秋田DCは地域ブランド向上に繋がるか?

秋田では10月1日から歳末助け合い・・・ではなく秋田デスティネーション・キャンペーン(DC、デスキャン)が始まるようだ。
日銀秋田支店による経済効果は過去2回のDCから、

【最大】
観光客増加率  10.9%
観光客数前年比 19万人増加
経済効果    34億8900万円
雇用増加    438人
【最小】
観光客増加率  2.6%
観光客数前年比 5万人増加
経済効果    8億3200万円
雇用増加    104人
【平均】
観光客増加率  6.75%
観光客数前年比 12万人増加
経済効果    21億6000万円
雇用増加    271人

と、相当に大雑把な予測となっている。
ちなみに、無駄遣いとの声が大きい秋田市新市庁舎事業でも、
経済効果    107億円
雇用創出    1100人
租税増大    1億7000万円
ということなので、DCが3ヶ月間であることを考えれば期待できるものなのかどうか・・・。

7回目になるが、例年発表される『地域ブランド調査2013』が発表された。完全なレポートは78,000円らしいので、発表されているダイジェスト版から。
都道府県別の魅力度と、上位100位の市町村ランクは下記だ。

2013pref-rank 2013city-rank

都道府県では秋田は前年度の16位からランクを落とし22位市町村では100位以内にランクされた市町村は無い。
唯一特筆すべきは都道府県ラキングで評価項目のうち『食品購入意欲度』で秋田県が3位(前年6位)にランクされている。

2013article-rank
具体的にどういう食品を指しているのか不明だが、秋田の上位に北海道、沖縄、下位に京都、広島と続くこの結果はぜひ詳細を知りたいものだ。
コメということはないと思うのだが・・・。

県のブランドはそこそこだが、市町村になると全国的なブランドになるような『顔』が見えてこない秋田。こんなところにも25市町村が県におんぶに抱っこのようなものが垣間見えるし、いつまでたってもそういう親離れしない子供、子離れしない親のような体質なのだろう。
これといった歴史遺産も無く、TVドラマの後押しもなく、夏や冬のように祭りの無いこの3ヶ月、秋田の観光の魅力とは何だろうか?(秋田が一番中途半端な季節ではないだろうか?)
今回の秋田DCでは全体的に総花、幕の内弁当なのはわかっていることだが、何らかのブランドめいたものが生まれるだろうか?
この辺はウィーンからでは全くわからない。地元では盛り上がっているのだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 県政・市政・議会, 社会・経済, 祭り・イベント タグ: , , , , , パーマリンク

秋田DCは地域ブランド向上に繋がるか? への4件のフィードバック

  1. ーーー引用開始ーーー
    ≪食品購入意欲度とは≫
    「それぞれの自治体で、購入したいものがあれば、
    具体的な産品名をお書きください」という問いに対し
    て、各地域でそれぞれ 3 品まで、自由記述で回答し
    てもらい、100 人当たりの記入数でスコアを算出し
    た。
    ---引用終了ーーー
    だそうです。

  2. 食品購入意欲度は、B級グルメが全国的に人気になると急激に上昇するらしいです。横手焼きそばがどの程度の人気かわかりませんが、それにバターもちが加わった結果なのでしょうか。でも、B級グルメ頼みでは数年で元に戻りそうな気がします。私の周辺ではバターもちは飽きられています。たまには買いますけど。

    DCキャンペーンは過去のものはあまりイメージがないですね。1984年9月~12月「まごころ秋田」(私はさっぱり記憶がありません。)1997年4月~6月「秋田花まるっ」(やたら県のホームページに花まるっがついていたのはこれだったんだ、というくらいイメージがない。)2013年10月~12月「あきたにしました」(今回。)スローガン(になるのか、これ?)だけ連呼しても・・・・。

    あきたこまちも30周年だそうで、秋田県内では檀蜜さんがあきたこまちの扮装をして「あきたよ、目覚めなさい」と語りかけるCMが流れています。これで農家が目覚めればいいんですが。土地を持っている農家は高齢化、でも土地は手放さないし、手放したとしても、宅地か商用地になっています。仕事がなくあぶれている人が就農できないので、若返りもできず、農業の先行きは暗い。でもこれは全国的にそうらしいので秋田県だけの事情ではないんですがね。

    なかいち関係は他の人がコメントつけると思います。県北からはそこはコメントできません。

  3. 巡回親父 より:

    では僭越ながら、なかいちというかグランドオープンした新美術館の雰囲気を。
    テープカットに知事はじめ関係者が来ていましたが、それほど大勢の人が並んで順番待ちという感じではありませんでした。並んでいたのは地元民というより市外、県外からの人たちではないでしょうか。買い物エリアも、モノを買わずブラブラ見て歩いている人ばかりだったような印象です。
    考えてみれば、美術館自体はオープンして既に1年以上経ちますし、「秋田の行事」は好きな人は旧美術館で見ているでしょうしね。
    私ももしかしてテレビCMの吉永小百合でもサプライズで来ていないかと出かけましたが、当然ながら期待は外れました(笑)。

    今日は風も無く日差しが強くカラッとした秋晴れで、皆秋田市以外に出かけたのでしょうか、なかいち全体にそれほど多くの人が集まっている感じはしませんでした。
    美術館というものの展示物が何となく少ない印象で何度も行こうとは思わない美術館ですし、なかいち全体としてはこれで持ち駒を全部使った格好でしょうから、秋田の人は飽きやすいですし、今後どうなるのか少し心配です。

    B級グルメですか。
    頑張っている方には申し訳ないですが、何もB級なんて言わなくても秋田にはおいしいものがもっと沢山あるのですがねぇ。焼きソバが秋田名物みたいに言われるのに少々違和感を感じているのは私だけでしょうか。
    ちょっと気の利いた料理、若い人の感覚で新しい料理みたいなものを作って新しい秋田名物にしてもらいたいと思います。
    時々、市内の高校生たちが新作の甘味みたいなのを作って云々という話題が出ますが、どうしてああいうのをもっと行政なども本気で応援しないのでしょう。
    話がそれましたが、なかいちの最盛期が今日でないことを祈ります。

  4. argusakita より:

    元匿名希望の傍観者さん、巡回親父さん こんにちは

    なるほど、食品購入意欲度はB級グルメの影響でしたか・・・。
    この前知人に聞いたところでは台湾で稲庭うどんが凄い人気で国内でも改めて認知度が上がったのではないかということでしたから、それかな? なんて想像していましたが。
    バター餅は、いろいろあるようですがイマイチ誰がどういう店で作っているかみたいなのが見えなくてブランドにはなりきれていない印象ですが、秋田以外ではそれなりに人気なのでしょうか?
    過去のDCについては去年書いていますが、今回はどうなんでしょうね。
    東京にいる息子がたまたま銀座に行ったら有楽町界隈で屋台やら何やら何だか賑やかにやっていたということでした。どこか周囲から浮いている感じがしたというのは若僧の感想なのでアテにはなりませんが(^^;)。

    巡回親父さん

    レポートありがとうございます。
    うーん、雰囲気としてはあまり盛り上がっていなかったという印象でしょうか。
    少し残念というか予想の範囲内というか・・・。
    これから雪が降るまでが賑わいの期間なのでしょうが、今後はどんなイベントで仕掛けていくのでしょうね。
    何度考えてもあそこに美術館はないよなぁと今でも思っているんですよね、私。(^^;)
    今更ながら、場所がもったいないなぁ。

コメントは受け付けていません。