朝鮮人の売春婦は各国で問題だが日本にとっての問題は別にある

西村眞悟議員が暴言を吐いたということであれこれ記事や動画を見てみたが、特に嘘は言っていないように思える。東京の鶯谷あたりではまさに南朝鮮女性の売春婦がウヨウヨいるはずだ。
西村氏は元弁護士(2007年弁護士資格剥奪)であり、橋下大阪市長と同様に言葉の重みと使い方を十分に知っている人間のはずだ。その人間がこうも明確に国名を挙げて言ってしまったのは何か背景があるはずだが、公の場で公人が言ったのだから確信犯だろう。ただ、事実を言ったのに即離党というのは面妖だ。

この件は、日本のメディアを見ると大騒ぎだが海外では名指しされた南朝鮮が騒いでいるのと多少反日傾向の強いアメリカの一部のメディアで取り上げているだけで、日本のメディアが『海外の反応』などと大げさにバイアスをかけて報道するのとはかけ離れているのが実態だ。
アメリカのメディアは橋下市長の沖縄関連発言のほうに注目が集まっていて、このままでは収まらないだろう。
南朝鮮人女性の売春はカナダ、アメリカ、オーストラリアで5,6年前から問題になっていて国策で『輸出』しているのではないかと揶揄されるくらい有名な話で話題にもならなくなってきたところだったが、今回の一件でまた火がつくかもしれない。
南朝鮮からは2008年のアメリカビザ免除によって大量に売春目的でアメリカに入国したことが明らかになっていて、少し前まではFBIのwebサイトでも南朝鮮女性の売春摘発の統計数値が他の国からの女性に比べて群を抜く数値だったのだが、最近は具体的な国名を挙げた統計発表はあまり見かけなくなった。(ロビー活動の結果か?)

南朝鮮女性の他国での売春の実態や犯罪については、korean、prostitutionなどのキーワードでググればいくらでも出てくるし、海外にちょくちょく行く人は常識的に知っていることだと言えるだろう。LAやNYあたりのレッド・ライト地区(売春宿街)で、TokyoだのNagoyaだのの店名の売春宿は間違いなく朝鮮人女性のもので日本人はああいうネーミングに対してもっと怒るべきだ。悪いことは日本人のフリをしろという彼らの常識らしい。
ちなみに欧州では、貧困国からの出稼ぎ売春婦が常に問題で、ロマを始め、アルメニア、モルドバ、ルーマニア、ウクライナあたりの国が名指しされることが多い。アジア系は敬遠されるのか暗黙の縄張りがあるのかは知らない。

売春については日本では即『女性の人権・尊厳』というコンテキストで語られるが海外では必ずしもそうとは言えない。日本だけがフェミ系の市民団体だの自称人権派の弁護士による『女性の人権・尊厳』至上な印象さえ強く感じる。
海外では、貧しさ故のやむを得ない職業としての地位はある意味確立していると言えるし、公衆衛生の面からも評価されていて公娼制度さえある。ドイツなどは公務員と見なされるくらいだ。
世界各国(100カ国)の状況は、下記が参考になる。
PROS AND CONS OF CONTROVERSIAL ISSUES
prostitution-world-stat
日本以外での焦点は、貧困故の売春を無くすために売春婦への職業教育HIVを防ぐための衛生教育やコンドーム無償配布などの援助の実践人身売買の犯罪対策のほうを向いている。
日本の『女性の人権・尊厳』を前面に出した売春反対意見というのは国によっては『カッコつけんじゃないよ!』と一喝されるに違いない。
日本のデリヘル(下品な単語だ)のようにパートタイム売春は好き勝手にやらせていいかもしれないが、多くの国では『女性の人権・尊厳』以前に『貧困、生存権』から問題が始まっているフルタイム売春が問題なのだ。
西村議員をボロクソに言った社民党の福島党首などは、オランダ、ドイツ、イタリアあたりで同じことをメディアの前で言ってみたらよい。おそらく五体満足で帰国できないとさえ思う。

実は日本が他国から非難されているのは15万人にもなるというタイとフィリピンからの人身売買であって、実は南朝鮮人の出稼ぎ売春(5万人と言われるが)など放っておけばよいくらいの問題だ。
日本人は売春の是非よりもアジア最大のSEX市場とされる東京を含めて、アジア圏の人身売買や売春などについての実態を知ることが必要ではないか?
CATW-AP(アジア太平洋地域の女性の人身売買反対連合)などの統計情報を見ましょう。
1999年に日本の外務省も実態を英文で公表しているが中身はイマイチだ。
日本のメディアも売春そのものよりも人身売買をもっと糾弾すべきなのだが・・・。
何か日本はズレているんだよなぁ・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 社会・経済, 迷惑な隣国, 国際・政治, 国政・国会, 海外 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク