中立を明言しない日本の中東外交は理解困難

ISISによるヨルダンのパイロットの焼殺動画が世界を駆け巡っているが、ハリウッド並みの編集は明らかにプロによるもので恐怖心を植え付けるに十分だ。
よく、斬首やこういう殺害の動画公開に対して『恐怖よりも怒りを感じる』といったコメントが見られるが、それは日本という安全圏(今後はどうでもないだろうが)にいるからで、海外にしょっちゅう出かける人間にしてみたらまずは有無を言わさず恐怖心が先だ。
筆者はそういう運命かどうか知らないが、
・1995年地下鉄サリン事件(東京)
・2004年オレンジ革命(キエフ、テロではない)
・2005年7月のロンドン同時爆破事件(ロンドン)
・2010年モスクワ地下鉄爆破(モスクワ)
・2014年クリミア危機(キエフ、テロではない)
においてほとんど現場に近いその場所で危機一髪やリアルタイムの野次馬だったため個人的に対処のしようが無いテロの恐怖というのは身にしみている。怒りなどというのは安全な場所でしばらく時間が経ってからだ。

国会答弁を見ていると安倍首相や閣僚の口からプロアクティブ平和主義が出てくるが、これが日本以外でどう見られているか知っておく必要がある。
具体的には先般の安倍首相の中東訪問である。
国会では難民支援やISISへの対抗に2億ドルと言ったことがISISの反感を呼んだといった議論があるが、あんなリップサービスや訪問時のお土産はどこの国でもやっているため問題とは思えない。問題はそこではない。
安倍首相は先日書いたようにイスラエル訪問でホロコースト博物館で献花し、イスラエル国旗と日章旗の前でネタニヤフ首相と会見しイスラエルを『友人』と述べた。
これだけで少なくとも欧州の大部分の人間には『えっ!?』だったはずだ。イスラエルは欧州では孤立しているし、欧州各国は武器、コンピュータS/W、原発、医療機器等の輸出入でやむを得ない大人の付き合いをしているが、友人とは呼ばない。潜在的・顕在的な嫌ユダヤ感情以外にもロシアからの富裕層移住等で不愉快に思っている国は多い。ここを『友人』と言ってしまった。(外務省のHPにも報告としてそのことが書かれている)
これだけならまだしも安倍首相はパレスチナを訪問し、あろうことかアラファト廟を訪問し献花した。
アラファトといえばある程度の歳の人間にはPLO時代のその狂気のテロ活動(自爆等)の首謀者の印象が強いはずで、1993年のオスロ合意以降の穏健派の印象は違和感しか感じない。アラファト廟を訪問し、アッバース大統領と握手をしCEAPADを通じたパレスチナ難民支援や域内の観光促進のための『観光回廊』構想の具体化などにも言及した。

この敵対する2つの国への訪問は日本人から見たら『和の精神』を発揮し日本らしいと見る向きもあるだろうが、他国からは喧嘩の当事者の両方に好い顔をして八方美人と見えるはずだ。ただの喧嘩ではなく2000年も続く喧嘩であり日本人がポッと出て行って『まあまあ2人とも仲良く・・・』などとは絶対に通じない世界だ。
中東地域はエネルギーという日本の生命線に関わる地域で日本にとっては平和・安定が望ましいし、日本の各種産業の輸出先としても経済的に重要なのは間違いないが、そこでプロアクティブな平和主義と唱えた中身がこれでは到底理解されるわけがない。
ISISという凶暴な集団が十字軍対イスラム世界とすり替えを行っているように、根底には(ユダヤも含めて)互いに根絶を目指す宗教も絡む複雑な場に出かけていって日本的な『和の精神』を語ることは無意味だ。まるで社民党が『9条』を語るときのように脳内お花畑のように感じる。
ある意味商人国家である日本の『経済優先・主眼の平和主義』と明確に言ったほうが理解されやすい。

ジブチに自衛隊の恒久的な基地(海賊対策、2011年6月から)があり、自衛隊員が150人程度駐留している。
ジブチはアデン湾の向側にはISISに忠誠を誓ったアルカーイダの集団がいるイエメン(フランスのテロの主体はこことされている)と対峙している場所だ。
今後直接的なテロの標的となる危険性が最も高いのがここだろう。国会等で指摘されないが、早急にここの装備を拡充しないと基地が危ないではないのか?
万が一襲われて自衛隊員が捕虜になった場合、日本の本気度が試される。今の法制では相手が国でない以上自衛権ではなく警察権での対処になる。(無理)

自国民の奪還もできず『テロには屈しない』と強気なことを言っても中身はそれを裏づけする武装も無く情報ルートでさえおぼつかないことが明らかになった日本、単に経済的な思惑で当事国に対して『まあまあ仲良く』と八方美人ではどこからも理解されない。
経済的な思惑をある意味捨てて旗色を明確にするか武装中立を宣言するかしない限り、相変わらず日本は他国から信頼を得られない。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 国際・政治, 海外 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

中立を明言しない日本の中東外交は理解困難 への17件のフィードバック

  1. blogファンその1 より:

    こんにちは

    Argusさんもあちこちで危険な目に会っていますね。相当に強運な方なのでしょう。
    あの20分以上の動画、消される前に別のサイトで見ましたが殺害は何か映画のようで逆にリアリティを感じませんでした。
    それよりも前半から2/3くらいは空爆で死んだISILの子供たちや住民の悲惨な死に方などが流れて、同じように火に包まれ瓦礫に押しつぶされて死ぬことを再現したのがパイロットの殺害方法なのだと誰が見てもわかるような映像でした。

    日本のニュースではこの2/3くらいの部分については触れず、パイロットの殺害だけ報道するのは(ISILの肩を持つわけではありませんが)なんだかなぁと思います。
    悲惨な現場については報道せず空爆は正義なのかと。映像に死体が無いのは残酷ではないのかと。
    原爆のキノコ雲映像は流れてもその爆発で傷ついた人々の映像は使わないのと同じでしょう。

    ところで、国会ではイスラム国という単語を使わないようにしているようですがマスコミは相変わらずどこの局もISISやISILではなくイスラム国と使う。
    何故でしょうね?

    • ちょっと年寄り より:

      呼称については名古屋モスクという日本のイスラム教団体が、

      「イスラム国」という名称の変更を希望します
      http://nagoyamosque.com/3107.html

      でダーイシュと呼んでくれと呼びかけています。
      マスコミとしてはISISだとトヨタの車の名前だから使いたくないのでしょうかねw

  2. argusakita より:

    blogファンその1さん
    強運というよりも悪運かも(^^)。

    同感です。
    空爆の悲惨さは残酷さでは全く変わりがないと思いますが、殺害シーンや遺体が出てこなければ残酷ではないという感覚は私もおかしいと思います。
    例えば、『八重の桜』で描かれた会津戦争などは相当に悲惨だったようで戦死した会津の人々は埋葬も許されず遺体は野ざらしだったそうですが、日本だって非常に残酷な時代があったわけで今自分たちが文明化したからといってそのモノサシで非文明的となじることはどこか変だと思いますね。中東地域は武器とケータイは現代ですが、それ以外は日本と比べたら50年以上前の感じです。戦時中の日本だったらさほど残酷さをクローズアップすることはなかったかも。
    マスコミの誘導には気をつけたいものです。

    呼称ですがちょっと難しい問題ですね。
    BBCなどはIS(Islamic State)、オーストリアのメディアなどもIslamischer Staat(IS)を使っていますから日本のメディアがイスラム国と表してもおかしくはないかもしれませんが国家の承認を受けていないのに『国』はおかしいというのも一理あります。

    名古屋モスク以外にも日本には穏健なイスラム教団体があるとされていますが、個人的には偏見だと言われるかもしれませんがイスラミックとは付き合いたくありません。
    穏健派だろうが何だろうが、彼らが信奉するコーラン(日本語訳)の9章4節にはこう書かれています。

    『聖月が過ぎたならば、多神教徒を見付け次第殺し、またはこれを捕虜にし、拘禁し、また凡ての計略(を準備して)これを待ち伏せよ。だがかれらが梅悟して、礼拝の務めを守り、定めの喜捨をするならば、かれらのために道を開け。本当にアッラーは寛容にして慈悲深い方であられる』

    原理主義者たちはこれを実践しているに過ぎないという主張もあります。
    日本人は多神教徒と見なされます。
    穏健派、世俗化したイスラミックも他国である程度の人数になり社会で一定のパワーを持つと原理主義に豹変したりする。
    これはドイツやフランスや北欧でこの30年くらいの間に起こった歴史的事実です。
    ハラール食品などにうつつを抜かしてwelcomeを装う日本はこの歴史的事実をよーく見るべきです。

  3. 三隣亡 より:

    キリスト教も野蛮さにおいてはイスラムに負けず劣らず。中世の魔女狩りや異端審問での拷問の凄まじさ、植民地などでの異文化根絶、奴隷売買、原爆投下のエノラ・ゲイにはカトリックの神父も搭乗していました。フロイトは「モーセと一神教」の中で”野蛮な多神教”と言ってましたが、どちらが野蛮なのでしょう。
    日本人は宗教に無頓着ですからバングラデシュやインドネシアの留学生が居酒屋でアルバイトをしようが、イラン人がとんかつ屋に弟子入りしようが無問題。イスラエルもかつては豚肉の輸入を禁止していたのに今ではレストランで(ホワイトミートという名前で)食べられるといいます。そういえばウイグルの市場では豚肉は「大肉」という表記でしたね。

  4. 事情通2 より:

    私は安倍首相のアベノミクスの成功を期待している者ですが、今回の中東外交だけは完全に失敗というよりも近い将来日本に災厄をもたらしかねないと思っています。
    今回の訪問では三菱重工他軍需産業のトップ26社も同行していて、武器輸出を見据えた武器商談外交と海外メディアでは揶揄されていました。
    こういうところを日本のマスコミは全く報道しない。広告主の機嫌取りでしょうか。
    イスラエルが世界から孤立していることは常識であり、オバマになってから特にアメリカでさえイスラエルをパレスチナ攻撃に関して制御できていない。
    そんな状況にあるにも関わらず武器商談に出かけ、国内向けには人道支援だのばかりを強調する。
    行動を起こしたのはISISですが、イスラエルに反感を持つ国、集団は一斉に日本に反発したはずです。
    これは拙いと思った矢先にISISの人質問題(人質がいることはわかっていたはずにも関わらず)。
    イスラエルを”友人”と言ってしまったツケは大きく跳ね返ってくると思います。

  5. argusakita より:

    三隣亡さん、こんばんは

    フロイトですか・・・。ウィーンでオーストリア(帝国)生まれのフロイト(実際は現在のチェコ生まれですが)の話題はかなり親しい間にならないと難しいです。
    ユダヤ人ですからね。
    『モーセと一神教』はなかなか難解な内容で私は消化不良でした。

    日本人が宗教に無頓着というのはどうでしょう。基本が祖先・自然崇拝の日本で一神教というものを理解しろというのは宗教の定義が違う次元のようにも思えますし、なかなか難しいのでは?
    日本人が嫌うのは押し付けがましい布教やしつこいオルグなのだと思います。だからキリスト教も普及しなかったしイスラム教もそうなると思います。創価が実績をあげたのは純粋な日本人相手ではなかったからだろうと思っています。
    日本は本当に特殊な孤立民族国家だと思います。
     

    事情通2さん、

    >失敗というよりも近い将来日本に災厄をもたらしかねないと思っています。
    同感です。

    以前、
    『イスラエルに経済制裁を』と言う国がない。これが世界の現実
    にも書きましたが、イスラエルは孤立しているもののその科学技術やユダヤマネーで大人の付き合いをしている国がほとんど。アメリカ、イギリスの庇護があるため存在しているわけですが、少なくともアジアでも孤立しているでしょうし、ここにノコノコ出かけていって『友人』と言ってしまったのは大失策だろうと思います。
    もしかしたらアジア・オセアニアではオーストラリアとインドとイスラエルを押さえておけば良いというのが安倍外交の戦略なのかもしれませんが、それを実現するためには間違いなく(攻撃力のある)国防力が必要でしょう。口先だけの集団ではないですから。

    アジアでイスラエルが疎まれている証拠のひとつ。
    先日盛り上がっていたもののPKでいきなり話題にもならなくなったAFCサッカーアジア杯。
    この公式ビデオクリップでは、1964年開催国・優勝国であるイスラエルは映像もナレーションも取り上げていません。二度と開催することはないでしょうが。
     

      

  6. きりたんぽ より:

    やはり国会でも共産党並びに社会党は激しく論していましたね。
    共産党はあの頃を思い出していたのでしょうか、コミンテルン日本支部が出来て
    当時は合法ではなく刑務所に入り、第二次世界大戦後にGHQによって
    釈放されて合法化させてもらった共産党。

    あくまで大義名分の建前ではアメリカを批判しながら、共同財産主義などするわけもなく
    仲間を集めるためにも支持を得るためにも、そして自らを存続するために
    共産主義を道具として利用するわけですが、
    アメリカ万歳と連合軍万歳と心から尽くし、決して与党目的としない革命党。
    もしかして武装組織にシンパシーを感じているのでしょうか。

    先週NHKでISISの独自取材番組を観ましたが、
    同じ組織なのではと思ってしまいましたね(笑)
    世に出た身代金から始まった合成写真の日本人の人質が
    2人並んで出た映像の2日前に取材したというわけです!?

    ISISのエリアの中で武装メンバーが運転している車の中からの取材映像でした。
    明らかにおかしいものでしたね、おそらく取材は現地に依頼しているかと
    思われますが、日本人に悪夢を!日本人をこれからも狙うと、
    世界に宣言していながらNHKの取材を受けて、リーダー格の会議のような
    場面や通常では見られない映像など逆にISIS元メンバーが組織に批判する取材まで!?

    もちろんただで取材できませんから、NHKの受信料が彼らのギャラになったことでしょう。

    さらに映像の中で小麦粉を運んでパンを焼き、税を納めている映像など撮らせて
    あたかも私たちは弱者の見方であり、素晴らしい国を作るんだという
    ここは「地上の楽園」なんだというプロパガンダ映像まで(笑)

    世界からメンバー募集なのでしょう。
    まさにあの頃と同じなのですね。
    (東京の神田神保町の古書店でイスラム国のメンバー募集に、応募した北海道大学のバカ学生は
    どうなったのでしょうか?違うところに大志を抱きたかったのでしょうか。
    同志社大学のなんとか教授は家宅捜査も受けていたようですね。)

    利用するための騙しテクニックは今も昔も同じなのでしょうか。
    一番納得したのは、同じ地域に住むISISに協力しなかった人たちは
    殺されたりしたようです、インタビュー取材では殺された仲間は「やつらはイスラム教とは全く関係ない、
    イスラム教徒でも全くない」という一番納得できる事実を教えてくれました。

    やはり共通しているものだなと思い出したのが
    今も西日本にも存続しているのでしょうか、
    私が学生時代に元気に活動していた「部落開放連盟(社会党)」や
    「全国部落開放運動連合会(通称・全開連)(共産党)」
    「同胞融和会(自民党)」
    東北の人には馴染みがないと思いますが、わかりやすく言いますと
    いかに大義名分を作り、同胞で自作自演で政府や自治体から金を脅し取り、
    逆に人権も奪い中には自殺者もいたでしょう、
    スーパー在日特権と言えばわかりやすいでしょうか。

    たった10数年で、関東の一部含めて主に西日本で奪った金は約20兆円です。
    これ全部税金です。
    「差別するな~」「格差是正」とか、
    バブルがはじけて不況に陥り、民間人と公務員の所得が逆転して活動できなくなり
    ほとんど終了しましたが。
    その団体組織様を優遇して公務員になって頂きたいといって採用し
    京都の市役所では役所内で公務員が覚せい剤を打ちながら、パチンコ台を持ち込んで
    打ち、16時になったら帰るという。関西は皆同じでしょう。これ事実です。
    話はそれましたが・・・・・・・・・

    シリアの首都のダマスカスにある日本大使館は使えずに
    ヨルダンの首都のアンマンに急遽移送して活動していましたが、
    日本に入ってくる情報とは違うことだとも思います。

    ISISに対抗する違う団体の情報では、後藤氏が一時、トルコ国境付近まで来ていた
    という情報でその後に殺されたのではないかという・・・・・

    もし万が一、人質として帰ってこれた場合は国境付近か緩衝地帯での交換でしょうか、
    相手は周りを武装組織で囲み武器を構えて後藤氏を連れてくる中で、
    こちらは自衛隊は国内から出れずに動けずに、
    現地に居るスーツを着た日本大使館のエリート公務員が
    丸腰で死刑囚を連れてきて対面するのでしょうか!?

    交換した瞬間に打ってくる可能性や人質に爆発物を付けさせて遠隔で爆発させることなど
    あらゆることが予想される中で、他国のためにリスクを背負って他国の軍隊に協力してもらうことなどは
    不可能わけですよね。現時点ではあらゆることを想定しても不可能だと思いますね。
    やはり集団自衛権並びに憲法改正して普通の国家になることが懸命だと思います。

    • argusakita より:

      京都かぁ・・・。
      市バスの運転手の年収1,000万近いんでしたっけ?
      京都は日本を代表する観光都市ですが、一方ではいまだにアンタッチャブルな場所ですね。
      東北はそういうのが目立たないというか、『東北』という名称自体が丑寅で鬼門ですから(^^)、どうってことないですね。

      • きりたんぽ より:

        そうですね、バスの運転手や給食員など自治体の医療施設の看護師などですね、
        昨年の衆議院選挙の党首討論では「報道ステーション」で橋本徹氏が
        説明していました。
        関西地域全部と見ていいと思います。
        すでに廃止になっていると思われますが、公務員は勤務で着用するスーツの費用にも
        補助金まで出ていたこともありましたね。

  7. プンプン より:

    安倍首相の、あるいは外務省の中東外交のセンスは本当に理解できない。
    イスラエルと友人なんて言ったらアメリカとイギリスとヨルダン以外の全世界を敵に回すようなもの。
    さらに自爆テロの司令塔だったテロリストのアラファトの墓に献花するなんてとんでもない。PLO時代、一体何百人の犠牲者がいたことか。
    日本では20年、30年前のことを忘れるが欧州や中東は1,000年単位の憎悪と軋轢で現在進行中だというのに。
    日本で東アジア武装戦線や日本赤軍のメンバーの墓参りなんかしたら公安マークでしょう。

    • argusakita より:

      プンプンさんも私と似たような年齢ですね、アラファトの非道なテロ(自爆テロの司令塔)は毎日のように報道されていましたからね。
      今日、国会中継見ていましたが安倍首相の中東でのスピーチに関しての質疑がありましたが、周辺国に2億ドルの支援の約束をしたことが問題じゃないですよね。どうせ金満日本ならそれくらいの金額はどうってことないだろうというのが海外の見方。
      それよりも、『そうか日本はイスラエル、ユダヤの友人か』という印象を与えたことが非常に大きな問題です。
      国会議員で指摘する質問者がいないのは異常です。国際感覚ゼロ議員ばっかり・・・。

  8. きりたんぽ より:

    今回の事件を機にわかったのは、イスラム教を道具として利用するだけの
    単なる気チガイ集団の仲間が自国にもたくさんいたのですね。 
    元イラン外交官の孫崎 享やテレビでお馴染みの
    古賀茂明など・・・・・  害あって一利もない輩です。

    この武装組織はなぜかイスラエルを批判しないのですね。
    黒幕がだいたいわかってきましたね。
    後藤氏を現地に行かせる様に仕向けたのも繋がっている日本国内の者だということも。

    イスラエルは第二次世界大戦中ににユダヤ人を助けた杉原千畝をきっかけに
    日本に親しみがあるのではないでしょうか。
    昨年の日本で起きた「アンネの日記」を全国の図書館で破る事件が起きて
    イスラエル大使館は数百冊日本に寄贈したりとありますね。

    アメリカやイギリスが蒋介石に武器を売り、いかに長引かせて
    泥沼の戦を作り上げて儲ける連合軍、スタイルは同じですね。
    そのためには原油の値段も下げないといけないわけでしょうか。
    ロシアつぶしのこともあると思われますが。

    武装組織にわざと欧米を非難させることが肝であり、有志連合で結束すれば
    嫌でも軍事予算が上げることもできますから、ベトナム戦争の時も似たような・・・・・・
    新たな軍事武器などを発表したり実験できる場でもありますね。
    儲けるだけ儲けて最後にどういう方法でこの武装組織を消し去るシナリオとは!?
    わざと武装組織にイスラエルを攻撃させて、「アイアンドーム」を世界に
    披露することもできますね。

    過去に油田開発でイランに支援した日本は、結局はイランの核開発に
    使われてしまったわけです。
    今回の人道支援も同じく武装組織の軍費になるのは間違いないでしょう。
    しかし、これで憲法改正ができるならば安いもので、大成功でもあると思います。
    「有志連合WIN WIN 政策」でしょうか。

    • argusakita より:

      イスラエル=迫害を受けてきた気の毒なユダヤ人の集まり

      と見るのは間違いだろうと個人的には思っています。
      ユダヤ教という共通項で括りはできるとは思いますが、本当に迫害を受けてきた気の毒なユダヤ人というのはポーランドあたりや極東ロシアのユダヤ自治州(秋田の対岸の少し内陸部)にいるディアスポラを受容した人々であって、現在のイスラエルに住んでいる連中は世界中(最近では特にロシア)からシオニズムという奇麗事を唱えながら資産を抱えて逃げ込んだ連中という印象です。イスラエルにいる限り何か言われたらそれこそホロコーストや人権を盾に隠れられますから。
      この辺を見透かしているからこそ中東や欧州ではイスラエルという国、イスラエル人は疎まれるわけです。(金もあるし軍備も凄いので、やっかみもあるわけですが)
      アメリカはユダヤを庇護しているのではなくイスラエルというアメリカにとってある種のエクスクラーフェンとしてその存在を守っているのだと思います。
      イスラエルに対してどこの国からも決して文句を言わせない。そのアンテナ役がサイモン・ヴィーゼンタール・センター(SWC、創立者がオーストリア人、ユダヤ教徒でありナチスの戦犯追求に尽力)でしょう。
      アンネの日記は数々の疑惑がありますが、それを含めて既にfixされた(とされる)歴史の修正や再検証を許さないというのがSWCの役割でしょう。南朝鮮はこのスキームを真似したいのですがオツムが悪い。
      ※こんなことを書いただけでSWCからwarningが来る場合もあります。

      ユダヤ人が杉原千畝を知っているから親日感情を・・・と思っているのは日本人の思い込みでしょう。教養のある人たちはユダヤ人を救った人間の一人として東条英機と同様に知ってはいますが、さほど思い入れがあるようには感じません。

      アイアンドームはおそらく日米でも導入(元々の開発資金はアメリカ)するでしょうね。今回の安倍首相の武器商談はそのあたりの共同開発も見据えてでしょう。
      想定される支那からの飽和攻撃に対抗するにはアイアンドームは有効なのかもしれませんから。(この迎撃システムは興味深いですよ。何でもかんでも守るわけではないのです)
      日本がイスラエルと接近するということは中東や欧米ではそう見られるということです。
      科学技術力と製造能力と資金力で日米とイスラエルが組んだら地球上で怖いもの無しでしょうから。
      日本も国防力は必要ですがイスラエルに深く接近するのはちょっと行き過ぎというのが私の印象です。

      • きりたんぽ より:

        そうですね、ユダヤ人を労わってもらいたいというプロパガンダは
        まさに彼らの都合よく進ませる謀略でもあると思います。

        実は世界で一番歪みあっているのはユダヤ人同士ではないかと、
        イスラエルのユダヤ人と特にアメリカのユダヤ人は犬猿でもありますよね。
        イスラエルをユダヤ人の国として認識するユダヤ人と、世界で散らばっている
        ユダヤ人はイスラエルを国として認めていないのも現状だと思います。
        国境なき民族ですからね。むしろ国境をなくしたい工作をしたいのでしょう。
        昔からお互いにダブルスタンダードでもあり、資本主義といえるもの
        共産主義とか道具になるようなものを開発したのもユダヤ人でありますから
        どちらも流れの中で繋がっているのではないでしょうか。

        アラブ人とユダヤ人をそこに一緒に居住させたのもイギリスの
        ダブルスタンダードだとも思います。

        隣のヨルダンの国王を支援しているのもイスラエルであり
        居住できずに溢れたアラブの難民をヨルダンに住ませたのも
        イスラエルの策なのでしょう、ヨルダンの人口の7割はパレスチナ人ですね。
        当時は未来に権益を生ませるための、まさに工作地域ではないかと
        感じます。
        イスラエルはかなり特許を持っていてITも世界でトップクラスなので
        投資するにはもってこいだと思いますし、
        集団自衛権した後は、日本に軍事武器を売りつけたい各国と
        合同開発など日本の軍事予算に期待していることだと思います。

        イスラエル初代大統領のヴァイツマンの公言では、第二次世界大戦中に
        本当はヒットラーは自国のユダヤ人を故郷の現・イスラエルの地に帰すために
        欧州のユダヤ人・ロスチャイルド・ナチスで密約を組んでいましたが、
        自国のユダヤ人は聖地に行くことを拒否した後に、
        この3組(欧州ユダヤ人・ロスチャイルド・ナチス)で虐殺したことだと
        吐露しているようです。戦後にナチスに全て押し付けることで
        収めましたが、結局はユダヤ人がユダヤ人を虐殺したわけですよね。

        戦中当時のソ連領の郊外の森で起きた「カチンの森事件」などは、
        ソ連が崩壊してから世界に明らかになった大虐殺事件でした。
        ポーランドのユダヤ人を大虐殺したスターリンが、ナチスが大虐殺を行った
        となすりつけていたこともありました。

        杉原千畝氏のことは過去に映画にもなりましたが、
        戦中のことであり、現代においては見ず知らずのことかもしれませんし、
        戦後の日本体制は全く違うもので糧にもなっていないかもしれませんね。
        なにしろ戦後日本は主権国家ではないので、首脳会談や外交などは
        日本首脳が独断で決めることはできずにアメリカの許可を得て行っている状況ですから
        安倍外交などはむしろ連合軍の思惑で成り立っているもので、責めようがない
        ものだと感じます。

        元・ウクライナ大使の馬渕氏は話していましたが、
        スイスのジュネーブにある国連の諸機関などでも、国連から見ても日本の立ち位置は
        学校の教科書通りの立ち位置であったと語っています。
        私たちが国連で南京大虐殺がなかったと言うと国連は嫌な顔をされるそうです。
        なるほどと感じますが、 安倍の発言や外交行動なども全て国連の有志連合が
        一致させているシナリオ通りだと思います。

        偏り過ぎると途中で転ぶので、民意も含めた批判を作らせることもしながら
        あえて非難させることでストーリーができあがるわけだと感じますね。

        表面上は敵と味方のように見させるというストーリーは昔からありますよね。
        第二次世界大戦中などは、アメリカのコカコーラ社は
        敵であるドイツにも支社がある中で、ナチスもさすがにドイツ国内から
        敵国のコカコーラに出て行ってもらわないと困るわけですが、敵ですから。

        コーラは現地生産・現地販売なのでコカコーラは
        ドイツ国民にバレないように姿や形を変えるからナチスに許しを請い
        ドイツに残り商売が許されて、新たな完成された飲料が「ファンタ」です(笑)

        最初にできたのが、ファンタオレンジなのかグレープなのかはわかりませんが、
        戦時中に物資調達も困難であり質も良くないはずですが
        最初はコーラに果物果汁を足したとかのようです。

        コカコーラはアメリカシンボルなのにファンタの発祥がドイツだとは・・・・・・
        ナチス飲料と公表するとおそらく売り上げが減るでしょう。
        試飲を検食係に試した後にヒットラーも戦時中にファンタを飲んだことだと思いますが。
        ヒットラーは政治は独裁、経済はけっこう自由だったと言われていますが、
        これがないと戦争できない石油もアメリカやイギリスから買ったりと、
        どこからどこまでがというものが都合よく常に変わるのだと思います。

        そしてこれだけ憲法改正・集団自衛権に向かっている中で
        もうすぐそこまでというところまできているのに
        支那や朝鮮がなぜ黙っているのでしょうか。
        いつも通りですと発狂するのですが・・・・・・・

        • きりたんぽ より:

          最近の国会中継でも、邦人の命を安倍が奪った とか 邦人の命を救えなかった とか
          野党中心にいつもの詭弁ですが、シリア紛争から武装組織までの間の中でも
          虐殺数や死者数は同じ年数を比較しても日本の自殺死者数のほうが圧倒的に多いのでは
          ないかと思います。比較することが適しているのかはわかりませんが、
          自国で隣の人が自分で自分を殺しているのにも関わらず、未だに救おうとしたことがない
          わけですからね。まさに「詭弁の党」「新党・詭弁」にぜひ党名を変更してもらいたいものです。
          先日も秋田市内で電車が止まり20歳代の女性が踏み切りで自殺のようですが、
          誰も見向かない、なかったかのような空気で恐ろしいものです。

  9. きりたんぽ より:

    日本の自己責任などと海外などは全く違うもので
    世界各国のメディアはフリージャーナリストから写真・映像などは買わないという
    国際ルール的なものがありますから
    そこのメディアの特派員が直接、取材することで防いでいるようです。

    フリージャーナリストが武装組織が巣くっている地帯に入るためには武装組織に
    金を払わないといけないわけですから、そして映像を撮り取材をするわけですが、
    メディアがフリーに支払う金の中にはこの武装組織の地帯に入る入場料と
    武装組織の取材料も含まれているわけです。

    テロリストに金を流すことを防ぐためにも国連の機関も設けられているので
    破ると制裁措置もあるのが現状のようです。

    現在は湯川氏や後藤氏の口座などを精査して金の流れを全て把握しているようで、
    日本のメディアも制裁されることもあるのかもしれないですね。
    フランスなどの大手銀行などはこのルールを破って
    制裁金がかなり重かったようです。

    しかし、日本だけは世界でメディアマスコミが責任など負いたくないがために
    自分の特派員を現地に行かせない、全てフリーに委託しているのが現状です。
    安全な場所で特派員はマイクを握ってテレビカメラの前であたかも自分が取材したかのような
    ふりでフリーから得たものを喋っているだけですからね。

    公共放送のNHKは酷いものですよ。
    国民の受信料を武装組織に払い取材し映像を撮り
    堂々と武装組織のプロパガンダビデオを公共に流すわけですから。
    国ではないものに、イスラム国と言わせたいのでしょう番組を観ていると思いますね。

    日本で一番の高所得のサラリーマンはNHKの職員なのはご存知だと思いますが、
    全国にNHKの職員が1万数百人いる中で、平均年収が約1200万円です。
    福利厚生費を足すと1700万円以上です。
    退職金も最低でも2000万で年金もNHKは特別な年金なようです。
    全て受信料です。

    受信料を強制徴収し税金の一つとか、だましたりしている徴収する下請けなどは
    警察に逮捕もされている中で、NHKの特番やドキュメンタリーで
    日本国民の「格差是正」「生活困窮者「生活保護」
    国民をバカにしたワイドショー以下ですよ。

    受信料で反日プロパガンダや捏造を放送をし、「生活が苦しい日本人の明日はあるのか?」
    「問われる民意」、さすがは戦後にGHQが工作したメディアだけはあるなという思いです。

    渋谷にあるNHK本局センター内には支那共産党の国営テレビ(CCTV)の支局が
    入っています(笑)日本国民の受信料が支那にたくさん流れていますよ。

    ご覧ください
        ↓

    • argusakita より:

      公共放送をもう一つ! というのを公約に挙げる政党、政治家が出てきたら投票したいですね。
      前にも
      日本にももう一つ公共放送を
      で書きましたが、今のNHKに手をつけられないならドイツのようにもう一つ作るのが賢明だろうと思います。

      安倍首相が『法律の後ろ盾がある組織は自律しているとは言えない』と農協法に守られている全中を解体しようとしていますが、同じように放送法で守られている特殊法人NHKは一旦解体すべきですが、それができないならもう一つ公共放送を作って骨抜き、競争を煽ったらいいのです。

コメントは受け付けていません。