まともに日本と戦っていない国々の抗日戦勝利記念行事

少し以前から支那が戦後70年に合わせて9月3日に北京で大規模な軍事パレードを行うことをアナウンスしているが、それを抗日戦勝利記念行事と称しているのが片腹痛いではないか。
抗日戦つまり旧日本軍と戦ったのは蒋介石率いる国民党軍であり、共産党軍は大陸の奥で逃げ回っていたのが歴史的事実で、支那共産党が自らのことのように祝うのは可笑しいことである。(恥ずかしいと思う感覚が支那人には欠如している)
支那共産党が祝うべきは、戦後日本が旧ソ連によって武装解除されて置いてきた武器・兵器を使って朝鮮戦争時に国連軍を押し戻したことくらいだろう。
歴史の事実を認識している台湾の国会議員らは記念軍事パレードを台湾で行うように求めていたが、結局(支那からの圧力だろう)パレードは実施しないことを決めたようだ。

抗日戦勝利と叫んでいる勘違い野郎は南朝鮮もだ。当時、朝鮮は日本に併合され大日本帝国の一部だったし軍も皇軍だった。その皇軍の一人がパク・クネの親父パク・チョンヒではないか。
戦勝国、敗戦国で分類するなら南北朝鮮は間違いなく敗戦国である。この自覚が無い南朝鮮の度し難い馬鹿さ加減には付ける薬が無い。
百歩譲っても抗日戦線と称して実際に日本軍と戦ったのは北のキム・イルソンくらいのもので、この意味で北は少しだけ抗日戦勝利記念行事を行う資格(?)はあるかもしれない。さらにこの歴史の事実からすれば南北統一における正当な後継者は北朝鮮であることは自明だ。

抗日戦勝記念行事にはプーチンも出席するとのことだが、これから半年クリミア問題などの行方によっては出席するかどうかは不透明だ。
そもそも第二次大戦で日本がポツダム宣言受諾後に北方領土に押しかけ民間人を殺戮し占領を続けた火事場泥棒が旧ソ連である。
この悪行を『第二次大戦の結果』といって憚らない厚顔に日本は未だに梃子摺っているわけだが、少なくともまともに戦っていない以上抗日戦勝利記念行事に参加する資格などあるものだろうか。ドイツ相手の大祖国戦争勝利でも祝っていれば良いのだ。

戦後70年という数字が意味のあるものかどうかピンと来ないが、この支那、南北朝鮮、ロシアの抗日戦勝利記念行事、特に軍事パレードはそれこそ時代遅れの北朝鮮のような陸上部隊・兵器のパレードだろう。ミサイル等の飛び道具メインか?
頭数だけは確かに地球上のどの国も支那には適わない(インドはそこまで軍備に熱心ではない)が、日本にしてみたら二度と半島や支那で陸上部隊を展開する事態などあり得ないはずである。
さしたる資源も肥沃な農地も無い半島に価値は見出せないし、大気・水の深刻なまでに汚れきった大陸を仮に手にしたところで現代日本にとってはあまり意味が無いばかりか負担になるだけである。日本による近い将来の侵略などは支那や朝鮮の連中の脳内の妄想であり、連中が自分たちの領土がそれほどまでに魅力・価値のあるものと思っているのならそれ自体が滑稽でさえある。

北京で9月3日に軍事パレードが行われるなら、同時期に太平洋で拡大RIMPACでもやったら良いのだ。

名称をRIMPACではなく災害救助をテーマにした別のものでも良いではないか。日本、アメリカ、カナダ、東南アジア、オセアニア、南米、イギリス、フランスといった太平洋・インド洋の海洋国家や地域30カ国位による地震・津波被害や台風・モンスーンによる災害からの救助や臨時復旧等の訓練にしたら良い。
実際には民主主義ダイヤモンド防衛圏の具現化であり、これで支那や半島国家は大陸に留まり海洋に出てくるなというメッセージを伝えられるはずだ。

重要なのは軍事プレゼンス(これはアメリカに任せれば良い)ではなく、70年前とは違った形のイニシアチブを日本が取る覚悟があるという意思表明だ。

南朝鮮は『売春婦が死ぬ前に賠償を』と馬鹿なことを言っているが、日本もかつて欧米の植民地を解放し独立を助け、南洋諸島での統治(学校、病院、神社等)を進めたころの現地の高齢者たちの(親日な)記憶や遺産がゼロにならないうちに改めて日本らしいリーダーシップと共存共栄の意思表明をすべきだろう。
(案外、夏の安倍談話はこのあたりに重心を置くのかも・・・)

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 迷惑な隣国, 国際・政治, 海外 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

まともに日本と戦っていない国々の抗日戦勝利記念行事 への2件のフィードバック

  1. きりたんぽ より:

    70年前には現在の自称・中国と言われるものと、自称・韓国といわれるものも北朝鮮も存在していなかったわけですが、70年の行事をするあなた達は一体何者なのでしょう??と問いたいですね(笑)

     1951年に日本が講和条約を結んだ時に、署名国に南朝鮮は日本と対戦しているわけでもないので入れてもらえない状況に発狂していました。南朝鮮はGHQに対して自分の損得勘定のみの要望を出してくるので、GHQも南朝鮮に頭にきていたようです。

    署名国に入れないなら対馬ちょうだい・竹島ちょうだい・・・・国連に日本は絶対に入れないで・・・・・

     GHQが唯一、南朝鮮の要望をくみとったのが朝鮮半島に残した日本総督府の資産をそのままあげるということで、現在に換算しても最低でも10数兆円はあったようです。

    この資産で今に至るわけですが、朝鮮の歴史の中でも竹島は未だ一度たりとも朝鮮のものになったことはありませんし、日韓併合より以前も朝鮮王朝時代の知識人が作成した地図を見ても鬱陵島まででした、
    おそらく竹島の存在は当時は知らなかったとも思えます。

    そして70年後の現在は日本が南朝鮮に従軍慰安婦の賠償金を払わないなら、もし4月に安倍首相が訪米した場合にアメリカ議会で演説をさせないで欲しいとパククネがアメリカに注文をつけているようで、昔も今も何も進歩もない変わらない人達です。

    アメリカも、この困ったちゃんに対してあきれ返っていまして、そして政務次官の声明にもなりアメリカ大使館に対して殺人未遂事件でしょうか・・・・・ 工作した可能性もあるようにも思えますが。

    そして戦後70年の安倍談話にどんな発狂をするのでしょうか。

    • argusakita より:

      70年談話にぜひ入れて世界に向けて発信してもらいたいのは、日本の敗戦という結果によって南北朝鮮と支那という『基本的な価値観を共有できない国々』を生み出したことへの反省と遺憾です。

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中