2020オリンピックの予想 ~マドリッド予想~

こちらのメディアの空気から勝手に予想をしてみる。
9月7日の候補地投票は、ひょっとすると1回でケリがつくかもしれないがせっかく安倍首相もサンクトから飛んで行くらしいのでそこは敬意をはらって2回行うだろう。
筆者の予想はマドリッドである。

Madrid-2020-Ciudad-Aspirante-logo

複数のオッズ集計をしているサイトでは東京が1位、2位がイスタンブール(東京の2倍)、3位がマドリッド(東京の4倍)である。

今回のブエノスアイレスでの総会は候補地決定とともに、8日に最後の1種目の決定と10日にIOC次期会長選が行われ、候補地と競技の決定はセットだと言われている。
東京なら野球・ソフト、イスタンブールならレスリング、マドリッドならスカッシュのようだが、先般のアメリカの大リーグのヤンキースのスター選手他の薬物問題が非常に大きなダメージを与えたようで、野球・ソフトとセットの東京は不利な条件を抱えてしまった。
実際、野球もオランダ、イタリアあたりでは最近は多少知名度が上がってきたが、欧州のほとんどの国では人気が無い。何しろ球場という(他に転用しにくい)施設建設に金がかかりすぎるというイメージらしい。
日本のアピールは野球・ソフトの競技そのものばかりで、コンサートや他のイベントに使用している日本の各地の全天候型ドーム球場の紹介などが不足していたのではないか。

イスタンブールは『イスラム圏で初の開催』を大儀としているが、これが欧州の人間にとっては実はあまり心地よく聞こえないらしく、各国で問題を抱えているイスラミック移民の問題を意識するためか、オリンピック開催によってイスラム勢力が元気良くなり過ぎても困るという心理的ブレーキがかかると見える。デモなどの治安要因は落選時の理由に使われるだけという見方もある。
そこで出てくるのがマドリッドだ。経済危機を乗り越えなければならないスペインはEUという大きな船に乗っているためEU加盟国は一蓮托生だ。マドリッドに経済の起爆剤の役目でも持たせてユーロ復活を狙うにはオリンピックは格好の材料だ。
フェリペ皇太子を招致活動の前面に立てての3度目の正直を狙った招致活動が強烈で、欧州の支配階級はこれをやられると大抵の国が弱い。
また、ジブラルタルを巡って対立しているイギリスはロンドン・オリンピックを成功裏に終わらせたばかりで反対も出にくい。これに関して判官贔屓でもないだろうが今度はスペインでという判断もありそうだという。ただし、ロンドン・オリンピックでグッズ販売などで設けたのは実はイギリスではなく支那であることがわかっていて、この轍を踏まないように欧州内で計画する必要があることを訴える気の早い識者もいる。

そして、なにより大きな影響力を持つIOC次期会長がドイツのトーマス・バッハ氏と言われている。

マドリッド、スカッシュ、トーマス・バッハで欧州3冠。
所詮IOCは欧州中心の私的な団体で、(機能不全と言われている)国連のように改革などと公的な声をあげる方法も民主的な方法も何も無い組織だ。
例えば、政治とオリンピックを結びつけるなという意見は日本などが真っ当に主張する通りだし、それがオリンピック精神のはずだが、既にあれほど人権弾圧問題を世界中に指摘された支那で北京オリンピックを開催した以上、南朝鮮の一連の暴挙も厳しく対処することもできず既に形骸化していることは忘れてはいけない。
オリンピックは参加選手の純粋なアスリートの世界とは一線を画した、IOC委員が袖の下で動く大きなイベントに過ぎないのだ。

日本のメディアは、何だか東京が磐石の準備完了のように伝えるし、こちらではマドリッドとイスタンブールの一騎打ちという声が多いし・・・・、予想が外れたらどーしようかなぁ・・・(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: スポーツ, 迷惑な隣国, 国際・政治, 海外 タグ: , , , , , , パーマリンク

2020オリンピックの予想 ~マドリッド予想~ への5件のフィードバック

  1. 知りたがり より:

    こんにちは。
    実は私も東京は残念ながら今回もダメじゃないかなと思っています。
    海外の新聞記事をネットで見ても放射能汚染や汚染水漏れに関して日本政府に批判的なものが多いと思うからです。イスタンブールは政情不安も長引きそうですし、やはりマドリードかなぁと。

    ところで、マドリードの招致ロゴもそうですが、東京招致のロゴで五輪カラーの5色のうち黒が使われず江戸紫が使われています。
    あれほどロゴ管理だとかスポンサー管理に厳しいIOCが黒の代わりに紫を許可したのでしょうか。
    こういうつまらないところを知りたいんですよねぇ(笑)

    • argusakita より:

      知りたがりさん、こんにちは

      あ、気付いていましたか?
      実は私もマドリッドのロゴのファイル保存したときに黒が無いなと思ったので、東京のも見たら桜に紫が使われていて。あれ江戸紫というのですか?(桃屋?(^^))
      勉強になりました。
      それで、やっぱり気になって olympia logo color regulation などで検索してみましたが情報は拾えませんでした。
      考えてみたら、招致ロゴは大会ロゴとは違うので規則が緩いあるいは無いのかもしれません。イスタンブールは五輪マークは入っていますがチューリップは青とオレンジですし。
      大会ロゴもロンドンのときは、ロイヤル・パープルに白い五輪でしたからね・・・。
      案外、適当なのかも(^^)。IOCですからね(^^)。

      誰かご存知の方がいたら教えて欲しいものです。

  2. エトランゼ より:

    はじめまして。フランス住まいです。
    ここ数日、ニュースサイトで福島の放射線、汚染水問題の扱いが急に増えたように感じます。
    オリンピック開催地決定を意識したものなのかどうかわかりませんが、実際に福島の状況が悪化してきているのでしょうか?

    私も何となくマドリッドのような気がしていますがどうなるでしょうね。
    とても楽しみです。

  3. ビール小僧 より:

    こんにちは。
    時々ミュンヘンから覗かせてもらっています。

    私もマドリッドだと予想しています。個人的には2020年には東京にいるはずなので東京になってくれたらいいと思いますが。

    1回目の投票で1位東京、2位マドリッド、3位イスタンブールで過半数無し。
    2回目で1位マドリッド(過半数)、2位東京で決定ではないでしょうか。
    会長選のバッハ氏は確定と言われていて、バッハ氏はマドリッド推し。中東にも人脈が豊富と言われているので、欧州とアフリカ+中東の半分くらいで過半数はいきます。
    さらに、2024年はアメリカという計画もあるようですからその辺ともお話し合いがついているでしょう。
    blog主さんの予想ビンゴを予想します(笑)。
    ではまた。

  4. argusakita より:

    東京おめでとう!

    null

    予想はずれちゃいました。てへぺろ。

コメントは受け付けていません。