沖縄問題

イギリスがキャメロン首相の公約通りEUからの離脱(BREXIT)の国民投票に向かうようだが、一方ではスコットランド独立に関する国民投票は二度としないとのことだ。スペインのカタルーニャなどもそうだが、スコットランドの独立問題は簡単に言えば財政的な見込みがあるからこそ現実性がある。あの過激なISのようなテロ組織でさえ石油資源という財政的な目論見があっての動きだろう(今は逆にそこを突かれて原油価格を抑えられて目論見が外れたのだろうが)。

japan-flg日本の沖縄はどうだろう。知事職でありながら独自外交の風を装い、支那だけではなく今度はアメリカにも行くらしい。言論は自由だろうが、今以上に過激な行動を伴ったり扇動したりするなら伝家の宝刀の『内乱罪』適用も視野に入れるべきではないか。内乱罪は国家転覆に関する最も重い罪の一つで予備・陰謀、幇助もそれぞれ規定があり保護法益は国民の生命や財産や人権等ではなく国家の存立である。そのためか、内乱罪は三審制の例外でありいきなり高等裁判所からの二審制になる。

沖縄が琉球などといって国家として独立したところで経済的にはどうだろうか。既に修学旅行程度で人気のあまり無い観光地+漁業ぐらいしか産業が無いため、下手をするとミクロネシアやポリネシアの小さな島のようになってしまう可能性すらある。IT産業のインフラはあるが我々から見たら使い物にならない。
カタルーニャの独立運動などは13世紀からの独自の憲法(や草案)があり言語も政治も文化も、いわゆるスペイン(カスティーリヤ)とは違うという国家圏意識が根底にありしかも工業地帯、観光産業などでスペインのGDPの約2割を担っている。独立は現実味のある話なのだ。沖縄とは次元が違う。
太平洋戦争の悲惨な記憶としこりがまだ消えない沖縄の県民感情は理解しなければならないことだが、毎年何千億円もの特別交付金を受けながらさっぱりインフラ整備も進まず産業振興もできていないのは一体何故なのか。交付金は何に消えているのか。基地反対の横断幕にハングルや支那の簡体字などを見ると本土の人間にはわからない事態が進んでいるようにも見える。政府も、沖縄は金さえ与えれりゃ静かにしていると長年まともに向き合っていなかったようにも思える。
沖縄問題(基地問題)が決して金の問題だとは思わないが間違いなく日本国全体にとっては防衛拠点として重要であり、米軍だろうが自衛隊だろうが基地は必要である。
基地を無くす、独立などは非現実的なことは明らかなことだ。
騒いでいればゴネ得の金が入るからあのような現状なのだろう。冷静な議論に金を出す人はいない。
むしろ、独立を宣言してもらってそれを内乱とみなし即刻自衛隊が鎮圧に向かい首謀者を押さえるほうが手取り早いという乱暴な議論もあるが、一体全体沖縄県民は何をどうしたいのか。財政的には日本から援助を受け、似非国家のようになりたいのか、それとも援助を受けるのを支那にしたいのか・・・。
本土からは琉球新報や沖縄タイムスの独特の報道が異常に見えるが、それらのメディアは少数の個人株主の力が強いことはあまり知られていないのではないか。金の出処でメディアなどは右でも左でもどうにでもなることは古今東西よく知られていることだ。
程度の差こそあれ、秋田も地元の新聞紙の独占状態で社説やコラムが異常に思えることが多く同じようなものかもしれないが。
沖縄問題は、ロシアのメディアがしょっちゅう取り上げることを日本人は知っておいたほうが良いかもしれない。クリミア問題が膠着状態で出口が見えないこともあり、ドネツクやルガンスクを巡っていつでも本格的な戦闘が起きそうだが、とりあえずは口先の喧嘩で留めている。
沖縄の住民の動向(ここが一番注目しているところだろう)や首長や議会の動き、さらにそれらに関わる左右勢力や外国勢力。プロパガンダの方法や資金提供の方法などはコミンテルン依頼のお手の物だろうが今風なやり方も十分研究しているだろう。
これらに対する日本政府の動向はロシアは関心が高いだろうし、もいちろんキエフ政府も関心があり、支那が尖閣を含めて沖縄にどのようなアプローチをするのかをじっくり観察しているようでもある。

余談だが、G7結束で経済制裁どうのこうのと言われているが、ロシアでは今週から三菱のオフロードカー(パジェロ、アウトランダー等)の生産が再開され、日本もちゃっかりしているなと。決して日露間の状況は悪くないのである。

SPUTNIKはロシア政府の対外プロパガンダ機関でもあり、30言語で世界中にFM、デジタルラジオ(DAB/DAB+)、HDラジオ(英語)、携帯、インターネットで配信している通信社だが、そこのWeb(日本語版)の今日のトップも、
沖縄県知事 普天間基地の撤去について自ら米国人を説得する意向
だったりする。(内容は日本では当然報道されたものだろうが)

先日ヘルシンキでフィンランドの知人と食事をしながら、クリミア問題でロシアには困ったものだ、フィンランドの不幸は隣がロシアなことだといったジョークを言うので、
『何を言っているんだ! 日本の隣国は南・北朝鮮とロシアと支那だぞ』と返したら大爆笑をもらってしまった。やはり日本は地政学的には不幸な場所にある。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 迷惑な隣国, 国政・国会, 海外 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

沖縄問題 への8件のフィードバック

  1. ヒグマ より:

    初めまして。
    いろいろlinkの資料があって勉強になるブログで毎回楽しみにしています。

    沖縄問題は単に米軍基地の問題だけではないことから管理人さんは沖縄問題と短くされたと思いますが、本土に住む我々にはイマイチ何か本当の実態が伝わって来ない気がしますし、軽々にモノを言えないなと感じることが多いです。

    小生は北海道生まれなので、もし北海道が北方四島以外にも一部あるいは全部占領地域になったりしていたら、やはり沖縄のような返還、ロシア軍基地そのままのような状態になっただろうかと時々考えます。
    また、最近は中国人の出入りが多くなったと感じる北海道も同じように左の人たちが一緒になって騒ぐ状態になっただろうかと考えたりもします。

    つまらんことを書きました。

    • argusakita より:

      ヒグマさん、こんにちは。

      北海道がどうなったかを想像するのは難しいですが、人口が2億丁度くらいの当時の旧ソ連でスターリンは粛清や戦闘で自国民を2,600万人殺したくらいですから、沖縄よりも悲惨な結果だっただろうとは思います。

      嫌韓さん、
      >戦争反対と平和を願うのは日本に限らず一部の死の商人を除けばどこでも誰でも同じはずで、ではどうやって平和を維持するか、戦争をしないで済むか

      全くその通りだと思います。
      で、どうして現在ああやってウクライナで戦闘が続いているのか、彼らは何のために戦っているのかを考えないといけないですね。

  2. きりたんぽ より:

    「沖縄問題」 さきほど更新されたばかりのものです。

    • argusakita より:

      link先の動画拝見しました。
      龍柱、もう基礎部分が出来ているんですねー。凄い。
      翁長知事を滅茶苦茶に言っている元気なおばあちゃんが自分は人柱になってもいいとかトンチンカンなことを言っているのも印象的でした。
      人柱って物事が成就するために・・・ですから言いたいことは『体を張ってでも阻止したい』ということかと。
      沖縄メディアに対抗する活動をする若い女性にも感服。
      やっぱり、普通の沖縄県民は支那よりは日本がいいと思っているんでしょうね。

      • きりたんぽ より:

        最初の1時間だけしかまだ見ていませんが、現地でしかわからないことがあり過ぎるといいますか、沖縄県民でも龍柱の事を知らないわけですから都合の悪いことは情報封鎖してしまうという
        まさに琉球省でしょうか。 

        非常に気になりましたのが数百年前から支那から渡ってきた沖縄県久米村に在する漢民族の「久米三十六姓」。

        さらに団体組織の「一般社団法人 久米崇聖会」。

        やっかいな民族があちらこちらにいるのでしょうね。

        旅行では人気ナンバーワンな沖縄県ですが、住んでみて初めてわかる沖縄県でしょうか・・・・・・

        「久米三十六姓」の紹介はこちらです。

        http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E7%B1%B3%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%85%AD%E5%A7%93

        そして「久米崇聖会」はこちらです。

        http://kumesouseikai.or.jp/

  3. きりたんぽ より:

    2時間目はなかなか強烈な内容でしたね。

    沖縄左翼は米軍基地のフェンスに落書きやテープなど不法投棄など器物破損するだけでなく
    その後に保守派のボランティアが掃除をすることを前提に、フェンスにガラスの破片やなどを
    撒きつけたり針金やピアノ線を利用して、かたづけ掃除をする際に意図的に怪我をさせる工夫まで
    していたとは・・・・・・ 

    さらに基地のフェンス越しに、主に退職した日教組が小便や大便を撒き散らしたりトイレのように使っているとは、家族や元・同僚や教え子もいる地元で、チョンコロ精神を持ちながら活動している
    沖縄日教組はまさに学力低下のお手本になるのではないでしょうか。

    実際の映像で反日プラカードをかけた高齢の女性がフェンスにテープを貼り付けている姿は
    まさにカルト教団ではないかと思うくらいでしたね。

    さらに映像では名護市 辺野古 キャンプシュワブの前では「山本太郎」が暴れていましたね(笑)
    小沢一郎のためでもあるのでしょう。

    こちらです

  4. argusakita より:

    朝生、今回は沖縄問題。
    最近、田原総一朗の言葉が聞き取りにくい(入れ歯かな?)。
    せっかく沖縄からやるそうなので、琉球新報や沖縄タイムズからも出たらいいのに。

  5. きりたんぽ より:

    さきほど昨日の新聞のテレビ欄で見て気づきました。
    全く見れずに残念です。
    沖縄スタジオで生放送したということは沖縄左翼も生出演したのでしょうか?

コメントは受け付けていません。