選挙の争点は・・・

日本のメデイアを見ていると連日衆院選で盛り上がっているようだが、広告代理店やマスコミにとっては国政選挙というのは数百億の広告収入が期待できるため煽りに煽って争点がどうの議員数の増減、党派の趨勢などを連日取り上げる。小さなニュースなどを取材するより効率の良い商売であるだろうから仕方がない。
『赤旗』によれば、2013年度に9党が使い残した政党助成金は国庫に返還せず147億5307万円で7割近くが民主党。つまり民主党は100億程度貯金がある。選挙広告等で民主党が電通、博報堂に支払った広告費は48億6054万円。自民党は自由企画社に26億9851万円、電通には7億4701万円。
これ、ぜーんぶ税金が原資。

選挙の争点がアベノミクスの評価になるという論調はどこか変だ。
約2年前の政府・日銀の共同発表では物価上昇率2%のインフレターゲットは2015年度を中心とした期間で達成と言ったはずで、評価結論までにはまだ時間はあるはずだ。確かに4半期GDPマイナスは予想外だっただろうが、金融緩和による為替の改善(スピードは速すぎるが)、非正規だろうが何だろうが雇用の改善、コストプッシュインフレとはいえ物価上昇は数字で出ているし、為替や株価はリーマンショック以前までの水準には達した。
この調子で進めば金融緩和の出口だけはどうするのかが見えないものの、日銀が蛇口を閉めるのと連動してこんどはユーロが緩和するだろうしかろうじて相殺していくだろうと筆者は予想している。
実質賃金のマイナスの連続も各種先行指標よりは遅れてはいるが来春頃にはトントンくらいまではいくのでは(逆に、いかないとマズい)ないかと予想しているが円安加速が速過ぎる。
つまりアベノミクスの評価は時期尚早というのが妥当な見方ではないのか。消費税はアベノミクスの『矢』ではない。
現時点で失敗と見えるのは4月の消費税8%upなのであって、これだけはタイミングが失敗というよりも大失敗だ。

この大失敗を野党は突いてくるわけだが、ではアベノミクスに代わる具体的な手法が野党特に野党第一党である民主党にあるかといえば、なーんにも無い。
元経済評論家の海江田氏が3本の矢(3番目が怪しいが)に代わる『アグラノミクス』でも発表するならまだしも単に『アベノミクスの失敗』の指摘だけでは有権者は納得しないし、そもそもマニフェスト選挙を有名(?)にした民主党こそそこに書かれていない消費税upを決定したではないか。自民党もJ-ファイルの公約を次々に反故にしているし、おそらく今回の選挙では与野党ともマニフェストはあまり声高には言わないだろう。

第一の矢である金融緩和は既に異次元どころか他次元の領域で、出口戦略など誰にも見えない。蛇口閉めるよとチラッと黒田総裁がほのめかした瞬間一気に日本売りが加速し、株安、円安で、日銀が国債買い入れができない事態になれば・・・。出口戦略で黒田総裁が考えているのは自分の辞任くらいだろう。
ところが、例え(あり得ないが)自民党が大敗してどこかの党派が政権を取ったとしてもこの蛇口を閉める誘導をしたり財政出動を止められるわけがない。止めたら、即日本沈没は明らかだからだ。
少なくとも安倍首相が10%upを宣言した2017年3月までは現在の『毒をクスリと思って飲み続ける』以外に現実的な選択肢は無い。

つまり、今回の選挙の争点は経済、財政ではない。
自民党は自主憲法制定で集まった選挙互助会である。今度の選挙で控えめな数字を言っているようだが本音では単独で憲法改正発議可能な2/3(317かな)を狙っているのだろう。
国防に関しては当然ながら地方自治や社会保障の大幅削減を目指すにも憲法改正が必要だ。ついでに原発再稼動、沖縄問題もあるだろう。
その憲法改正の本丸に乗り出すための4年を確保するために今回選挙に打って出たのだろうと筆者には思える。

今や若者は投票に行かないし、以前のように農協、医師会といった安定支持母体を失って、以前亀井静香氏が(麻生内閣のときだったかな)国会で指摘したように自民党の最大支持母体は創価学会であり、そこに安倍首相支持の統一協会(元来、教会じゃなく協会です)や政労使会議などというわけのわからん集まりで連合の一部も加わった状態だ。
ここに高齢者医療や年金周りの聞こえの良い文言を加えれば年寄りの票も集まり自民党は圧勝する。
投票日が忠臣蔵討ち入りの日だそうだが、雪でも降ればますます投票率は低下し、自民党には有利だ。

秋田の候補でまたまた元アナウンサーとかいう肩書きの鼻たれが出るそうだが、知名度があるのかどうか知らない(筆者は名前も知らなかった)が、いきなり国政だのと、こんなのを当選させたら秋田の民度は完全に地に落ちたと言わざるを得ない。しかも民主党からですよ、民主党。ローカルのアナウンサーって供託金が出せるほど稼げる商売なわけないのだが・・・。
しかし、1年生議員の富樫氏もこの2年間で国民・県民に見える実績は皆無。2区もそろそろ引退して後遺症回復に静養したほうがいい。3区は慶應のOBのせいかどうか知らないが甘利大臣(慶應)の隣に座って経済財政諮問会議に出てはいるが、その生の声がメディアに取り上げられたことすらない。
対抗馬が枯れきったた左翼同好会である共産党の○○だのでは全く緊張感も無く投票率は低くなるだろう。
県議会あたりの若手でもいいから思い切って次世代から出る人はいないものか。
このままでは白票は悔しいから投票では用紙に『なまはげ』と『秋田党』とでも書くしかないな。

民主党にも政治家としてはそれなりの実績もありなかなかの人物もいるように感じるが、何故民主党から出るのか不思議で仕方がない。
選挙直前に野党が再編を加速化させているがもう間に合うわけが無い。もがけばもがくほど悲惨な結果になるだろうし、自民党の思うツボだ。
せめて与野党、党派に拠らず外国人参政権問題、夫婦別姓、親朝鮮、親支那・・・こんな売国・亡国議員達が一掃される選挙であって欲しい。(社民党、公明党はいなくなーれ)
 

 


 


ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

 

広告
カテゴリー: 国政・国会 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

選挙の争点は・・・ への7件のフィードバック

  1. argusakita より:

    動画見たら、なんですか、あのフライングの『バンザーイ』は?
    御名御璽くらいちゃんと聞けと・・・。日付って議長が言うものでしたかね?
    まあ、どっちもどっちかな(^^)。

  2. きりたんぽ より:

    安倍政権も橋本龍太郎のような結果になるのではという保守派の声も聞こえます。
    今年の消費税の8%の影響は今はまだましなほうで、2~3年後にもろに影響が
    くるので、そこでさらに10%になるので打撃力が半端なさそうですね。
    ゾッとします・・・・・・・・

    • argusakita より:

      10%になる2017年4月には、日本は崩壊寸前か10%がさほど問題ではない空気のどちらかになっていると思います。

      • きりたんぽ より:

        そうですね、最初の消費税の3%になる89年の時は増税と同時に物品税を廃止しているので、
        いわばセーフネットをしかれていたり。次の97年の5%の時には先行に所得税なりを減税していたこともありましたけども、今回の8%にはセーフネットが何もないので極端に落ち込むのは当たり前ですね。原因を天候不順とかだとかを平気で言えるのも本当に国民を馬鹿にしていますよ。10%前にセーフネットをしかないと死滅しますよ。

        • argusakita より:

          物品税復活はあってもいいかと思います。
          パチンコ税もキッチリ作るとか、年金受給者のパスポートは1年更新にして手数料を通常の倍額にするとか・・・。

          このままいったら、今の子供達は 日本で暮らす=年寄りたちの奴隷になる ことになります。

  3. あじさい より:

    どっちもどっちもですね。
    全員、落選してほしい。

    12月に選挙をするなんて、「ひとでなし」です。
    私のような小さな商店にとって、12月はかき入れ時ですのに…。
    消費者の財布のひもが一番ゆるむ月なのに…。
    選挙があると、小売店、飲食業は暇になります。
    さらに、総理の記者会見での18か月後の消費税UP宣言はダブルパンチです。
    次の日から、お客様の消費行動に鍵がかかりました。
    先の不安を与えられて、「贅沢はできない」という鍵です。
    悔しいです。
    選挙特需のある業種の方々だって、できれば、2月のほうが嬉しかったのでは…。
    投票用紙に「ひとでなし」と書きたいところですが、それでは選挙にならないので、
    「ひとでなしでない人」を選びます。……いるかな?…。
    「なるべく、ひとでなしでない人」で妥協することになるでしょう。

    ★どんを使用した「ふるさとパフェ」を改良して「どんぱんパフェ」にしました。
      どんの上にジュンサイを入れ、比内地鶏ガラスープ、食パン、はちみつ、
      アイスクリーム(ソフトクリーム)の順に入れ、とんぶりをトッピング、
      野菜チップス(さつまいも、かぼちゃ、にんじん、じゃがいも、いんげん、
      を飾ります。
      どんとパンで「どんぱんパフェ」好評です。お試しください。

    • argusakita より:

      こんばんは。
      年末の選挙。実は衆議院選挙は12月が一番多かったのでは? 前回選挙のときそんなことを聞いた気がします。
      消費税10%は今から18ヵ月後ではなく来年の10月の18ヵ月後つまり2017年4月、それまでは忘れやすい日本人ですから2年半財布のひもを締めっぱなしというわけにはいかないのでは? きっとそのうち緩みますよ。

      うーん、ジュンサイと比内地鶏ガラスープ、とんぶりはこちらでは入手不可能なので秋田に帰ったらちょっとチャレンジしてみます。
      パフェとはいうもののスイーツではありませんね。まさに異次元。(^^)

コメントは受け付けていません。