安倍政権はNHKに切り込めるか?

そろそろウィーンに戻るつもりで年明けから次の仕事の準備をしながら東京・秋田で過ごしていて、欧州でのテロが他人事ではないためTVをつけっぱなしにしているが、地上波に関してはNHKも民放も何というか末期的な印象がある。民放は制作費の減少のせいだろうか、やたら(お笑いタレント等の)トーク番組が多く、民放の場合はCMを見てもらうのが本質なのでCMの合間のプログラムという本来の姿といえばその通りになってきている印象で食傷気味だ。ドラマも金をかけていないのが素人目にもわかるのだから酷いものだ。唯一、テレビ東京はエンタメに徹しているため金がかかってはいないがアイデアがなかなか面白い。他の民放はテレビ東京からパクッたかのような似たプログラムが多い気がするから可笑しい。
最近多くなった気がする日本に住む日本語が流暢な外国人を連れてきて『日本ワンダホー!』といった手前味噌番組もどうかしていると思うし、芸人達が外国に出かけて観光地や食い物の紹介ばかりして年金受給者が海外旅行に行きたくなるような番組よりも国内旅行したくなるような温泉でも紹介しろと・・・。

NHKはBS等はドラマや科学系(海外から購入等)などでまあまあおもしろいプログラムも時々あるが地上波は最悪といって良い。
(ほぼ国営放送とも言える)公共放送であるということだがどの辺に立ち位置を置いているのかわからない。極端な話、NHKはニュース、国会中継、天気予報、交通情報、マーケット概況だけで良く、新しいものを追加しながら延々と24時間繰り返していれば良いものをニュースの時間の特集や解説などは余計なものばかりだ。
朝早い都会のサラリーマン向けの6-7時の時間帯は、街かど情報室のような話題提供程度のご愛嬌もあるがほぼニュースで終始しているものの、その後の7-8時の時間帯は朝から気分が滅入るような特集(介護、難病、震災関連等)が多く、朝からこんなものを見せられたら現役世代の労働意欲が削がれるような重いものばかりである。
日本全国の各地のニュースをピックアップするとか時間帯的にちょうど良い欧州などの夜のニュースを適当に流してくれたほうがNHKの偏向フィルタにかかった特亜のニュースを見せられるよりもはるかに有益なのだが。
アスリートの特集でもその生い立ちだの家族や知人だのを引き合いに登場させたり、震災や先般の噴火の犠牲者の背景などを取り上げドラマ風な要素を無理やり引き出す。
アスリートは『今』を評価し、天災や事故では犠牲者や当事者について『事実』だけ報道したら良いのだ。野次馬根性に媚びることがメディアの仕事ではないし、視聴者に『感動』を押し付けたり悲劇を掘り下げる必要など当事者にもないはずだ。

ジャパン・デビュー等の特集や朝日捏造報道の一件でも明らかになったようにNHKは自虐史あるいは支那・朝鮮の創作史観に基づく歴史認識が明らかなものが多いため、解説委員の解説プログラムは勿論のこと特に東アジア関連のニュース・解説はその強烈なバイアスを認識しながら視聴しなければいけない。東アジアに限らずNHKの解説番組はおかしなものが多い。例えば、『ネットが革命を起こした』なども。
香港のデモやウィグルの事件などについても『支那でNHKのニュースが遮断され画面が真っ暗になった』ことは伝えてもそれについて支那政府に抗議したなどとは一度も聞いたことがない。
特段超高層ビルでもないソウルのアパートの火事のニュースが何故全国ニュースのトップニュースなのかも不思議で仕方がないではないか。国内のボヤ騒ぎの話以下のニュース価値だろうに。

皇室に対しても天皇・皇后は『陛下』を使用するが、それ以外の皇族は『****さま』だ。きちんと皇室典範という皇室の法律で『天皇、皇后、太皇太后及び皇太后以外の皇族の敬称は殿下とする』と規定されているではないか。規定があるならそれを尊重し則るのが自然なわけで、敢えて『****さま』という呼称を用いることは皇室制度を蔑ろにする姿勢の表れと言われてもしかたがない。

以前、日本もドイツのように公共放送をもう一つ作るべきだと書いたが、最近はますますそう感じる。(完全に国営なら国営の放送局が一つあっても構わないが。嫌なら見なけりゃいいのだ)
今のような強制的に有料(受信料)で立ち位置がおかしな公共放送1局では非常に危うい。完全な中立メディアというのは存在しないとは思うが、中立性に関して何らかの競争原理が働き日本の社会の批判・評価に耐え得るような複数の公共放送が必要である。

戦後70年、南朝鮮との基本条約から50年の節目とよく言われる今年、きっとNHKは特集や解説番組で都度都度狡猾な刷り込みを仕掛けてくるに違いない。
安倍政権のNHK改革に期待したいが・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: ディジタル・ネットワーク, 迷惑な隣国 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

安倍政権はNHKに切り込めるか? への4件のフィードバック

  1. 特段超高層ビルでもないソウルのアパートの火事のニュースが何故全国ニュースのトップニュースなのかも不思議で仕方がないではないか。

    このニュースですね。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150110/k10014593301000.html
    私もこのニュースには唖然としました。国内にもっとニュースとして取り上げるものもあったはずと思います。

    なんとなくテレビの世界では韓国嫌いが薄らいでいるように感じるのは私だけでしょうか?

    • argusakita より:

      でしょう?
      秋田市ではここ数日、毎日のように消防車が爆走している状態で、ちょっと尋常じゃありません。
      ソウルの10F建てアパートの火事が日本に何の関係があるのか・・・。
      セウォル号、地下鉄、排気口墜落などで安全に対して『そういう国』という認識を今更確認しなくとも。

      南朝鮮は嫌いとかそういう問題ではなく呆れて距離を置きたい、日本人の感覚は今はそんな感じじゃないでしょうか。

  2. シロアリ より:

    今年初めてのコメントです。今年もよろしくお願いします。

    確かに流暢な日本語を話す外国人をスタジオに集めてどうのこうのという番組多い気がしますね。
    仕事などで日本に好んで住んでいる外国人達に聞いても良さや悪さはなかなかわからないと思いますが、あれを見て「日本は好かれているんだ」なんて勘違いしたら大変ですよ。

    テレ東のはちょっと視点が違っていて面白いです。
    (秋田では遅れて放送ですが)

    • argusakita より:

      本年もよろしくお願いします。

      確かにそうですね。完全アウェイで悪口言えるのは朝鮮人くらいでしょう。
      個人的で大雑把な印象ですが、外国人で日本の文化や食べ物のファンは非常に多いものの、少し住んで実際に生活してみたら(治安以外は)住みやすい国ではないと思う外国人が大半だろうと思います。実は私もそれに似た感覚ですが。

      秋田にも当てはまるような気がします。
      秋田は食べ物(素材)は美味いし、文化的にも水準はどうあれ他に無いものが結構ある。でも住みたいとは思わない。こんな県外の人多くないでしょうか。
      このギャップを埋めるのが大きな課題なんですよねぇ。

      >Youは何しに日本へ?
      あれ私も好きな番組です。でも、うろ覚えですがどこか(イタリアだったかなぁ・・・)のパクリです。

コメントは受け付けていません。