欧州の皆さん、日本代表を応援しましょう ~ラグビーW杯~

あれこれスポーツをやってきて(10年以上続いたのが剣道と山登りくらい)、自分では絶対できないなと思うスポーツの一つがラグビー。あんなのは体がいくつあっても足りなさそうだ。
欧州を飛行機で移動しているとたまにラグビーのご一行をみかけるが、あの体の大きさとゲームのときのスピードはちょっとこの世のものとは思えない。それでいて、結構陽気なのが多そうな印象。ホントにデカい連中で、飛行機内のトイレには入らないのではないかとさえ思える。

思えば学生時代は同志社大(平尾や大八木がいた頃)が圧倒的に強かった頃で、ラガーマンは女子大生に滅茶苦茶モテて何故か上場企業にも人気があり就職時も相当に有利だったような気がする。我々一般の男子学生は結構応援に神宮にも行ったが妬み嫉みの嵐(^^)。
筆者にとっては完全に『見るスポーツ』のラグビーだが、このW杯がイングランドで開催されている。4年に一度のW杯だが世界的なイベントとしてはサッカーW杯、オリンピックに次ぐ大きなもの。


日本は1987年の第1回から毎回出場しているものの前回の第7回まで戦績は1勝2分21敗と大きく負け越していて残念ながら決勝トーナメントに残ったことはない。
ただ、今回は監督も外国人で選手も”元外国人”多数で体格、スピードもありそうで、世界ランク13位で臨むことからひょっとしたら決勝トーナメントに進むかも(否、進め!)・・・。次回2019年W杯は日本開催であることから相当に気合が入っているはずだ。頑張って欲しい。

ラグビーはルールも知らないし全く興味が無い人には、試合前のMaori War Cry(戦闘の雄叫び)だけでもおもしろいはず。
ニュージーランド・オールブラックスのハカ(Haka)は有名だが、それ以外にもトンガのシピタウ、サモアのシヴァタウ、フィジーのシンビがそれぞれユニーク。対戦相手が並んで黙って苦々しい表情で見ているのがなかなか。ニュージーランドvsトンガなどの互いに踊りがあるカードは最高です。

日本の試合やニュージーランドの試合はW杯のHPで確認を。
Skysportsでもほとんど中継が見られると思います。
日本はあと3時間余りで強豪南アフリカと対戦です。

頑張れ、ニッポン!!

PS.
ネットで見る場合は、http://www.wiz1.net/channel50

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: スポーツ, 海外 タグ: , , , , パーマリンク

欧州の皆さん、日本代表を応援しましょう ~ラグビーW杯~ への20件のフィードバック

  1. argusakita より:

    昔は秋田工業も強かったんだけどなぁ・・・昭和40年代は我母校も強かった・・・と爺さんの独り言

  2. argusakita より:

    対南ア 前半10-12
    うーん、世界を驚かせてくれぃ。

  3. 潟上の住人 より:

    凄い試合でした。何度も追いついてもすぐ勝ち越され、最後は時間ギリギリで同点狙いではなく勝ちを狙いにいった日本。気合入ってます。
    ハカが見れるニュージーランド、トンガ、サモア、フィジーのカードはリーグ戦ではそれぞれが出るカード(Pool A,B,C)はもちろんですが、
    Pool Cのニュージーランドvsトンガ(10月10日 4:00JST)
    は試合前の両方のハカが見れますね。
    しかーし、NHKのBSでも日テレでも中継なし。残念。
    南ア戦劇的勝利で「にわか」が増えると思いますがね~。
    とりあえずは、
    Pool Bの日本vsサモア(10月3日 22:30JST) 日テレはLive、BSは録画

    秋田でもラグビーは人気がありますが高校では少子化の影響でしょうか選手層が薄くなって昔みたいな全国レベルというのはもう無理かも。

    YouTubeで見つけたサモアvsトンガ

    • argusakita より:

      そういえば、ニュージーランドは国旗が変わるんでしたね。年末頃に国民投票で4つから選ぶらしいですが、あのオージーと間違いやすい国旗でW杯に出るのもこれが最後ですね。
      白黒でシダの葉のデザインが選ばれたら国そのものがオールブラックスになりそうです。

      ところで、日本のニュース記事でみかけませんが例の五輪エンブレムはどうなるのでしょう?
      これからエンブレムだけじゃなくマスコット(着ぐるみ)も出てくるのでしょうが、何か嫌な予感がします。
      ふなっしーでいいじゃないかと・・・。冗談ですが。

  4. blogファンその1 より:

    日テレの録画放送見ましたよ….と。
    結果がわかっていたものの、先制、同点、逆転、同点、最後の30秒で逆転はマジで興奮しました。8万人余りの観客の興奮度も凄かったです。
    サッカー、レスリング、相撲、柔道を足したような、それでいて100kg近い大男の軽やかなステップは信じがたい。
    イケメン五郎丸のあの忍者のドロンがすぐに流行りそう。

    ただ、日本チームの「外国人度」が高く、日本チームの動きについて解説の人も思わず「日本人にはこれが難しい」(国籍取ったんだから日本人でしょ)にはちょっと苦笑でした。
    最近は野球、陸上などハーフや帰化人も多くなって、いよいよ日本も国際化だなと改めて感じました。

    • argusakita より:

      >イケメン五郎丸のあの忍者のドロンがすぐに流行りそう。

      あれは精神集中のためにいつも同じことをするというイチローの袖をつまむのと同じらしいです。
      一説にはイングランドで去年引退したジョニー・ウィルキンソン(ベッカム並の人気者)を真似ているという話もありますが、五郎丸のように人差し指を立てないので、五郎丸のドロンは独自のスタイルでしょうね。

      外国人の話ですが、ラグビーの場合、国籍は必須条件じゃなくて3年(だったかな)住んでいたらその国の代表になれます。
      これは世界中同じ条件で、人種が違うから日本チームが目立つだけで、他の国も一杯外国人がいるはずです。

      しかし、本当にシビレるゲームでした。

  5. きりたんぽ より:

    録画放送で観ることが出来ました。最後の勝つための戦略の選択にはこちらも燃えましたね。

    24年ぶりのワールドカップ勝利で大快挙であり、伝説のラガーでありながらバンカー(当時・住友銀行ロンドン支店)でもある・故 宿沢 広朗 監督以来の快挙ですね。登山中に55歳の若さで急死してしまいましたが、次期の三井住友銀行の頭取を西川氏から任されていました。

    ラグビー協会の理事でしたが森 喜朗に邪魔をされて辞任させられる結末になってしまいましたが、この勝利はきっと喜んでいることでしょう。

  6. Momoko より:

    こんにちは。移民についてのポストにコメントしたものです。
    南ア戦すごかったですね。私はネットで進行を追っていただけでしたが勝利を知ったときは自然に涙が出てきました。
    イギリス人の旦那はそれほどスポーツマニアではないのですが(サッカー大嫌い!というマイノリティ。)ラグビーはそこそこ好きだそうです・・・フットボールのあのラフな感じが苦手だそうで・・・。

    誇張でもなく #JPN などでTwitterで検索すると本当にいろいろな国の人が「日本すごい。」とつぶやいていてああ、それほどの勝利だったのだなーと驚きました。

    ラグビー代表の国籍問題については日本代表GMの岩渕さんが大会前にこんな記事を書いていました。
    違和感を持つ人への良い回答になっていると思います。
    「たしかに結果が伴わなくとも、善戦したということで一時的に前向きな反応が得られるケースはあるでしょう。しかし真に脚光を浴び、世間から評価されるのはやはり勝者です。」
    「結果を度外視して選手の国籍にこだわるような姿勢は、世界のスタンダードから見れば、勝利の可能性を高めるための努力をしていないとも受け取られかねません。」
    「 日本代表でプレーする道を選んだ外国籍の選手や帰化をした選手は、日本代表にすべてを賭けています。そこに国籍は関係ありません。」
    http://number.bunshun.jp/articles/-/824122

    にしても日本はトップにはなかなかならないけどあらゆるスポーツの国際大会に顔を出してくるので基本的なスポーツ環境というものが整っているのだなーと感心します(もちろん資金難とか問題は山積みでしょうけど)。
    きょうはスコットランド戦なのでパブにでも行って観ようかなーーなんて思ってますけどうーん、どうしようかな・・・。

    • argusakita より:

      BBCのスポーツ欄でラグビーW杯の歴史上TOP6のサプライズのトップに先日の日本勝利がランキング。スコットランドは最初のゲームで、まだまだ余裕だそうです。
      スコットランド戦、記録を見たら2004年は100-8、2013年は42-17と圧倒的に負けていますが、今日はきっと侍たちがジョン・ブルの太鼓腹をへこましてくれるでしょう!

      >にしても日本はトップにはなかなかならないけどあらゆるスポーツの国際大会に顔を出してくる

      本当にそうです。さすがに英連邦諸国で人気のポロやクリケット、大陸で人気のある自転車、ラリーを含めたモータースポーツといったものは日本ではメジャーとは言えないかもしれませんが宗家とも言うべき競技がいくつもありますから海外で日の丸を見つけると嬉しいです。
      人口が1億以上いるのですから、もう少し各競技の選手層が厚くてもいいのですが、やはり体格がものを言う競技はどうにも。

      日本でも日テレがLiveのようです。

  7. argusakita より:

    スコットランド戦
    早くもトライで逆転!
    これ、本当に日本チームなのか!?(^^)

    1st 35分 クッソー、パイルアップかい・・・
      脅威の守りで前半終了。後半に期待。スクラムで負けていないのが凄い。

    2nd Mafi大丈夫か?
      現在、Williamhillのブックメーカーのオッズでスコットランド81倍、日本は151倍、サモアは251倍。優勝候補のキウイは2.2倍、イングランドは5.5倍、南アフリカは9倍
      48分 トライ 17-10 頑張れ Brave blossoms!
      56分 トライ 24-10 
      63分 トライ 31-10
    あくまでトライを狙いに行くのは凄いんだがなぁ。ちょっとミスが響く。
      68分 トライ 38-10 厳しい。
      73分 トライ 45-10 ちょっと時間的に7点差以内も厳しいか・・・。
      77分 よし、最後トライ取れぇ!
      80分過ぎ 日本アドバンテージで・・・トライか? TMO・・・ノーサイド

    3日のサモア戦に期待。オッズは今日の敗戦で251倍とサモアと同率に後退。

    Australia vs Fijiのゲームは、http://wiz1.net/channel12

  8. argusakita より:

    さあ、次は絶対負けられないゲームだ。
    シヴァタウ(サモア版のハカ)、チームの愛称はマヌ・サモア(サモアの獣)

    日本vsサモア戦に続く、南アvsスコットランド戦も期待。

  9. argusakita より:

    日本、快挙、快挙!! 26-5 勝利

    続く、南アvsスコットランドは、
    18:00 10-0で南アがリード
    うーん、本気出してるなぁ・・・
    30:00 13-3で南ア リード変わらず。スプリングボクスは日本戦とは見違える動き。
    38:00 南ア トライとコンバージョンで20-3と差を広げる
    ハーフタイム
    このまま、南アが勝つと、日本が決勝Tに進むには、10日にサモアがスコットランドに勝ち、かつ11日に日本がアメリカに勝つことが条件になる。厳しいか・・・。
    46:00 20-6
    48:00 スコットランド、トライ、コンバージョンで 20-13
    51:00 ドロップゴールで23-13
    60:00 ペナルティキックで23-16、よしあと1トライだ。頑張れスコットランド! と思ったらペナルティキックで26-16
    64:00 スコットランドが5人目の選手交代
    65:00 スコットランドが6人目の選手交代
    68:00 ペナルティキックで29-16 きびしー。スコットランドが7人目の選手交代
    73:00 南ア、トライ で34-16
    ホイッスル、ゲーム終了

  10. argusakita より:

    南アvsアメリカ
    http://wiziwig.ru/rugby/watch-975467-south-africa-vs-usa

    前半
    00:20 7-0で南アがリード
    アメリカはモールもスクラムも負けている感じだ。22mラインあたりですぐに諦めムードになる。これは南アの圧勝かな。
    00:27 14-0 認定トライとコンバージョン

    HTで寝落ちしてしまい、気付いたら47-0
    結局64-0で南アの圧勝。

    10日のスコットランドvsサモアでスコットランドが勝つと日本はアメリカとの11日の最終戦の結果に関わらず決勝Tには残念ながら進めない。
    サモアには是非頑張って欲しい。

  11. argusakita より:

    サモアvsスコットランド
    サモア、頑張れ!
    http://wiziwig.ru/rugby/watch-976716-samoa-vs-scotland

    開始早々荒れ気味 トライの応酬
    00:14 15-10 サモア リード
    00:19 15-13 スコットランド
    00:21 20-13 サモア トライ、コンバージョン失敗
    00:25 20-16 スコットランド、ペナルティキック
    00:28 スコットランド Yellow Card、sin-bin
    00:29 23-16 サモア ペナルティキック
    00:31 23-23 スコットランド トライ&コンバージョン 追いついてしまった。
           ここまでトライ数3-2
    00:35 23-23 サモア TMOでトライならず
    00:38 26-23 サモア ペナルティキック
    前半終了
    後半開始
    00:50 26-26 スコットランド、ペナルティキック
    00:53 26-29 スコットランド、ペナルティキック、逆転されちまった
    00:62 スコットランド、ペナルティキック失敗 2本連続失敗
    00:72 スコットランド トライか? TMO、ノートライ
    00:74 26-36 スコットランド トライ&コンバージョン
    00:77 33-36 サモア トライ&コンバージョン
    終了、残念。
    日本は最終戦を待たず決勝T進出は無し。しかし、アメリカ戦は勝ってくれるだろう。

    明日は、F1 ソチGP
    こっちに来ると観るものが多くて困る(^^)

     

  12. argusakita より:

    日本、アメリカに28-18で勝利。
    決勝Tには惜しくも行けなかったが、歴史的な3勝。頑張った!

    次回2019年は日本開催。

  13. argusakita より:

    決勝はさすがのオールブラックスでした。
    準決勝のアルゼンチンは密かに優勝の期待をしていたが元気がなく少々がっかり。
     
    賭けをしていた、カンタス航空とニュージーランド航空はさすがに機体を真っ黒にするのはできないらしく、カンタス航空のクルーがオールブラックスのユニフォームを着ることに。
    https://twitter.com/search?f=images&vertical=default&q=flyairnz&src=typd

  14. argusakita より:

    All Blacksは真っ黒なAir NZ(本当に塗ったんだ!)で凱旋帰国。
    空港スタッフがHakaで出迎え。

    • blogファンその1 より:

      さすがですね、ニュージーランド。
      ラグビーW杯は期間が長くて試合が待ち遠しかったのですが私も含めてラグビーファンが相当増えたんじゃないでしょうか。飽きやすい日本人なのでいつまでもつのかわかりませんが、ラグビーのW杯見てからサッカーの試合を見ると選手がヤケにひ弱そうに見えておかしかった。
      でも、あの体格とパワーは誰でもできるというわけでは無さそうで日本で競技人口が劇的に増えるとは思えませんね。

      空港スタッフのハカも楽しい。日本でこんなことやったら、安全がどうのとか頭の固い連中が煩そうです。
      ユーモアというかスポーツの別の楽しみ方を見習いたいものです。

      • argusakita より:

        空港で乗客を楽しませるなんてのは結構いろんな空港であるのです。
        今年の5月4日にはエールフランスがマーシャラーにこんなことさせています。
         

         
        (この画像はPhotoshopらしいですが・・・)
         
        秋田空港もチャーター機が到着したときくらいは、マーシャラーになまはげの格好してもらって、ライトスティック代わりに大きな光る包丁なんてのでおもてなししたらいいですよね。機内からカメラ映像で到着ギリギリまで乗客は見られるはずだし。
        そりゃあ盛り上がりますよ、きっと。

コメントは受け付けていません。