県内で最もリソースに恵まれた仙北市の特区”勝負”

きりたんぽさんのコメントにあった、
地方創生特区に仙北市 玉川温泉核、医療で誘客
の記事。

内容は官邸のHPにある、
田沢湖・玉川温泉を中核とした医療・農林ツーリズム特区
というPDFで概要が掲載されている。
さらに、あれこれ会計的な不祥事などどこか他人事のように責任感も感じさせず財政的に自律も出来ていない仙北市の門脇市長のblogにも概要が紹介されている。
殿様知事の地元で田沢湖、温泉、角館の桜、スキー場、わらび座、ミニ新幹線駅と秋田県内では観光資源としては最もリソースが揃っている仙北市が特区申請しこれが決定されるようだ。

テーマ1~3は特に目新しいものは無く、強いて言えば『アケビ油』くらいか。新機軸となる夢を感じさせるキーワードも無く、実直な構想といえばその通りで、要するに規制緩和の要求ポイントとして、
・国立公園内の規制緩和(環境省、文化庁)
・国有林利用の規制緩和(農水省、林野庁)
・農業法人に関する規制緩和(農水省)
・一般旅客自動車運送事業の規制緩和(国交省)
・免税店に関する規制緩和(財務省)
・温泉療法の保険適用(厚労省)
・医師確保の縦割り規制や外国人医師規制緩和(厚労省)
を挙げ、これらに一気に楯突こう(^^)という計画だ。

中央集権・縦割り・役人利権天国の日本で地方創生というどこか不信感のある単語では、とてもとても現実性は低いなというのが大方の予想だろうが、漠然とした『岩盤規制の打破』について具体的に規制緩和が必要な点を指摘し、議論のポイントを示した点では非常に有意義なものなのだろう。
しかし、これらのテーマを見て仙北市以外の県民はどう感じるだろうか。特に若い人に魅力のあるものだろうか・・・。
せっかくフリースタイルW杯連続開催や2017年世界合気道フェスティバルといったスポーツイベントもあるのだから、もっと若者寄りのハジケた構想が前面に出ても良さそうな印象がある。
確かに上記の規制緩和が行われればやれることは多岐に渡るような気がするが、他の市町村への波及効果についてはどうも不透明だ。
また、これらのテーマについてそれを担うのは一体誰なのだという疑問が湧く。
2015年2月末現在の人口が28,521人と東京ドームの観客の半分くらいの人口と高齢化率4割近いプレイヤーで出来ることは具体的には一体何なのか。

1990年代中ごろ、仙北市(正確には旧:角館町)は秋田県内で最も早く光ファイバーを盛岡から引き、ネット社会の先鞭をつけたはずだった。(わらび座とNTTの貢献が大きい)
しかし、トップランナーのリソースはあったもののプレイヤーが少なすぎて今ではほとんど何も目立った成果は無かったと言える。

結局、具現化するのは医師確保による医療体制(市立角館病院と田沢湖病院)の維持と武家屋敷周辺の観光用EVの季節運行玉川温泉の岩盤浴施設整備くらいのものだろうか。それらの現状維持だけでも十分という声も聞こえてきそうだが『創生』とは言い難いかもしれない。

とにかく、県内で最もリソースに恵まれた仙北市が特区指定されて県内の他市町村よりも首一つ上に行けるかどうかは注目すべきで、ここがダメなら他の市町村は全く別の新機軸を打ち出さない限りアカンということになる。少々、怖いもの見たさ的な注目は集まりそうだ。

頑張れ、仙北市。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 県政・市政・議会, 社会・経済, 秋田を改造, 国政・国会 タグ: , , , , , , , パーマリンク

県内で最もリソースに恵まれた仙北市の特区”勝負” への42件のフィードバック

  1. ブルーベリー より:

    上手く行って欲しいけど・・・・
    なにか事業をやって、成功例が殆ど無いのが秋田県。
    (エリアなかいちなどの失敗ばかり)

    医療、農業、観光、公共交通・・・・どれもレベルが低く、優れたノウハウはないので、
    これまでと同じ方向性でやっても、失敗を重ねるだけで、思い切った発想の転換が必要。

    そもそも、規制緩和を要求する前に、やるべき努力をしていないように見える。
    例え特区になっても、普通に他県に負けると思う。

  2. 呆れ顔 より:

    お久しぶりです。

    確かにblog主さんの書かれたように秋田県内では最も好条件、道具立ての揃った地域だと思います。
    何故そこが今までパッとしなかったのか。本当に各種規制のせいでしょうか?

    温泉治療に保険適用というのはどうなんでしょう。処方箋がないと指定された温泉に入れないとか?
    具体的に中身がわかりませんが、玉川温泉に来る湯治客は多くが末期ガン患者等医学的にアレなケースが多いと聞いていますが、そういう終末ケアのようなものにさらに保険適用というのはどうなんでしょう。
    現状のままそっとしておくべきもののような気がしますが。

    今春から国保が市町村から県に移行するわけで、使ったモン勝ちみたいな市町村側のエゴが見え隠れしませんか?
    小生は自営のため国保ですが、年寄りたちのためにドンドン若者現役世代の金が使われていく構造にほとほと嫌気がさしています。

  3. 僻みっこ より:

    お初です。

    何だか仙北市は自分のところだけ良ければみたいな感じだな。
    仙北市はチマチマやらないで秋田市と合併して昔やりかけた田沢スーパー林道工事を復活させてドンと繋いだらいいんだよ。市境界は接しているわけだし。
    人口や観光資源を考えても秋田市と仙北市両方にメリットがある。
    ひょっとしたら内陸線だって関連して復活のアイデアが出てくるかもしれない。

    しかし、佐竹ってのは露骨に自分の地元贔屓だな。

    • argusakita より:

      ありましたね、田沢スーパー林道。
      秋田に帰った頃、地図に載っていたので行ってみたら・・・四駆でしたが、あっさり岩見で断念。
      オフロードバイクか徒歩ならとか言われて(^^)。
      確かにあれが立派に完成していたらずいぶんいろんなものが変わっていたかもしれませんね。

      秋田県内の道路行政は素人目に見てもおかしなものが多いです。

  4. きりたんぽ より:

    外国人医師による「医療ツーリズム」、
    これはもしかして秋田県民のためでもなく日本のためでもなく、外国人の移民政策の第一歩ではないかとも受け取ってしまいます。

    政府による投資でもあるのでトレンドに乗らない手立てはないと思いますので儲けましょう!ここしかない・・・・そんな感じがしてしまいます(笑)

    創生特区のためのインフラは欠かせないので公共工事から始まると思いますが、長い目で見ると、むしろハード面よりもくソフト面の方が強いかもしれませんね。

    一種の医療観光サービスのようなものでしょうか。

    仙北市は全ての四季に癒される環境材料は充実していますからね。

    さらに国内・海外のスポーツ選手の合宿地含めて世界大会までできますし、

    個人的には青森市のようにカーリング場を開設して欲しいなと思いますね。
    カーリング女子のチーム青森が注目されたトリノオリンピックの後にすぐに日本選手権が青森市で行った時に偶然に観戦できまして、カーリングの人気はけっこうあり需要もあるのではないかと感じました。

    スケート場もそうですが、施設が国内でも不足していますからね。

  5. きりたんぽ より:

    地方創生特区は追い風であると考える中で、アベノミクスの円安の結果が地方にもプラスの影響がきているようですね。

    ついこの間にニュース記事でしたが、TDKが由利本荘市とにかほ市に新工場を2ヶ所増設するということでした。工場が完成した後はどれくらい雇用に貢献できるのでしょうか。

    さきがけ新聞の記事です。
      ↓
    http://www.sakigake.jp/p/akita/economics.jsp?kc=20150226a

    日経新聞の記事です。
       ↓
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ25HOL_V20C15A2MM8000/

    • argusakita より:

      日経は時々こういうミスリードをして『空気』を作ります(南朝鮮アゲのときもそうでしたが)から気をつけましょう。地元の新聞紙には経済専門の記者などいないでしょうね。

      >円安の追い風を受けて国内生産の採算性が向上したと判断した。

      というとTDKの英断のように聞こえますが、経営者ならすぐにわかることで、
      実態は、
      ・円安で内部留保が思いがけず急激に増加
      ・内部留保の行き先は、設備投資、配当、賃金upしかない
      ・安倍内閣が設備投資減税を決めた
      だから、設備投資を選択し国内に工場を立地するという経営判断をした。

      こういうスキームなわけで、極端に言えば採算性の上下だの雇用創出などどうでもいいわけです。世界的な需要は確かに拡大していますが秋田で作っているような大して付加価値の高くない電子部品は価格競争力で負けるのはやる前からわかっています。
      下手すると実際の稼動、生産だってやらないという選択肢さえあります。(現実的ではありませんが)
      実際、TDKでは新規雇用なんて予定してないでしょう?

      設備投資と賃金upを同時に満たした場合だけ減税しないとこういった政策誘導は働く側や立地地元にとってあまり意味が無く、単に企業の帳簿上の都合の良いことだけ起きるのです。

      アベノミクス、(安倍首相のように)これしかないなと思って期待はしていましたが、最近はその方向と結末みたいなものに対する疑問、不安が払拭できなくなり、どう自己防衛するかに興味がシフトしつつあります。私の仕事だけで言えば、1ユーロ200円くらいになって欲しいですが(^^)。

      BISの国債のリスク資産見なし(資本積み増し要求)が本当に進めば、メガバンクは別としても地銀は吹っ飛ぶでしょう。
      今日の黒田会見は微妙に注目ですね(^^)。

      • きりたんぽ より:

        2つの新工場を増設する目的は内部留保を溜め込めさせない政策の要因よりも、アベノミクスをやってから売り上げが伸びているからではないでしょうか。

        TDKは2014年の3月期の売上高が過去最高の売上高になったわけで、増収と増益という結果になり、今後の売上高を見通しての結果ではないでしょうか。 2012年には円高で工場を閉鎖したりしましたが、単純に円安になったから戻すというわけでもないようです。

        東洋経済で詳細を明かしています。
          ↓
        http://toyokeizai.net/articles/-/62200

        TDK公式HPで2014年 3月期
         ↓
        http://www.tdk.co.jp/ir/individual_investors/net_sales/

        • argusakita より:

          >TDKは2014年の3月期の売上高が過去最高の売上高になった

          大部分は為替でしょう?
          私の聞いている情報では支那のシャオミの携帯向けの部品は台湾勢が主力になりTDKはすぐに買い叩かれそうな気がするんですよ・・・。
          円安になったから国内回帰ではなく設備投資減税があるから国内回帰だと思います。

        • きりたんぽ より:

          為替差益だけ比較してもサブプライムショックなどの時期と比べても現在はまだ円高です。

          為替利益だけならば過去の方が高く利益が出るはずなので、過去と比べれば当然アジアでの需要上がり販売網が広がったことは確かだと思いますし、需要がある中での予定のようです。

          政策などは全て連動させていますから、雇用に関しては与党・野党共に一致している部分もあるなかで、秋田県に地方創生特区を与えて片方を野放しにさせるわけないと思います。

          ましてや上場企業が恩恵を返さなかった場合についてどうなるかTDK側も十分に理解しているはずです。TDKだけではすまないと思いますし、政治と結びついている以上秋田県の責任は大きいと思います。

          さらに野党は徹底的にそこを突いていますので、後にフィクションだったとすれば自民党の政権は続かないですからね。

          内部留保を吐き出せる政策は介護事業などにも当てはめている中で、設備投資減税でのみで逃げようとする単純なことは、現政権でも完全に織り込み済みだと思いますよ。

          当然、範囲の限りがある地方創生特区で他の自治体の不満などがある中で、TDKがこれをやった場合にはどうなるでしょうか・・・・・ 

          全ては数字や結果に表れるので見ていこうと思います。

          そして秋田県の今年の1月の有効求人倍率が1.03倍で1倍台を回復したのは23年ぶりだという結果が出でいました。

          このような数字の結果と現場では秋田県民のみなさんはどのように感じているのでしょうか?

          http://www.sakigake.jp/p/akita/economics.jsp?kc=20150228g

          ちなみにTDKの現在の株主たちです。
               ↓
          TDKの筆頭株主の【株主】 [単]22,841名<14.9> 万株
          日本マスター信託口 1,496(11.5)
          日本トラスティ信託口 1,102 (8.5)
          JPモルガン・チェース・バンク380055 630 (4.8)
          自社(自己株口) 373 (2.8)
          ビー・エヌ・ピー・パリバ証券 246 (1.9)
          資産管理サービス信託銀行証券投資信託口 233 (1.8)
          日本トラスティ信託口9 210 (1.6)
          日本生命保険 174 (1.3)
          チェース(LON)SL 169 (1.3)
          SSBT505225 158 (1.2)

        • argusakita より:

          自治体の期待感のようなものを考慮するほど経営判断は甘くないですし性善説で動きません。ましてや大企業であればあるほど。
          その株主構成見ても、信託が上位にいるわけで、それこそ国民年金、企業年金の運用先でもあるわけですから利潤の最大化は最優先でしょう。
          DIOジャパン程度に振り回されて強く出られない自治体なんて残念ながら何の力も無いに等しいと思いますよ。(ブルーベリーさんがいつも書かれるように無責任体制だし)
          年金の運用利回りと地方のささやかな雇用とどっちが優先されるかの厳しい現実です。年金受給者は当然前者優先でしょうし。

          有効求人倍率で見てはダメですよ、失業率で見ないと。地元新聞紙は労働局発表のアナウンスですから。
          日本の場合は失業率4%程度で完全雇用状態のはずですが、秋田はまだ6%程度だったと記憶しています。
          まだまだです。

        • きりたんぽ より:

          結局は企業を動かせるかどうかは内部よりも地元の議員の権力が左右してしまうのが現状だと感じてしまいますね。秋田県は本当に弱すぎると思います。

          故郷の関東では近年にリーマンショック以来に初の国内工場の開設したホンダなどはこのようなことでした。当時はニュースにも登場していました。

          工場建設時は極度の円高だったはずですが、
          自民党が再権することを見通して開設したのかアベノミクスとタイミングがよく合っていました!?
            ↓
          http://www.honda.co.jp/news/2013/c130709.html

          さらに昨年の年末の衆議院選挙前の選挙活動の最中に、
          地元の福岡の自分の区で演説していた、麻生大臣の「子供を産まないほうが問題」という発言で批判されていましたが(野党の発信)、

          内容とはいいますと、近年に福岡県で麻生が、稼動を広げた日産の工場を政治の力で開設しまして雇用を生ませたということで、生活できる基盤を作ったのだから有権者に対して結婚して家庭を築いて欲しいという、十分に可能なのだから・・・・・ということでした。

          そこの一部分を切り取って全国に放送すると批判できるストーリーができあがります。

          自分の区での選挙活動ですから自分の区の有権者に対しての発言なのは当たり前なので全国に当てはまることはないですからね。

          地盤の議員の力の強弱で天と地の差が生じてしまうことの空しさがあります(財閥の麻生とは比較はできませんが)。

          雇用を生むように秋田県の議員という人たちもTDKに圧力をかけられないのでしょうか。
          いったいなんのための議員なのでしょうか。

          秋田県の政治に携わる人たちや議員がTDKがこの掲示板を見ているということを前提に・・・・・・・・・・・・・

          例えば週に1回労働してもこれは失業率に入らないというのが日本の計算式のようで
          食料の自給率もカロリーベースですからね、意図的な自虐計算方式です。

        • argusakita より:

          掲示板 ×
          便所の落書きblog ○

        • きりたんぽ より:

          グラフを見たら今年の1月で全国の完全失業率が3.6%くらいで、昨年の今頃より0.1%下がったくらいですね。秋田県ですと、5.2%で昨年の今頃よりも少し上がっています、やはり消費税でしょうね原因は。

        • argusakita より:

          そうですか、6%切って5%に近くなっていましたか。
          まだ、もう少しですね。教科書的には失業率が下がってからですからね、賃金上昇は。

          それにしても、発表された大企業のベアはなかなかのものですね。

        • きりたんぽ より:

          過去最高水準のベアとは驚きましたね。完全失業率が下がるとはいえない中で、この格差はさらに広がるかと感じますし、グラフ見ますと秋田県の場合は完全失業率が右肩上がりとも見えます・・・・・・  消費税が10%になったら想像するだけ恐ろしいものです。求人倍率がちょびちょび上がりながら完全失業率は緩やかな右肩上がりにいきそうですね。 

        • argusakita より:

          はっきり言えば有効求人倍率というのは役所側(ハロワ)の調整でいくらでもいじれます。
          よく見せたいと思えば企業に要請して無理矢理求人票作ればいいですから。
          ところが失業率というのは調査結果なのであまりいじりようがないのです。
          だから、役所やメディアが求人倍率で発表してもそんなのは無視して失業率を見ないといけません。

          雇用統計だって、あれが全米求人倍率ならドーンと動きませんぜ(^^)。

  6. 秋田人として、嬉しく、応援したいです。気になったのは「温泉療法に外人医師」。
    温泉療法なら国内でいいでしょ。外人医師ってどこの?温泉療法先進国ってどこよ??
    で提案書と市長のブログを斜め読み。あぁん、なるほど。北投石つながりネ。ちょっと前に佐竹知事が韓国から台湾にシフト中と書きました。温泉療法資格を国家資格にとも提案してるのだから、わざわざ台湾から医師を呼ぶ理由はないはずだけど、国際線も存続しなきゃダメよネぇ。特区指定には重要なキーワードがあって、その1つが「外人」です。外国人労働者受け入れの要件を緩和したい政府の方針とも合致。今後膨大な労働力が必要な東京は真っ先に指定され、なおも適用範囲を拡大中。
    全面バックアップを表明した佐竹知事と門脇市長は仲良しさん?君臣?
    同じOBで甲子園初出場を果たした角館高校をアゲアゲのようです。お二人で秋田を盛り上げてください。応援します。

    • argusakita より:

      温泉療法先進国はドイツやイタリアやハンガリーじゃないでしょうか。
      保険適用もあるし、向こうは浸かるだけではなく飲む温泉も多いですから処方箋必要なところもあります。
      有名な音楽家の湯治場だったバーデンバーデンなんかは最近は映画のロケ地としてフィルム・コミッションも盛んです。
      武家屋敷のある角館は案外その辺にヒントを見つけたのかもしれませんね。

      外国人が増えたら桜祭りも変わるかも・・・。
      ケバブの屋台が増え、爆竹を鳴らし、サンバを踊って・・・みたいな。(^^)

      • そうなんですよ。でもどうみても台湾の医師を呼ぼうとしてます。
        だって北投石つながりですから。
        台湾にも玉川温泉のような強酸性湯ってあるのかしら?
        ドイツやイタリアやハンガリーにはないですよね?

        • argusakita より:

          ラジウム関連だったらオーストリアにもあります。
          バドガシュタインラジウム鉱石といって通販で売っています。
          末期ガン患者と温泉療法と台湾医師、あんまり地元の住民には関係ないものが一人歩きしそうですね。

          台湾かぁ・・・東京の青龍門(台湾家庭小皿料理)みたいなのが出来ないかな。

  7. blogファンその1 より:

    やっとまともな(?)特区構想が出たようですね。
    秋田県から出ていた特区は認定(構造改革特区)は13ありましたが、そのうち10はどぶろくでしたからね。合法ドラッグ特区です。
    アホな一覧はここにあります。
    http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1204792966955/index.html

    仙北市に期待しましょう。
    でも、横並びで湯沢とかが『おらほも!』とか言い出しそうです。

    • argusakita より:

      うっ、それ知っていましたが敢えて書かなかったんです。
      あまりにイージーで秋田らしすぎて・・・。

      >合法ドラッグ特区です。

      御意。

  8. 田舎の独身 より:

    こんにちは。

    ニュースで見た佐竹知事の会見でのこの話題についてはあまり明るい表情じゃなかったですね。
    仙北市以外は仙台市、愛知県と大きな自治体で仙北市だけがどこか浮いている感じがしませんか?
    秋田県人としては頑張ってこの特区をきっかけに規制緩和のきっかけと秋田に良い空気を作って欲しいとは思いますが、構想を見る限りでは何もあまり変わらないのではないかという心配も感じます。
    邪推でしょうか。

    • argusakita より:

      あまり否定的に書かないように落書きしたつもりですが、知事をはじめ案外多くの人が『ん?』と思っていると思います。
      特区にもいろいろあって、今回のは地方創生特区ですが国家戦略特区がメインディッシュであることは皆知っていることで、私の生家のある文京区も東京都のそれの特区の1つになっています。
      今後の追加予定も含めて23区で特区になっていないのは世田谷、杉並、足立、葛飾、江戸川の5区だけで残り18区はそりゃあもう凄い計画が目白押しです。
      主体となる企業名まで入ったものがここにありますから(PDF)一度見てみてください。
      東京五輪に向けてという大きな理由がありますから仕方がありませんが、これでまた東京一極集中が加速するわけで、地方創生特区はこの批判をかわす目的もあるでしょうね。ある意味、”おためごかし”みたいなものでしょう。
       
      ・他市町村が羨むようなリソースの多さ
      ・知事の地元
       
      これで、あまり成果が顕著でないならやっぱり地方なんてダメ、無駄遣いにしかならんという相変わらずの中央政府目線の結論が出され、批判の的にされかねません。縦割り省庁の妥協できる規制緩和の条件に仙北市提案がマッチしたのでしょう。
      秋田県がどの程度応援するのかわかりませんが、ただでさえ地元贔屓が言われる中では露骨にやりにくいでしょうから、オール秋田で仙北市を応援するには知事が替わったほうがベターかもしれませんね。

  9. ブルーベリー より:

    今月、秋田臨海鉄道北線が利用休止となりました。
    県はシーアンドレール構想を見据え、維持管理に2010〜13年度に各700万円を助成していた。

    シーアンドレール構想という、合理性のないトンチンカンな構想に何年も振り回された。
    しかし、誰も批判されないし、責任を取ることもない。 能力に問題のある知事も無投票で再選。

    レベルの低い計画は、時間とカネの浪費で、有害極まりない。
    ヘタをすれば、地域の未来を奪ってしまう諸刃の剣。
    秋田県は、ずっとヘタを打ってるから衰退してる。 

    • argusakita より:

      シーアンドレールとかポートルネッサンスいう単語がありましたね。
      北線休止のほうは、北部道路の大浜-上新城線が出来たからでしょうか?
      でもあの北部道路も秋田北ICまで一気に繋がないとほとんど効果が無い気がしますが。

      秋田県のインフラ行政特に道路行政は不思議の山です。
      国道との絡みもありますが、昭和50年代にでも茨島や山王の交差点を立体交差にできなかったのが決定的な失敗だと思っています。
      昭和20年代終わりに計画され、最近ようやく計画廃止になったのがゴロゴロありますよ。(^^)

  10. argusakita より:

    ネスト、見にくいので止めました。

    きりたんぽさん
    >この格差はさらに広がるかと感じますし、

    ドイツのフランクフルトで2万人近い暴動が起きたのですが、日本のニュースは一切扱っていませんね。
    ECBの新本部ビル開設にあわせた穏健な反資本主義者によるデモにギリシャ、スペインからの左翼(というか、無政府主義に近いかな)が混じって大暴動です。

  11. きりたんぽ より:

    ドイツの暴動すごいですね。映像などで見ましたらテロのような光景にも見えました。

    ECBの政策に反対する人達でしょうか!?やはりドイツの物価も上昇し生活の不安定さが露呈していたりするのでしょうか。

    ECBも日本も緩和合戦の状況ですが、ユーロの緩和の方が強くて、日本の物価上昇率が多少停滞する可能性も!?という情報も出たりしていました。

    今、思い出すと秋田市にも幽霊求人票がありましたね(笑) 
    サービス業でしたが、同社内の配属が分かれていました求人票が存在し続けていまして、
    そして期限が切れても同じものを更新していて内定が一切決まっていないものでした。
    ハローワークやフリーペーパーにもよく載せていましたね。今もありそうです。 

    雇用統計の架空調整は一部が儲けるためでしょうか・・・・
    毎月初めの金曜日は相場のお祭りだなんて言われたりしていますからね。

    以前に雇用統計でチャートや口座画面も動かずそのまま画面が凍結して5~6分動かないことがありましたので大きい指標は怖くてできない状態です(笑)

    ちなみに昨夜のFOMCの結果もアメリカのドル高の期待はまだまだ薄いですね・・・・・ 

    先週は1ドル122円までいったのですが・・・・・・  

    • argusakita より:

      ドイツの物価は上がっていますが、為替的にはリーマン以前の2003、2004年くらいの感じで、今くらいがいい感じだと思っているのです。
      何といっても電気料金(多少選べますが)が脱原発宣言以降7割くらい上がっているのが大きいのではないでしょうか。
      それに国民は耐えているのに何だ!?という怒りはわかるような気がします。

      結局、ECBも金持ちの象徴に見えるし、金持ちたちが節税で国境を跨いで好きなようにしていると見える格差社会の下のほうが騒ぐ構図なんだと思います。反資本主義(反金持ち連中)というのは結構穏健なプロテストですが、ギリシャやスペインから集団が来て暴動になったと。左翼なんだか破壊主義なんだかよくわかりません。
      フランクフルトの警察も最初穏健派のデモだと思っていたらしく相当にショックだったらしいです。治安維持が厳しくなると思います。
      日本もこういうことが起きそうですね、そのうち。

      FOMCでの上げ下げ、ダウ先以外結局ほとんど元に戻っていますね(^^;)
      おとなしく寝ていて正解でした。(でもああいうので勝つ人が勝者なんでしょうね)。
      FRB、6月よりも9月とか? 日本では統一地方選が終わったら株下げ、円高でエラいことになりそうですね。

  12. きりたんぽ より:

    インフラ料金の上昇は大きいですね。
    さらに自国通貨が安くなると、輸入商品の物価が上がり宗教の違う移民の人たちの食費が高価になってしまい負担も大きくなって不満も溜まるのではないかと感じます。

    日本国内に在住する特にムスリム達の食費は安倍政権なってから負担が大きいと思いますし、
    今後さらに移民が増えた場合に不満が暴動に繋がらなければいいのですが・・・・・・・

    経済指標の取り引きはある意味博打に近い感じがして怖いです・・・・・・・・
    ドルの利上げで左右されてしまいそうで、特にユーロドルはユーロ売りの底なし沼のような感じもします(笑)

    株価も一服しながら、ゆうちょ銀行などの上場を待ち構えるのでしょうか。

  13. blogファンその1 より:

    区域計画などスケジュール確認 創生特区決定の仙北市
    http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20150324d

    市内外の林業者や食関連事業者を対象とした国有林野の貸し付けや、玉川温泉を核とした外国人医師の受け入れ、森林育成や秋田駒ケ岳監視、遭難事故への活用を目指した無人自動飛行(ドローン)の実証実験などに取り組む。外国人医師の受け入れでは、温泉医療の先進国であるチェコやポーランド、北投石(ほくとうせき)で交流がある台湾などを対象に検討を進める。

    だそうです。
    チェコやポーランド? blog主さん、手伝ってあげてください。

    • argusakita より:

      えっ!?
      手伝えるようなことはありませんよ。(^^) どこから出てきたんでしょうねチェコやポーランドってのは。
      チェコやポーランドにいる台湾人医師とか・・・。
      ドローンってどうせリモコンヘリくらいでしょう? 8,000円くらい出したらカメラ付きの立派なの買えるでしょう。
      本気で自律飛行のものを検討する意味は無いでしょうし。

      秋田駒の噴火は今はどんな状態なんでしょうね。
      70年に噴火したときは、噴火の夜景が綺麗で車が渋滞でしたが、今考えると危ないことしてたんですね。(^^)

  14. チェコやポーランドにいる台湾人医師とか・・・

    台湾に住んでるチェコやポーランド人だと思います。
    しかも普通の人。

    チェコやポーランドにはチャーター便も飛べませんし・・・。

    • argusakita より:

      チェコやポーランドに台湾人ですか? ちょっと考えにくいなぁ。
      ポーランドのLOTは案外チャーター便作るかも。ショパン空港、ハブにしたくてここ数年で相当拡張しましたし。

      あのLCCは乗っちゃいけないと時々聞いていたLCCで、私は乗ったことありません。
      一応ルフトハンザ系なんですが・・・・。
      テロというか自殺というか。道連れにされた乗客が気の毒すぎますね。

  15. ていうか。
    (嫌いな言い回しですが)

    ここ見られてますね。きっと。

    県の公安に。

    • argusakita より:

      公安? 何故でしょう、私公安に楯突くようなことしてませんよ(^^)。
      でも、日本の公安が怖くてロシアやウクライナなんて独りで歩けませんよ、・・・なんちゃって。
      公安含めて日本の警察って国民を守る組織じゃありませんよ、国家、体制を守る組織です。
      国会前のデモみたらわかるでしょう。市民に背を向けるんじゃなくて、国会を背にして守るでしょう?

  16. 県の公安委員の任命者は知事なんです。もちろんご存じと思います。
    しかしここでは知事のあつかいが・・・ですよね。
    ですので県の公安委員=知事一派が危機管理の大義でここをチェックしてる。と。
    どの証拠が、むりくりのチェコやポーランド後付であると。

  17. どの証拠が → その証拠が
    ついでに

    >チェコやポーランドに台湾人ですか?

    いえ、

    >台湾に住んでるチェコやポーランド人だと思います。しかも普通の人。

    そう。医者でない台湾に住んでる普通のチェコやポーランド人。

  18. argusakita より:

    ああ、公安って公安委員会のほうですか。教育委員会と似たようなものでしょう。(^^)
    公安調査庁かと思いましたよ。(^^)
    秋田の公安の委員の何人かはそんなに大層な人ばかりじゃないですしね。
    どんな人間たちと付き合っているか証拠写真でもupしたろかな(^^)。

    >そう。医者でない台湾に住んでる普通のチェコやポーランド人。
    ??? よくわかりません。

    >ですので県の公安委員=知事一派が危機管理の大義でここをチェックしてる。と。
    光栄なことですねぇ(^^)。
    どなたかも、県の職員がここの便所の落書きを毎日チェックしていると言っていましたが、ヒマなんでしょうね。(^^)

  19. >秋田の公安の委員の何人かはそんなに大層な人ばかりじゃないですしね。
    >どんな人間たちと付き合っているか証拠写真でもupしたろかな(^^)。

    おおよそ想像できます。が、
    ここのアクセス数が彼らの努力?だとすれば、いいお客様でしょう。

    • argusakita より:

      お客様ですか? (^^)
      アフィリエイトでもしましょうか。WordPressはそれが出来ないからいいのですが・・・。
      私はブラウザにある仕掛けをしていてほとんどのwebサイトのページのADなどが表示されないようにしていますが、WordPressにも一応広告スペースがあります。皆さんの環境では広告が表示されるのでしょうかね?

      そうですか、その『彼ら』のためには今後は便所の落書きも有料&パスワード保護にでもしますかねぇ(^^)
      1日大体1,000~1,200くらいのアクセスがあるようなので、10円課金したら1ヶ月くらいで新しいノートPCを買えそうです。

      勘違い爺の放言blogとかの名前にして有料で見てくれるかな・・・(^^)

コメントは受け付けていません。