凄い国日本、不思議な国日本 ~社員さん達の感想~

ウィーンの事務所とSkypeで社員さん達と打ち合わせしていたが、ウクライナが少々ヤバそうな雲行きらしい。近々飛ばないといけなさそうだ。
仕事の話が終わって、何故か野球が好きな社員さんが『ボス、日本では野球の試合開始の前に必ず空襲警報を鳴らすのか?』と聞いてきて、何のことかと思ったらYouTubeか何かで甲子園のサイレンを聞いて驚いたらしい。
筆者は甲子園のはTVで聞いたことしかないし、戦時中の空襲警報も当然知る由もないので答えに窮したが、音程の違いはあるものの基本的には同じらしい。ただし野球のは1回だけ、空襲警報はあれが連続したらしい。なぜ今でも使うのかの理由は不明。朝日新聞主催だからか?
※経緯・理由等がわかる方はぜひ教えてください。

確かに、ウィーンにいるときに2回聞いたことがあるのと似ているというか、サイレンというのは基本皆一緒ではないだろうか。ウィーンでは10月くらいに毎年訓練で流しているらしいが、毎年でもないような気がする。まあ、いずれにしろ兵役義務のある『中立国』だ、国防の意識は国民全員にあっても当たり前だろう。

ところで、日本には現代の空襲警報とも言うべき『国民保護サイレン』というのがあるのを知っているだろうか。子供達に聞いたら3人とも知らないということだったので少なくとも学校では教えなかったらしい。
大震災後にメディアでもJ-Alert(全国瞬時警報システム)という言葉はよく出てきて、各地で情報伝達システムがうまくいったとかいかなかったとか問題になったが、その後も緊急地震速報の音はTV、ラジオでも流れているものの、その他全部を日本人は皆知っているのだろうか? 全部をまとめたものがYouTubeにあったので、URLだけ貼っておく。
この中の、5:29からのサイレンが弾道ミサイル情報、航空攻撃情報、ゲリラ攻撃情報、大規模テロ情報のときの『国民保護サイレン』というものらしい。耳に残る非常に嫌な音と抑揚の無い無機質なアナウンスで、小さい子は泣き出すかもしれない。本物は一生に一度聞けるかどうかで、ひょっとしたら聞こえた瞬間にあの世なのかもしれない。
【注意】近所で勘違いされると大変なので、絶対に音が他に漏れない状態かヘッドホンで聞くこと。

http://youtu.be/hrt26UfL13I

このサイレンの話に限らず国が変われば習慣や常識もずいぶん違うのだが、先日ウィーンからブラチスラバまで車で移動(筆者的にはドナウ川を船で移動したかったが仕事なので)した際に同行した社員さん達とあれこれと話しているうちに話題が日本に関してのものになった。
偶然にもその4人の社員さん達は仕事や観光で日本に来たことがあり、東京、京都、仙台、秋田などを訪れている。
それぞれが日本についての印象を語っていて実に興味深く、ついついノートPCでメモを取ってしまった。以下はそのときの箇条書き。凄い国と同時に不思議な世界という印象だったのかもしれない。
ちなみに、それぞれの生まれは、インド♂、チェコ♂、ドイツ♀、イギリス♂である。

【空港】
・武器携帯の警備員が少ない(いざというとき、日本のポリスは拳銃で対応できるのか? そんなに拳銃の腕前が全員凄いのか?)
※同感、同感
・PC(パスポートコントロール)の処理が速い。
※インド人の彼は顔だけではよくアラブ人と間違われるためだろう
・PCの係員の目線(窓口)の高さが低い。優しそうだ。
※筆者の経験からも世界で最も低い高さの部類だと思う。海外では見下ろされる位置が普通。(筆者は身長176cm)
・荷物が出てくるのが速い
※Priorityでもそんなに速いほうだとは思わないが・・・

【ホテル】
・チップを渡したら受け取ってもらえなかった
・ウォシュレットと消音装置(全員絶賛)
※ホテルじゃないだろうな、デパートとか?
・そのまま飲める水道水
・エレベータの中で皆静かで恐い感じ
※これは理由をよく聞かれる。古くからの禅の教えで三黙道場の一つがエレベータだと嘯くことにしている(^^)

【テレビ】
・さほど深夜でもないのに酒のCMをやっている
・深夜のTVの大人向け時間帯というのが無さそう
※欧州では一般的とも言えるSMS連動のエロい番組やその他
・食べ物が出てくる番組が多い
※日本はほぼ同質な民族のため食文化も食材も共通だからだろう
・温泉紹介が多く、日本中温泉があるのにビックリらしい。
※ハンガリーも似たようなものだが。

【街の中】
・ゴミの分別。新聞紙を束ねて出すことやペットボトルの蓋まで別に入れるゴミ箱
・通りかかった学校で小さな子供達が掃除をしていた
・街の中に落書きが少ない
・自動販売機の多さ(種類・数、酒・タバコもあることに驚き)
※アメリカ人は数の多さにはさほど驚かない。国によって事情は異なるが欧州人は大体が驚く。
・タクシーのドア自動開閉
※運転手が操作しているのに気付かなかったらしい
・デパ地下やスーパーの試食(量が少ないけどタダ)
・高品質なティッシュペーパーをタダで配っている。5個もらっても笑顔だった。
・夜、繁華街でもどこでも女性が一人で歩いている
・喫煙者が一箇所に集まって煙の中でタバコを吸っている(いるだけで体を壊しそう)
※しかし、街で道にタバコの吸殻がほとんどないことにも驚き
・ごはんに直接生卵をかけて食べている人がいる!(@吉野家)
※日本と香港くらいだな、これが出来るのは
・水やお茶がタダ。おしぼりやウェットティッシュもタダ
※氷は要らないと言ったら変な顔をされたそうだ
・何も買ってないのに『ありがとうございました』と言われるコンビニ
・コンビニのトイレが綺麗(そこにもウォシュレット)
・レジで目の前でお札を数えて渡されること
※筆者もこれは本当に止めたほうがいいと思う。金を持っていることを周囲の他人に見られることだから。
・深夜、クラブでダンスができない
※これはもうすぐ改善されるかな?
・街の中に緑が少ない
※全員がお気に入りの都市は東京でも京都でもなく仙台だった
・すし詰めの満員電車
※あり得ないという感覚はよくわかる。

【お土産】
・安物でも爪きりの切れ味が素晴らしい
・カレーパン(インド人)
・100円ショップ(チェコ人は300品目くらい買って別便で送ったらしい)
・ポッキーとキットカットの日本風バリエーション(おそらく抹茶風味)
・ボールペンの種類が凄い(50本くらい買ったそうだ)
※それぞれが何度か日本に来ているため、特別なお土産は興味が無いらしい

【その他】
・どんな人にでもお茶に誘える
※インド人ならではの驚きかな。出張費削るかな・・・。
・花火が完全にまん丸
※美しいかどうかはそれぞれの国で違うらしいが、丸く整っているのは欧州ではほとんど無い

全般的に日本、日本人の礼儀正しさ、几帳面さ、親切、真面目、清潔さは皆同様に受けた印象らしいが、ほとんどの日本人が同じように見えて違和感も感じたようだ。
そんな日本に住みたいか? 暮らしていけるか? と聞いたら、全員が笑いながら、『No Way!』(あり得ない!) 『Impossible』(不可能)
自分にはとても無理だということらしい。
案外、ゴミの分別など一つ取っても外国人にとっては日本は息苦しい国に見えるのかもしれない。

聞いているこっちはとてもおもしろく、残りの社員さん(ロシア人、オーストリア人、オランダ人)にもそのうちぜひ聞いてみようと思う。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 社会・経済, 海外 タグ: , , , , , , パーマリンク

凄い国日本、不思議な国日本 ~社員さん達の感想~ への1件のフィードバック

  1. きりたんぽ より:

    私は元・高校球児でもありました、たしかにあのサイレンは警報に聞こえてもおかしくはありませんね。
    球場によって音程や長さやタイミングが違ったりもします。

    やはり甲子園球場のサイレンが格別ではないでしょうか。
    当時は中学時代の同級生を応援しに一度だけ行きました。

    投手はサイレンを聞きながら投げるわけですから、たしかに不思議な競技にも思えます。
    始まりと終わりの試合終了後もまた鳴らしますし、意識せずに聞いていましたね。

    なぜサイレンなのでしょうか?? 
    いろんな意見がありますが、甲子園開会式の入場行進は学徒出陣に見えるとか何とかで戦争のイメージとかで禁止にしろなんて人もいましたね・・・・・・

    海外の観光客でも日本のお土産は人気ですね。
    話題で必ず出るのが green tea flavored キットカットチョコレートはフィリピンでも人気の様子です。
    食べたことある人や日本人のお土産でもらったことある人で盛り上がる話題になります。
    知らない人でもお茶好きなフィリピーノは多いです。
    フィリピンに来るときにお土産でちょうだいとも言われます・・・・・
    ちなみにキットカットのいろんな味の種類は日本が世界で一番多いようですね。
    ワサビ味もあります(笑)

コメントは受け付けていません。