2018年冬季オリンピックを巡る動きに北朝鮮も参加か?

日本では2020年のオリンピック招致がいよいよ大詰めということで盛り上がっているようだが、その前の2018年に開催が決まっている冬季オリンピック(南朝鮮:平昌Pyeongchang)を巡る話題がグチャグチャになってきて野次馬としては飽きない。少し妄想してみよう。

南朝鮮が経済悪化、下手すると国家破綻かと言われている中で、4年半後のオリンピックの準備が全然できない中で今年1月に行われた平昌スペシャルオリンピック(障害者の大会)の情報などは日本でもほとんど流れていないのではないだろうか。
YouTubeにいくつか動画がupされているが、筆者は屋内競技のもの(スケート)しか見つけられなかった。(下記は閉会式でのキム・ヨナ他の江南スタイル)

開催が決まった後、明らかになったのは、
・アルペン競技が出来る高低差のある山が平昌付近に無い(選考時、南朝鮮は山を削って対応と回答)
・そもそも雪がそれほど降らない(致命的。人口雪大会の恐れ)
・リュージュ、ボブスレーなどは競技人口がゼロに等しく、当然国内に施設は一切無い(選考時に南朝鮮はリュージュは屋内競技施設を作ると回答)
・近隣に国際空港が無く、仁川から高速道路を作り68分で開催地と結ぶと明言したにも関わらず、経済悪化のためその高速道路を断念した模様
高速鉄道(KTX)整備も計画されたが、莫大な金がかかることや北との国境に近いため国防上の問題で断念
・そもそも仁川広域市が財政破綻寸前で仁川空港が売却される計画も発覚
などなど。

という理由で、来年(年内という説も)には開催権返上という噂も流れ、候補地にフランス・アヌシー市やドイツ・ミュンヘン市が可能性として高いとまで言われている。
しかし、一方では大会直前の合宿で日本国内の施設を使うだろうとの見込みで、秋田県や新潟県が合宿地招致に熱心で、これを南朝鮮が『合宿で日本が潤うのだから、その分支援しろ』という要求も既にあるそうだ。確かに秋田県などは何億もかけて鹿角のジャンプ台を整備して方向性は一致している。

そんな状況で、BBCによれば北朝鮮がスイスに発注しようとした現在工事中のMasikスキーリゾートケーブルカー、スキーリフトがスイス政府によって拒否されたようだ。
キム・ジョンウンはスイスに留学していた経験があり、その人脈でも使って輸入しようとしたのだろうが、既にフランスとオーストリアからは断られていた。
国連の経済制裁である『ぜいたく品』であると認定されたようで、北朝鮮の『人民のレジャー、生活向上、幸福に資する』という話は一蹴された模様だ。人民はスキーよりは食料だろうと。
このMasikスキーリゾートがどこにあるのか不明だが、南朝鮮よりはアルペン向きの立地可能性は高いらしい。

ひょっとして南朝鮮の開催権返上を見込んで北朝鮮開催を目論んでいるか、あるいは南北共同開催で無理やりアルペン競技を北でというねじ込みを目論んでいるのではないだろうか。
ちなみに、日本の西武HDが支那の不動産大手・万科企業と吉林省の北部(北朝鮮との国境寄り)で大規模なスキーリゾート開発を行っておりプリンスホテル・ブランドでのリゾートを2014年12月に開業する予定だ。この件は筆頭株主のサーベラスも後押ししているとされている。秋田県の殿様知事の吉林省訪問は何か関係があるだろうか。

平昌オリンピックは開催権返上となるかどうかまだまだ紆余曲折がありそうで資金の無い南朝鮮がどうやって資金調達を行うか注目されるところだが、最近の日本に対するやけっぱちとも思える『謝罪と賠償』はこの一環かもしれない。

ただ、日本人としてはこの南朝鮮がオリンピックに迷惑をかけることをあまり笑い飛ばしてはいけない。かつて日本も同様に迷惑をかけた歴史があるからだ。
紀元二千六百年記念行事の一環として計画された、
1940年 札幌オリンピック
1940年 東京オリンピック
は日中戦争、第二次大戦を理由に1938年に開催権を返上している。結局1940年のオリンピックは代替開催も見送られ、1944年も第二次大戦中のため開催が無かった。

勿論1964年東京、1972年札幌できっちりリベンジした日本は誇らしい。
1998年の長野オリンピックでは、8,300億円もかけて新幹線を長野市まで整備し東京から1時間半でオリンピック会場を結んでいるが、南朝鮮と大差ないこういう無理なことをやれた日本はやっぱり凄いと思うかどうかは少々判断に迷うところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: スポーツ, 県政・市政・議会, 迷惑な隣国, 海外 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

2018年冬季オリンピックを巡る動きに北朝鮮も参加か? への4件のフィードバック

  1. ザイニチ より:

    馬息嶺(マシクリョン)スキー場は、北朝鮮江原道(カンウォンド)元山(ウォンサン)近隣にあります。
    韓国平昌とは直線距離で300kmくらい離れていますから、共同開催などは難しいでしょう。
    ひょっとすると単独開催を狙っているかも(笑)。

  2. blogファンその1 より:

    北韓 “平昌冬季五輪”に会場提供の用意
    http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_IK_detail.htm?No=47765&id=IK

    何だかblog主さんの予想が当たりのような流れ。www

    • argusakita より:

      でしょう!! なんちゃって(^^)

      サッカーのカタールW杯が夏は暑くて無理そうだから冬にして・・・という話が出ているらしいです。
      IOCやFIFA(F1のFIAもかな)のような法的根拠の無い私的団体しかも欧州主体の組織はアメリカやアジア、南米等で声を上げて改革しないといつまでも好きなようにやられっぱなしです。

      それにしてもブエノスアイレスに安倍首相は飛んで行くわ、著名アスリートは駆けつけるわで、東京に決まらなかったら誰か責任取って死んじゃう勢いですねぇ。

  3. argusakita より:

    null

    北朝鮮メディアが公開したスキー場の写真には、スウェーデン企業の噴射式除雪機(1台当たり3万7000ドル、日本円で約390万円)が7台以上、イタリアとドイツ企業の重装備除雪車両(1台当たり8~11万ドル)が3台写っていた。約1万ドルのカナダ製スノーモービルもあったという。

    北の制裁など骨抜きもいいところだ・・・。

コメントは受け付けていません。