オバマが明治神宮ならプーチンに靖国に行ってもらおう

来週国賓として来日するオバマが明治神宮に行くことを希望しているそうだ。(参拝するのかどうかは不明)
何故明治神宮なのか理由はわからないが、日程的に伊勢神宮や広島・長崎に行くことが叶わないなら、ぜひ靖国神社に参拝させて海外で言われる『戦争神社』ではないことを認識して欲しいものだ。これも難しいのなら、墨田区の横網町公園に行き『東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑』を訪問させたらよいのだ。
ここには東京大空襲の犠牲者名簿(現在79,726名)が納められている。パフォーマンスと口先だけのオバマには格好のアピール場所ではないか。
ところで、明治神宮は明治天皇を祀った場所だが、南朝鮮を併合したのはこの明治天皇の時代だということは南朝鮮もオバマも気にしないのだろうか。まあ、ご都合主義だから深く考えてはいないだろうが。

ウクライナの状況はあまり日本には伝わってこないが相当に悪化しているようで、顧客との連絡では、国外脱出を図る企業が増えているようだ。
現在、ウィーンのスタッフの一人が比較的安全なキエフ郊外にいて顧客対応と状況把握にあたっているが、いくつか送られてくる写真では顧客が入っていたビルも火炎瓶による煙によるものなのかススだらけで酷いものだ。
そのスタッフもオレンジ革命のときと比較していたが、今回の騒乱ではオレンジ革命のときと違って、やたらと目出帽を被って顔を隠している集団が多く、騒乱の仕掛けはどこか国外から集まってきた連中によるものだという観測が一般的のようだ。筆者もキエフの街の中で同じ印象を受けた。

日本はウクライナ支援にすぐさま15億ドル(約1,500億円)の支援を発表したが、この中身については日本ではあまり報道されていない気がする。
外務省の『今後の我が国のウクライナ支援について』を見ると、1,500億円のうち、
・1,100億円はボルトニッチ下水処理場改修事業
→ 実は、清水建設に行く金
・日本貿易保険(NEXI)のクレジットラインに300億円
→ 要は単なる引き受け枠
がその中身で、無償の円借款は3.5億円しかも医療機材等に充てられる(ニプロやテルモか?)。たった3.5億円である。
こんな中身だから下手をすると日本は火事場泥棒的な見方をされかねず、故にウクライナ自体やEU、アメリカから日本の支援を賞賛する声はあがらない。
未だに工事が続いているチェルノブイリもあることだし、もう少し直接的な支援が必要だろうとは思うのだが、さほど関わりの深い国ではないことが支援に消極的な理由か。

今回のウクライナの騒乱はEUやアメリカの仕掛けによるクーデターであって、ロシアの言い分が真っ当だったが、ロシアが調子に乗ってウクライナ東部を切り取ろうとしている現在は、どっちもどっちになってしまった。
これではまともな企業活動など当分無理だろう。

秋にプーチンが来日する時はぜひ靖国神社に参拝してもらおうではないか。
プーチンならやってくれるだろう(^^)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 国際・政治, 海外 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク