ファストフードのランキング ~抗生剤使用程度~

アメリカというのは実におもしろいというか滑稽な国で、ワイワイ騒ぐ割には現実・実態はその騒ぎと180度反対みたいなものがやたら多い。
例えば食べ物の遺伝子組み換え作物(GMC)や糖分、トランス脂肪酸など次々に体に悪そうなものをターゲットにして発表されたりするが、実際にアメリカに行くと不健康な肥満がやたら目につき、こいつら何考えているのだろうと・・・。
結局、低所得者層は健康などあまり考えられず価格だけで食べ物を選ばざるを得ないのかとも思うが、(病気でない限り)『食べなきゃ太らない』という真理を完全に無視している連中が多いのだろう。
高所得者の中にも肥満は結構いるが、高所得者の場合は健康的な自然食品など好きなものを好きなだけ食べて、その結果(肥満)をジムに通ってダイエットするというまさに過度な消費社会を象徴するような連中もいる。要するにアメリカ人は一般的にアホなんですな(^^)。

ただ、アメリカであれこれと発表される『体に良くないモノ』は日本では一般的に後追いのため参考にすべきものもあり、アメリカ人が『人柱』になってくれていると考えるとありがたいことではある。
そんなアメリカで、ファスフードに使用される肉類の抗生剤使用の程度についてランキングが発表された。

FOE_AntibioticsMedia_4
とはいうものの、これを発表したのはFriends of the Earthといういかにも『地球市民』左翼的臭いのする団体で、1969年のサンタバーバラ沖のタンカー事故による海洋汚染を機に作られた団体である。この団体は原発反対、GMC/GMO反対、遺伝子操作された蚊の放出反対、危険なナノ材料から消費者を保護(主に化粧品)などで活動しているようだ。ところが、今アメリカ(特にテキサス州)で訴訟も起きてきたシェールオイル掘削に伴う環境汚染(掘削地域で子供の喘息が増えていて、ある市では勝訴したが州政府が却下)問題などは知らんぷりと怪しげな団体ではある。まあ、よくある腐れ左翼のエコ団体や動物アイゴー団体と似たようなものだろう。

今回発表された肉類の抗生剤使用の程度については実際にそれぞれの商品を検査した科学的データに基づいたものではなく、各ファストフード店や飲食チェーン店の抗生剤使用状況や使用ポリシーについて、ウェブサイトに掲載された情報やメニューをチェックしたほか、電子メールや郵便で問い合わせるなどの方法で調査した結果だそうだ。
こんなのを日本で発表してもTVのCMスポンサーの関係でまずニュースでは取り上げてくれないだろう。

抗生剤を定期的に使うことなく育った家畜の肉を主に使用していると報告して『A』評価を獲得したのは、飲食チェーンのチポトレパネラブレッドの2社のみで、ダンキンドーナツとマクドナルドは『C』評価だった。
マクドナルドは鶏肉の抗生剤使用制限を打ち出して期限も明示している。一方、ダンキンドーナツは全食肉を網羅する方針を打ち出したものの期限は明示なしだそうだ。
それら以外は全部ランク『F』となかなか厳しい。
家畜、家禽に抗生剤を使うのは生育環境の密度を上げたり衛生状態維持を低廉にすることができる(結局は食肉の低価格)反面、それらを食べる人間側では抗生剤に耐性を持つ耐性菌の問題や腸内細菌の問題、副作用など問題が多く医者も最近は簡単に抗生剤を出したがらない。

腐肉を使ったナゲットなどで問題を起こした日本マクドナルドも最近は品質に力をいれているらしいが、Webなどを見てもアレルギー食品の表示やトランス脂肪酸についての表記はあるものの抗生剤については言及していない。
欧州ではGMC/GMOについては相当に厳しい対応をしているが、日本でもこれらのファストフード店は沢山あり『体に良くないモノ』は少なくとも育ち盛りの子供には与えないほうが良いのだろうが・・・。安くて便利だもんなぁ・・・。
ちょっとした警鐘として捉えておくべきではないだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 食・レシピ, 海外 タグ: , , , , , , , パーマリンク

ファストフードのランキング ~抗生剤使用程度~ への1件のフィードバック

  1. きりたんぽ より:

    日常食品にあらゆるものが混じりあっていますね。

    中国産の食品の怖さも増していますので気をつけないといけません。

    加工品に混入させたりしているので、輸入量は増えていながら見かけないものですね。

    現在はどのような統計が出ているのかわかりませんが、数年前には日本の乳幼児の死亡率が先進国でもトップクラスでした。

    原因は中国産のベビーフードで検査をしたら鉛が数十倍入っていたんですね。

    厚生労働省も隠していますので問い合わせても教えてくれないみたいです。

    残留農薬を検査する専門所は少ないながらありますが、当時は重金属や鉛などカドミウムは検査の対象に入っていないのでわかりませんでした。

    現在は本当に安心できるものが確実されているのでしょうか。

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中