呆れた地元の新聞紙 ~集団的自衛権~

地元の新聞紙が久々に吼えているようだ。
近年無かったほど社説で連続的に論陣を張っているのが集団的自衛権行使に関する解釈変更の閣議決定に関してだ。
記事検索してみると、
—————————-
社説:安倍氏の政治姿勢 独断専行は極めて危険 07/11
次期衆院選秋田1区、山内氏を擁立 共産、2、3区も検討進める 07/10
集団的自衛権、反対意見書案を否決 県議会、賛否めぐり討論 07/09
北斗星(7月2日付) 07/02
社説:自衛権閣議決定 9条踏みにじる暴挙だ 07/02
集団的自衛権、議論の拙速さに批判 県内首長、労働関係者 07/02
社説:集団的自衛権 閣議決定は許されない 07/01
日朝協議「現時点では予定通り」 菅官房長官、秋田市で講演 06/30
北斗星(6月30日付) 06/30
北斗星(6月28日付) 06/28
社説:集団的自衛権 ずさんな最終案、撤回を 06/28
社説:集団的自衛権 与党協議を白紙に戻せ 06/26
社説:原子力規制委人事 これで中立性保てるか 06/25
社説:集団安全保障 戦争参加の懸念強まる 06/21
社説:成長戦略 家計への目配りが不足 06/19
社説:自衛権閣議案 拡大解釈を許し危険だ 06/18
社説:集団的自衛権 立ち止まり慎重議論を 06/14
—————————-
とヒットする。Webで見る限り印刷媒体の活字の大きさはわからないので入れ込みようがイマイチ伝わらないが、記事、社説の多さでは近年にない状況だろう。
中身は、配信元の共同通信の全国のローカル紙と大差ない。47NEWS系列で一斉にキャンペーンしているのだろうがほとんど同じ内容で、
・議論が不足、拙速
・拡大解釈は立憲主義の否定
・与党協議が不十分(しかし公明党批判はしない)
・閣議決定は9条否定だ
・安倍首相の政治姿勢は独断専行、暴挙
といったもので、中には『どこからどんな具体的な脅威があるというのか』といった暢気なことまで書いているから笑うに笑えない。おそらく配信先52紙は同様なことを掲載しているのだろう。

尖閣沖での領海侵犯、レーダー照射、航空機異常接近など支那の挑発は遊びだとでも思っているのか。南シナ海でのベトナム漁船沈没や漁民の死亡などは他人事なのか?
そんな遠い場所の話以前に、秋田は近年北のミサイルが上空を通過していったではないか。今も毎日のように日本海側に向けてミサイル発射の『実験』が行われている。あの短距離ミサイルが制御不能で間違って秋田に届くことは絶対に無いのか?
具体的な脅威が無いと主張するほうがどうかしている。

閣議決定後、秋田県議会では社民党などが提出した反対意見書を否決した。
閣議決定前に解釈変更に関して否定意見を議決したのは25市町村のうち男鹿市議会だけだ(6月26日)

男鹿市には全国12箇所のうち上から5番目の規模の国家石油備蓄基地があり、航空自衛隊三沢基地の分屯基地である加茂のレーダーサイトがあり日本海側に睨みを利かせている。(経ヶ岬、輪島と並んで日本海側では非常に重要なFPS-3改配備のレーダーサイト)
周辺国すべてが弾道ミサイルを持ち、今や南朝鮮でさえ敵国に傾きつつある。
石油備蓄基地やレーダーサイトは敵側にしたら重要な攻撃拠点だろう。
そんなものが身近にある男鹿市民、秋田県民の生命や財産、幸福追求権を守るにはどうすべきかは大きな関心事のはず。
守るのは状況に合わない憲法ではない、国民の生命や財産、幸福追求権でこれに関しては右も左も無いはずだ。何故この新聞紙が腐った左翼の寝言のようなことを主張するのか理解に苦しむ。
海外派兵の心配の前に目の前の脅威、身近な攻撃対象について心配してはどうか。

少しは、防衛省の、
弾道ミサイル防衛
でも読んで攻撃目標になり得る地元民に安心でも与えるような検証記事でも書いたらどうなのだろう。
そのような具体的視点の全く欠けたこのローカル新聞紙の連続的な吼えようには呆れるしかない。
おそらく世論形成も何もできずにいるだろうとは思うが、この大げさに振り上げた拳をどう納めるのか少々見ものではある。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 県政・市政・議会, 迷惑な隣国, 国際・政治, 国政・国会 タグ: , , , , , , , パーマリンク

呆れた地元の新聞紙 ~集団的自衛権~ への10件のフィードバック

  1. 最上英嗣 より:

    販売部数至上主義ですね。。。

    • argusakita より:

      はじめまして。県議会議員の最上さんでしょうか。
      地元の新聞紙は今回の件で逆に販売部数減らすんじゃないでしょうか・・・。

      最上さんは議会では若手なのでしょうが、ぜひ議会改革を頑張ってください。(私より10歳も若いのですから頑張れるはず(^^))
      定数や報酬はいきなりは難しいでしょうが、あの兵庫県議のような事態を招かないためにも各議員の政務活動費他全部ネットで閲覧できるようにPDFで掲載の義務付けをお願いします。ぜひ開かれた秋田県議会を。
      また、ヤジ等を防ぐ方法は簡単です。
      各議員の目の前にマイクを置いて録音したらいいのです。いざというときはそれが証拠になりますし、十分くだらないヤジの抑止力になります。
      以上、ウィーンから陳情です。

      • 最上英嗣 より:

        秋田県議会議員の最上英嗣です。実は議員になる前から本ブログ読ませて頂いておりました。鋭い切り口でギクリとする事が多々ありました。今回の文章に非常に共感したため書き込みしてしまいました。マスコミは正しく事実を伝えて欲しいと思います。 最近は世論誘導が酷すぎます。日本の主権と日本人のアイデンティティーを守ることは国民の使命ではないでしょうか?
        話は変わりますが、兵庫県議会議員の不様な姿に戸惑いました。彼は私と同じ47歳です。自分の事の様に恥ずかしく思いました。同じ地方議員としてお詫び申し上げます。
        秋田県議会でもメロンを保存する為に政務活動費を使った方がおりました。論外です。投票した方々も良く考えて下さい。こちらもお詫び申し上げます。
        政務活動費を議会ホームページで閲覧出来るようにする事は価値有りますね。
        いくら使ったかでは無く、何に使っているかが重要です。
        使わずに返納する方もナンセンスです。ちゃんと仕事して欲しいものです。
        まだまだ若輩者ですが、志高く県政に向き合います。

        • argusakita より:

          こんにちは。
          コメントいただけるとは思ってもみませんでしたので恐縮です。
          便所の落書きのような拙ブログをご覧になっていたとは尚更恐縮です。
           
          ソウル便誘致に熱心だったメロン議員ですが、
          本人: 指摘された—>返還した・軽く謝罪した—>終了
          議長: 問題が顕在化した—>使途がおかしいと思った、本人に伝えた—>終了
          新聞紙資本の地元マスコミが騒がなければ、これだけでいいのでしょうか。
          再発防止あるいは議員が無意識に誤った使途に流用しないためにも防止策、歯止めについては次回定例会ででもぜひ議論していただきたい。

          以前から、県民の声に、
          ・政務活動費のネット掲載(まさに県民の関心は金額ではなく使途)
          ・文字起こしの会議録の早急なネット掲載(何故何ヶ月もかかるのか)
          ・本会議の儀式のような質疑応答だけでなく、常任委員会、総括質疑、決算特別委員会、議会運営委員会全てをストリーム配信中継、録画を見られるように

          と何度も書いて要望していますが事務方がサボりたいのでしょう。返事も掲載されませんし、上記実現もしていません。
          結局、そういう一見面倒ながら緊張感のある仕事ぶりを普段から県民に見せておけば選挙のときに無駄なカネを使って爺さん婆さんと握手して回る必要も少なくなり、同時に若者にも関心を持ってもらえることに議員さんたちに早く気付いて欲しいものです。

          >まだまだ若輩者ですが、志高く県政に向き合います。

          応援させてもらいます。

  2. 間違っているかもしれないんですが、・・・。集団的自衛権というのは、同盟国が攻撃されたときに、同盟国の代わりに攻撃できるという権利のことですよね。(その場合は相手国に宣戦布告しなければならないみたいですね。)国際協力は必要ですけど、今のアメリカ大統領では、日本はアメリカの盾としての役割をさせられるだけではと危惧します。

    オバマ大統領は、選挙公約の国民皆保険制度のために、防衛費を抑えようとしているように思えます。多分アメリカの世論は日本の集団的自衛権行使に肯定的だと思いますが、当たり前です。自国の軍隊を縮小している段階なのだから、日本が代わりにやってくれれば、アメリカは肯定するでしょう。
    世界の警察を気取って、あちこちの国にちょっかいを出し、たとえそれが自由主義を守るためだとしても、かえって戦闘を泥沼化させてます。後は日本にまかせたということにならなければいいのですが。

    反対している人はその点を心配しているのだと私は考えてます。

    集団的自衛権の行使は、日本人に、場合によってはアメリカの代わりに世界の警察になる覚悟があるかが問われている問題だと私は考えてます。安部総理の覚悟ではなく、前線に立つ自衛官にそこまでの覚悟があるか? 命令されれば、多分粛々と任務に赴くのが軍人でしょうけど。

    ですから日本の防衛という点で考えると、集団的自衛権はどうでもいい問題で、単に自衛権をどこまで拡大するかの問題(例えば竹島など。今のところアメリカが駐留しているわけではないから。)ではないかと個人的には考えているのですが、どうなんでしょうね。

    • argusakita より:

      こんにちは。

      個人的な予想ですが、自衛隊法やら何やらの法整備にまだ1年以上かかるのではないでしょうか。ひょっとすると法案審議自体が来年かもしれないし、政府は法整備に時間をかけると思いますよ。
      閣議決定で解釈変更を宣言しておくだけでもちょっとした抑止力になるはずです。
      アメリカの盾になるなんて馬鹿なことはいくら好戦的に見られる政府でもやらないと思いますし、法整備が整っていなければそれを理由に断れるでしょう。
      それに時間を稼いでいる間にオバマはいなくなりそうな予感がします。

      空母打撃群を中心としたアメリカの軍事力はコストもさることながら既に古くなったという意見もあり、日本も航空機中心の体制から潜水艦や固体ロケットを使った誘導兵器や無人兵器に重きを置いた戦力に変えつつあるじゃないですか。中期防などを読んでも素人ながらそんな感じがします。
      アメリカとは戦力の分野を相互補完していくことが経済的な判断なのではないでしょうか。つまりアメリカができることと日本ができることは違う状態にしておけばアメリカの代わりに日本が・・・という状況は起き難いはずでは?
      アメリカの代わりにされるというのは、アメリカの軍事力を過大評価しすぎではないでしょうか。

      それと、陸海空よりも喫緊の問題はサイバー空間です。(宇宙もそうかもしれません)
      これは先行して法整備すべきだと思います。日本のマスコミはサイバー空間の脅威については何もコメントしませんが完全に勉強・現状認識不足です。
      仕事柄わかりますが、支那からのアタックは半端ではありません。
      この分野こそアメリカや欧州各国との集団的安全保障体制に持っていかないととても1国ではネット上で対抗できません。幸い現在は物理的なネット回線(海底光ケーブルや衛星回線)は日本は支那や半島に比べて数段優位な立場にあります。
      そのためにも集団的自衛権の行使は早く宣言しておいて欲しいと思っていました。

      確かにアメリカのヘタれ具合には日本以外の各国も頭を抱えていると思います。中東の3箇所みていても世界中がそう感じているのでは? だからこそ英仏は空母を建造しているのでしょう。ドイツもおそらく造るだろうと思います。
      アメリカが世界の警察の役目なんてもう無理でしょう。
      もちろん日本がその役目などできませんが、かといってそれぞれの国がセルフ・インタレストだけで勝手に動いても限界があるので、2+2をやった各国とは相互防衛条約を結んでおくべきだろうと思います。
      きっと日米安保は後退し、相互防衛協定に変更して代わりに沖縄の基地の部分返還などが進むのだろうと私は予想しています。

      長文失礼しました。

  3. 話題を変えてしまうんですが、秋田魁で、こんな記事があったみたいですね。小さな地方記事の扱いなので、魁のネットでは絶対探せないんですが、秋田コラム2というブログで紹介されていました。
    http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-89.html
    私の地元の鳳鳴高校理数科でも、以前に研究発表会ということで韓国に高校生が行きましたが、もう修学旅行だとかで、児童生徒を韓国便存続の道具にしてもらいたくないですね。まあ、記事によると角館高校の生徒のようなので、殿の意向が働いて決まったのではと思えるのですが、修学旅行で保護者が支持しなかったことを考えたら取りやめるか、韓国の方から日本に来てもらって交流する方向に変えるべきと思うんですが、まだまだ韓国便存続に動いていそうで嫌なニュースでした。

    • argusakita より:

      南朝鮮ではまた列車事故ですね。
      こう続くと、やはり国や自治体、民間までもが安全より利益優先という体質、構造的な問題としか思えませんね。
      昔、JAL123便が墜落した事故(事件?)以前の日本航空の体質のようです。

      • やっぱり、知事は韓国便存続のために動くみたいです。
        http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20140724j
        ネット上のこの記事には続きがあって、その続きの部分に8月に知事が韓国便存続・再開のために韓国に行くと書かれていました。多分選挙で知事を変えてもその取り巻きだった人たちは変わらないから韓国便は存続しそうな気がしてきました。・・・・ふぅ。

        • argusakita より:

          そうなんですか。
          もう、なんというか知事自身あるいは周囲が何か『キ●タマ』握られているとしか思えませんね(^^)。
          秋田の都落ち左翼、なんちゃって左翼の皆さんは役所の無駄遣いには煩いはずなのに、このソウル便については何も言いませんね。
          どことどこが繋がっているかそろそろ皆さんお気づきなんでしょうがねぇ・・・。

          同じく左巻きに押されて作った山の中のくまくま園(だったかな?)。
          既に1頭死んだそうで、ストレスでしょうか。
          熊を覗きに来るのが周囲の山に住む熊だったりすると、どっちが幸せなのか。

コメントは受け付けていません。