土用丑の日、日本食を考えよう(あまり世界に広めるな!)

土用丑の日、言わずと知れた鰻の日(鰻にとっては受難日か)だが、今年は土用丑の日は8/5、10/28とまだ2回あるので8/5にでもどこかに行こうと家内と口約束している。
子供の頃は蒲焼や鰻重は甘くて好きだったが、20代にイギリス、ドイツでヨーロッパウナギの決して美味いとは言えないパイだの煮込みだのを何度も食ったせいか今はさほど蒲焼や鰻重に拘る事はなく、むしろ白焼きをわさびで食べたり家内の好きなひつまぶし(&茶漬け)のほうが嬉しい。
しかし、この時期、バレンタインやホワイトデーのように鰻のマーケティングに成功した日本のある意味『国民的習慣』のようになっている土用丑の日を見ると、日本人ってのは商売に繋げてうまいこと考えるもんだなと本当に感心する。

1980年代前半、新入社員だった頃、渋谷の今は無き東急プラザの後ろあたりの雑多な飲み屋があったところで鰻の頭だけを串に3個くらい刺して焼いて甘いタレで出してくれる店があり(頭だけで身のほうはメニューに無かった)、あれはいい肴だった記憶がある。
そのうちたまに鰻重を食べられるような給料をもらうようになり、店の選択肢も増えて・・・などと考えると、庶民的な店から滅茶苦茶高級な鰻の店もあることから、案外鰻は日本人にとって何かのステータスあるいはその時々のインデックスなのかもしれない。

昔よく行っていた小さな料理屋の親父がおもしろい人で、何か注文するとそれが食べたくなくなるような話をして笑わせてくれた。
『シャコ、いいの沢山入ったよ。羽田沖だけどね』
その日は例の羽田で逆噴射機長がJAL機を墜落させ死傷者が多勢海に投げ出された事件の少し後だった。
鰻では、
『この前、あるお医者さんが来て鰻の話しになって・・・』
『そのお医者さんがある水死体の検視に行った時、耳たぶのあたりが不自然にちぎれていて、死因とも無関係そうで見ていたら、あるベテランの警官が<あーこりゃウナギだな>と』
天然ウナギなのだそうだ。
ウナギは肉食で小魚や蛙など水生小動物を食べるらしい。意外に獰猛な性質らしく、獲物を寄ってたかって食い散らかすらしい。
ウナギを大きな池で養殖する絵はよくTVなどで見るが、その主人の話では養鰻池に人が落ちたら、まず助からないそうだ。ピラニアみたいな悪食な魚がウナギの本性らしい。また、
『ウナギの血って毒があってね・・・生で食べたら死ぬよ。熱通すと大丈夫だから。さあどうぞ』
といって蒲焼を出してくれたこともあった。
相当に口の悪い愛すべき親父である。(互いに生まれが江戸っ子なのでどこか通じるものがあるように筆者は感じている)

それにしても昨今は鰻の値段が上がりっぱなしで、また日本の『食』が狙われていると筆者は感じている。
確かに、日本人の食べているもの(まあ日本食)は全体的にトランス脂肪酸も少なく健康的という評価が広まり、海外では日本の食材に多くの人が注目している。日本食を好む人間が多くなれば、それは日本人の食材が減ることにもなる。さらに金持ち日本人に食材を高く売りつける、価格を吊り上げることは頻繁に行われているように思える。
資源保護の名目で日本の『食』にプレッシャーをかけることは商売上のメリットに繋がることはそろそろ日本人自身が気づいてもいいことなはずなのだが。
クジラ、クロマグロ、ウナギ、北洋サケ・マス・・・次はスペインやアフリカ沖のタコかなと筆者は予想している。
こういった問題は漁業資源に限らないだろう。農産物も同様だろう。

だから、最近強く思うのだが、

日本の『食』の紹介はほどほどに!

PS. 今日、某所で昼食を取っているとき近くのテーブルで、連れの外国人に『お箸の使い方お上手ですね』と言っている馬鹿日本人がいた。
本人は褒めているつもりだろうが、今や、先進国ではさほど知識階級でなくとも箸の使い方は普通になりつつある。このフレーズはもはや外国人を卑下するフレーズだと意識しなくちゃ。日本人だって今はフォークとナイフの使い方褒められても嬉しくないだろうに。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 食・レシピ, 国際・政治, 海外 タグ: , , , , , パーマリンク

土用丑の日、日本食を考えよう(あまり世界に広めるな!) への2件のフィードバック

  1. ウィーン大好き より:

    わーっ、気持ち悪い話聞いちゃった。

    初めまして。私はウナギのあの皮が気持ち悪くて苦手です。
    ニュースでは「うなぎ味のナマズ」だそうで、そこまでやらなくてもという感じ。
    でも確かに世界の食糧事情が逼迫してきたら日本人がこっそり食べていた美味しい物が手に入りにくくなるような気がしますね。

    どこかで見ましたが、昆虫をもっと食べようとか呼びかけている団体もあるとか。
    日本ではイナゴや蜂の子といった伝統的なものがあって、結構昔から先を行ってるんだなぁと思います。

    こちらのblogは食べ物の話は少ないですが、しょっちゅう見ています。
    知らない話、よろしくお願いします。

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中