参加できる方は是非参加しましょう ~県議会・県民との意見交換会~

秋田県議会が県民との意見交換会を下記のように開催するようだ。
兵庫県議の不祥事等でますます低下しつつある地方議会の存在感をアピールすることが目的だろうが、こういう滅多にない機会は県民としてはぜひ生かすべきだ。
実にタイムリーで良い企画だ。

============================================================
■県民との意見交換会に関する協議会の開催について
日  時  平成26年8月27日(水)議会運営委員会終了後
場  所  議事堂 議会運営委員会室
事  件  県民との意見交換会(中央地区)の開催について
============================================================

同日、不振秋田の象徴とも言える『エリアなかいち』でも開催するらしい。

============================================================
■「あなたの街(まち)で県議会」の開催について
県議会が、皆様の街に出向き、皆様の率直なご意見をお聴きします。

日  時  平成26年8月27日(水)午後6時
場  所  秋田市にぎわい交流館AU 3F多目的ホール
(秋田駅前「エリアなかいち」内)
============================================================

残念ながら筆者は仕事で秋田にはいないため参加できない。どんな形式でやるのかが興味深いが、動画でもネットに流して欲しいくらいだ。
もし参加できるなら筆者ならこういうことを聞いてみたい。

(1)議員定数・報酬、議員年金
県全体の予算の中で考えれば報酬は金額的には問題になる規模ではないものの、各地域人口減少、予算削減が現実の今、各選挙区の定数削減、報酬カット(場合によっては人数を減らして1人あたりの報酬をup)についてどう考えるか。
議員年金制度の廃止(23年6月廃止)についてどう考えるか。
政務活動費は領収書に基づく実費精算で良いのではないか。
(『法律に基づいてやっている』という回答の議員は思考停止・無能と判断でよい)
そもそも、これらの議論が利害当事者である議会で議員相互によって行われることがおかしいと思わないか。(だから毎度毎度『継続審議』でお茶を濁している)
もっと一般的な県民あるいは第三者の意見を反映させる仕組みについてどう考えるか?
(必要ないという回答は既得権の死守以外の何物でもない)

(2)議会の情報発信の貧弱さ
・広報のPDF化とWeb掲載
・議会(各種委員会を含めて)の動画発信、録画掲載の拡充
・会議録の早急な掲載と検索機能の改善
・議員それぞれの収支報告をすべてPDF化しWebに掲載
(予算の問題という回答は知恵の無い証拠である)

(3)基本的な政策に関して
※当然(少なくとも)会派ごとに異なる回答だろう

・各地の自治基本条例についてどう考えるか(県議会ではどうするのか)
外国人地方参政権についてどう考えるか
公務員の国籍条項についてどう考えるか
外国人への生活保護についてどう考えるか
・一地方知事の南朝鮮、支那、ロシア、台湾、タイへの『外交(?)』についてどう考えるか

(4)些末な秋田県の施策について
知事の2期目の公約の1つ、2年で5,000人の雇用創出について何故追求しないのか
DIOジャパン問題で自治体側の手落ちを何故追求しないのか
観光文化スポーツ部の(中間的な)評価についてどう考えるか
ソウル線復活は必要か否か(一民間企業である大韓航空への利益供与問題)
・ドラマへの出資等南朝鮮への特異な支出についてどう考えるか
秋田DC(協賛)やエリアなかいち(出資)の総括についてどう考えるか
くまくま園の設置経緯についてどう考えるか
内陸線のトップ交代の不自然さについてどう考えるか
・病的賭博の一因であるパチスロ禁止についてどう考えるか

その他、さっぱり取り組み成果の見られない県の第3セクターについて議会としてあるいは各議員はどのように取り組んでいるか。特に県農業公社、林業公社。
基本的に知事や県庁のチェック機関である議会が『和して同ぜず』などという姿勢を見せることは職務怠慢・放棄に繋がる。適切な緊張感を持って対峙することが原則だ。
だって、首長も議会も同等に選挙で選ばれたのだから。

ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 県政・市政・議会 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

参加できる方は是非参加しましょう ~県議会・県民との意見交換会~ への26件のフィードバック

  1. argusakita より:

    上記記載のうち、
    ・広報のPDF化とWeb掲載
    についてはいつの間にか(今日確認したところ)掲載されていました。
    当方の勘違いだったのか・・・・
    関係各位にお詫びいたします。

  2. 最上英嗣 より:

    Q&A
    【議員定数・報酬、議員年金】
    ①議員定数削減について
    A:定数削減&報酬UPは可能と思います。
    A:定数維持&報酬半減も有りと考えます。
    ②議委年金について
    A:当選回数の多い議員には年金制度が有りましたが、今は廃止になりました。
    A:年金なので当時掛け金を支払った議員には受け取る権利があります。
      本人が辞退すのは構いませんが・・・

    【議会の情報発信の貧弱さ】
    ・広報のPDF化とWeb掲載
    ・議会(各種委員会を含めて)の動画発信、録画掲載の拡充
    ・会議録の早急な掲載と検索機能の改善
    ・議員それぞれの収支報告をすべてPDF化しWebに掲載
    (予算の問題という回答は知恵の無い証拠である)
    A:上記4つの提案に賛成します。

    【基本的な政策に関して】
    ・各地の自治基本条例についてどう考えるか 
    A:特別に慎重に成らざる得ない条例と捉えております。

    ・外国人地方参政権についてどう考えるか 
     A:国籍取得が条件
    ・公務員の国籍条項についてどう考えるか
    A:日本国籍保持者のみ
    ・外国人への生活保護についてどう考えるか
    A:反対
    ・一地方知事の南朝鮮、支那、ロシア、台湾、タイへの『外交(?)』についてどう考えるか
    A:国交のない国との接触は認められないと考えます。
      貿易等の民間交流促進の後押しならば可と考えます。

    (4)些末な秋田県の施策について
    ・知事の2期目の公約の1つ、2年で5,000人の雇用創出について何故追求しないのか
    A:現在様子見と言うところだと思います。

    ・DIOジャパン問題で自治体側の手落ちを何故追求しないのか
    A:この件は6月議会総括審査で追及されました。
    しかし、あまりにも不可解で不明な部分が多い事件で、議会中に間に合わなかったと言うのが本当の所です。9月議会で説明を求めます。

    ・観光文化スポーツ部の(中間的な)評価についてどう考えるか
    A:観光PRについては前田部長になってから良くなったと思います。
    しかし、現実に観光客の伸びは・・・
    施設側の問題もあると思います。
    思い切って秋田の観光地パワーアップ事業に取り組んだら良いと思います。
    具体的には観光地を絞り、徹底的に整備する等・・
    (例:男鹿・角館)

    ・ソウル線復活は必要か否か(一民間企業である大韓航空への利益供与問題)
    A:廃止やむなし、台湾定期便就航に力を入れる。

    ・ドラマへの出資等南朝鮮への特異な支出についてどう考えるか
    A:結果として無駄な支出になりました。

    ・秋田DC(協賛)やエリアなかいち(出資)の総括についてどう考えるか
    A:DCについて秋田のPRにはなったと思います。なかいちは現段階では駄目ですね。これから、どの様に活用するかが大切です。

    ・くまくま園の設置経緯についてどう考えるか
    A:知事が熊好きとしか思えません・・

    ・内陸線のトップ交代の不自然さについてどう考えるか
    A:ブラックボックスです。県議でも判りません。

    ・病的賭博の一因であるパチスロ禁止についてどう考えるか
    A:パチスロ・パチンコ廃止を望みます。

    【第3セクターについて】
    A:民間で出来るものからは手を引くべきと思います。民間出身の私から見て、公務員が商売をするのは無理です。

    【県農業公社、林業公社】
    A:廃止か存続か毎度議題に上がります。
    私の不得意分野なのでコメント出来かねます。

    【緊張感を持って対峙することが原則だ】
    A:その通りです。私は常に知事の目の前に座っていますので、とても緊張しております(^_^;)
    と言う事では無く、進言すべき事、提言すべき事は、しっかり申し入れします。

    • argusakita より:

      最上議員、早速のreplyに驚き感謝しています。

      こうなると、議員一人だけのQ&Aはfairではないという向きもあるでしょうから、公開質問状的なアンケート形式にでもまとめて、メアドの公開されている議員全員に送ってみますかね。

      便所の落書きに付き合っているヒマは無いとシカトされそうですが、まあそれはそれで仕方がありませんが。拙blogではコメントも含めてダメ出しばかりではないことがお解かりいただけるかも。(^^;)

      行政監視人さん、

      >現職の議員さんとこういうネット上で意見交換ができるのは何か新鮮に感じます。

      確かにそう思います。
      ただ、仮に何か誤認や失言・放言があっても、議員はあくまでも議会での発言でのみ有権者に対して責任を負うべきで、拙blogのようないわば閉鎖的な場所では我々一般人と同等の責任しか無いことは確認しておきましょう。

  3. ブルーベリー より:

    意見交換会など「なにかやったつもり」になるだけだと思う。
    各議員が日常的に意見を吸い上げ、議会に持ち込む当然の作業をやっていない証明である。

    佐竹が「俺のメンツが掛かっているからこうする!」 と言えば、誰も反対出来ないでしょ?
    君主制みたいなもんです。 すべて佐竹しだい。 ソウル便にいつまで執着するのか?

    細かい不祥事より、議員の役目を果たさない事が最大の不正ではないのか?
    佐竹の家臣じゃないんですよ。

    • argusakita より:

      いや、今回の意見交換会を議会側がパフォーマンスやアリバイのように考えていたら大間違いで、きっと誰かが録画や詳細な文字起こしをしてくれるだろうと思いますから、やり取りのLive感が重要です。
      県政や知事への意見などは受け側の都合の悪いものは消されますが、Liveはそうはいかないでしょう。
      マスコミからではわからない各議員の態度や表情を生で見れるのはなかなか貴重だと思いませんか?

      多くの施策を見るに、もうあの殿様知事ではアカンわけで、決定的な失敗も無く辞任もしないなら、(国政とは異なる)選挙による二元代表制の地方自治に渇を入れるのはやはり我々住民で、その対象がまさに地方議会なのではないかと思うのです。
      地方議会に声を向け、首長の専決事項を乱発させないことも重要だと思いますよ。

      家臣団はどちらかというと知事部局でしょう。議員は豪族、土豪でなくちゃ。(^^)
      役目を果たさない議員は選挙で落とせばいいのです。そのチャンスが来春だと・・・。

  4. ブルーベリー より:

    知事と県民の意見交換会は「毎年つつがなく」行われています。
    でも現実的に、全く効果がない訳です。

    今回は動画がネットで見れるのでしょうか? 
    会場には県民100万人のうち何万人入れますか?
    過度に期待しすぎだと思うのです。
    自分たちに都合の悪いことをやらないでしょう。

    県議会は「佐竹に逆らえない人の集団」です。
    その大人しい家臣団に「県議員としての役割を果たせ!」と言って変わるものか疑問です。
    残った半年で、ソウル便への異常な執着を止めさせたら、評価しますが。

    • argusakita より:

      もちろんそんなに劇的なイベントを期待しちゃいかんのですがそうそう諦めたり覚めた目で見るのももったいないかと。
      殿様知事は1人ですが、議員は45人(今は44人)います。

      中央地区の意見交換会で議事堂からわざわざ河岸を変えてなかいちで18時からというのは議員が何人参加するのかわかりませんが、普通に考えれば軽い飲食を伴う立食パーティ形式でざっくばらんに・・・なのではないかなと想像しています。
      地酒で乾杯をという『乾杯条例』を決めた県議会ですからね(^^)。
      もし、これが会場にパイプ椅子が並べられ、対面する雛壇上に長机に議員が5人くらい並んでマイクを渡して・・・という堅苦しい形式なら、『死んでしまえ!』と呪えばいいわけです。

      ざっくばらんな形式で、ニッカ履いた兄さんが『もっと足場使うビル作る仕事増やしてくれよ』だとかビジネスマンが『ソウル便じゃなく成田線にしてくれ』、旅行好きが『伊丹あたりにLCCを』だとかディーラーの兄さんが『中古車じゃなく新車買ってくれるようなイベントを頼むよ』、農家が『もっと秋田の果物宣伝してくれ』なんていう議員に言っても仕方がないことをぶつける。
      聞くほうの議員はそれらの要望から何かを吸い上げ、政策や条例作りに生かすのが仕事。

      日本に限らずどこの国でもロビー活動というのはそういうプリミティブなものから始まるんですよ。議員という神輿を担ぐのも立派にするのも住民・選挙民です。

      乾杯条例、あれはダメです。議員提出の恥ずかしい条例です。
      アルコールは合法であってもドラッグです。暴力や飲酒運転で死傷事故も起きているわけで、例え地元の酒を愛し地場産業育成という心情的な賛同はしても、乾杯を勧めるというのは飲酒を勧めることで、議会という公的な場で決議しては絶対にダメなものです。
      刃物が地場産業で有名な町の議会が『殺人の際の最初の一刺しはぜひわが町の刃物で』と決議するようなものです。
      建前と社会的立場を理解していない非常に幼稚な議会だと思います。

      うーん、なかいちのほうに行ってみたかったな。

      気のせいか、今日の成田は人が多い・・・。

  5. 最上英嗣 より:

    >ブルーベリーさんへ
    こんにちは。
    御意見御もっともです。
    反省し県政へ向き合います。

    今回の「あなたの街で県議会」は初めての試みなので、満足できる運営が出来ないかもしれません。
    しかし、回数を重ねて、修正しながら、良い対話集会が出来るようにしてまいります。
    どうか少し時間を下さい。

  6. 最上英嗣 より:

    【御報告】
    明日の対話集会は参加県議会議員34名との事です。
    YTRは入りません。音声録音と速記ののみ。
    なにせ初開催なので、どの様になることやら・・

    • ヒマな通りすがり より:

      久々にコメントです。最近、コメント欄が賑やかで勉強になります。
      最上議員、はじめまして。
      すみません、YTRって何でしょうか? ユ・ト・リとかじゃないですよ・・・・・ね?

      えーと、音声録音と速記というのは結構鯱ばった対話集会になるのでしょうか。
      34人対100人ならどういう<対話>を想定されているのか?
      あるいは34人対10人くらいだったら・・・・・(泣)

      • 最上英嗣 より:

        >ヒマな通りすがりさんへ
        YTR  ×   
        VTRです。 キー打ち間違えました^^;
        私は運営・設営に入っていないので、人数の件,レイアウトの件、今日まで知りませんでした。
        議員34名は多すぎると思います。
        議員10名程度で参加者20名程度の座談会が一番良いかと思いますが・・

    • argusakita より:

      34人参加ですか。
      録音、文字起こしということは軽い飲食を伴うビュッフェスタイルというわけではなさそうですね。
      ちょっと残念。
      株主総会スタイルではフランクな意見は出ないでしょうね。
      今後形式をあれこれ変えながら何度も開催されることを期待します。
      まずは初回のご盛況を祈ります。

  7. ヒマな通りすがり より:

    あ、わかりました。何か専門用語かと思いました。

    中央地区選出でしたら議員さんは20人もいないのではないでしょうか。
    34人もいたらとても意見交換会という雰囲気ではなさそうですね。
    むしろ参加しない10人の議員さんの理由が気になります(笑)
    blog主さんの期待した集まり、展開にはならないのかも知れませんねぇ。

  8. ブルーベリー より:

    収賄公判傍聴に職員大量動員 秋田市上下水道局 
    勤務時間中、ばれぬよう「制服禁止」
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140826/crm14082607590003-n1.htm

    秋田県庁は「組織的に」記者と市民団体を盗聴し、
    文字起こしまでして記録しているのは報道された事実。
    どうせ県会議員も監視対象だから、全部ウエブに載せればいい。
    そういう活動も全部税金で行われているから、情報も県民の資産だろう。

    秋田県の異常性を利用した改革を探るべきだと思う。
    (殿の御庭番だから無理か?)

  9. 雪見大福 より:

    今日はなかいちの会に行ってみようと思っていましたが
    子供が急病で行けなくなりました。
    どなたか参加された方は様子を教えてください。

    いずれ県議会でも何か報告が載るのだろうと思いますが
    編集されない生の状況が知りたいと思います。

    よろしくお願いします。

  10. 最上英嗣 より:

    【ご報告】
    出席議員34名 参加者200名位 18時開始 21時終了
    テレビカメラ入りました。
    各委員長報告 1時間弱かかりました。
    質問者多数 捌ききれませんでした。

    改善点 各常任委員会、特別委員会別に分科会形式が良いかと思います。
    もしくは選挙区別に分科会形式が良いかと思います。
    事前に質問を提出してもらえれば、重複した質問をまとめれると思いました。
    議員は自慢話や関係無い話しが多く、無駄な時間がありました。
    コーディネーターが必要ですね。

    写真は秋田県議会議員 最上英嗣FBページに載せてます。
    検索して見てください。

    • argusakita より:

      200人ですか、まずは盛況だった様子で良かったですね。
      でも写真を見た限りでは、あの形式でモデレータ無しでは意見は出しにくいわ、回答もしにくいわでアカンやつでしたね。
      どんなQ&Aが出たのか知りたいですが、そのうち議会のHPにでも掲載されるのでしょう。
      楽しみにしています。

      アルコール無しでしたか・・・・まあそれもありなんでしょうね。
      早々のご報告ありがとうございました。

    • 雪見大福 より:

      最上議員、夜中の1時に報告書かれていたんですね。
      お疲れ様でした。
      どこかでTVニュースやっていましたかね?

      もうすぐ9月定例会で忙しいとは思いますが、できればQ&Aの詳しい項目を事務局に早くupするようにお願いしてください。
      録音したということであれば、少しFILE分割してそのままupしてくれたらいいような気もしますがどうなんでしょうね。

      次回は必ず。

  11. 年金諦め組 より:

    久々にコメントさせてもらいます。

    ちょっとズレた夏休みなもので、ブログ主さんの呼びかけに思うところあって参加してみました。
    あの形式では秋田の口が重い県民性から黙って聞いているのが精一杯でした。
    議長や各委員長の話などどうでも良かった、というか事前に議会のHPで掲載でもしておいて「読んで来い」でも良かった程度のものに長々と時間をかけて、質問にピント外れな答えの連発ばかりで、どこが「とことん」なものか。
    課題山積みな秋田の現状は参加者全員がわかっているはずですから、その中からテーマやジャンルをいくつかに絞って欲しかったと思います。
    あれでは単に来春の選挙を睨んだ立候補予定議員の顔見世興行です。後ろで寝てた議員いませんでしたか?
    9月定例会を前にしたある種のアリバイ作りかと邪推してしまいました。

    それにしても農学部がどうのとか、高齢者と孫がどうのとか、議会と住民の間の意見交換が普段いかに行われていないかを改めて認識しましたし、質問した高齢者達の持つ要望が我々若い世代(30代)とは全く違う土俵のものばかりということも改めて痛感しました。
    正直言って今回は時間を無駄にした印象が強かったのですが、今後参加者や形式を改善して何度も開催してくれることを期待します。司会者も必要ではないでしょうか。

  12. 最上英嗣 より:

    会場の写真は最上英嗣個人ページにあがってます。
    こちら→https://www.facebook.com/mogamiya

    • argusakita より:

      写真、拝見しました。うーむですね。
      今回は手探り状態だったのでしょうから、次回はもう少し違うスタイルで年金諦め組さんなども納得いく形で開催できるといいですね。継続はお願いしたいところです。

      今、議会では4つのテーマで意見募集されていますが、あれを事務局のフィルタかけないようにBBSにして募集されたらいかがでしょう。紙ベースの方はPDFで事務局がupするというのでデジタルデバイドを克服されたら良いのでは?
      ゴミもupされるでしょうが、1行2行のゴミはサクッと削除したらいいのです。

      結局、参加された方たちは皆、議員さんの話と同等に他の県民はどう考えているかを知りたいのではないでしょうか。(私自身そうですが)

  13. 最上英嗣 より:

    今回の反省点を踏まえて、次回に繋げて参ります

  14. ブルーベリー より:

    市民意見交換会の様子を【動画配信】している自治体は多い。
    なにも研究しないで、旧式のやり方で始める姿勢は、どうかと。
    「スタートラインが非常に低い」と言わざるを得ない。

    「これから改善する」と言えば聞こえは良いが、世の中はすべて競争。
    秋田が10改善する間に、他の自治体は30も改善しています。
    今までそうやって差が開いて来た訳です。 それが衰退の根幹です。

    やるなら、議員有志で市民と討論会を開いて、ニコ動で生放送するくらいでないと。

    • 雪見大福 より:

      確かにその通りだと思います。
      でも、議会に限らず知事会見もリアルタイムでネット配信しない秋田県ですからやむを得ないかと。既存マスコミへの遠慮かもしれませんね。
      しかし、HPはおろかメアドすら公開していない議員もいるので議会内部での声の大きさであのスタイルに落ち着いたんだろうと想像します。

      少し前ならこういうことは技術的な足並みの遅れで片付けられましたが、今はもうそんなことをしていたら情報公開・発信に不熱心、拒否しているとまで言われますよね。
      議員さんたちの意識の問題でしょう。

      逆に、あの会場の写真を見ると確かにネットとは無縁そうな観客が多そうな感じもしましたからどっちもどっちなのかも。

      • 最上英嗣 より:

        雪見大福さんへ
        県議会の内情お察し願います。
        世の中の実情に合う県議会になるよう努力いたします。

コメントは受け付けていません。