いつかは武力衝突する国

支那で日本人が2人拘束されていることが明らかになった。支那の環球網によれば2人は今年の5月遼寧省と浙江省で逮捕されたとあるが、日本から支那に到着した後逮捕されたとなっている。容疑は国家保安法によるスパイ容疑だそうで、最高刑は死刑である。
またいつものように、日本政府は知っていて公表しなかったのか。もし知らなかったのなら相変わらずのインテリジェンスとどちらに転んでも叩かれるだろう。

このニュースの出所が朝日新聞であり、産経などは”日中関係筋”となっているが日本側のスクープに支那の外務省が反応した格好で、こういうのはいわゆる特定秘密ではないのか?

タイミング良くか悪くか、
中国サンゴ船を拿捕、長崎・五島沖
などという事件も起きたが、船長を逮捕したものの担保金の支払いを保証する書面が提出され、同日釈放したそうだ。
担保金とは保釈金に相当するものだろうが、万が一捕まってもそれを払えば解放されることを見込んでの傍若無人は小笠原で学習していないのか?
密漁に関しての違法行為は日本人と外国人を分けて規定すべきだ。(法制度での国籍による区別は差別ではない)

夕方、仕事の打ち合わせで池袋にいたのだが、何年かぶりに行った池袋の変わりようにはいささか驚いた。
学生時代、臨時の下宿生活で池袋西口から10分くらいの場所に住んでいたことがあるが西口のロマンス通りあたりは怪しげな場所ではあったものの、汚いことを除けばまあ都内では普通の大きな駅前だった。
しかし、今は西口から北口にかけては完全にチャイナタウンと化している。支那の食材屋の多さには驚き。既に『東京中華街』というネーミングもあるそうだから驚き。そのうち横浜の中華街を凌ぐ規模になりそうな勢いだそうだ。
歩いているだけで、支那語の甲高い会話が聞こえてくるのには参った参った。
支那人が日本国籍を取り日本に同化していくのならそれはそれでいいだろうが、華僑のコミュニティを放っておくと大変なことになる。何しろ支那は国防動員法のある国だ。

欧州でもパリ(13区だったかな)やデュッセルドルフにも大きなチャイナタウンがあるが、東京は池袋を中心に広がっていくのだろう。サンクトペテルブルクのように支那人の出資で開発されつつあるチャイナタウンもあるが、豊島区は都内でも年寄りの多い金の無い区のため、歯止めをかけないと本当に支那の飛び地のようになってしまいそうな気がする。生家のある文京区も少々心配だ。

好むと好まざるにかかわらず、いつかは決着を付ける日が来るように思うが(同時に日本が滅ぶ日?)、案外近いかなと思いながら台場まで帰ってきた。

PS. 今度は、支那南西部の広西チワン族自治区柳州市柳城県で宅配便の小包が計13カ所で同時爆発・・・。こっちはベトナムかな? 支那共産党崩壊までいかんかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 迷惑な隣国, 国際・政治 タグ: , , , , , , パーマリンク

いつかは武力衝突する国 への9件のフィードバック

  1. 池袋には夜行バスでたまに行きますが、確かに外国人が多い感じですね。早朝からやっているカツ丼屋さんのお姉さんはおそらく中国人でしたし、予算の関係で宿泊所にした駅前サウナの一部の従業員は肌の黒っぽい、中近東あたり(あるいはインド)の雰囲気の男の人でした。
    日本人を雇うよりコストを抑えられるからでしょうか?

    • argusakita より:

      おはようございます。
      多いですよね・・・。コストもそうですが、東京では日本人がやりたくない仕事はどんどん外国人に置き換わっている印象があります。都内のコンビニなどで日本人店員を探すのはもはや至難。
      インド系かアラブ系か見極めが難しい場合ありますね、平井堅とか・・・おいおい(^^)
      海外で、外国人に『コニチワ』とか話しかけられるとちょっと嬉しい(油断はいけませんが)じゃないですか?
       
      インド系かなと思ったら両手合わせて『ナまステ』、アラブ系だと思ったら『まルハバ』(どちらもアクセントは平仮名の部分)と思い切って言ってみてください。両方とも『こんにちは』みたいなオールマイティです。本当は秋田弁の『どーも』みたいな気軽な挨拶ですが。
      マルハバはイスラミックじゃない人がイスラミックに向けて使う挨拶です。トルコなどはこれで十分。
      イスラミック同士の挨拶はちょっと長いし細かくて面倒です。

      日本人なんだからきっと相手もニッコリしてくれますよ。要はきっかけですから。地球の裏側から来ている人間にはちょっと嬉しいはず。
      後は日本語だろうが秋田弁だろうが英語だろうが滅茶苦茶身振り手振りで頑張りましょう。相手も頑張ってくれます。

  2. 大和は圀のまほろば より:

    一人は脱北者でもう一人は元朝日新聞?の社員(契約社員かも)・・
    中朝国境の町で北朝鮮の取材のために訪中(月に一回)テレビ新聞等に情報提供
    もう一人は現在中核派に所属しているようです

    ネットではバンバン情報出て居ます
    (多分95%本当のことだと思います)

    • argusakita より:

      中核派ですか・・・。
      昔、池袋にちょっと臨時下宿で住んでいた頃、中核派の拠点があって全部の窓に鉄格子があって異様なビルでした。
      旧国鉄動労など今のJR東日本にはシンパも多く秋田はその流れの社民党支持の都落ち左翼が多いはずです。
      県庁前でデモしたりするのは大体がその流れの年寄り”同窓会”で、きっと家の押し入れには白いヘルメットに文字(中核やZ)があるだろうななんて想像しています。ちゃんと被ってくれば、懐かしいと思うノンポリの観客も集まるでしょうにね(^^)。

  3. 嫌韓 より:

    安保法制も通って、実行するかどうかは別としていつでも竹島に対処できるなと思うことや次々に出てくる南朝鮮の軍の兵器・装備の笑い種を見ると南朝鮮はどうでもよくなってきたので「嫌韓」もそのうち変えます。残るは在日だけです。

    この広西チワン族自治区の爆発(テロでしょう)は今朝もあったみたいで、続きそうですね。ひょっとすると共産党の弾圧目的の自演なのかもしれませんが、各自治区で同じようなことが続くと共産党の崩壊も少し期待してしまいます。
    大きすぎる中国はいくつかに分裂したほうが周辺国あるいは世界にとって良いことですよね間違いなく。
    共産党さえ無くなれば、分裂した国(?)のいくつかは案外日本ともうまくやっていけそうな気がするのは楽観過ぎるでしょうか。

    • argusakita より:

      >残るは在日だけです。
      まさに、それな!という感じですが、本当に南朝鮮はもうどうでもいいですね。

      >大きすぎる中国はいくつかに分裂したほうが周辺国あるいは世界にとって良いことですよね間違いなく。
      同感ですが、支那に詳しい知人に言わせれば、内陸部は四川のように地震災害の多い場所や甘粛省のように放射能まみれの場所や土壌・水質汚染が酷い場所が多すぎ、実際には無人の荒野が大半になる可能性があるそうです。
      イコール、億単位の大量の経済難民の発生のほうが世界、特にアジアでは最悪のシナリオだと。それも一理ありそうです。
      ある試算では人口2,300万の台湾は7-8倍くらいになるのではということです。

    • argusakita より:

      爆破事件直後、容疑者逮捕とか流れていましたが、DNA鑑定の結果爆発現場で死亡していたと環球網が発表
      どうなってるかさっぱりわからん国だ。
      死傷者は51人となっているが相変わらずアテにならない情報。

  4. argusakita より:

    お茶の水からタクシーで秋葉原方面に移動中、万世橋交差点で噂の『爆買い』を発見。
    ラオックス(既に支那資本)の近辺はとんでもない状態。デカいワゴンに家電製品の箱を山積みにしてウロウロしている。あの荷物どうするのだろう? バスの添乗員だろうか、何かに向かって旗を振っている。まるで何か動物の調教師だな。
    背負う、両手で持てるだけ持つ・・・あり得ない(^^)。確かに噂通り炊飯器の箱が目につく。ついでに日本の安全な美味いコメを買っていってくれと。
     
    30年程前、パリのオペラ座近くのアパルトマンにいた時は近くの日本人向け免税店(経営者が日本人だったかな)で観光バスが着くたびに日本人が降りてきて買い物をして帰っていたが、せいぜい紙袋2つ3つ。フォションのアップルティーやマキシムのジャムあたりを買ったのだろう。エルメスは免税店には無かったはずだ。
    もはやそんなものは日本ではどこでも買えるようになったこの30年。豊かになったともそうでないとも言えそうだ。
     
    支那人の一部の生活水準が日本の30年前になったと思えばある意味微笑ましい光景ではあるが、あんなに殺気立った雰囲気は日本人観光客には無かったな。大抵は行儀よく、静かにNIKONやPENTAXの一眼レフを首から下げていた(^^)。
     
    ああいう支那の連中に秋葉原の経済、いや家電業界は相当な部分を支えられているのが現実か。

  5. argusakita より:

    読売新聞によれば、日本と支那の間の偶発的な衝突を防ぐ『海上連絡メカニズム』を作るための日本側の文書案に支那が反対しているらしい。
    既に合意している、
    ・自衛隊の海上・航空幕僚長と中国海軍・空軍司令官との間のホットライン
    ・艦船や航空機が接近した場合の通信連絡要領、プロトコル
    に加えて日本側が尖閣諸島周辺への侵入を防ぐため、連絡メカニズムの対象範囲に領海・領空を加えないよう提案したようだがこれに反対しているという。

    どうしても領海・領空を主張し、一戦交えるつもりなのだろう。

コメントは受け付けていません。