年末に向かって日本経済は大丈夫か?

いやはや、ノートPCが不調で約一週間モスクワで不便な生活を強いられた。使い方が悪いわけではないがどうも壊れやすい気がするのが最近のノートPCだ。まあ、こっちは口先で商売しているようなものなのでスマホで何とか最低限はどうにかなるが、寒いモスクワで新聞やTVでヒマ潰しは流石に飽きてしまった。
ウクライナ問題もあるのだろうがモスクワでは未だにPC類は高額で、キリル文字キーボードでは話にならないので現地調達は諦めたが、ホテルのスマホ対応のWi-Fi環境はだいぶ良くなった印象だ。ベラルースカヤ駅近くのこのホテルも10年前は24時間5,000円程だったのが1,000円ちょっとになっている。(無料にはしないのだろうな、ロシアらしい)
ウィーンに戻るとき空港で、壊れたノートPCの電源を入れてみろと言われて故障していると説明するのに小一時間。早めに行っていてラッキーだった。壊れたPCを持ち歩くときはご注意を。

abe-pm【APEC、G20】
先週のAPECで安倍首相とシー・ジンピンの初顔合わせが大きく報道されていたが、あの素っ気ないシーの大人気ない態度は世界中で失笑を買い、支那はやっぱりそういう国なんだと多くの人が感じたようだ。
あの車列の入ってくる際のレッドカーペット状の道や多数の民族衣装での出迎えなどまるで北京オリンピックの開会式かと思えるような演出は北京オリンピックの演出者が再度請け負ったのだそうだから呆れるやら関心するやら・・・。
日本のメディアでは安倍首相とシー・ジンピンの国旗無し(日本だけ)の初顔合わせばかりが報道され、安倍首相・プーチン会談はあまり触れていないようだが、プーチンとの会談こそが日本にとってAPEC最大の国益にかなった成果ではなかったのだろうか。
その後のG20での写真撮影では日米豪が中心に収まっていて、最前列でメルケルよりも安倍首相が中心に近い写真は初めて見たような気がする。存在感は示したようだ。
APECでもG20でもパク・クネの『あれっ、いたの?』という存在感の無さは気の毒なくらいだった。まあ、太平洋という場所や国の格というものがあるなら妥当な感じがしたが、そろそろ南朝鮮も発言の機会が滅多に無いことを自覚したのかもしれない。世界の大問題はとりあえず『経済』だと。
それにしてもAPECが終わって、支那は尖閣、小笠原サンゴ密漁でエスカレートするのではないか?

【消費税・解散】
ちょっと予想していたがやはり解散か。
APECやG20で外ヅラが良くても、内政特に日本経済はどうもヤバそうだ。
為替がリーマンショック直前の水準まで戻って、筆者達の仕事のような原材料が知恵と時間の業種に取っては好ましいことだが、輸入が絡む業種はさぞかし急激な変化には閉口していることだろう。
7-9のGDP速報値では前四半期に続いてマイナスだそうだが、来月の確報値では普通は速報値よりも悪くなるため、内需はクリスマス・年末商戦ともに悪化し結局今年度のトータルなGDP伸び率はマイナスになりそうな予想も出ている。
デフレ脱却どころかスタグフレーション一直線のような雰囲気ではないか。
しかし、アベノミクス以外に現実的な対案が無い以上、物価上昇に賃金が追いつくまでは毒でもクスリと思って日本は進まないと先が無いのも何となく見えるではないか。
消費税は、どうせならすぐに5%に戻して2段階などと姑息なことをせずに再来年10%にするなどの時間稼ぎをすべきだ。

そもそもアベノミクスと消費税は別物で、せっかくのアベノミクスの効果を消費税が打ち消してしまった格好で、誰が何と言おうと結果的に失策だろう。失敗はアベノミクスではなく、消費税8%へのタイミングが失敗だったと素直に認めりゃいいのだが。
消費税延期を再度国民に問うというのが総選挙の大義とやららしいがそこはちょいと違うだろうな。(元々は法的に延期可能なようになっている)
むしろ消費税upによる失敗による景気の予想外の低迷や閣僚辞任等で支持率が下がってきてこれを払拭することと、やかましい野党の議席を減らすことが目的だろう。
人気のピークよりもちょっと下がったのを見て再度『買い』を入れる『押し目買い』を狙っているようなものだろう。『押し目買い総選挙』
以前のように民主党という別の選択肢が無い以上、自民党にお灸を据えるのは現実的には難しい。ひょっとして自民党は300を超える勢いで議席を増やしそうな予感がする。
選挙のタイミングは沖縄知事選の結果に国民が注目しないようにするにも非常に良いタイミングと踏んでいることだろう。
『安倍のみクスッ!(笑)』である。

600億とも700億とも言われる選挙費用(税金)は勿体無いが、せっかくだから有権者側としては今回の(実施されるとなれば)選挙で野党はもちろん二階、額賀のような親支那、親朝鮮の自民党売国・亡国議員達、パチンコ議員達を炙りだして落選させたい。そういえば金田勝年氏は日韓議員連盟メンバーだな。

秋田では来春の統一地方選もあるだろうし、地元選出の衆議院議員たちもソワソワしていることだろう。
次世代あたりから誰か出ないかな・・・。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)


広告
カテゴリー: 社会・経済, 国政・国会 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

年末に向かって日本経済は大丈夫か? への6件のフィードバック

  1. blogファンその1 より:

    >自民党売国・亡国議員達、パチンコ議員達を炙りだして落選させたい。

    大賛成。
    さっきニュースでやっていましたが、みんなの党が解党するみたいです。
    ドタバタと選挙のための互助会政党が林立しそうです。

    • argusakita より:

      えーと、国会で『カイサーン』と(いつも何故か)『ばんざーい』はいつなんでしょうね。

      みんなの党は解体ですか。
      自民党も左右にはっきり分かれて欲しいですね。憲法改正で集まったといってもさっぱり前に進める様子が無く、J-ファイルなんて公約集も反故に次ぐ反故で既に単なる政策羅列冊子ですからね。

      政党や候補者の罵詈雑言は公示前に書きましょう(^^)。

      新聞やTVは解散・総選挙は煽る、騒ぐで大歓迎でしょうね。選挙広告特需は結構大きな額らしいですから。
      地元の新聞紙だって、死亡広告程度でも何十万も取るんでしょうから、候補者の支援企業・団体などを含めても結構なボーナスでしょうね。

    • argusakita より:

      BBCのbreaking NEWSで解散表明が出ました。
      押し目買い解散 とでもいいたげなんでしょうねぇ、もう一度アベノミクスを買えと。
      こりゃ、明日から株は乱高下じゃないでしょうかね、まあ私はあまり関係ないですけど。
      NY市場が楽しみだろうなぁ・・・。
      株先物でも小遣い稼ぎにやろうかな(^^)。

  2. きりたんぽ より:

    安倍首相の会見見ました、消費税10%の日付が決まりましたね。
    発表や選挙も含めて11月と12月とハチャメチャな年末となりそうです。

    中国の景気の悪さも含めて、さらにドルの蛇口を閉めたので、ドルの価値が上がり、
    オイルマネーからも資金がドルに逃げ込んでますね、ガソリンも値下がっていますし。
    そしてアベノミクス政府介入で円売りで極端過ぎます。

    マイナス金利のユーロということですが、長い目で見るとたしかに売られると思いますが
    短期間では乱れることも十分にありますのでご注意下さい。

    書店に行くと特に株の書籍や雑誌、狙いの銘柄を週刊誌までが袋とじです!
    通常はグラビアアイドルの水着や肌の露出を袋とじが定番でしたが、
    今や投資や投機の方が興奮度が高いと思いますね(笑)

    • argusakita より:

      ウクライナのポロシェンコが『ロシアとの全面戦争の準備は出来ている』なんて強気なこと言っちゃいました。
      ロシアというのは国民性から言ってこういうブラフは真面目に受けて立ちますから、小競り合い以上のものが始まる可能性は大きいでしょう。
      ユーロや原油、資源国通貨は乱高下するかもしれませんよ。

      投資はいいと思いますが、20代の頃プラチナの先物で投機の世界の恐ろしさは十分勉強しましたから絶対に小遣い以上のことはしない主義です。
      FXなどは日本では与謝野氏が大臣だった頃にハイレバ規制がかかってバクチとしてはおもしろくなくなったでしょうし・・・(^^)

      それにしても地方創生ってのはどこに行っちゃったのでしょうね。

      • きりたんぽ より:

        日本の市場は小さいので日本の株よりも
        海外の方がやりがいがありそうですね。

        先日、来日してセミナーをしたジムロジャースは
        ロシア株もおもしろいということも言っていたようです。
        株と為替しかしたことがないので、先物もやってみたいですね。
        コーヒー豆や食物関係にも関心があります。

        そうなんです、民主党政権の時にレバレッジ規制で日本国内では
        25倍でしかできません。落胆しましたあの当時は。
        規制前は少ない資金でも通常は100倍~400倍で取引できましたので、
        規制以降でも法人口座で申し込めばレバレッジ100倍~200倍でできますが、
        手続き費用などがかさみ撤退する人も多いようです。
        しかし、規制から外れる海外のFX会社があるので、
        私はこちらで口座を開きわずかな資金で取引しています。
        レバッレジも自分で選べるので、極端に少ない証拠金で数百倍のレバッレジで
        取引できるので助かります。ただ海外のFX会社は入金・出金に手間がかかり
        やはり日本のFX会社の質は全てにおいて抜群に良いですね。
        増税するならレバッレジも増やしてもらいたいものです(笑)

        地方創生は本当にくるのでしょうか・・・・・・
        今後は地方疲弊が続くのみにしか思えてなりません。
        私も消費税が原因のみで購買力が落ちているわけではないと感じます。
        たとえばこの状況の中で東京含めた都心部では、
        物質のないサービス産業では各自で工夫して上げることは可能だと感じます、

        しかし、秋田県など地方にこの物質のないサービス産業が極端に少ないので、
        この状況で何か物を買うという行為はすでに持っている物以外で
        何があるのかなというように思ってしまいます。

        みなさんがそれぞれ別々の休日であったり
        カレンダー通りの休日がなくなれば満遍なく飲食店で食事ができたり
        極端に土・日・祝だけが意味もなくただ休日が皆同じという理由で混みあい並んだりと、
        そこで待つことを諦めるお客さんもたくさんいますし、もったいないなと思ったりも
        しますね。

コメントは受け付けていません。