オバマは一体どうしたのか?

近々、あるプロジェクトで東海岸に共同でオフィスをということで、最近はアメリカの景気の動きなどが気になり、一般教書演説なども少し気合を入れて聞いていたが、何かあまり中身が無いように感じたのはアジアについてほとんど触れていなかったせいだろうか。JapanのJの字も言わなかったのではないかな・・・。

sad_obama_reutersアメリカの大統領といえば名実ともに世界のリーダーで世界の警察を自認する程の軍事力の総帥のはずだが、バラク・オバマはどうも元気が無い。昨年あたりからレームダックとまで言われる始末。
2009年に大統領に当選したときのYes We Can! の勢いは一体何だったのかと思うくらいで、初の黒人大統領になったことだけがYes We Can!の中身だったのだと言われるほど最近は厳しい意見が民主党シンパの識者からも出ている。
何も実績のない状態で受賞したノーベル平和賞を返上すべきというコラムニストもいる。

1期目はリーマンショック後のアメリカを建てなおす為には黒人大統領というショックが必要で勝利(ヒラリー・クリントン陣営の失態が大きかった)。
2期目の選挙も投票直前のハリケーン・サンディの処理がうまくいったため人気が高まりロムニーに勝利。
運が強い人物なのは間違いないが、就任直後にプラハで行った有名な『核兵器を使用した唯一の核保有国として・・・』と広島・長崎へのアメリカの責任について言及したものの、1年も経たないうちに臨界前核実験を行い『何だこいつ?』と世界中から声が上がった。

mandqe振り返れば、2009年にオバマ夫妻がイギリス訪問した際にミシェルがエリザベス女王の体に触って外交儀礼を知らないと結構大騒ぎだった。ところが同じ年に駆け足で来日した際に天皇陛下に握手をしながら深々とおじぎをし、大統領に相応しくないとアメリカで非難を受けた。
先般のキャロルの信任状奉呈式での天皇陛下に対する非礼はこのときの教訓からだろうという見方もある。

obamabow1

国内では銃規制失敗オバマケアのヘタレ、財政の崖問題は今年も何度かくるはずで議会を収拾できない。
外交では、対北朝鮮問題で何の進展も無し、APECドタキャンスノーデンの暴露事件、シリア問題でロシアにイニシアチブを取られ、北アフリカではフランスよりも存在感なし、エジプトは混乱したまま、イラン核開発容認イスラエルから大反感を買い、ミャンマーにトップ営業に行っても一向に成果が上がらず、支那の防空識別圏問題でチグハグな対応、南シナ海では空母を派遣しても影が薄い状態。
日本は『トモダチ作戦』でオバマに大きな借りができたし、米軍には素直に感謝したいところだが、沖縄や日米地位協定では見直しではなく運用で対処などと譲らない。

今年の中間選挙では共和党躍進が予想されている中での一般教書演説では低賃金労働者の最低賃金問題や失業者対策などの話に時間を割いていたが、FRBは既に金融緩和の巻き戻し、出口戦略に入っていてどこか足並みというか整合性が取れていない。
確かにアメリカの1/3近くがヒスパニックになり、白人国家とは言い難くなったのがアメリカの現状だが、ヒスパニックだけではなく煩いロビー活動の南朝鮮系の移民なども声が大きくなってきて、初の黒人大統領としては従来のアメリカの姿を続けられないのは何となくわからないでもない。
国全体に一体感が無いときはアメリカは国外に敵を作り軍事行動で国民に目くらましを食らわしてきたが、オバマはその方法を取らないようだ。
イラクやアフガンから撤退し、対イスラム・テロの作戦が一段落したなどとは誰も思っていない。むしろ、9.11以降あるいはビン・ラーディン殺害後にイスラム過激派は世界中に拡散し数を増やしたのではないだろうか。

アメリカがフラフラしていると割を食うのは日本だ。
支那の(遅れてきた)帝国主義・拡張主義は現実の脅威で日米安保や核の傘がどうも怪しいとなれば、日本では核武装を含めて軍拡に走る可能性もある。実際に軍拡に走るのは商人国家としてはよろしくないが、沖縄の問題を根本から解決するためにも日本独自の防衛力整備や核武装に関する議論(=主権の問題)は構わないだろうと筆者は思う。議論するだけでも抑止力につながる。
既に武器輸出3原則は撤廃に向かいそうで、非核3原則も法律ではないこともあり見直しの可能性は高い。
NPT批准から38年経つため、核兵器を持たない義務期間(25年)を過ぎて久しい日本は核武装しても法的には何の問題も無い。
必要な技術とプルトニウムは十分ある。有権者がGOと言えば核武装できるのが日本だということをそろそろ声にする人々が現れそうだ。

ひょっとすると、今年後半に演説しか取り柄が無いとされるオバマ自身が Change! か?
ヒラリーは1期だけ大統領をやろうとしているらしいが、そろそろ民主党も共和党に譲ってもいい頃合かもしれない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 迷惑な隣国, 国際・政治, 海外 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

オバマは一体どうしたのか? への1件のフィードバック

  1. 「黄金の金玉を知らないか?」というおもしろブログに関連するかもしれない「株価暴落と戦争のシナリオについて」という記事が出ていました。

    オバマは中国との商売で景気浮揚しようとしているみたいですね。

    まあ、おもしろブログなので、話半分でとらえたほうがいい記事もありますがちょっと気になります。

コメントは受け付けていません。