秘密保護法案を急ぐのは何故?

日本の新聞社サイトを眺めていると、最近急に出てきた特定秘密保護法案の国会成立を政府が異常なほど急いでいるような印象を受ける。
日本版NSC絡みなのだろうとは思うが、それにしても妙に急ぐだけでなく、担当大臣に森大臣というどう考えても畑違いを据えているあたりに面妖なものを感じる。

特定秘密という範疇が、防衛、外交、テロ対策、スパイ防止の4分野に限定されているとされるが、このテロ対策、スパイ防止に関しては運用によってはあらゆるものに網をかけられるものと解釈すべきだし、極端な話、逮捕されてもその逮捕理由さえ明らかにされない可能性さえあるではないか。
以前から日本はスパイ天国などと言われ、インテリジェンスに関しての問題をいろいろ指摘されていたが、極端な秘密保護法とその運用が不透明なものはどうも不自然だ。

我々一般庶民には防衛、外交などに関与することはあり得ないので特亜対策としてもぜひ厳しくやって欲しいものだが、テロ対策、スパイ防止については筆者達のようなサイバー空間をメシのタネにしている者にとっては『えっ? これ秘密保護対象なの?』という場面は間違いなくやってくる。防衛産業に直接関わらなくとも他国の公共機関や関連企業との間での情報のやり取りは網をかけられる可能性がある。
法律の運用でも、保護対象の秘密が何であるかがわからない上に、親族まで調査されるとかされないとか、マスコミが騒ぐ『国民の知る権利』などという表面的な綺麗ごと以上に実害が突然やってきそうな気がしている。公務員ではない筆者たちが心配するのは杞憂だと言われればそうだが、この法律のカバーする範囲は民間人も含むことは明らかだ。

何故こんな法律の成立を急ぐのか。
それほど、厳重に保護しなければならない秘密が既にあるのか、あるいはすぐにでも発生するのか・・・。

TPPはニュージーランドあたりのメディアやコラムによれば、日本は聖域と呼ばれる5分野のうちコメ以外の4分野は関税撤廃で決着しそうな雰囲気だ。(関税を残すのは日本はコメ、アメリカは自動車で既に決まっているのか?)
そのような国民にとって大きなショックが目前のため交渉経緯や決定経緯を特定秘密にでもするのだろうか?
それとも国内問題では、福島で始まった使用済み核燃料のキャスク収容作業で万が一の事故の場合を想定した情報統制の準備だろうか。確かにあの作業はニュース動画で見てもテロリストに襲われた場合、とてつもなく大変なことになる自衛隊が周囲を警備してもおかしくないのに、東電に任せている。一体どういう感覚なのだろう?
あるいは、尖閣問題も含めて支那崩壊などが現実に考えられる段階になり支那軍部の暴走に備えて日本に核の配置(欧州のベルギー、ドイツ、イタリア、オランダ、トルコのようなアメリカによるレンタル)などが計画されているのだろうか。(核は持っているか持っていないか相手の想像に任せるイスラエル方式が最も有効なのだ)

安倍政権は確かに軍需産業の振興を狙っていると見えるし、科学技術の向上の面でも内需の拡大では限界がある日本ではこの点はやむを得ないとは思うため反対ではないが、秘密保護法によって武器輸出三原則と非核三原則は有名無実になることは間違いないと思われる。
筆者が考える『普通の国』というのはそれなりの危険を国民も覚悟する国であることも確かなのだが、今回の秘密保護法はその辺のパラダイムシフトを国民に要求するショック・ドクトリンの始まりなのかもしれない。

メディアが騒ぐ『知る権利』(単に彼らのメシのタネ)の問題以上のものを含んでいることを一般の国民は気付いているだろうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 震災・福島原発, 迷惑な隣国, 国際・政治, 国政・国会 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

秘密保護法案を急ぐのは何故? への1件のフィードバック

  1. おそらく、直接的には、尖閣諸島の映像の漏洩が契機になっているのでしょうが、個人的には政府、官僚たちの、外国には強くでれないけれど、国民にはその点を隠しておきたいという思いの現れだと思います。だから、反対勢力がほぼ壊滅状態の今、とにかく法案を通過させたいのだと思います。

    山崎豊子の『運命の人』のころから、政治家は秘密はバラされたくないのでしょう。

    ただ、尖閣諸島の映像の漏洩は、かえって漏洩してくれてよかったと思っている人がほとんどだと思います。安部首相が復活できるいい機会となっているはずなのに、安部首相も自分の秘密は暴露されたくないみたいですね。

    確かアメリカでは20年ほど(あやふやです。追加の情報求む。)で情報公開請求が可能になると思っていたのですが、なぜ日本では30年だとか60年だとか情報公開できない形にしようとしているんでしょう。アメリカの政治の記録を公開すれば、バレることなのに。政治家の頭の中も私には不明です。

コメントは受け付けていません。