現代戦の認識が共通でないから神学論争になる?

時々こちらの各国のニュースで流れるウクライナ東部の戦闘の映像は、どこか無意味に走り回る戦車や装甲車、物陰から特に標的を狙っているわけでもなさそうにアサルトライフルを散発的に撃つ兵士のようなものばかりで、昔の映画を見ているようで軍事オタクではない筆者でも少々違和感がある。
現在の各国の持つ強力な兵器の能力を考えた場合、こんな白兵戦のような小競り合いが本格的な武力衝突ではないと思えるからだ。
ディスカバリーチャネルのフューチャーウェポンを見たりするとますますそんな印象がある。バンカーバスターの新しいBLUをクラスターにしたものはこんな感じだ。

戦術核を持ち出すまでもなく現代の兵器はミサイル等の『飛び道具』が圧倒的で、その破壊力は一瞬で強力に広範囲に及ぶものや目視など不可能な遠距離からの攻撃が主であり、局所的な勝敗は一瞬で決まるだろう。
無論、そういった決定的な『飛び道具』が襲ってこないように防衛してもらわないといけないのだが飽和攻撃となれば防衛もなかなか困難だろう。イスラエルのアイアンドームが日本にも欲しい・・・かな?
湾岸戦争で見せられたビデオゲームのような(“死”が出てこない)無味乾燥な映像のようなものが現代の『武力衝突』や『戦争』で勝敗は比較的短時間で決まるものなのではないか? ISのような武装集団は前時代的な印象すらある。
歩兵が互いに小銃や榴弾で攻撃しながら弾が尽きて銃剣で戦うなどというのはあり得ず、陸上部隊は『飛び道具』の正確な誘導を行うためのいわば工作員的な役割だろう。(だから平時に日本人のようなフリをして紛れ込んだ支那人や朝鮮人が脅威なのだ)

もちろん、その攻撃によって多くの人命が失われ血が流れることには違いないだろうが、日本のドラマでよく出てくるような防空頭巾を被って爆撃による火災の中、傷ついた人々が逃げ惑い、あるいはバケツで消火するだの、防空壕に隠れて・・・といったことはもはやあり得ない気がしてならない。あるいは生物化学兵器で静かに人間だけが・・・というのも現代戦かもしれない。(最近、シリアで使われた化学兵器がフランスから輸出されたことが暴露され問題化している。さらにナチスがガス室で使ったチクロンBも大半がフランスからのものだったことも明らかにされ話題になっている)
日本でよく言われるような第二次大戦時の『戦争の悲惨さ』を語るような『場面』がおそらく起きようがないと思えて仕方がない。語る人間が生き残る可能性など皆無に近いのが現代戦で、その意味で年寄り達の過去の戦争体験は一層リアリティが無く、生き延びるための手段や方法など何の役にも立たない事は明らかではないか。

安保法制論議がどこか神学論争めいて見えるのは反対する年寄りや左翼が現代戦の実態から乖離した『防空頭巾TVドラマ感』から抜け出していないからで、議論を眺める国民から見ればそれらに基づいた情緒論が何とも嘘臭く見えるからではないのか?
沖縄での悲惨な歴史があったとしても、あのような(攻撃する側から見た場合の)非効率な陸上での戦闘はあり得ないし、大勢の自衛官が白兵戦で戦うこともリアリティが無い。
鉄砲が伝来した後に、騎馬隊主体の信玄が信長に長篠の戦いで惨敗したが、新兵器・戦闘法を知った信長が安保法制を進める自民党、反対する野党や腐れ左翼が旧態然とした騎馬隊や槍による戦闘法しか知らない信玄側にアナロジーするとわかりやすい。議論がかみ合わないのは当然だ。

筆者は正直に言えば根っこの部分では反米な感情を持つが、国防に関してはアメリカとのより明確な軍事同盟と集団的自衛権行使を含めた集団安全保障体制を築くことは必要だと思うし、それによって『アメリカを軍事的な敵に回さない』ことは『勝てそうにない敵を一つ除外できる』ことだと考える。かつて日本がレンドリース法で見せ付けられた圧倒的な物量から見てアメリカに勝つことは日本を含めて地球上のどの国も不可能。そのアメリカをとりあえず『敵国』から除外しておくのは賢明なことだ。(最終的な腹づもりはどうあれ)
その除外する国が豪州、インドと増えていけば戦うかもしれない相手が絞られ、最後はそこも除外できれば現実の戦争は回避できるはずである。
余談だが、支那の核兵器は実は整備も更新もされていず使い物にならないため、初期の沿岸部からのミサイル攻撃を何とか凌げば空と海の戦いでは日本は負けないという見方もあるそうだ。数にモノ言わせるしか能の無い人民解放軍がワサワサ海を泳いで来るわけはないのだから日本での陸上戦は考えにくいことは確かだ。

スイスのような武装中立は『どこの国とも戦うことを排除しない』という意思表示で、予算がある限り武装を強化する必要があり経済的とも思えない。
圧倒的な破壊力の現代戦の実態を知り、敵になる可能性を除外していくためにまずはアメリカから始める明確な集団安全保障体制の構築こそ戦争をしない国(できない国はどう見ても拙い)を作る事であり、それこそ、
『奥さん、お得ですよ!』
なのではないか?

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 迷惑な隣国, 国際・政治, 海外 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

現代戦の認識が共通でないから神学論争になる? への4件のフィードバック

  1. blogファンその1 より:

    今日の魁。リンク切れが早いから全文引用。

    佐竹知事「安保法案、通すべき」 今国会成立望む発言

     佐竹敬久秋田県知事は5日、国会で審議中の安全保障関連法案について、「さまざまな抵抗はあるが、通すべきだと思っている」と述べ、今国会での成立が望ましいとの考えを示した。

     秋田市で開かれた冨樫博之衆院議員(自民、秋田1区)の政治資金パーティーであいさつ。法案が成立した場合の反応について、「大きな決定をした後は、必ずそれに対する反動がある。来年夏の参院選は自民党にとって逆風になることも考えられるが、乗り越えてほしい」と述べた。

    ——-ここまで

    自民党のパーティでのリップサービスとはいえ殿にしては珍しく明確に意見を言ったものです。
    Argusさんが『左巻きに弱い』とか書くから(笑)。
    某県職員によれば毎朝複数人がこのblogをチェックしているそうです。

    • argusakita より:

      当たり前のことだと思いますよ。
      メディア見ていて、安保法制の11本について書いているところが一つも無いのには驚き。
      ニュースや解説番組で特集でもありましたか?

      独立して審議対象の1本は新法の国際平和支援法案。
      一括審議対象(改正法案)の10本は、

      ・武力攻撃事態法改正案
      ・重要影響事態法案(周辺事態法から周辺の概念をなくし世界のどこへでも行けるように)
      ・国連平和維持活動(PKO)協力法改正案
      ・自衛隊法改正案
      ・船舶検査法改正案
      ・米軍等行動円滑化法案(米軍以外にも適用できるように)
      ・海上輸送規制法改正案
      ・捕虜取り扱い法改正案
      ・特定公共施設利用法改正案
      ・国家安全保障会議(NSC)設置法改正案

      早く通さないと、自衛官引いては日本国が笑いものになる日々がまだ続く。

  2. blogファンその1 より:

    またも魁から

    安保法案発言、知事「撤回しない」 6月県議会総括審査

     6月秋田県議会は7日、予算特別委員会の総括審査を行った。佐竹敬久知事が安全保障関連法案を今国会で「通すべき」と発言したことに対し、県議から批判が相次いだ。佐竹知事は「安保情勢が変化する中、一定の方向性を出すべきだ」と述べ、発言を撤回しない考えを示した。

     委員会で加賀屋千鶴子氏(共産)は「集団的自衛権の行使は憲法に反する。『通すべき』との発言は撤回すべきだ」と主張。沼谷純氏(民主・無所属)は「知事はこれまで、安保法案に関し議論の徹底を求める趣旨の答弁をしていた。今回の発言は矛盾するのではないか」とただした。加藤麻里氏(社民)は「太平洋戦争で土崎空襲の被害を受けた秋田の県民として発言は容認できない」と述べた。

     佐竹知事は「日本の防衛は転換点にきているが、安倍政権の考える集団的自衛権の行使例が全て適切とも思っていない。与野党が徹底的に議論した上で、強行採決に持ち込むことなく方向性を出してほしい」と述べ、「発言は自分の心情の問題であり、撤回はしない」とした。
     
    —–ここまで

    心情の問題? 意味不明

  3. きりたんぽ より:

    野党はここぞということで攻めていますね、さらにベトナム戦争ですでに沖縄の基地などを提供していて、すでに集団自衛権は行使したことがあるということを議論にはなったことはあるのでしょうか。

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中