンビニ
・進学塾
・外国語学校
の3つだ。
前者は何しろセブンイレブンが開店しただけで地元のニュース(筆者は見ていないがTVでも特集をやっていたらしい)になるくらいのコンビニ後進県だが、秋田市の幹線道路沿いは少し前からセブン、ファミマ、ローソンなどのコンビニ開店ラッシュだそうだ(日本を離れた後、娘から何度か聞いた)。特にセブンとファミマは13号線沿いでは仁義無き戦いの様相のようだ(^^)。
そこで、新駅の線路を挟んで駅舎をコンビニ業者に作らせるのだ。線路上はJRにしか構造物を作れないだろうから連絡通路とそこからホームに下りる場所の改札機設置をJRもしくは秋田市とジョイントで設置する。
南北口(あるいは東西口かも)の入り口隣接のコンビニ出店を権利として入札させる。南口はセブン、北口はファミマのように競争させるのだ。
通勤通学の乗降客がある意味約束される場所での出店はコンビニにとっても魅力的なはずだし、JR東日本と組んでそれぞれ何かのポイント制でジョイントすることも考えられる。

コンビニだけでは資金的に不足が見込まれる場合は、コンビニの2F、3Fなどは学習塾や英語塾にレンタルするのだ。
秋田は景気に関わらず子供の教育にはお金をかける親が多い。秋田駅前近くにも大手フランチャイズ予備校・進学塾があるが、夜遅くの親たちの車での送り迎えなどを見ると熱心な親が多いことは確かだ。
結局頑張らせた優秀な子供が県外の大学に行ってしまい秋田には戻ってこないのだから、ある意味亡県的(?)な行動なのだが、現実はそうなのだからやむをえない。筆者の愚息もそうだったため。
今後、英語日本一などという**殿の威勢の良いビジョンもあることだし、英語塾も多少は流行るだろう。
そういう予備校や塾を駅舎に組み込みコンビニとともに店子として誘致すれば互いにwin-winではないか。
資本力のあるコンビニや大手予備校のホールディング会社と秋田市は渡り合えるだろうか・・・。

秋田市とJRに任せて黙って普通の駅など作ったら、四ツ小屋や牛島のようなつまらない何も無い駅舎と殺風景な空き地が駅前ロータリーとして出来上がるのは目に見えている。

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 県政・市政・議会, 社会・経済, 秋田を改造 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

泉・外旭川新駅はコンビニと進学塾とジョイントで への5件のフィードバック

  1. 泉の住人 より:

    初めまして。
    素晴らしいアイデアです。
    なにしろ市民や県民の税からの負担が少なく抑えられそうですし、住宅街に不釣合いな大掛かりな駅舎を連想させないところがいいと思います。

    確かにコンビニと塾は活気ありますよね今の秋田市内では。
    工業や北高なども近い2のほう(できればもう少し秋田駅寄り)がいいですよね。
    通勤通学の人の流れができれば「あじまん」や焼き鳥などの屋台も集まりそうですし、今でもあの辺は住宅風な料理屋がいくつかありますから少しくらいは飲食店も出来るかもしれません。あまり騒がしくならないほうがいいと思いますが。
    学生時代に居た首都圏の私鉄の小さな駅を想像してしまいます。

    でも、今の市長に出来るでしょうか。そこが問題かなぁ。

  2. blogファンその1 より:

    同じくとてもいい案だと感じます。
    法的には結構ハードルがありそうですが、地域の活性化には案外いいですよきっと。
    牛島駅あたりもぜひそういうスキームで改築でもしてくれないですかねぇ。
    四ツ小屋は御所野のイオンまで長ーいエスカレータでもあったらいいでしょうけど、冬場を考えるとちょっと現実的ではないかもしれません。

  3. argusakita より:

    泉の住人さん、こんにちは。

    いやぁ、所詮口先だけですから。しかも海外から(^^)。
    原資が無い貧乏自治体は民間をうまく使わなきゃ。
    市庁舎の何分の一でできる事業かFSでもしてみたいですよね。

    でも、こちらのちょっと郊外の駅などはほぼ無人駅で小さなカフェになっていることが多いです。切符類がターミナル駅以外はほとんど車内で買うシステムだからでしょうけれど。
    新駅作って乗降客の採算だけで勝負しようとするから実現しないんですよ。
    駅がある。止まる電車がたまにしか来ないけど時間潰しができる場所があればいいんです。逆の発想でコンビニや塾に電車が乗り入れる感覚です。
    ファストフードまで寄ってきたら大成功ですが日中の需要は車が傍まで行けないとダメだろうと思うのでファストフードは無理かもしれません。
    もう少し年寄り向けのものも考案して病院の待合室ではなくそこにフラッといけるような場所にしてあげるというのもいいかもしれません。
    おじさん的にはWi-Fiが使えてビールの立ち飲みができるショットバーがあれば・・・(^^)。

    blogファンその1さん、毎度です。
    そうですね、牛島駅は再生できそうな感じがしますね。
    あそこ殺風景ですからねぇ。
    南高の生徒もwelcomeでしょう。

  4. 秋田シミーン より:

    Argusさんの書かれていた通り、
    平成24年度泉・外旭川新駅(仮称)整備効果等調査報告書(概要版)
    http://www.city.akita.akita.jp/city/ur/im/05kotu/newstation/H24report.pdf
    に、その2箇所が1番、2番として結論付けられている。
    今後市民対象にアンケートを実施だそうだ、まるでアリバイ工作みたいだ。
    結局帝石踏切付近でほぼ決まりだな。

    この調査報告書の中で、鉄道利用率の見込みを
    現状6.1% → 新駅設置後7.2% 1.1%上昇
    とサラッと書いているが、盛りすぎだ。

    • argusakita より:

      こんにちは。

      市のHPによれば今後アンケートが行われるようですが、事業主体とも言える秋田市がアンケートを作るのでは無意味というか、それこそアリバイ作りでしょう。
      設問の仕方でアンケートはいくらでも目的の結果を出せますから。
      鉄道利用率の数字は初めて見ましたが、どこかにソースがあるのでしょうか?

コメントは受け付けていません。