ホント、秋田市長は仕事しているのかね?

日本でも報道されていると思っていたが、あまりメディアでは取り上げていないようだ。今、ドナウ川、ライン川流域の中欧のドイツやチェコでは洪水で悲惨なことになっていて死者も出ている。11年ぶりの大規模な洪水だそうだ。
秋田市の姉妹都市のドイツのパッサウなどは市内のほぼ全域が水没して死者も出ているようだ。チェコでは動物園の動物も甚大な被害にあっている。
姉妹都市なんて単なる書類上の儀礼的なモノでしょうかね?

Passau20130605
(パッサウ市上空からの写真)

30年前くらいから姉妹都市なのだろうから、少しは災害支援や秋田市民に募金の要請でもしてはどうなのか? ウィーンでもドナウ川の氾濫で若干の被害はあるものの、ささやかにあちこちで募金していて、筆者と会社のスタッフで近所の手伝いをしている。
勿論、地球の裏側からでは大した支援もできないだろうが、それこそ気持ちの問題なのではないかなぁ・・・。
あの東日本大震災の時も災害時の東西横断的な秋田市、大仙市から宮古市までの協定が以前からあるにも関わらず、なーんにも動かずハッピ着て支援米の輸送トラックを見送るだけしか出てこなかった穂積君は一体何のどこにアンテナを張って市長という仕事をしているのか。
名誉職だと思っているなら、さっさと誰かやる気のある若い人に譲ったほうが良い。

こういう無能で無反応な首長では秋田市が本当の災害に襲われたときに市民が危ない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 県政・市政・議会, 海外 タグ: , , , , , , , パーマリンク

ホント、秋田市長は仕事しているのかね? への8件のフィードバック

  1. Kasberger より:

    パッサウでは死者は出ておりませんが、旧市街を中心に甚大な被害に見舞われております。九人目の死者はBad Urachで見つかったそうです。日本でこれらの報道が殆どされていないこと、姉妹都市である秋田市の動きが全く見えないことについては、当方も非常に不審に思っております。秋田市とコンタクトを取る必要があるのでしょうが、まずは日常生活を取り戻すことが先決と言わざるを得ない状況にあります。

    Mit freundlichen Grüßen

  2. なまはげ より:

    これが韓国での出来事ならば、秋田県と秋田市は即座に税金投入しているでしょう。
    国際交流を叫びながら、韓国だけに金を出す奇妙な地域。

    本当に異常です。

  3. あじさい より:

    この日以来、更新がなく、現地で手伝っていらっしゃる由、大変な事態になっているのではと心配しています。まったく情報がありません。不思議です。私に何ができるかを考えています。市役所の市民相談室にどうしたらいいか相談してみることにします。ここに相談すると、案件が机の引き出しで握りつぶされることはありません。そして、必ず回答が出ます。秋田市民として、姉妹都市の災害に何の援助ができるか、どういう応援体制があるかを聞いてみます。

    • argusakita より:

      こんにちは

      私は今、仕事でヘルシンキに来ています。
      中欧の洪水は後片付けなどもまだまだ大変そうです。
      オーストリアではザルツブルグなど山間部でも豪雨被害が出ているようです。
      わずかな募金くらいしかできませんが、ウチのチェコ生まれのスタッフは情報インフラの復旧の手伝いとか言ってPC数台積んで車で現地に行っています。要請があればもう少し何かできるかもしれませんので他のスタッフにも動いてもらうつもりではいますが・・・。
      日本と違って災害時は教会なども動くようですが今回の洪水はちょっと酷そうです。
      パッサウあたりはどうなっているのか新聞サイトくらいしか情報がありません。
      姉妹都市なんて名前だけというのがよくわかりました。

  4. あじさい より:

     相談室に電話をしました。きちんと地域名と苗字を名乗って…。
     ネットで姉妹都市のパッサウが、洪水で大変な状態だと知ったが、秋田市としては、支援を考えているのか。情報がないので、市民は知らないと思うが、姉妹都市であるならば、広報なので情報を提供するべきではないか。私はどういう支援ができるか。募金活動は行っているのか。という内容を、苦情や進言としてではなく、心から、私個人として心配していることを伝えた。
     相談室から、企画調整部の国際交流に回され、そこで、別の担当者に回され、上手な回答を出せる職員に丁寧に教えられた。
    ~①地方自治体は募金活動ができない。②日独協会が検討中。③近々に新聞等でお知らせする予定。④市長からお見舞状はすでに出した。④連絡先を教えてくれれば、情報を提供する。~
     笑いをぐっとこらえて、もう1週間以上もたつので、早急にご検討ください。情報は、私個人にというよりは、市民の皆さんにお知らせください。「お願いします。」でしめくくった。
     私の過去の経験から、役人には上から目線で抗議するより「お願いします」のほうが効き目があるようです。 
    さて、どのような情報が発信されるでしょうか。だいたい想像はつきますが、形やきっかけはどうであれ、みんなで支援したいと思います。姉妹都市に制定に関わった方々は、きっと大きな支援をすることを信じて。

    • argusakita より:

      あじさいさん、こんにちは

      そうですか、やはり秋田市は素っ気ない雰囲気ですね。まあ地球の裏側ですからね。
      でも募金などを間接的に『呼びかける』程度のことはしても市の行政が批判されることはないと思いますがねぇ・・・。

      PASSAU市の現状ですが、pegelonlineによれば、12日朝(現地時間)現在で、
      イルツ川 709cm(一旦低下したが再上昇中)
      ドナウ川 739cm(上流からの水量によって徐々に上昇中)
      ※詳細な情報や水位のグラフはここで見られます。

      まだ洪水は続いていて、ドイツだけでも120億ユーロ(約1.5兆円)の被害だと新聞には出ています。
      2002年だったかの洪水の時も感じましたが、津波もそうでしょうけれど洪水は終わった後に破壊の痕と汚染が絶望の人たちの目の前にさらされるんですよね。

      まあ、私は会社のスタッフが行っているチェコの応援で何かできればと思っていますが超微力です。

  5. Kasberger より:

    改めまして、当方パッサウ市にてしっかりと被災しました。住み慣れた家を失い、いわゆるワヤな状態にあります。これまで姉妹都市交流事業にも関わって参りましたが、昨日会ったパッサウ市文化局長によると、先週には秋田市長からのお見舞い状がPDFで届き、パッサウ市長Dupper氏も既にお礼状を送り返したそうです。
    来年には姉妹都市交流事業30周年を迎え、様々な記念プログラム等が用意されています。しかしこの度の大洪水に対する日本の、そして秋田市の反応を見るにつけ、こちらに書き込みをされている皆様の言われる通り、役所/日独協会主導の交流事業の限界を感じずにはいられません。そういった形ばかりの交流ではない、市民による血の通った交流事業を我々は目指しているのだとパッサウ市体協が公言するのには、やはり理由があるというわけです。
    ドナウの水位は未だ通常より随分と高いものの、街中の水は引けました。しかしargusakita様の書かれているように、ここで露わになる全壊した建物や、外壁に今も残る水の跡を見ては胸が痛みます。つい二週間前まで買い物をしていたドナウ沿いの旧市街に立つ店々はその面影もなく、まるでゴーストタウンのようです。それでも、パッサウ市による被災者給付金が書類受理後30分で振り込まれたという記事や、被災証明書を携帯していれば街のあちこちで割引が受けられるシステムが即座に機能する様を見るにつけ、「我々はパッサウを取り戻す」という新聞見出しが現実的な力強さを伴っていることを確認しています。

    皆様の応援に感謝して。

    MfG

    • argusakita より:

      Kasbergerさん、こんにちは

      被災されたとのこと、ちょっと言葉が浮かびませんが、心よりお見舞い申し上げます。

      当方ヘルシンキからロシアのサンクトに移動して出張継続中でなーんにも出来ていませんが、チェコのボヘミア(プラハ郊外らしいですが)に行っているウチの社員さんの話では、ヴルタヴァ川(モルダウ)の水位はだいぶ下がったらしいですが、急斜面での土石流なども発生しているようです。
      飲料水が不足しているらしく火事場(洪水後)泥棒みたいなのも多いらしく、プラハの中心部以外は危ないみたいなことを言っていました。感電事故も多いらしいですが、やはり日本とは違いますね。
      川沿いのプラハ動物園が甚大な被害に遭ったそうで、募金を募っているようです。
      口座その他はプラハ動物園のWebにも掲載がありました。

      社員さんにはとりあえず休みやるから納得いくまで手伝って来いと言いましたが、ちょっと日数が必要そうですね。

      洪水の後は食品や飲料が心配です。欧州ではボトルの飲料水は日本のように加熱殺菌していませんから不安ですよね。衛生状態は日本のようなわけにはいきませんから感染症その他に十分ご注意ください。

      プラハは台湾の台北市と姉妹都市だそうで、何か支援物資が届いているらしいです。
      日本の姉妹都市は京都市ですが、特に動きは無さそうに見えます。
      秋田市がパッサウ市に見舞い状だけというのも日本では姉妹都市なんてそんな程度さということなのでしょう。日独協会の秋田のメンバーってあのメガネのヒゲのおっさんでしたかね(^^)。
      海外との交流事業って何でしょうね? という感じです。

      頑張ってください!

コメントは受け付けていません。