もっとヤレヤレ! どうせどっちも名誉職だ ~殿様知事 vs 県議会~

兵庫の県議が世界中にまたまた『外国人が日本人を理解できない』ネタを提供してくれたと思っていたら、秋田でも低レベルな『事件』が起きていたようだ。

秋田知事「自民、鼻に付く」 県連反発「支援してるのに非礼」

そのうちlinkが切れるだろうから一部引用すると、

『秋田県の佐竹敬久知事が先月28日に秋田市で開かれた保守系無所属県議のパーティーでの来賓あいさつで、県政与党の自民党について「鼻に付く」などと発言していたことが分かった。自民党県連は「県政を支えているのに非礼だ」と反発している。』

『知事は「私は自民党推薦ですけども、自民党もあんまり(議席が)多くなると、ちょっと、ときどき鼻に付いて、鼻に付いて…」と語った。
会場から笑いが起きると「大丈夫です。私は何言ってもいいんです」「数が全てというふうになると滅びの元です。やっぱり数もほどほどなんです」と続けた。』

目くそ鼻くそが互いに『お前が言うな』である。

『さらに来春の県議選に触れ、「(瀬田川県議の母校)秋田工高の改築など(の陳情)が来るんですね。私は言うこと聞いてカネも出してますので、皆さん応援していただきたいと思います」と、予算を持ち出して瀬田川県議への支援呼びかけを行った。』

まるで職権濫用の臭いのする物言いではないか。あんたのカネじゃない!

一方で、翌29日の自民党県連大会での来賓あいさつでは、
『「来春の統一地方選はぜひとも、県議、市町村議の全員のご当選、連立政権を組んでいる公明党の先生方の全員の当選を全力でお手伝いしていきたいと思います。一致団結して自民党政権を支え、秋田県の自民党の勢力をきっちりしたものにするために、頑張ることを皆さんと一緒にお誓いし合いまして、あいさつにいたします」と結んでいた。』

ん、自民党県連大会での挨拶で公明党? ふーん、流石1期目は社民党の応援も受けていた知事らしい節操の無さ全開である。

鼻につくとされた議会も議員は各地域で無投票当選で出ている暢気なセンセーばかりで、兵庫県議のようにあからさまなカラ出張(だろうな)はどうなのか知らないが、数年前はまあ同じような流用(自宅事務所家賃など)がゾロゾロだったので、あくまで遵法という枠組みの中で今も形と方法を変えてやっているだろうと誰もが想像に容易い。

選挙で選ばれたという『錦の御旗』の殿様知事と県議会、悔しいながら選挙民の民度を反映しているのだろうが、定数や報酬を決めるのが議会である以上、選挙区・定数・報酬などの改革などは選挙民にとっては夢のまた夢の仕組みである。

これといった実績の無い首長や機能を勘違いしている議会も、せめて低レベル、プロレスでもいいから互いに『緊張感』を持たないと選挙民から何の注目もされなくなる。

bell-the-catDIOジャパン問題について殿様知事は『残念だ、反省している』と他人事のように答弁したそうだが、2期目の公約『2年間で5,000人の雇用創出』はどうなったのか?
噂では最近は殿様知事の政治資金パーティも*万円の参加費で焼きソバくらいしか出ないようで、人気も秋田の人口減少のように下降を加速しているらしい。

チェンジ! だな、そろそろ。
※猫はなかなか死なない生き物とされる。殿様が好きな理由はそれだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 県政・市政・議会 タグ: , , , , , パーマリンク

もっとヤレヤレ! どうせどっちも名誉職だ ~殿様知事 vs 県議会~ への2件のフィードバック

  1. 炙りたらこ より:

    佐竹知事は以前から一貫して「無能」でしたが、最近は「異常」ですね。
    「コメを作れば人口減る!」と連呼したり、自分の支持基盤を「理由もなく」攻撃したり。
    (なぜか朝鮮関係だけは大事にされてますが・・・)

    「俺は何を言ってもいいんだ!」とも言っているが、コレだけは的を射ている。
    【藩主の血筋】を非難できない民度の低い県民の責任。
    非難されない政治家の暴走劇に注目。

コメントは受け付けていません。