東成瀬村を立派と見るか、秋田県にとってお荷物と見るか

先日、東成瀬村の村長選挙が行われ無投票当選で佐々木哲男氏(72)の無投票当選となりなんと5期目(!)がスタートした。
過去16年の任期中には平成の大合併もあり、まさに歩く東成瀬村の歴史のような方だが人口2,740人のこの小さな村が今後どうなるか、その舵取りは非常に興味深い。
ともかく、昨今は県知事選を始め県内市町村の首長選で次々に無投票当選となり、首長をやろうという奇特な人材がいないのか住民が既に選挙というシステムに諦めを感じているかのどちらかあるいは両方の結果だろうと思える。

平成の合併当時、寺田知事は選挙の女性票を意識したのか男女共同参画計画を策定しなければ合併支援金を交付しないなどと不思議なものをリンクさせ不評を買ったのは有名な話であるが、この県のアメと鞭にも関わらず東成瀬村は自立計画で行革目標を掲げ、例えば2017年までに職員数を105人から80人に削減するといった計画書を提出した。
ちなみに、現在の職員数は69人(村のHPより)と計画より前倒しで進行しているようだ。
これが佐々木村長の手腕であればなかなかのものだろう。

東成瀬村が合併しなかった経緯についてはそのうち誰かが回顧録でも書いてくれることを期待するとして、この東成瀬村が秋田県にとっては財政的にお荷物の一つであることは他の市町村住民も知っておいてよい。
行政の通信簿は端的に言えば財政指標で評価できる。

self-finance自主財源比率はその自治体の財源の独立性を表すもので、数値が高ければ高いほどよく100%以上なら国から交付金は出ない。昔から地方は3割自治などと言われてきたが現在は、秋田県25市町村の平均で25.7%、2割5分自治でせいぜいである。市町村の場合残りの7割5分は国や県におんぶしているということになる。
この自主財源比率は東成瀬村19.9%、藤里町19.8%、上小阿仁村15.1%と2割を切っている。2割を切るということは、既に役所の人件費すら満足に賄えないということで、公務員自体がお荷物で他の行政サービスなどは完全に国や県からの交付金がなければ成り立たないのである。

finance-indexさらに財政力指数で見ると東成瀬村の場合は0.108と滅茶苦茶低い。
財政破綻で有名な夕張市でさえ現在は0.180で東成瀬村よりも良い。秋田県で夕張市よりも悪いのは東成瀬村以外にも八峰町、藤里町、上小阿仁村があるが、これはもう生命維持装置に繋がれた植物状態の重症患者のようなものである。
既に財政破綻状態であるにも関わらずこれらの自治体の行政組織や住民には緊張感など微塵も無い。
何故か。
夕張市のように破綻しても公共サービスや公共料金の値上げなどは考えられないからである。
上水道は簡易、下水道も簡易浄化槽、ガスはプロパン、電気は民間、バス等交通機関や情報・通信も民間。
せいぜい破綻した場合に住民が困るのは火葬場とゴミ収集くらいのものだろうか。これも隣接自治体と広域組合でも作って運用だろうからほとんど実害は無い。

つまり、これらの町村はさっさと隣接自治体に吸収合併させて消滅させてしまうのが良い。
住民生活にさほど支障が無いにも関わらず反対するのは、雇用機会である役場の公務員、議会の議員、そして首長だけなのだ。
既に自主財源比率、財政力指数で見ても独自の行政サービスなどできるわけがなく、高齢化による社会保障負担だけが増大しますます苦しくなるのは目に見えている。公債の発行も困難になり村長、町長がいくら頑張っても無い袖は振れないのだ。

行政サイドに任せていては絶対に合併などをするわけが無い。自分たちの仕事・職場が無くなる可能性があるからだ。
しかし、方法はある。
住民が一斉に隣接自治体に住民票を移してしまえばよい。
住民基本台帳ベースで限りなく人口ゼロになれば少なくとも『町』ではなくなる。『村』の定義は人口での規定が無いが、人口ゼロの北方領土の6つの村の事務代行を根室市がしているように隣接自治体が事務代行を行えばよい。
住民に実害や生活に支障が無いように自治体を消滅させる。
秋田県は既にこういう大鉈を振るう外科手術が必要な段階で、いつまでも植物状態の自治体を抱えて投薬治療(交付金投入)を続けている余裕はないはずだ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 県政・市政・議会, 社会・経済, 秋田を改造 タグ: , , , , , , パーマリンク

東成瀬村を立派と見るか、秋田県にとってお荷物と見るか への15件のフィードバック

  1. 秋田生まれ より:

    東成瀬村、人口2,740人ですか。
    毎年この村の3個~4個分が消えていっているんですね、秋田県は。
    騒いでも仕方がないことかもしれないですが、何もしていない(何もできない?)のはどうしようもないことなのでしょうかね?

  2. 県政やぶ睨み より:

    とにかく、県や市町村の首長は、
    ◆引き算首長(なる人がいないからこいつでしょうがないで選ばれたか、無投票)
    ◆顔なし首長(ホヅミのように存在感ゼロ、何をやっているのかさっぱり、実績ゼロ)
    ばっかり。
    中には東成瀬村や大館市のように生涯市長みたいな名誉職もいる。
    議会で互選で4人選んで1年ずつ順番で持ち回りでやる制度でも作ったほうが選挙費用や首長の給与不要(議員の給与でよい)でいいんじゃないでしょうかね。

    私も仕事であちこち生活の場を変えましたが、秋田の特異性(異常性といっても良いくらい)はハンパ無いということを市民、県民は意識しているでしょうか。
    よそ者と合わないのは当然です。

    • 炙りたらこ より:

      秋田人は自分達が異常だとは、これっぽっちも思っていません。
      秋田が問題なのではなく、秋田人が問題。

      仮に秋田人が全員新天地に移住しても、その土地は上手くいかないでしょう。

  3. 呆人 より:

    異常さは分かっていますが、それを口にするとトンでもないことになるわけです。例えば地方議会議員。若いのが出てきただけで青天の霹靂、その出自や背景すら考えやしない。結果、当選させても改革など望むべくもありません。首長選挙も同様、ここ最近の若手対抗馬は単なる「若者」ではないのです。それでも無投票よりマシというのが、秋田の閉塞状況を物語っているのだと私は思います。いっそ、我々庶民で意欲ある人物を立て、時には落とす- 政党とは違う- 組織を作れないものかと思います。

    • 炙りたらこ より:

      普通の地域は戦って新陳代謝させています。 それが民主主義ですから。

      北朝鮮体制を変えないでもなんとかなる、という都合のいい考えは秋田人らしいです。

      まず「意見を口にすること」から始めたらどうでしょう? 

      • 呆人 より:

        秋田がいわゆる「普通の地域」ではない状況を指摘したつもりでしたが、それが己のことと思われたのは大変に残念です。それに、私は秋田人ですから「秋田人らしい」とのお言葉は甘受するしかありません。>まず「意見を口にすること」から始めたらどうでしょう? ―物言えば周囲に毛嫌いされ、扱いにくい偏屈人間と思われているようです。今後、炙りたらこ様の耳にもこの偏屈の意見が届くよう頑張ります。

        • argusakita より:

          私には炙りたらこさんは一般論として書かれたように思えたのですが・・・
          呆人さんへの<返信>で書かれたので誤解されたのでは?

        • 炙りたらこ より:

          誤解を招いた様で申し訳ありません。
          一般論として書きました。

  4. 呆人 より:

    追記です。政治家は職業はありません。権力です。世襲を禁止しない限り、この国はいずれ滅びます。北朝鮮のような国を見て、明日は我が身と考える人が増えることを祈ります。

    • argusakita より:

      おはようございます。

      政治家の世襲を一律に認めないというのは私はちょっと異論があります。
      確かに政治家、特に選挙運動は古臭い利益誘導を含みますから一種の経済活動ともいえますが、法律で杓子定規でできないことをやるのも政治で、これに必要なセンスは小さい頃から政治家の家の独特な空気の中に生まれ育った人間じゃないとなかなか。
      例えば、市民運動家が政治家になると・・・菅直人のようなとんでもないのが出てきたりします。市民運動家の延長に政治があるというのは左翼の幻想でしょう。
      もちろん、政治家の家に生まれても頭が悪そうで全くアカンのもいるわけですし、逆に頭が悪くてもブレーンに恵まれると立派な政治家にもなれます。
      ですから、例えば親族と同一・隣接選挙区での立候補禁止というあたりが妥当かなと。

      蛇足ですが、私はどちらかというと安倍政権支持派ですが安倍首相自身は(話し方を見ていて)頭が悪そうで好きになれません(^^)。私が支持しているのは政権を固めている閣僚の一部やブレーン達で、それを総称して安倍政権と。
      安倍首相は相当に勉強嫌いだったんだろうなと思う事実があります。

      祖父 安倍寛(東京帝国大学卒)、岸信介(東京帝国大学卒)
      大伯父 佐藤市郎(海軍兵学校首席卒業)
      大叔父 佐藤栄作(東京帝国大学卒)
      父 安倍晋太郎(東京大学卒)
      兄 安倍寛信(東京大学卒)
      本人 安倍晋三(成蹊大学卒) <—-穂積と同窓で突然変異的低レベル!!
      弟 岸信夫(慶應義塾大学卒)

      ついでにファーストレディの昭恵夫人は小学校から聖心のエスカレーターに乗った森永財閥のお嬢様ですが、聖心女子大学どころか聖心女子短大にも入れず聖心女子専門学校に回されたというあたり、ひょっとするととびきりの勉強嫌いかもしれません。(似合いの夫婦だという意見もありますが(^^))

      まあ、学歴に関わらず勉強が嫌いでも成績が悪くても立派な政治家にはなれるわけですね。こういうのはやはり政治家の家に生まれたからではないでしょうか?
      地盤、看板、カバンもあるとは思いますが、あの『えー・・・』『まあ・・・』の多用は一般社会では馬鹿呼ばわりされる話し方で、政治家だから許されるものでしょう。

      • 呆人 より:

        勝手なことを申し上げてすみませんでした。ブログ主様がおっしゃることは分かります。ただ、2世3世の議員の多さを見る限り、決して良い方向に転んではいないように思います。少なくとも親の支援者を引き継いだ以上、しがらみを断ち切るのは難しいのではないでしょうか。ただただ、世襲が階級制につながらないことを祈るばかりです。

        • argusakita より:

          >ただただ、世襲が階級制につながらないことを祈るばかりです。

          その点は全く同感です。
          世襲議員の多くはアホに見えますが、身近に階級制になっているような印象のある議員でも
          いますか? 特権階級といっても地方ではさほど大した特権でもないように感じますが。

  5. 呆人 より:

    まずもって、炙りたらこ様にお詫び申し上げます。大変、失礼いたしました。

    さて、ブログ主様の>身近に階級制になっているような印象のある議員でもいますか? との問いかけにお答えします。

    残念ながら、おりますよ。階級とは申しませんが、議員というものを世襲制の職業と勘違いしている一家がわが町におります。

    その有様をはっきり申し上げれば皆さんも納得されると思いますが、無粋なばかりか、ブログ主様にご迷惑をかけるので控えます。しかし、県内にはこれほど露骨な者は数えるほどしかいない故、多少なりとも政治の世界に興味をお持ちの方ならば察しがつくでしょう。

    どらえもん、そのまんま、などと言ってる親子ですよ。

    政治家の世襲を禁止せよとは申しません。ただ、立候補までの期間など一定の制限を設けるのはどうでしょうか?

  6. 玉露 より:

    今更ながら記事を拝見しました。
    ただ気になった点があったので。
    合併に反対するのは役場の職員、議員、首長だけとありましたが、記憶が確かならば、なかなかの投票率の住民投票があり、合併しないことに決まったと記憶しています。
    隣町で当時高校生ながら東成瀬村はそのままなのか。でも住民投票なら仕方ないなーと思った記憶があったもので。

    • argusakita より:

      すいぶん前の落書きにコメントありがとうございます。
      正式な住民投票ではなく住民アンケートだったと記憶しています。
      役場の職員、議員、首長が反対するのは自らの仕事を失う可能性があるので反対するのは一般的だろうと思います。
       
      この落書きを書いたとき、多少は住民の方の気持ちも考えて敢えて書かなかったのですが、合併しなかったのは確かに住民の選択でその最大の理由は成瀬ダムでしょう。
      人口約2,700人(20歳未満はわずか約300人)、佐々木と高橋の苗字で約5割という典型的なムラ社会。そこで行われるダム事業は平成36年度まで約40年間継続中(予定)でロックフィルダムという種類のため工事用道路や伐採、掘削等地元業者でも十分関われる波及効果の大きな土木事業です。
      企業誘致などの雇用創出も望めない一般会計年間予算40億程度の小さなムラで約40年間安定して事業(総額1,500億超)が行われるわけです。おそらく一生ダム関連の仕事という人も少なくないでしょう。
      合併によってその雇用や税収がどこかに持っていかれるとしたら、合併に賛成する住民が少なくても当然かもしれませんね。
      しかし、ダム事業が突如中止あるいは竣工後に東成瀬村が存続できるかどうかは難しいでしょう。
       
      問題は、(東成瀬だけに限りませんが)そんな状態でも財政的に自律できていない自治体だということだと思います。
      こういう自治体は全国に沢山あるわけで『地方創生』という掛け声がどう具現化できるのか考えさせられませんか?
       
       
      東北でまた津波を伴うような地震があったようですが秋田は大丈夫だったのかな?

コメントは受け付けていません。