日本は戦争中なので少々の我慢が必要か

少し右よりの経済学者ならアベノミクス(の特に金融緩和)は近隣窮乏化政策(Beggar thy neighbour)であり、現在日本は経済戦争中なのだと明確に言ってくれそうなものだが、そんな経済学者がメディアに出てくるわけはないし、政治家が公でそんな発言をしたらタコ殴りの状態にされるだろう。
しかし、現実は武器こそ使わないものの日本は今まさに経済・貿易戦争中なのだ。
ドルから始まった自国通貨安誘導の政策は今は日本のターンだがじきにユーロも大規模(1兆ユーロ規模と言われている)QEを始めるはずで、まさに世界中が通貨安戦争なのだ。

日銀による異次元の金融緩和(QQE)と追加策は明らかに成果が出ていて、輸出に大きく依存し日本と多くの産業分野でバッティングする南朝鮮や支那の経済に甚大な影響を与えている。
影響は当然この2国に限らないが、日本はこの2国以外にはASEAN等を通じて借款、技術協力、無償援助等でケアをしている。
つまり、最初から狙ったかどうかは不明だが結果的には支那と南朝鮮だけを狙った近隣窮乏化政策を現在推進しているのだ。

昨年からのQQEにより、支那や南朝鮮の為替や株価の変動による経済悪化は毎日のようにメディアが報道する通りだ。
南朝鮮は円安ウォン高を是正しなければ(日本のように内需異存ではなく)輸出依存の体質のため来年あたり本当の危機を迎えるだろう。
既にレームダックのパク・クネは無策で『第二の漢江の奇跡』などとスローガンを言うくらいしかなく、中銀も今以上のインフレの懸念が大きいためウォンを大量に刷るわけにはいかない。
ちょこちょこ為替で介入しているようだが、元々ハードカレンシーでもない紙屑など量もさることながら効果があるわけがない。
G20でパク・クネが日本の近隣窮乏化政策を批判したが、誰も聞く耳を持たなかったようだ。(聞いてくれたのはせいぜい支那のシー・ジンピンか)

支那も昨年あたりから不動産バブルの崩壊が言われたが、今年の夏ごろには不動産価格に関しては元にもどっているそうで、さすが中共の力ずく政策である。
しかし、人権問題や尖閣のときの反日デモ以来、外資は支那を嫌って徐々にキャピタルフライトが始まっているという。
円安は支那に出て行った日本企業の生産拠点を国内に回帰させる理由にはなるが、まだ本格的な国内回帰の動きとは言えないようだ。
しかし、日本企業が支那で抱える雇用2,000万人が失業することになるのは支那としても悪夢に違いない。ついでに台湾企業も2,500万人抱えているとされ、支那が台湾に対して強気に出られない理由になっている。

そのような現状のため、支那も南朝鮮も日本の円安政策をストレートに批判したいはずだが、さすがにそれは自分たちの本当の経済力や無能さを曝け出すことになるため出来ないらしく、円安政策を推進する日本政府、政権、安倍首相を『右だ』『軍国化だ』と頓珍漢な批判で騒ぐのである。
安倍首相との会談で仏頂面のパク・クネやシー・ジンピンは実にわかりやすい。

確かに円安のスピードは速過ぎて我々日本人にとってもコストプッシュインフレとして襲い掛かってきているし、QQEの出口戦略が全く見えない今は手放しでは喜べないことが多い。
しかし、バターのようにもともと需要に不足する程度の生産量を維持するといった愚策を是正したら輸入に頼っていたものを国内生産に切り替えたりすることも可能だ。
(ほとんどの場合、輸入に関する天下り機関が阻害要因)
値上げ自体は敬遠するものの輸入品の値上げよりも国産品の値上げなら国民の理解は得やすいのではないのか?
円安で海外からの観光客も増える。円安で日本企業の生産拠点の国内回帰もある程度は見込めるだろう。
賃金の上昇は失業率が下がってからというのが常識だが、その失業率も公共事業のばら撒きである程度緩和されつつある(はず)。賃金上昇は時間の問題だ。ただし、上昇し始めた段階で移民を入れたら元の木阿弥だ。

欲しがりません勝つまでは・・・ではないが、円安効果は来年あたり顕著に出てくるのではないだろうか、それまでの辛抱も必要かもしれない。そのころには支那も南朝鮮も破綻までは行かなくとも相当に低迷しているだろう。
選挙で言われていた『この道しかない』は嘘ではなく、今まさにその経済戦争の道に日本は入り込んでいると筆者には思える。戦争なのだから絶対に勝たないといけない。
近隣窮乏化政策以外に対案があるなら是非拝聴したいものだ。

 

 


 


ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

 

広告
カテゴリー: 社会・経済, 迷惑な隣国, 国際・政治, 国政・国会 タグ: , , , , , , パーマリンク

日本は戦争中なので少々の我慢が必要か への6件のフィードバック

  1. きりたんぽ より:

    まさにロシアのルーブル通貨の下落はこれですね。
    アメリカが高笑いしているのではないでしょうか。
    ロシアの経済の基盤は全て資源の原油やガスなどで決まりますから
    原油が安くなることで簡単にダメージを与えられますね。

    • argusakita より:

      政策金利17%には驚きましたね。
      自給自足可能な広大なロシアですが、この戦争には勝てないでしょう。
      プーチンがキレないことを祈ります。
      これ、欧州も引き摺られますよ、きっと。

      ここで日本が独自外交で、世界経済安定の為とロシアに通貨スワップ枠でも設定してあげたら、一気に北方領土問題も前に進むし、日本のエネルギー安全保障にプラスだと思いますがねぇ。

      隣国のうちロシアだけは共存したほうが日本の国益だろうと思います。

      • きりたんぽ より:

        17%とはすごすぎますね!
        シリアからウクライナから余裕を装いながら
        自国の通貨危機だけは正直でしたね。
        近隣のモンゴルも資源頼みの中で、
        モンゴル国内の不動産を買いあさっている朝鮮人から支那人の
        不動産の大暴落が目に見えています。

        そして今夜のアメリカFOMCはどんな声明を出すのでしょうか!?

        本来、今の時期で海外ではクリスマス休日で投資・投機の決済で
        市場は縮小しておとなしくなるものですが、
        特に今年の12月は日本の衆議院選挙とロシア通貨危機と
        FOMCの利上げ関係のことなど、材料が多すぎますね。

        • argusakita より:

          FOMCは想定内の発表とイエレン会見だったみたいですね。明日の日銀の黒田会見が今年最後の山場かも・・・。
          ロシアは、今日プーチンが重大な会見を行うと予告しているようですから何かあるでしょうね。

          オバマがキューバと国交正常化を行うそうで、時代や世界の枠組みはどんどん変っています。
          日本だけがいつまでもアメポチで安穏としていられる状況ではないと思うのですが・・・・。

        • きりたんぽ より:

          最悪の場合2年もロシア通貨危機が長引くようですね。
          そして来年にはドルの利上げの可能性もかなり高いということで
          さらなるアベノミクスの戦略はどうなるのでしょうか・・・・・・・

          アメリカとキューバの国交正常化には驚きました。
          ついに!という感じですね。
          野球王国のキューバはキューバ選手が以前からアメリカのメジャーリーグに
          亡命したりと、現在は日本プロ野球でもキューバ選手と期間契約を組んだり
          できるようになった状態で契約金などはキューバ政府に入るので、
          野球選手だけでも政府の利益としても今後はさらに大きくなるのでは
          ないかと感じます。
          さらにサトウキビなどがかなりの輸出が大きかったような気もしました。

          オバマとカストロの間に仲介役としてローマ教皇が入るのですよね。
          キューバの英雄のチェ・ゲバラがローマ教皇と同じアルゼンチン人ということも
          共通していてなにかありそうですね。

          たしか過去近年にチェ・ゲバラの娘のアレイダ・ゲバラ氏が
          来日して秋田市で講演会を開いたようでした。
          父親も軍医でもありこの娘も医者なのですね。

        • argusakita より:

          プーチン、流石です。
          『熊は決して許しを請わない』
          会見で(国内向けでしょうが)言ったそうです。
          ちなみに、ロシア語で熊はМедведев(蜂蜜を食べるもの、つまり熊。メドベージェフ)

          そのうち国外向けには『私は熊ではないので妥協もする』とか何とか言いそうだなぁ・・・。
          メドベージェフに全部責任取らせて。

          日本もアメリカ・キューバに見習って、大人の付き合いとしてロシアと暫定的に平和条約でも結んだら互いの経済にはいいことが沢山あるはずなのですがねぇ。支那への牽制にもなるし。

コメントは受け付けていません。