日本が保有している(はずの)米国債

金塊のついでに米国債の話。
この米国債については様々なニュースでも言葉は出てくるが実体が無いことは皆知っていることで、日本の国債のように印刷した紙があるわけではなく所有者を記載する帳簿記載方式である。Goldの場合は、フォートノックス内で売買に応じて各国のエリア間を金塊を乗せたワゴンが移動するのだそうだが(^^)。

この米国債の保有残高もまた時々ニュースになるが、2012年12月現在で、
1位 支那 1153.6 $US billion
2位 日本 1121.5
となっていて、支那と日本は競い合ってアメリカに金を貸し付けていることになる。
ところで、
3位 OPEC加盟国  263.0
4位 カリブ諸島  256.9(租税回避地)
5位 ブラジル   253.9

8位 イギリス 153.6



16位 フランス 68.1
17位 ドイツ 64.0

と見ると、いかに支那と日本がアメリカに異常なまでに貢いでいるかがわかる。国債は国の借金であるため、支那がアメリカに対して強気に出るのは当たり前だと思うこともできる。
それに引き換え、日本の現在の弱い立場は一体どうしたものかと・・・。(^^)
これだけ多数の国に借金をして威張っているアメリカという国の本質はまあ普通の感覚ではないことは間違いなく、
US Dept Clock(アメリカの借金時計) という笑えるリアルタイムなものもある。
日本の借金時計はここなど。

(毎秒桁が変わる何百分の一かが間違って筆者の口座に入ってこないものか・・・)

例えば支那や日本が『あそこの紛争平定に行けよ』とアメリカに借金のカタ代わりに注文つけるくらいで普通なのだが、そうはいかない。
アメリカが世界の警察というのはこういう側面から見れば当然なのだが。

日本が抱える米国債約100兆円以外にも非公式のドル資産がその数倍隠れているというが、これはアメリカにとっては債務であり有利子負債で日本に返済をしている”はず”である。利息だけでも莫大な金額である。
この約14.5兆円と言われる米国債の償還金で日本は何をやっているのか・・・実はまた米国債を買っているのだ。

なんで消費税の替わりに財源にしないの?

という単純な疑問は誰でも持つし、これをしょっちゅう指摘しているのはみんなの党の江田憲司衆院議員だ。これに対する明確な政府答弁は聞いたことがない。為替安定化が目的程度の回答だ。
さらに、日本は借金してまで米国債を買っていることは日銀の対外資産の資料でも明らかで、一体この国はどうしちゃったのだろうと。
アメリカに貢いで、国民には増税を強いる。これが日本の実体であることは間違いない。TPPなどが始まる前からこうなのだ。

数字上では日本は世界一の対外純債権国という事実も間違いないが、そのうち米国債が紙切れ同然だとすると大変なことになる。数百兆円が消えるのだ。
アメリカに預けてあるGoldなどはっきり言えばどうでもいい数字になってしまう。

この米国債の問題を口にした日本の歴代首相は間違いなくスキャンダルで追い込まれ辞任させられてきた・・・
オバマは鳩山、菅、野田に米国債をチャラにしろ(放棄しろ)と迫った・・・
という陰謀論というか噂は案外本当かもしれない。

安倍首相はもしかしたら、チャラにしてその代わり『何か』をすることを目指しているのかもしれない。
しかしここまできてしまった日本としては米国債を根拠に対外純債権国であることと金の保有も『信じて』進まなければ先が真っ暗である。信じるものは救われるならば良いのだが・・・。

いずれにせよ、途方も無い天文学的なお金の話で、入院前に病院に預けたお金の返却を待っているような筆者には縁遠い話ではある。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 国際・政治, 海外 タグ: , , , , , パーマリンク

日本が保有している(はずの)米国債 への13件のフィードバック

  1. なまはげ より:

    「日本は世界一の対外純資産国」 といえば聞こはいいが、
    実際の日本の対外資産は、イギリスの約半分、米国の4分の1しかない。
    GDPからすれば 「対外資産は非常に少ない」

    要するに  「内債が異常に多いので、外債が少ない」  
    裏を返せば 「破綻してもギリシャと違って外国は助ける理由がない」 ということ。
    破綻すれば、ギリシャの数倍の困難が待っています。

    • argusakita より:

      こんにちは、なまはげさん。

      そうですねぇ、純資産の内訳を見ると・・・ですが(^^;)、一応日銀発表の、
      http://www.boj.or.jp/research/brp/ron_2013/ron130531a.htm/
      みたいなのを見て、この数字をベースに世の中進ませないと拙いのでしょうね。
      企業会計でもまあ似たようなものがありますし、帳簿と実体が乖離なんてのはまあありがちな話。
      破綻したときは当然国民の税金がドカーンと上がり、社会保障はカットの嵐でしょうから、それを見越して金持ちの年寄り達はソローっと国外に脱出しているのが現状でしょうか。

      利己的に考えると、自分が死ぬまでGoldの話と米国債の話は現状維持してもらいたいものです。(^^;)

  2. なまはげ より:

    日本国債は9割を国内消化なので、対外債務が少なく(数字上は)世界一の対外純資産国になっています。でも、対外資産は割と少ないのが現実です。

    NHKスペシャルでは財務官僚が「国債発行は綱渡りの状況」と述べていました。
    独銀行大手コメルツバンクは「日本国債の国内消化は早ければ2018年が限界」と発表しています。
    誰が見ても、日本国債は限界に近い・・・

    日本が破綻しても、対外債務が少ないのでどこも助けてくれません。
    一番怖いのは飢えです。 円が紙くずになったら飢えます。
    食料自給率は、現在39%。TPPに加盟すると、これが27%まで落ちるという試算があります。

    • argusakita より:

      なまはげさん、こんにちは

      国債発行が綱渡りというのは引き受け手が飽和していなくなるということだろうと思いますが、それは(ご法度ですが)日銀がお札刷って引き受ければ何とかなるでしょうが、国債の前に地方自治体の公債の引き受け手がいなくなるだろうと私は思っています。
      その場合に国がどうするかだろうと思います。
      円高の時に債券じゃなく実資産に投資するようにしていたら対外資産の中身も少しは改善したかもしれませんが、みーんなマネーゲームですからねぇ(^^)。

      万が一飢えが始まる事態になったら日本から少なくともお金持ちはさっさと逃げていなくなるでしょう。これを防ぐための方策を政府は一生懸命考えていると思いますよ。
      自己防衛しかないでしょうね。
      なまはげさんはその時、どうしますか?

  3. なまはげ より:

    どうしてもやむを得ない時は、アジア諸国に移住します。
    日本の庶民の蓄えでも、生活費の安い国なら長期生活が可能ですので。

    急激な破綻はないかもしれないけど、日銀が万札をずっと刷りまくる事になりますね。
    当然、円資産は価値を失い、食料や燃料は高騰します。
    キャピタルフライトで資産保全していれば、ある程度は耐えられるかもしれません。
    庶民こそ頭を使うべきでしょう。

    • argusakita より:

      その日本人が日本以外に移住というのがなかなか難しくなってくると思いますよ。
      政府はそんなに馬鹿じゃないし、G20で最近話し合われているのがキャピタルフライトの抑止になる税務の捕捉、連携ですから。
      可能性がある人は個人的に少しずつ今から・・・というのが賢明だろうと思います。

  4. ちんあなご より:

    穀物自給率75%のギリシャですら、授業中に空腹で倒れる子が増えています。
    ギリシャ人は海外にどんどん脱出しています。 

    穀物自給率27%の日本がどうなるか? 
    日本人も脱出するでしょう。 だって囲い込んでも 【飢える】 だけですから。

    日本は経済規模が大きく、海外債務が少ないので外国の経済支援が見込めない。
    ギリシャの比ではない地獄が待っています。

  5. 秋田シミーン より:

    ちんあなごさん、ちょっとお伺いしますが、例えば国債が暴落したりして経済がガタガタになったとして秋田みたいな田舎に住んでる人間にはすぐに「飢え」という事態が来るものでしょうか。なんとなくピンとこないのですが。

  6. ちんあなご より:

    秋田シミーン さん、こんにちは。

    田舎は食料生産が多いとは思いますが、燃料や飼料や肥料はほとんど輸入ですよね?
    日本製の家財や衣料はどれだけお持ちですか?  ほとんど海外製では?
    円が紙くずになったらどうやって海外から買うの? と言うことです。
    外貨がないと輸入できません。 生活や生産がすべて滞ります。

    公務員がクビになって公共機関が停止したり、未払い多発で大停電したり、色々起こります。
    電車・バス・病院・信号機・インターネットも停止する可能性があります。

    安倍政権が失敗したら後がありません。
    急激な財政破たんが起こらないことを祈っています・・・・
    (増税と量的緩和でジワジワやられた方がマシです)

    • 秋田シミーン より:

      寒いけどいい天気ですね。

      ありがとうございます。
      その辺の「風が吹けば桶屋が・・・」式の関連はわかるのですが、身近な物価が上がる中で切実なのはガソリン、冬ならば灯油、ここまではわかります。
      電気も確かに困ります。
      しかし、「飢え」という状態に陥るくらい酷い状態になっても秋田の場合は食料についてはさほど深刻な感じがしないのは私が暢気なだけでしょうか?
      水もあるし、燃やす木材には事欠かない。

      むしろ、都会の人間たちが困り、飢え、病院等の閉鎖などが起きれば体力ある若者が生き残り年寄りは減る可能性があり、その後の日本にとっては大きな再生のチャンスではないかとさえ思います。(ある意味不謹慎ですが)
      株でも何でも「損切り」というのがありますが、日本も国レベルで損切りするいいチャンスかも。

      日本には重・軽工業の生産技術、設備もあり、職人もいます。原料あるいはそれを輸入する一時的な資金の借入れさえできれば立ち直るのはさほど難しいことではないと思うので、仮に経済が破綻しても庶民は何とかやっていけるのではないかと思うのです。
      ギリシャのように観光産業が基幹産業の国とは比較できないような気がするのですが。

      もちろんその場合、日本という国がそのまま存続できるかどうかは不明ですが。

  7. argusakita より:

    こんにちは

    私もギリシャの破綻についてはいろいろ勉強してみましたが、ギリシャの例えはたぶん日本には当てはまらないでしょうね。
    元々欧州ではアルプスから南の国々は暢気で怠け者というイメージが定着していて、特にギリシャは公務員天国で賄賂の有効な一部の金持ちのための国ですから、まともな国家運営しているなんてほとんど誰も思っていません。(あくまで一般的なイメージ)
    産業も農業国ではあるものの穀物は少なくオリーブくらい。他の重工業・軽工業は造船関連ですがこれも今は低調。
    だから、EUもIMFも(それぞれの財布事情もありますが)ギリシャに資金(32兆円でしたっけ)突っ込んでも立ち直って勤勉な国になるとは思わないのでしょう。現在、若年層の失業率が50%台だったと思います。

    日本の場合はそこが違います。
    確かにもし日本が破綻してしまえば金額規模ではIMFだろうがWBだろうが簡単には助けられない可能性がありますが、日本の持つ社会インフラ、生産財で儲けようとする国、組織があれば投資は呼べると思います。なにしろ日本人は勤勉さでは定評がありますから。
    ただ、秋田シミーンさんが書かれたように日本ではなくなっている可能性もあります。願わくばIMFやWBは西側諸国でまとまっていて欲しいものです。支那は嫌だ!(^^)
    アメリカだって、人口1億超えている地域を州にはできません。大統領出されちゃいますからね。
    ということで、日本は日露戦争時のようにタバコ税を担保に入れたり、ユダヤに金借りたりして自立再生を目指すしかテはないはずです。

    そのギリシャ、現在、来年度予算で不足額5億ユーロを『お代わり頂戴!』とお願いしているのですが、EUなどは『それじゃすぐ同じだろ、20億ユーロ不足だろ!』と妙なことになっています。ここでも不足額の中身の中心は『年金』なんですよ。

    国民のための年金が国家を滅ぼす・・・どこでも似たような話です。

  8. ちんあなご より:

    年金と言えば・・・日本の高齢化率は世界一で、4人に1人が高齢者。
    2035年には3人に1人が高齢者になります。 こんな国は過去にはないはずです。
    円の価値が下がれば、貯金もなくなります。
    あふれる資産のない高齢者をどうするんでしょうね?

    少子化の日本が本気で再生するには 「移民を」 という話になるんでしょう。
    仮にIMFなどが入れば「移民で食料生産してそのまま定住」とかやりそうです。
    親日国の人ならいいんですけど・・・・

    • argusakita より:

      私は部分的に移民は特区的に受け入れすべきとは思いますが、国全体としては移民を積極的に受け入れというのは外圧が無い限り推進しないと思います。
      日本語の壁が日本人にとっても外国人にとっても相当高いですから。(会話じゃなく読み書きの面で)
      でも、日本では移民の受け入れよりも安楽死、尊厳死のテーマが先に来そうな気がします。

      他国が日本を支配するとしても日本を食料生産地にはしないと思いますよ。
      耕地面積が小さいし自然災害が多すぎるのでリスキーです。
      作物ではなく畜産のような面積効率の良いものを推進するでしょうね。

コメントは受け付けていません。