大本営発表だろうか ~GDP~

今日(日本時間で8:50)に第4四半期GDPの一次速報が発表されるはずだが、これを境にまーた為替が大きく動くんじゃないかと戦々恐々。ユーロ建ての仕事の割合が大きくなってきて筆者のような零細でも円高に大きく動いたりするのは非常に困るのだ。
長期的にはドルが年内に出口戦略を取ることがわかっているものの、ユーロはQEに走るようで既に出口戦略など全く不明な日銀のQEと通貨安戦争中だ。
FXをやっている人には上下どちらでもとにかく動くことが期待されるわけだが、仕事の対価で受け取る身には円安の方向しか歓迎できない。

もしGDP前期比がマイナスなら3期連続となり少なくともアメリカ基準ならリセッション(アメリカは2期連続)確定となってしまう。
20年も続いた暗鬱な時代を1年や2年で完全払拭は無理だとは思うし、学者によれば一般の国民が景気回復を実感するまでに4年は必要ということだからあと2年くらいは我慢なのかもしれないが、3期連続となるとアベノミクスの黄信号もオレンジ色くらいになるのではないか。既に赤信号という向きもあるが・・・。
リフレ派を批判したり日銀のQQE(実質的な財政ファイナンス)にイチャモンを付けるのはあれこれできそうだが、対案が無いとすればとりあえずはアベノミクスを支持するしかない。

人口(生産人口)が減少して経済成長が出来るのか?
そんな国が歴史上あったか?
3本目の矢と言われる成長戦略などあるのか?
コスト・プッシュ・インフレがデマンド・プル・インフレに転換するのか?

P1010200今、企業と富裕層は日本脱出を検討しているはずで赤字が続く貿易が黒字になるかどうかのチキンレースなのだろう。
統一地方選が行われる4月までに自民党としては株価2万円を目処にさらなるQQEを日銀に要求しそうだ。

通貨安戦争、経済戦争下で我々がメディアで見聞きしているものは実は『大本営発表』なのかもしれない。

あと30分か・・・。大騒ぎにならなければいいが。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 社会・経済, 国政・国会 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

大本営発表だろうか ~GDP~ への12件のフィードバック

  1. argusakita より:

    実質前期比0.6%増、年率換算2.2%増
    うーん、微妙だな。とりあえず一気に為替が動かず安堵。
    寝るか・・・。

  2. argusakita より:

    BBCは今日のGDP速報について、
    日本は不況から脱したものの成長は望み薄
    と解説している。

    為替差益で儲けた大企業を法人減税し、国民は増税+物価高だもんなぁ。
    大部分の国民が英語も話せず海外逃避など出来ないだろうとタカを括って嘲笑っている財務省役人達の顔が目に浮かぶではないか。

    • ブルーベリー より:

      アナリスト予想3.6%に対して、2.2%・・・・またまた大ハズレでした。
      つまり、政府・日銀・経済関係者は、今の状況を把握できていない。
      なぜこんなに低調なのか、と不思議がってる。

      殆ど構造改革せずに、金融政策だけやって2年で30%も円安になったせいだろう。
      また緩和をやれば酷くなるハズ。

      • argusakita より:

        企業の設備投資と民間消費が弱いままですからねぇ。
        『構造改革』、何が優先順位高いと思いますか?

        • ブルーベリー より:

          日本は活用されていないカネが余りに多いので、投資立国化が重要だと思っています。
          米国はずっと貿易赤字ですが、投資で稼いで強い経済を保っています。
          日本も投資立国化しないと、未来はないと考えています。

          投資・・・マイナンバーを使って確定申告を一切不要に。
          教育・・・小学生からの投資教育の義務化。
          書籍・・・全図書館を電子書籍対応。 24時間対応に。
          医療・・・薬局の縛りを緩和。 病院への民間企業の参入許可。

        • argusakita より:

          なるほど。
          日本ではキャピタルゲインがどこか後ろめたいものという空気がありますからねぇ。金は額に汗して稼ぐものと・・・。
          そういう刷り込みをどこかでされているのかもしれませんね。
          確定申告は必要だと思います。
          なんといっても税制の改革をして欲しいものです。
          所得税だけでも10種類もあるのを整理したらいいと思いませんか?
          いっそのこと所得課税は無しにして資産課税と消費税(軽減措置有りで昔の物品税のような)だけにして欲しいものです。

        • ブルーベリー より:

          日本の税金は複雑怪奇ですね。
          でも、ふるさと納税は5箇所までなら確定申告不要になりました。
          やろうと思えば、出来るわけです。

          でも現実的には、マイナンバーが始まっても、あまり変わらないのでしょうね・・・
          日本のスピードの遅さが未来を奪っています。 

  3. きりたんぽ より:

    なんとかわずかにプラスでした、消費税増税後で3期ぶりということで
    回復に見込めるのかはまだなんともいえないものですよね。
    秋田県はラーメン店の出店がここ最近は増えていますが、
    需要が伸びているのでしょうか!?

    為替に関しても今年は1月から慌しいことが続いていますね、
    昨年にユーロがマイナス金利になったので、長い目では大きく買われることはなくなり
    ユーロ安が進みながら、この流れで先月に決定したEU緩和ですが、

    緩和が決定しますと、さらにユーロ通貨から他の通貨に避難しますので、
    どの国も自国通貨に避難先になるのは困りますから、
    自国通貨が買われて高くなるのを防ぐためにも
    対策を練らないといけないわけですね。

    たしかEU緩和決定日の前日か二日前には
    カナダの中央銀行も政策金利を下げて即座に対策していたので、
    EU緩和決定は間違いないなと思っていました。
    カナダも輸出の利益が下がったら困りますからね。

    しかし!!このEU緩和の決定がほぼ決まりということが巷では出ていまして
    EU緩和決定日の前にはすでにルールも規則も理性もないといえる出来事が襲いました・・・・・・
    それはスイスショックです。意図的なスイス政府ショックです。

    先月の15日のスイスショックは背筋の凍るものでした。
    スイスに赤十字に似合わうほどの赤い血は流れているのでしょうか(笑)
    私はフランには手を出さないので、普段はチャートすら見ていませんが、
    取り引きする個人だけではなく銀行・証券・FX会社・あらゆる金融会社が
    一瞬で大打撃を受けて、イギリスのアルパリUKなどは破綻しました。
    決してスイスフランだけが当日は影響を受けただけではなく
    もちろん他の通貨もモロに影響ありました。
    起きた日時は15日の18時30分あたりだったと思いますが、
    私はその時はTSUTAYAにいまして、店から出てからスマートフォンで
    チャートを見たら、アプリが壊れたのかと思うくらいのことでした。

    スイスフランで影響を受けた方の驚きの内容をご覧ください。
        ↓
    http://matome.naver.jp/odai/2142132210649651101

    結局はスイスにとって一番多い輸出先が欧州なので、
    ユーロ通貨が重要なポイントである中で、
    情勢も安定度が高いので安全通貨のスイスフランは
    有事の避難先となり買われてフラン高になってしまいます。

    輸出命のスイスは自国通貨のフラン安でないといけないということで
    以前にスイスは自らフランを売ってユーロをひたすら買い続けるという
    数値まで示して声明を出していました。スーパー為替介入でしょうか。

    数値まで示すわけですから世界の取り引きする人たちは安心しきっていたと思います。
    それが突如、中止の発表ですからね・・・・・・・
    緩和されてユーロ札がこれ以上世に発行されたら
    スイスの為替介入もお手上げということで
    スイスはこれまで買い積み上がっていたユーロ札をどっさり売って
    自国通貨に両替(買った)したのだと思います。
    雷が落ちたかのようなチャートグラフでした。

    さらに今年は日本郵政とゆうちょ銀行とかんぽ生命が上場しますので、
    日本の株式市場が大きくなるのは間違いないですね!
    外資はよだれを垂らしながら待ちに待った世界に誇る高額の残高のゆうちょ銀行マネーを
    狙うこと間違いありません。
    今は噂かもしれませんが、日本郵政もスマートフォン事業に進出とかのニュース記事を
    見ましたが、どうなるのでしょうか???
    ドコモ・au・ソフトバンクもさらに料金値下げ合戦になるのでしょうか。

    • argusakita より:

      スイス・ショックは凄かったですね。
      ユーロ/スイスは95%くらいロングが積まれていたようですから2,000pips以上動いたらそりゃ破綻も出るでしょうね。
      でも、私は飛び乗ったらちょっと儲かりました。たまにはこんなことあるんだなと。
      スイス中銀はマフィアですからね。(^^)
      またそのうちやると思いますよ。

      アベノミクスの評価がかろうじて保たれているのは株式があるからでしょう。
      選挙を意識して日銀にもう一度圧力加えるでしょう、自民党は。

      >日本郵政もスマートフォン事業に進出
      は、たぶん無いと思いますが、年寄り向けのMVNOなら都市部では可能性はあると思います。

      • きりたんぽ より:

        うらやましいものです、フランで利益取れたなんて。
        スイスフランで暴騰や暴落のチャンスで「ハイジ砲」(アルプスの少女ハイジ)なんて
        言葉があるくらいで、日銀の黒田バズーカ砲は水鉄砲に見えるくらいです。

        スイスショックが起きた1月15日の2日前の13日のロイター通信のインタビューで
        スイス中央マフィア銀行の副総裁はこんなことを言っておきながら
        2日後に突如に変更ですからね・・・・・・
        この記事を見た人は安心しきってしまったのではないかと思っています。
        本当に恐ろしいです。 
                      ↓
        http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0KL2AW20150112

        最近はなぜか郵政に追い風にも見える風潮を感じますのが、
        ヤマト運輸がメール便廃止で郵政がこの需要をもらってしまうわけで、
        ヤマトのメール便は料金が安かったですね、郵政と比較しますと。
        郵政マネーが投資・投機市場に入るわけですから、
        日本株式市場の枠が広がりますね。

    • 逆張り より:

      こんにちは。いつも楽しく拝見しています。年齢的にさほど変わらなさそうですがblog管理人さんとは何だか別世界に住んでいるような気がします。

      スイスショック、私はやられたクチです。
      一応ストップを30pips下に置いていましたが、滑って55くらいマイナスでした。
      ストップ置いてなかったらと思うとホントに背筋が凍ります。
      あれ以来EUR/CHFは眺めてはいますが触らないようにしています。
      今夜、深夜2時にSNB総裁の会見があるそうですが、またドーンでしょうか。

      自営業のため時間は自由なので最近FXで小遣い稼ぎに走っていて、ついつい釣られてコメントしてみました。
      年金で支払った分をFXで取り戻すのが目標です。(笑)
      失礼しました。

      • argusakita より:

        逆張りさん、こんにちは。
        名前がもうアグレッシブですよねぇ(^^)。

        いえいえ、同じ世界に住んでいます。
        落書きから想像しないでください、リアルはいたって平凡な普通のおじさん(爺さん?)です。
        そうですか、スイス中銀にやられましたか。
        今度は1.05-1.10ってなことを言っているようですが、上限でやりそうな気がします。
        1.1近辺にショート置いておくと泣く展開・・・(^^)
        レバ低めにどうぞ。

コメントは受け付けていません。