祝:2020オリンピック東京招致決定

いやはや、ついついTVやYouTubeのLiveでIOC総会のプレゼン、決定まで見続けてしまった。
リアルタイムでコメントが流れるのだが、朝鮮人と思われるハングルのアカウントがしつこく『日本は放射能汚染されている』『オリンピックに参加したアスリートはミュータントになる』『選手村の食品と水は日本産は使えない』だの滅茶苦茶なことを書いていて腹が立った。本当に半島は無くなっても良いな。

最近手術入院をしたせいもあって7年後に東京オリンピックを見られるかどうかわからないなとは思っているが、1964年のオリンピックは東京で聖火ランナーに手を振った記憶があり、2度同じ場所で聖火を見られたらちょっと貴重な体験だ。ぜひ今度もどこかで応援したいものだ。(まあお迎えが来たらそれはそれで結構だが)
マドリッドを予想していたが、日本のメディアのやり過ぎなくらいの盛り上がりをメディア、ネットで感じていたため、もし東京が招致失敗となると月曜日の日経平均は数百円下げるだろうとも予想していた。しかし結果は最高のものになり、こりゃ月曜日は500円くらい上げるかもしれないな。(^^)

1964年の東京オリンピック対策の一つとしてその6年ほど前に赤線が廃止された。
今度は2020年までにパチンコという社会悪を廃止・撲滅すべきだ。そもそも都市の駅前の一等地に賭博場があるのは日本の恥だ。マルハンなどのとんでもないスポンサーは切り捨てるべき。
また、在日特権、特別永住許可などを廃止し他の外国人と同様の扱いにしておくことも絶対に必要だし(差別だからだ)、オリンピックは非常に良い機会である。
2020年に向けて今後様々な準備が有形無形に行われるだろうが、個人的にぜひ実現してもらいたいものがある。
もちろん、オリンピック憲章その他が許せばだろうが、

『メダル授与式の各国国歌は生でアカペラで』

を実現して欲しい。
日本のシンガー(素人でもプロでも)や合唱団でもいいし、今から世界中にアナウンスしてそれぞれの国から参加してもらうのも良い。
ただ、歌詞の無い国歌で有名なスペイン(後付のものはある)やUAEなどいくつかの国の場合はゴスペラーズのようなグループでやってもらうのが良いかもしれない。(ロシアも以前は歌詞が無かったが今は確かあるはず)
日本がメダルをいくつ取れるかはわからないが、50個も100個も取れそうなのはアメリカ、ロシア、支那くらいだろうしそうそう非現実的なことではないと思う。

こんな『君が代』や『The Star Spangled Banner』が場内に響けば、アスリート本人も観客も世界中の人も絶対忘れられないオリンピックになるし、アスリートだけではなくオリンピックというイベントに世界中から歌で参加する人が大勢いたらなかなか感動的じゃないか。
個人的にはこの人にもぜひ歌ってもらいたいものだが・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: スポーツ, 祭り・イベント, 海外 タグ: , , , , , , パーマリンク

祝:2020オリンピック東京招致決定 への4件のフィードバック

  1. ビール小僧 より:

    東京開催おめでとう!! (私も予想が外れて、懺悔モード)
    マドリッド優勢だったものの最後の最後に逆転勝利という観測が多いようですが、各都市のPVを改めて見たら、やっぱり東京のは感動的。人間(特に子供たち)中心で、他の都市のように文化や地理的条件みたいなのを強調していないし、いろんな人種が出てきたのが良かった。むしろ日本人、アジア人の露出が少ない気がするくらいでした。
    おそらくこれから何故最後に逆転したかだの、ロビー活動にいくら使っただの日本のメディアは騒ぐでしょうが、とにかく決まって良かった良かった。

    東京

    イスタンブール

    マドリッド

    PS. この高校生の「君が代」、鳥肌ものですね。素晴らしい。

  2. 前日の池上彰の番組で、(ちょっとしか見ませんでしたが)IOCの商業化について説明していました。赤字が出てもIOCは補填しないし、利益が出たらしっかり貰うものは貰うと説明されていました。
    今日の午前中、元東京都知事の石原氏が、東京都ではオリンピック基金を都の役員が頑張って積み立てたことが、勝利の一因と話していたような気がする。まあ、多少赤字になってもその基金から補填できるということで、商業化したIOCがそれに飛びついたようにも思えます。それにわざわざ石原氏がそんなことをいったのは自分の顕示欲の表れとも見えます。穿った見方かな?

    まあ、オリンピック開催はめでたいことですから、あれこれ分析しても仕方ないですね。開催おめでとうございます。

    • argusakita より:

      IOCの公表されているレポートでは、例えば放映権料は1964年の東京で120万ドルでしたが、2008年北京では17億3千9百万ドルと1,000倍以上になっています。
      なんやかんや言ってもIOC側では赤字なんて絶対出さない儲かるビジネスなんですよ。
      (開催地、特に冬季オリンピックは泣きかもしれませんが)

      今回の東京招致決定は、年配の人にとっては日本が高度経済成長期に入りつつあって(井の中の蛙だったかもしれないけれど)最も活気と自信があった時代を彷彿とさせるノスタルジーへの回帰と再現をもたらし、若い人、子供のアスリートには7年という時間とともに大きな夢、希望を持たせたことが大きいでしょう。
      これはどんな国でも金では実現できないものかもしれなくて、やはりIOCの権威が必要なのでしょう。

      早速IOCのサイトでは東京開催の計画概要とともに、1964年の東京オリンピックの記録写真やビデオがupされています。
      (柔道でヘーシンクに負けた試合のビデオがちょいと×ですが(^^))

      実際石原都知事の号令で積み立ててきたキャッシュでしょうから自慢できるくらい一定の功績はあるのでしょう。
      ただ、一極集中の東京が全国の地方から吸い上げた金(本社が納税する先は東京なので)であることも間違いないですね。1964年の開催で東京が地方に比べてインフラを集積+ランクアップしたわけで、再度2020年にさらに一段ランクアップすることが決定したことは地方から見たらちょっぴり痛し痒しでしょうね。

      観戦チケットですが、地方から見に行く子供たちはタダあるいは値引きしろ! と地方選出の国会議員達が声をあげてくれたらいいですね。

  3. argusakita より:

    日本のニュースサイトを見ていると、特集記事などが7年後のオリンピックが1,2年後のような盛り上がり。息切れしなきゃいいですが。
    その前にリオ(やれるかどうかわからないけど)もあるし、アスリートに7年後の話聞いてもなぁ。(^^)

    7年後なんて誰にもわからんでしょ。7年前リーマンショックなんて誰も予想していなかったし、ユーロだって2006年9月頃は150円ちょうどくらい、ドルは118円くらいだった。南朝鮮は7年後にはもうないかもしれないし、支那だっていくつかに分割されているかもしれない。(^^)

    それにしても安倍首相、やるなぁ。靖国参拝した下村文科大臣をオリンピックプロジェクトの司令塔にするとは・・・。この大臣は当然南朝鮮や支那には入国拒否されるでしょうから。
    『協力を断るのは南朝鮮側』という伏線を仕込んだというわけですね。

    秋田では何か東京オリンピック関連で盛り上がったものがあるでしょうかね?

コメントは受け付けていません。