『村営キャバレー』リターンズでも国は支援するか?

地方創生法案が国会を通過した。
石破大臣によれば、『「中身が無い法案」とのご批判を浴びましたが、理念法・組織法・プログラム法である以上、性格的に仕方のないこと』なのだそうだ。
また、『熱意と創意工夫のある自治体を国は全力で支える』とのことで『事業の検証が大事でその仕組みも評価対象』とも言っている。
我々年寄り達にはどこかデジャブな何かを感じるが、約30年前に自民党凋落のきっかけとなったとも言える竹下首相肝いりの『ふるさと創生事業』(正式名称は『自ら考え自ら行う地域づくり事業』)、そう、あの1億円ばら撒き事業だ。

あの頃筆者は社会人になって数年という時期、全国の市町村が金塊を買ったり、秋田市のように絵を購入(秋田蘭画だったかな)したり毎日のように話題があったが、ひときわ目だってしかも同郷(生まれは東京でも育ちの大半が秋田だったため)の者としては何となく気恥ずかしかったのが、TVで盛んに取り上げられた旧仙南村の『村営キャバレー』(フォーラムハウス・遊遊)だった。

yu-yu1990年4月27日にオープンしたこの村営キャバレー、田んぼの真ん中に出現した白亜の建物で、事業で交付される1億円以外にカラオケ装置の2千万円を含めて3千万円の村費を追加して建てたそうだ。
キャバレーといっても実は施設の半分は運動器具を備えた会員制のトレーニングルームなのだが、婆さんがホステス、近隣の爺さん達がキャバレーの客というものだったらしい。
実にハジけたことに使ったものだが、当時の村の担当者や地域の住民にとっては案外おもしろまじめで瞬間的には全国からマスコミを呼び寄せたことで仙南村の知名度向上に貢献したと言えるのかもしれない。

余談だが、仙南村というのは仙南東小学校が『欽ちゃんの仮装大賞』に何度か出たり、準優勝をしたりで村自体にハジけた体質というかノリの良い空気があったのだろうと推察する。(秋田弁ではハンカクサイか(^^))
元々は後三年の役等(あまり愉快なものではないが)歴史の1ページに出てくる地域で、最近はそういった平安時代をウリにしているらしいが、昭和初期にこの仙北の一帯(旧仙南、中仙、太田、千畑)は県外から入植した人々が雄物川や玉川支流の洪水や氾濫に立ち向かい湿地、荒地の原野を開拓した土地柄で、秋田県の中でもちょっと別のルーツを持つ人々が多いはずで、その辺が大人しい秋田の原住民とは少々違うのかもしれない。(昭和15年くらいからの田沢疎水と開拓の歴史はなかなか興味深い)

村営キャバレーはその後間もなく当然のごとく潰れたらしく、現在はどこかの企業の駐車場になっているというが、筆者は正確な場所は知らない。
合併後の美郷町がもう一度『町営キャバレー』(キャバレーという単語が何しろレトロであり、若い人には新鮮かもしれない)をやったらどうなのだろう。
無論、30年前の単純な再現だけではなく、そこで得られた失敗の検証をしながら、若い人の意見を取り入れて今の時代にマッチしたH/WやS/Wにしたら良いのだ。
仙北は有名な木村伊兵衛の写真でも証明されているように秋田美人の宝庫とも言われる地域だ。差し当たって『秋田美人に遭える』(秋田美人の厳密な定義など無いのだから)のをウリにしてもいいかもしれないし、10年ほど前にNTTが過疎債を引っ張ってきて構築した(はずの)旧千畑町・六郷町との3町村光ファイバー『地域イントラネット』(NTT東日本の阿漕な商売めっ!)を活用したものもおもしろい活用法があると思われる。
さらに町内の3つの温泉、あったか山(六郷)、サン・アール(千畑)、湯とぴあとの連携もリソースとしてはいろいろな可能性があっておもしろいではないか。金沢ダムの上流には野球場、野外ステージ、キャンプ場などブラッシュアップ可能なアウトドアリソースがあるのを知っている人は少ないかもしれない。
他にも旧仙南村はハトムギ生産で力を入れたこともあるし何といっても『おはよう納豆』の本拠地だ。
総合的なプロデュースが必要だが、何しろ30年前に一度失敗していることが大きな糧だ。難しいことを考えなくともリソースの丁寧な再確認とその分析と統合をベースにプランを練れば、石破大臣にも『どや?』と突きつけられるではないか。
(筆者がマスタープランを作成したら買ってくれるかな?(^^))

あとは秋田3区の御法川衆院議員に走り回ってもらえば良いし、県議はこの選挙区に5人(女性2人)いて、自民3、社民1、新みらい1だがイマイチ存在感の無い方々だ。この際、来春の選挙の公約にでも盛り込んでぜひ頑張って欲しいものだ。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 県政・市政・議会, 社会・経済, 秋田の歴史, 国政・国会 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク