G8歓迎のアイスクリーム

サンクトのホテルでちょっと体調を崩し、おとなしくテレビを漫然と見ている。
既にこちらは観光シーズン真っ只中でネフスキー・プロスペクトなどでは日本人観光客も結構見かけるが、相変わらず年金受給者風な観光ツアー客が多く、本当はもっと若い連中に海外に来て欲しいものだ。
(金持ち年金受給者は国内旅行しかできないようにしてくれ!)

17-18日に北アイルランドのロックアーン(アーン湖:Lough Erne)で開催されるG8を歓迎する地元のアイスクリーム屋がおもしろい便乗商法をやっている。
うーん、安倍首相はGreen Tea(抹茶アイス)か。

一方ではベルファストを始めいくつかの場所でG8に合わせた抗議活動、デモも起きているが、かつてのIRAなどによるテロが頻発した頃を知っている者としては少し隔世の感がある。

protest-in-belfast02 protest-in-belfast01

今回のG8はシリア問題が中心と言われていたが、急遽PRISM問題が出たためこれも議題になるようだ。安倍首相がアベノミクスの説明を行うとされているが、G8ではドイツの反応が注目だろう。キャメロン首相とメルケル首相を国賓で呼ばんといかんよ安倍首相。
日本としてはこのアベノミクスがある種の一か八かの崖っぷちのギャンブルであるとわかっていても他に方法が無いことも明らかなので失敗するとか副作用の議論には耳を貸さず、とにかく一定の成果が出るまで(成功するまで)走ってもらわないと困る。失敗したら大変なことになる。

ところで、ロシアのプーチン大統領をTVで久しぶりに見たが、どこか体調でも悪いのだろうか。久しぶりに見たせいか、眼光に精悍さというかあの冷徹な(暗い)目線の力が無いのだ。
いろいろなアウトドアスポーツに興じて見せたりして力強さを強調していたころを思い出すとずいぶん老化しおじいちゃんになってしまったように感じる。
そういえば、先日の離婚会見のときも気だるそうな表情だったのが印象的。
60歳のプーチンより76歳のイタリアのベルルスコーニのほうがまだまだ元気。

putin-divorce  Berlusconi
プーチンの離婚の原因の一つは30歳の若い女性というゴシップもあるらしいが、その新聞社は報じた直後に休刊させられたらしい。(おそロシア)
いずれにせよ、若い女性のパワーが必要なのは何も戦時中の兵士だけではないということは明らかなようだ。

うーん、熱出てきたな・・・。そろそろ秋田に帰らないとな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 社会・経済, 国際・政治, 海外 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

G8歓迎のアイスクリーム への1件のフィードバック

  1. クラムボン より:

    秋田へ帰ったら、ピンクとイエローの例の二色アイスを食べるんですかねぇ。カンボジアではHAPPY ICE として売られている例のアイスです。

コメントは受け付けていません。