日本は他文化の受容・共生は可能か?

普段、ゴシップめいたものは興味が無くスルーしているが電車の中吊りなどは目に入ってくるため何だろうなと後でググッてみたりすることもある。
いささか古い話題になるのだろうが筆者にとって2つ気になる話題。
こういうのを見ると、日本は他文化の受容や共生は本当に可能か? という疑問が湧くのである。

0f767cc2まずは、中川政務官の路チュー事件だ。
いろいろな突っ込みポイントがあるようでネット上には頷けるものもあるが、筆者にしてみたら唯一批判されても仕方がないのは農水大臣が辞任した当日の夜だったことくらいだろうと。内閣の構成員であればやはり自覚が不足しているとしか言えない。
個人的な倫理観に基づく批判もあるが、まあ自分の子供に説明がつくなら経済的にも自律した大人同士なのだからどうでもいいだろうと。
路チューの是非については支那人の街中や乗り物での糞便垂れ流しに比べたら全く無害なもので、歳をとっても平気なのはむしろ微笑ましいくらいだ。
その辺の感覚は個人の人生、経歴に負うところが大きいと思われる。

mat_doll白状すると、筆者が社会人になって互いに結婚まで考えた最初の女性はイギリス留学中に知り合ったロシア人の”O”なのだが、(アメリカ的な)進歩的な反面結構厳格な正教徒であり、習慣や考え方の根本で結局は相容れないこともあり立ち消えになった。(後で日本まで来てくれたが結局はある事で互いに妥協できなかった)
しかし、今考えると目覚めたときに隣にブロンドの髪とブルーの瞳の人間がいるという経験はその後の人生観に大きな影響を与えたことは確かだ(^^)。
そんな経験があるせいか、路チューくらいはどうでもいいというのが筆者の感覚。
問題は、日本ではいつまでもこういった政治家や有名人のゴシップ(しかもキスくらいで)が話題になるということそのもので、特に政治家に聖人君子を求める有権者などいないはずなのに話題が一人歩きすることだ。移民を入れる前にイタリアのベルルスコーニに全国講演でもしてもらったらいいかもしれない。

ところで、デンマークの科学者によれば10秒間のキスは8,000万程のバクテリアの交換をすることになり、抵抗力を上げる意味でも非常に健康に良いことだそうだ。

w292c-e_1654310もう一つ。
今年のミスユニバース日本代表だ。
3年くらい前にもミスユニバース日本代表について書き、まるでシンガポール代表みたいな印象だと書いたが今年はもっと突き抜けた印象だ。
マスコミは論評に腰が引けているようだが、『心は日本人』と本人は言っているそうだが、主に外見で評価されるミスコンではハイブリッドも程度問題だろうと・・・。美人なのだろうが、これなら国ごとに代表を出す意味が無いだろうと。
美しい女性が商品なのではなく女性の美しさが多くの経済価値を生むはずなのだが、この日本代表では少なくとも国内で多くの経済的価値を生むとは思えない。よって、筆者はNGだと思う。

ある試験における独創的な誤答

1828-610x453

サラッと、笑ってください。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 雑感, 海外 タグ: , , , , , , パーマリンク

日本は他文化の受容・共生は可能か? への6件のフィードバック

  1. きりたんぽ より:

    安倍首相が おぞましい と言っていたのが記憶に新しいです。

    マスコミも野党も待ってましたというネタですね。
    本当に路チューだけなのでしょうか!?

    ベルルスコーニの性欲は限界がありませんので、イタリアは原発の代わりにベルルスコーニの性欲エネルギーで電気を起こせば解決しそうです(笑)

    Racism    
    一塊のように住み分けしてしまうと、政府の政策の都合の良い逆Racismになってしまいますね。

  2. 三隣亡 より:

    ミスコンの代表がハーフだったことなど初めて知りました。世界的な主なミスコンはほぼミス・中南米といってもいいほどで、日本人はミスコンなどほとんど興味なし。国内での経済価値などもたいしたことないでしょう。政治家や芸能人の路チューくらいどうでもいいというのは同感ですが、雑誌的には売れるのでしょうね。日本では路上や電車の車内でキスどころかベタベタするカップルを見るだけでも不快に思う人が多いのだと思います。

    先日見たTV番組でスロバキアに嫁いだ日本人女性を取り上げていましたが、近親者はもとより見ず知らずの他人であっても挨拶でキス(口に)をするのが驚きで、習慣とはいえ馴染めない様子でした。イギリスも昔々は挨拶にキスをしまくりだったとか。東南アジアでもキスを見かけることはほとんどありませんが、同性愛には寛大なのでしょうか。タイやミャンマーでは同性愛者もごく普通に見かけますし、イスラム圏といわれるマレーシアでも都市部では手をつなぐゲイのカップルを見かけました。マレー系女性は肌を出さないが中国系の露出の多い服装も自由、マレー系・中国系相互に相手文化を尊重というより無関心なだけかもしれません。

    イスラエルでも超正統派の住むエリアを普通のイスラエル人が通ると石を投げつけられてもおかしくないとか読んだことがあります。曽野綾子氏が産経新聞のコラムで南アフリカの例として、白人の居住する建物に黒人が入居するや一部屋に何人も住み着き、たちまちアパートの水道水が足りなくなり白人は出て行ったという話を紹介。もう20〜30年も前に南アフリカ共和国の実情を知って以来、私は、居住区だけは、白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方がいい、と思うようになった(産経新聞 2015/02/11付 7面)。
    バンコクでもインド系・中東アフリカ系と自然にエリアが分かれます。多文化との共生など在日中国人や韓国人の多いエリアですら問題なのに、自己主張の強い国々の人がどんどん増えたら日本はどうなることやら。不良外国人があるレベルを超えたら一気に排斥に向かう可能性すらあると思います。

    • argusakita より:

      曽野綾子氏のコラムは私も読みました。
      若い頃、イギリス(ニューカッスル)でアパート借りるとき偏見と差別感を感じた経験があるのでよーくわかります。後で飲みながら聞いたところでは、日本人は部屋の中で魚を焼くと思っていたらしいのですよ(^^)。臭いや火事の心配だったのでしょう。

      >不良外国人があるレベルを超えたら一気に排斥に向かう可能性すらあると思います。

      絶対にそうなります。
      不良でなくとも一定の数になればその国が民主主義であればあるほど力(発言力)がついてきますから追い出せなくなります。裏で過激派を応援するしかなくなります。ドイツは今この段階かもしれません。

  3. 日本は他文化の受容や共生は本当に可能か?
    と来といて、
    路チュー事件、ミスコン日本代表がハーフ。
    と来たのは、私ではないですが「とっちらかしました」ネ。
    最後の画像は皮肉ですか?自虐?
    出題者か採点者がレイシストだったとすると、+①の意味が?
    単に回答がわからなかっただけと見ます。難しそうですもん。
    taxonomyって。もちろんググりました。

    • argusakita より:

      いえいえ、
      ・キスの文化を受容できますか?
      ・ハイブリッドがそこらじゅうで生活する街や学校や職場で共生できますか?
      という質問めいたものです。(^^)

      私はそれらの受容には本音では個人的には30年くらいかかってると思っています。

      PS. とっ散らかるのは、下書きや推敲などせずに直で落書きしているからだと思います。すんません。

      • というか、受容出来なくても共生は出来てますよね。
        ずいぶん増えましたよ、外人。キスなんて見苦しいものじゃなければ何ともないですよ。でも中川さんの場合は不倫でしょう?しかも亡くなった旦那のとむらいで当選した自民党代議士。院内喫煙の味噌まで付いた。擁護不可能です。
        仕事バリバリやって、今度は独身のイケメンと路チューして下さい。応援します。

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中