スギッチは分限処分を免れて一安心

どうしてこうなるのか・・・。

namahage-robo秋田わか杉国体のPRキャラを2004年から務め、2007年には県庁職員、2008年には主任と異例のスピード出世を果たし、言葉も発せず動きは少ないものの様々に浸透して県民からは大きな支持のあるスギッチに代わる新キャラ『なまはげロボ』の名前の公募をしているらしい。

未来から来た子供型ロボット・・・という設定の着ぐるみ(ロボットなのに?)だそうだ。

未来の秋田は人口減少、少子化で子供が少ないため『悪い子はいねがー』『泣ぐコはいねがー』と叫びながら現代の子供達を連れ去るのだな。しかし、桶と出刃包丁は持っていないので、言葉巧みに連れ去るのだろう。
秋田の子供たちよ、『い・か・の・お・す・し』(警視庁)だぞ!

秋田公立美大の教授のデザインだそうだが、なんかカラフルな『うなぎいぬ』がズラ被ったみたいだな。目が離れていて、カワイイのかな、これ。

10年以上経ってスギッチ・グッズの販売も飽和状態で新機軸の必要性といった大人の事情はわからないでもないが、ゆるキャラももう下火の印象のある今、こういったキャラはPRのためにどうしても必要なものなのか?
殿様が毎日チョン髷つけて裃でも着て執務にあたったほうがよほど注目浴びて県庁も明るくなり、県のPRになりそうな気がするが。

秋田県には五輪エンブレム問題とは次元の違うシリアスな問題がありそうだ。
いずれにせよ、スギッチ主任(課長だったかな?)の分限処分は免れたようで良かった良かった。スギッチがますます県民に愛され樹齢を重ねることを祈念。

どうせ予算無駄遣いするなら、もうちょっとマシなものに・・・。お願いしますよぉと。

result-voting-20150911
(アンケート結果 2015/9/3~9/11 圧倒的になし!)

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 県政・市政・議会 タグ: , , , パーマリンク

スギッチは分限処分を免れて一安心 への17件のフィードバック

  1. 呆れ顔 より:

    秋田県も大きな釣り針を投げ込んだものです。

    >近未来から秋田をPRするためにやってきた

    ということは、近未来では秋田は知名度も何もなく大変なことになっているので今からPRするぞということですな。
    これも地方創生の一環ですか? アホらし。

    なし です(・`ω・´)キリッ

  2. ブルーベリー より:

    キムッチ 「ガガガ・・・秋田県はどうやっても消滅するのでムリ」

    とか真実を伝えそうで怖い。

    • argusakita より:

      県は消滅しても秋田が消滅しないように、
      『経済成長しない秋田で地域やヒトがどう発展するか』
      をテーマにあれこれ考えていて、そのうちドーンと大量の落書きUPします(^^)。

  3. blogファンその1 より:

    誰もおかしいと思わないのかなと思っていましたが、さすが管理人殿。
    やっぱり、圧倒的に「なし」の意見。
    どうするんでしょうね。

    “一部に反対の声もあるが・・・” が役人的対応でしょうけど。

    アタマおかしいでしょ、県庁。
    知事も少しは普通の感覚で行動して欲しいです。

    • argusakita より:

      やっぱり、むむ!っと思っている人が多そうでどこかホッと。(小心者なので(^^))

      最近この落書きblog読んだらしい人からは何でもかんでもいちゃもん付けてると思われているらしいですが、ずーっと前から駄文を見ている人はそうじゃないことをわかってくれているらしいのでまあいいかと。所詮落書き・備忘録なので。気が付いたらもう5年近くなります。

      普通じゃおもしろくないという感覚ももちろんわかるのですが、少なくとも行政にその感覚は不要だろうと。
      法的根拠があること”だけ”粛々とやってくれというのが納税者・住民感覚かと。
      全く無いでしょ、『なまはげロボ』には。

  4. Cerberus より:

    そう遅くない未来に、またスギッチ先輩に助けられそうだなというのは気のせいでしょうか。
    安心してください、緑色の方ですよ。

    折しもS野るという語が列島を駆け抜けたときキャラクター発表を見たせいか、何かが混じってるようにしか見えなくなり、赤いマスクから、吉田@鷹の爪団、を思いだしました。
    そのうちスポンサーがお金出してくれないから出てこれないとか、スポンサーについてくださいとか、キャラクターが言いださないよう祈ります。テロップくらいは流れるかもしれませんが、それはデザインではなくアイデアのリスペクトだからOKということで。
    いや。大丈夫ですね、こちらのスポンサー様は優先的になまはげロボにお金出してくれますね。県民のことよりもキャラクターづくりや身内受けイベントが命なスポンサー様。

    キャラクター設定が端から破綻してるのも皮肉なものです。
    非公認からインディーズデビューした梨っぽい妖精の方が無難に逃げ道つくれましたね。
    何でもかんでも「妖精のせい」にしてしまえば設定の不十分さは逃げられたものを、、、
    (それをいうなら「妖怪のせい」でしたか。子どもらの間では妖怪も既に飽きられていますが)

    ロボが老朽化してきたら油さすんでしょう。いや。油よりも、中の人は酒がいいでしょうか。
    ナマハゲが大酒飲んで粗相、、、(昔どこかで)
    ロボには成長せず永遠の子どもでいてもらって、酒イベントはお子様は出入り禁止にしてもらわないと、地域の大人としては心配ですね。

    御殿には、ゆるキャラがオワゲーだと囁いてくれるブレーンはいなかったのでしょうか。
    そこがまず、ゆるい。設定もゆるい。
    ナマハゲは元祖もヒーローも可愛いキャラクターももう市井に出尽くしていたのに、ゆるゆるの設定引っさげ今回ナマハゲもかぶせてきたことにお腹いっぱい。
    ナマハゲ×子ども×ロボ×ゆるキャラ=盛りすぎの絵、設定が迷走
    こういう出会いでなければ可愛いと思えたかもしれないなまはげロボ、、、
    親がプランをしっかりしていないと子どもは苦労しますね。
    産むだけなら犬でもできるとか、失言を日本か秋田かどこかで聞いたような、、、(秋田は犬にも助けられてる)
    秋田県民は永遠に安心しないでください、ということでしょうか。

  5. ダメ出し より:

    県庁の観光関連の部署は物忘れの激しい連中ばかりなんです。
    さらになまはげにこだわる相当にしつこい馬鹿もいるんです。

    たった3年くらい前には、
    秋田県観光キャンペーンPRキャラの ちびっコなまはげ「がおた」
    男鹿しょっつる焼きそばPRキャラの 「おが丸」
    がいました。

    秋田弁ラジオ体操がちょっと流行ったからこのなまはげロボにも
    秋田弁を使わせようとしているらしいですが、殿さま知事だけで
    十分です、ズーズー弁は。

    ※画像はネットで適当に検索してみてください。

    • 事情通2 より:

      それを言うならこれも挙げないと。

      スポーツ立県応援キャラクター スパッキー
      http://www.akitaikyo.or.jp/news/cat296/post_48.html

      ホント、なまはげ依存が強すぎてどうかしてる。あれは男鹿のものであって男鹿市が大事にするならまだわかるけど、秋田県全体のもので語られると県外で困るんだなぁ。
      まあ、4千万も税金横領しても(されても)気づかれない男鹿市だから緩いのは皆知っているけど、その男鹿のキャラ使わなくても、ね。

  6. argusakita より:

    なるほど。確かになまはげにこだわっている人たちがいそうですね。

    ちなみに、スギッチの軽めの似たようなのもいるんですよ。
    埼玉県の杉戸町の すぎぴょん

    こういう追い上げもあってスギッチの存在が危なくなったのかも。
    まだあまりゆるキャラが無かったころスギッチは何かの大会(テレ東だったかな?)で優勝したような記憶がありますが・・・。

    テレ東といえば、東京にいる愚息にSkypeで聞いた話では、強烈な雨、災害の中で他局が救出のLiveをやっているときにテレ東は『安定の』映画だったそうで(^^)。

    日本は本当に『災害のデパート』ですね。
    被災者の方々にはお見舞い申し上げます。
    秋田はこれからだという話ですが、皆さま十分ご注意ください。

  7. 一納税者 より:

    あー、これホントに作っちゃったんですね。
    なまはげロボのゆるキャラ

    もう、佐竹のアホ県政では秋田はダメだ・・・。

    • argusakita より:

      >あー、これホントに作っちゃったんですね。

      同感。
      どの辺がロボットなんでしょうね。
      エネルギー源は当然日本酒なわけですか?

  8. 地元民 より:

    名前、決まりました。

    「んだッチ」
    そのうち、んだッチの女子版も出てきて、「んだッチワイフ」となるだろうと思われます。

    • argusakita より:

      マジですか・・・。
      一体、秋田はどうしちゃったのでしょう。

      • 「んだッチワイフ」・・・・・・。やっぱり空気人形っぽくなるのかな。口をぽっかり開けて。

        農産物売り込みのコピー「しこたまいいね!秋田産」も、そのうち都内の風俗店で秋田美人を集めてそのうち使われるかもと、変な妄想をしてしまいました。

        • argusakita より:

          南極型・・・とか。(^^)

          相変わらずキャッチコピーだらけですね。困ったものです。

  9. ばんそうこう より:

    「日本にあきたら秋田に け」「秋田花まるっ」「秋田びじょん」「スギッチ」「ナマハゲロボ」…こういうコトバひとつ、キャラひとつで何か変えようという安直さをまず変えないとどうにもなりませんね。日本のなかでわずかに光る秋田のよいものまで、これらキメのフレーズやキャラは殺しかねないものだと思います。創造や発展に結びつく要素は小さく、むしろ破壊力の方が大きいと思います。

コメントは受け付けていません。