東北六魂祭に非協力的な秋田県(と見えるだろう)

イタリアのローマに来ているが、待ち時間で日本の新聞紙サイトをノートPCで見ていてちょっと驚き。
六魂祭のブルーインパルス飛行縮小 秋田空港使えず(産経新聞)

特定地方管理空港(設置は国交大臣、管理は秋田県。全国に5空港)である秋田空港がブルーインパルスの展示飛行に関して給油を認めないからだそうだ。
松島基地からやってくる飛行チームが秋田空港の滑走路を使用する航空自衛隊秋田分屯基地で給油すればより多くのデモが可能だが、基地が設置された際に『軍事利用』への反発があり、県と防衛省の協定があるため着陸できないのだそうだ。

どうも、この件は少なくともブルーインパルスの展示飛行が決まっていた昨年末にはわかっていたことで、敢えてこのことを秋田県も秋田市も発表していなかったようだ。
昭和59年10月11日に秋田県と防衛省で結ばれた『航空自衛隊航空救難団秋田救難隊設置運用に関する協定』では、『救難航空機、救難輸送機、救難隊への連絡機以外の航空機は秋田空港を使用できない』と決められているそうだが、そもそも航空自衛隊秋田分屯基地の目的が災害救助よりもまずは軍事目的なのは子供でもわかることで、その協定自体が単に少数の地元左巻き連中への配慮くらいは考えられないこともない。しかし、ブルーインパルスの使用機は攻撃能力が無いことは周知のはずである。
明確に救難航空機、救難輸送機、救難隊への連絡機でない場合は全て着陸許可しないのであれば、東日本大震災の際のように自衛隊、米軍の軍用ヘリや哨戒機が活躍する際も拒否することになる。左巻き連中はいいのかそれで?

くだらないこと言ってないで、殿様知事は防衛省と協議して至急着陸・給油許可の例外措置を取るべきだ。
こんな電話一本で済みそうな話は知事の専決処分でやれないものか・・・。
それぐらいの『横暴』はほとんどの県民は支持するだろう。訴えられても訴訟は時間がかかるから残りの任期一杯弁護士等の代理人に任せれば済むことだ。(まさか3期目などとは考えていないだろう)

そういえば、東京の23区が秋田市に六魂祭支援で2,300万円寄贈したそうだ。東京生まれの筆者としてはちょっと嬉しいニュースだが、どうせ金を送るならイベント主体の秋田市ではなく太平洋岸の被災地の子供たちでも日帰りでいいからバスで六魂祭に招待する(あるいは半額補助など)等で使って欲しかった。貸切バスでも数千人は呼べたのではないか?
大震災時も大して人的・物的被害の無かった秋田で六魂祭を開催すること自体が以前から疑問視されることもあり、さらに今回は竿燈を意識してパレードを提灯に火の入る夕方からと、秋田市が完全に観光事業の一つを開催するとしか見られていないのではないか。
大震災から時間は経つが『焼け太り』のような印象を与えるのは長い目で見たら損だ。

秋田県や秋田市の行政は(どうせ出来っこないのだし)カッコいいことしなくてもいいから、カッコ悪いことして県民の足を引っ張るような真似はするな!

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 県政・市政・議会, 祭り・イベント, 震災・福島原発 タグ: , , , , , , , パーマリンク

東北六魂祭に非協力的な秋田県(と見えるだろう) への12件のフィードバック

  1. 私は秋田県の端っこに済んでいるので、六魂祭にはまず行けませんが、個人的に六魂祭の音楽フェスに何だかなーという感じを受けました。

    この頃世相が暗いので、せめて音楽だけでも明るいものをと、上々颱風を繰り返し聴いている関係上、なぜ白崎映美&とうほぐまづりオールスターズを呼ばなかったんだろうと思います。六魂祭で呼ばれているメンバー、特に東北と関係ないじゃないですか。

    とうほぐまづりオールスターズは好き嫌いが激しそうなグループではあるけれど、東北を盛り上げようという気持ちだけはみんなに伝わると思います。後福島在住のソウルフルなインディーズの歌手Shimvaさんなんかもいいかもしれない。

    まあ、行政が先導すると、こうなるんでしょうかね。

    • おっとと。
      済んでいる → 住んでいる です。

    • argusakita より:

      上々颱風、懐かしい!!
      昔、JALの沖縄キャンペーンで『愛より青い海』が流れていて、仕事で沖縄に出張予定があって楽しみにしていたのですが、それこそ台風で中止。
      あのカン高い声が確かにテンション上げてくれます。
      六魂祭のWebみたらSHOW-YAなんかも秋田に登場ですか。少し年下のお姉さん達ですが、まだ頑張ってるんですねぇ。

      ともかく、六魂祭(秋田DC第三弾かな)、盛況を祈ります。

  2. ブルーベリー より:

    秋田県は本当に特殊な地域で、住みにくいし商売がやりにくい。
    だから、企業が秋田には来ない。

    殿様知事は、クマ牧場やバスケアリーナにはギャアギャアと喚くけど、
    肝心な時には何も動かない。 せめて努力くらいはしたらどうかと。

    秋田市長もそうだけど、昼行灯ばかり。 

  3. きりたんぽ より:

    ブルーインパルスの事は他県でも同じようです。
    元・共産党の筆坂氏が話していましたが、どこかのお城(姫路城!?)のある観光地で、
    行事を含んだものがあったようで、そこでブルーインパルスが飛んで許せないとか
    共産党議員が怒っていたと・・・・・(笑) 
    お城は戦のためにも作ったものですからね。日本全国で同じことをやっているのでしょうね。

    さらにこの間の大阪都構想の府民投票では反対することを推進するために与野党が演説したりしていましたが、自民党と共産党がタッグを組んで反対運動していましたからね(笑)

    本当にアホらしいものです。

    またまたさらに、日本共産党は憲法が完成した当時は反対していましたからね唯一。
    アメリカが作った憲法は許せない・・・・・ 主にアメリカが合法化させてくれた日本共産党は、自分をこしらえてくれた親が許せないというわけでしたが、
    現在は「憲法を守ろう!!」「憲法改正反対!!」ですからね。

    そして日本共産党は昔からブレないと言っています(笑)

    すみません・・・・・内容がとてつもなく大きくブレてしまいました。

    春の高校野球が始まり東北大会出場の秋田県代表が決まり、そして東北六魂祭に繋がる熱い日和だと思います、たくさんのマネーが飛び交い経済が回るように願っています。

    • argusakita より:

      日本共産党は昔はある意味スジが通っている時代もありましたが今はもう何というかイデオロギーもなーんにも無い民主党、社民党とともに単なる反政府サークルのような印象ですね。
      赤旗という集金システムやゴネ得を狙うため資金力は凄いものなのでしょうが、左翼とも呼べないような骨董品でしょう。
      支持者の中心がすっかり年寄り中心でしょうし、まとめてどこかにパージして欲しいものです。

      • きりたんぽ より:

        今年の3月の産経新聞の記事で、秋田県共産党が東北六魂祭でブルーインパルスの飛行の中止を秋田市議会で求めていたんですね。

        予算審議会の中で全く関係のないことをこの秋田県アホ共産党は出してきて質疑が中断したそうです。

        この影響も含めて秋田県で燃料が補給できずにブルーインパルスの演技種目が減ったわけですから、もちろん当たり前ですがこの秋田県共産党員・共産党に票を入れた方は「東北六魂祭」には参加せずに家に閉じこもり夢想でもしておいて下さい。

        ブログ主様の紹介URLからのリンクでありました。
        こちらです

        http://www.sankei.com/region/news/150311/rgn1503110048-n1.html

      • 茹で蛙 より:

        その共産党の議員は先般の市議会選挙で当然のごとく落選でした。
        良識ある秋田市民がまだまだ少なくないことがせめてもの救いです。

        六魂祭、ニュースでPRに穂積市長がしょっちゅう出てきますが、ホント、こういうときくらいしか顔見せない昼行灯です。
        なにかはしゃいで馬鹿みたいだと映るなぁ。

  4. きりたんぽ より:

    落選したのですか、知りませんでした。
    しっかり良識ある方もまだまだ多いのですね!
    ありがとうございます。

  5. blogファンその1 より:

    東北六魂祭

    特許情報プラットホームで商標検索してみました。
    https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopSearchPage.action#

    商標登録第5654489号
    出願日 平成24年(2012)2月1日 ←震災から1年も経っていない!
    登録日 平成26年(2014)3月7日
    権利者 氏名又は名称 株式会社電通

    TVのCMも頻繁だし、何がどうなのかわかりますよね。

    • argusakita より:

      やっぱり電通ですか・・・。
      秋田は博報堂の縄張りですから、そりゃ気合入るでしょう(^^)。
      金の臭いのするところには、電通、創価、ヤクザですってば(^^)。災害なんぞ何のその。政治家はその後続部隊。

      商標登録で思い出しましたが、その検索ページで あきたこまち を検索してみてください。コメで登録しているのは、
      秋田県大館産\あきたこまち(あきた北農業協同組合)
      だけで、他の4つは・・・。
      株式会社まつもとの指定商品の….耳栓だの業務用テレビゲーム機だのウエットスーツだのには笑っちゃいますね。

      支那であきたこまちや青森りんごが商標登録されて・・・といった話題が出ますが、身近に似たような便乗は一杯あるのです。

  6. きりたんぽ より:

    車がないと生活できない地域で、メインになる中央区域を含めて八橋運動公園などでも駐車場がないのは
    本当に理解できない自治体だなと改めて感じますね。

    かといって電車のインフラもなく、昔から高校野球など高校総体などでも利用しますが駐車場がなく脆弱なインフラを改正しようとも思わない歪んだ政策に疑問に思わずにこれからも県民は従って生きていくのでしょうか。

    郊外の工業団地など確保された駐車場からメイン会場までかなり歩いて行かれる方は途中で熱中症にならないように気をつけましょう。

    暑い中ですから会場に着いたころには魂の抜け殻のような状態になるかと思いますが、水分補給は欠かさずにしましょう。

    六魂祭の開催スタイルは最低限の電車のインフラが整っている都心では成り立ちますが、車が必須の自治体で駐車場がなく、交通インフラが一切ない真ん中の場所で行事をしてきた、これからもするのでしょう、客観的にものが見えない・人間が見えない者たちが軸になってしまっているわけですから、当然ですが客観的に商いをするサービス業・観光を含めたものなども発達しないことに比例しているのは十分に理解できます。

    秋田県は政治がなかったのですね。

コメントは受け付けていません。