マイナンバー、予想通りか予想外か・・・

今回、帰国した目的の一つはマイナンバー(個人、法人)に関する細かな情報の取得と運用に関する時期的な目途を把握することもあるのだが、いろいろ芋づる式に明らかになってくるのはやはり当初から言われている『政府(国税)にとっての利便性が9割方』で、管理される国民や法人にとっての利便性が出てくるのはまだ当分先の話だということだ。(もしかしたら国民がそれなりの利便性を享受することは永遠に無いかもしれない)


仕事柄、金融機関で開発が進められているマイナンバーと各種情報との連携に関する仕様が聞こえてくるため、あれとこれが連携するのだなといった断片的な情報は多数あるものの、全体のスケジュールについてはどうもよくわからない。しかし、ある程度は知っておく必要がある。
ちなみに、金融機関関連の開発現場は今はミニバブル&強烈な人手不足の状態である。おそらく2017年末くらいまでは過労死が出るくらいだろう。

マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の行政手続きで必要になるというのが建前で、年金給付や健康保険適用を国民に行う、あるいは税の還付を正確に行う、災害時の生活支援や再建に使用されるというのが政府側の言い分だが、既に施行前から改正法案が出ている通り金融機関での連携利用もしっかりとスケジューリングされていて、とりあえずは社会保障税、所得税、資産税等の徴税が最優先で施行されていくようだ。(国税だけがマイナンバーに関するシステムに関して突出しているのがその証左だろうし、国交省などは災害&マイナンバーに関する情報を探してもほとんど無い)
災害時の云々はあまりにも徴税目的ばかりが目立つ総背番号制であるため、この印象の緩和を狙った後付けのお為ごかしに過ぎないだろう。マイナンバー=徴税・課税番号である。

まあ、ここまではマイナンバー制の法案が通った時点で半ば諦め感とともに予想されたことであり、従来、税捕捉の難しかった自営業や農業などの納税をきちんとさせるということや在日・ヤクザ等の不正やパチンコ・風俗の脱税を低減することは大いに結構なのだが、今回、仕事に関連していろいろ調べた限りでは、
『え、そんな仕組みで運用できるのか?』『そんな理想形はいつ実現するのか?』
というのが正直な感想である。

筆者の場合でいえば現在は日本人の社員さんはいないものの、中長期在留外国人にもマイナンバーが付けられることや、今後日本人を雇用する可能性を考慮するといろいろな社会保障、税関連の書類に波及する。いい加減、労災と年金と健康保険は一元化してくれと。ハローワークの求人・求職業務はリクルートのような民間にでも放り投げろと。(^^)
法人(法人にも13桁のマイナンバーが振られる)で捉えた場合、国内だけでの商売をしている企業はまだしも(これも書類と手続きが多数増えるだろう)、海外に拠点がある場合に必要な(国によって異なる)公印確認やアポスティーユは外務省管轄、登記関係は法務省、輸出入(関税以外の許可等)は経産省、税金その他は税務署(財務省、国税局)、そして社会保障関係は厚労省と縦割りになっていて、場合によってはある省の管轄のある書類が無いとこっちの省の管轄のこの書類が作成できない・受理されないといったことはよくあることだが、この仕組みの中にマイナンバーの仕組みが全く取り入れられていない、いつになるかわからない、既に対応が具体化しつつあるといった具合に悲惨なほどバラバラだ。
しかもこれらの一部が、国ではなく自治体レベルで必要になるものもあり、ほとんど整理されていない。マイナンバー以前にこういった縦割りや二重行政の弊害を省くなり、仕組み(イコール書類)を廃止するなりしない限り、マイナンバーなど導入しても何の利便性の改善にもならないし、巨大なデータセンター構築やその人員に膨大な税金が投入されるのでは一体プラスマイナスのどっちなのか全く不明だ。そもそも“優秀”な公務員に複雑な業務をどっさり追加することになり人的要因によるミスを増やすことにしかならないではないか。それこそ、政府にとっても国民にとっても互いに不幸な構図だ。高みの見物はそういった新規の機関への天下りする連中だけだろう。

実際、某役所の人間は『今でさえ統一や紐付けされていない複数の番号付けが沢山あるのにマイナンバーは問い合わせの範囲が限定されていたりで現場を混乱させるだけ』と腐りきっていた。全くその通りだろう、連中の業務は100%法的根拠のあるもので、それを変えない限り勝手に廃止や簡便化や統合などはできないのだから。
法人登録番号がマイナンバーになるだけで印鑑証明カードのあの意味不明な多数桁の数字との連携も取れていないなどの状態はどこが『利便性』につながるのかまるでわからない。
また、別の某役所で、法人にもマイナンバーが割り振られるなら、筆者が以前書いたように消費税(JCT)も日本の請求書方式ではなく欧州型インボイス方式にしたほうが正確かつ取りっぱぐれが無いだろうという話題になったが、それを嫌がるのがlawmaker(=政治屋)達なのでどうしようもないと・・・。そもそも自己改革の出来ない根っこが腐っている話なのである。
さらに、システム変更をしようにも予算が無いことやシステム開発を請け負う業者の人手がほとんど民間の金融機関のシステムに取られているため見通しが立たないということだ。
“マイナンバーのICチップを読み取ってポータルにログインし手元のPCから自分の情報を確認できる”といったPR文句は技術的には全く問題は無いものの、手元のPCにICチップを読む機能・デバイスを強制的に付けろということか・・・。

また、マイナンバーの運用について民間側でのナンバー管理の責任が予想以上に大きく、当面(普及するまでか)厳しい罰則規定は無さそうなものの、ITに関するスキルの低い企業ではセキュリティを含めて大変な重荷になる可能性がある。扱い方によっては従業員に訴えられる事案が多くなるかもしれない。
ガイドライン等に書かれている “マイナンバーを記録した書類や電子媒体は鍵の付いたロッカー等に保管” という文言には噴飯どころか眩暈がする。
青銅器も無い石器時代の原始人に”刃物研ぎ”をプレゼントするようなものだ。

よく、ネット掲示板などでマイナンバー導入で困る人は脱税をしている奴といったアホォなものを見るが、(少なくとも普及するまでは)個人に関するあらゆる証明書類(戸籍や住民票や出生、婚姻、死亡証明書等)にもこのマイナンバーが使われるはずで、全て行き渡るまで国民一人一人が非常に面倒な手続きの世界に引き込まれ時間を無駄に取られる。それらの証明書とリンクしているもの全てで面倒な手続きのやり直しを要求されたり旧システムとの併用を強いられることは間違いなく、困らない人は社会の仕組みとの関係が希薄な場合だけだろう。
国民全部がそれぞれ確定申告するなら問題はないだろうが、源泉徴収や住民税の一覧などが自治体から職場に送られる現在の仕組みでは、本職の職場に内緒で副業をしている会社員や公務員(結構いるんだなこれが)も副業禁止規定がある場合には問題も出てくるだろうし、風俗などで夜のバイトをしている女性などは何かとやっかいな問題になるはずだ。
自営業や農業(特に兼業農家)も今後はグレーな自家消費の部分はなかなか思うようにはいかないだろう。
そうなると、副業は辞める、旨みの無い自営業も廃業、農家は耕作放棄などが出てきて、生活保護のほうがマシといったモラル崩壊が起きると、一時的には『マイナンバー不況』が来るかもしれない。

また、マイナンバー導入で所得課税や資産課税が気になる人は細かいことは自分で必要に応じて調べるべきだが、様々な点で2018年末がリミットであることを認識しておく必要があるだろう。極端な話、富裕層が日本国籍を捨てて海外移住を考えるなら2018年末がギリギリの期限だろうということだ。
さらに、どんなに日本が好きでも日本の税や社会保障制度に納得がいかないので脱出を考えているという人も2018年以降は、日本脱出は裸同然になる覚悟が要求されるようになりそうだ。

様々な行政改革を実施し、仕組みの整理をしてからのマイナンバーならばそれなりに納得したかもしれないが、マイナンバーありきで始める今回はセキュリティを含めて相当な混乱と困難が予想されるものの、意識的に脱税していない限り、指摘された時点で修正なりに応じていくしかないなとこれまた想定内の結論を得た。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 社会・経済, 国政・国会 タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

マイナンバー、予想通りか予想外か・・・ への16件のフィードバック

  1. やっちゃん より:

    また訪れてみました。いろいろな情報をありがとうございます。
    < 極端な話、富裕層が日本国籍を捨てて海外移住を考えるなら2018年末がギリギリの期限だろうということだ・・・
    ということですが、これは富裕層だけが、問題ということでしょうか。一億円以上のものは、日本においておかなくてはならない、ということきいたことがありますが、そういったことでしょうか。

    国籍を捨てないといけない理由はなんでしょうか。日本に住民票がなければ、マイナンバーはつけられないものと思ってましたが。

    また、< 2018年以降は、日本脱出は裸同然になる覚悟・・・とありますが。裸同然とは、富裕層でなくても、少しも財産を、持ち出せないってことでしょうか。例えば数百万円ほどの親の遺産とかも外国に送金できなくなってしまうということでしょうか。

    • argusakita より:

      こんばんは。
       
      既に金融機関の証券会社や金融商品取扱い会社等はこの年末あたりから口座にマイナンバーを要求してくるはずです。
      2018年末までにはあらゆる取引口座(オンライン、オフライン問わず)やクレジットカード類も全てマイナンバーを届け出させて、出さない場合は凍結等の処理をすると思われます(ただし、法律の成立次第でしょうけれど)。財産権の問題があるので破棄、国庫没収というわけには簡単にはいかないと思いますが、もっと時期が早くなる可能性もあります。
       
      >これは富裕層だけが、問題ということでしょうか。
      いえ、全ての人に共通ですが富裕層はそれなりに『方法』を持っている人もいるでしょうから富裕層と書きました。犯罪を助長するわけではありませんので誤解無きよう(^^)。
       
      一億円という縛りはどこから出た話でしょうか? キャッシュでしょうか?
      某製紙会社の御曹司はマカオにもっと持ち出していたのではなかったでしょうか。
       
      マイナンバーは住民票に対して発行されますから戸籍は関係ないと思いますが、相続税などは住民票ではなく戸籍が絡みますし、あまり独立して考えることも無理があるかもしれません。
      戸籍があるが住民票が無い状態で日本に住むことは現実的にはほぼ不可能でしょうし、住民票はあるが戸籍が無い、しかし国籍は日本というケースも現実にあります。
      パスポートは戸籍が必要です。この場合、国籍と戸籍はリンクしています。
      税金は住民票にリンクしているもの、戸籍にリンクしているものとありますし、いろいろなケースがあるので個別のケースは役所で正確な情報を入手してください。
       
      ドイツと日本の重国籍は100%不可能ですよね、今でも。ドイツとは相互に情報共有していますから。日本は重国籍を認めていませんから他の国籍を取得したら日本国籍は早急に捨てないといけませんが、重国籍を認めている国との間では技術的には可能でしょう。
      ※このテの話を詳しく書くと『犯罪者』あるいは『幇助者』呼ばわりされるのでやめておきます(^^)。
       
      >例えば数百万円ほどの親の遺産とかも外国に送金できなくなってしまうということでしょうか。
       
      そういうわけではありませんが、手続きは嫌になるくらい面倒になるだろうと予想します。
       
      普通に考えると一生懸命働いたり節約して溜めた大事なお金を守りたい場合は現金で持つ(箪笥預金)人が増えるだろうと思うので、取り付け騒ぎにはならないでしょうが、ますます銀行は人気が無くなりますね。

      すみません、ダラダラと。

      • やっちゃん より:

        わたくし、カネの話には、全くど素人ですので、うわさの次元で書いてます。
        日本のある実業家が、一億円以上のものを、海外にもちだしてはいけないことになっている(将来的に?)というようなことをおっしゃってました。自分には関係ないことなので、いいかげんにきいてましたので、詳しいことはわかりません。

        相続税は戸籍に関わるとのことですが、、、たとえ、子が、日本国籍を捨てていても、相続することはできるはずですので、その場合も、日本の国税局に税金は払うということになるのではないでしょうか。

        そして、日本国籍を持っている者がすべてコントロールされるとなれば、重国籍を持っているものも、同じように、コントロールされるので、何も得はないのではないでしょうか。(文章を、間違って理解したかしら?)

        • argusakita より:

          相続の話と海外持ち出しの話は別のモノだと思いますが、それぞれその解釈でよろしいのではないでしょうか。
          最悪日本と他国の両方で課税されることもあり得るでしょうからケースバイケースでしょう。
          税務は最終的には税務署とご相談いただかないと・・・。

  2. 一納税者 より:

    こんばんは。ご無沙汰しています。

    リンクされているPDFをダーッと眺めたら30ページあたりからの特定個人情報ファイル記録項目って3,200以上、消費税は360以上あるんですね。これが最低20年間保存されるわけですか!
    マイナンバーにこれだけのデータ項目がリンクされるなんて驚きでした。
    考えてみたら、しっかり正確に税金を計算してくれるのはありがたいですが、それにミスが全く無いことも本人が確認できるシステムが欲しいです。

    何だか税金のために働いている錯覚を覚えます。何だかやだなぁ…。

    • argusakita より:

      そうなんです。数千の項目(全部が全ての人に関係するものではありませんが)には呆れますよね。もっと税制そのものをシンプルにして税率で調整とかいう発想や思考は無いのかと不思議です。国税から見たら日本国民は丸裸だと(^^)。
       
      納税は確かに国民の義務ですが、税金の使い道にクレームを出す<実効のある>権利行使や相手先は現実的にほとんど無いのはやはり心情的には納得できませんよね。

  3. blogファンその1 より:

    国税局としては将来的に戸籍なんて不要で、マイナンバーさえわかれば居場所から収入から資産から何でもほぼリアルタムに捕捉できることを狙っているのでしょうね。

    日本人である証明とも言えそうな戸籍が無くなるのは何か気持ち悪い。
    まあ、戸籍というシステムが無いほうがいい人もいつのでしょうけれど。

    • argusakita より:

      >国税局としては将来的に戸籍なんて不要

      そうだと思います。相続税をもっと効率化したいはずですから。相続税なんて100かゼロのどっちかでいいと思いますが。
       
      戸籍の件は敢えて書かなかったのですが、確かに現在、DV被害者の子供で戸籍の無い人が全国で数百人いるそうです。非常に気の毒な話で、この救済についての国レベルでの議論や対策は早急に進めるべきですが、マイナンバーが出来たからといって戸籍制度そのものが不要・廃止といった安易な議論は阻止しないといけないと私は思っています。
       
      戸籍の問題は夫婦別姓の問題などとともに日本人の文化・歴史論的な議論に便乗して朝鮮人による『過去の改竄・ねつ造』の問題があり、不要・廃止論には注意が必要でしょう。
      自分のルーツに興味が湧いたときにマイナンバーしか出てこないのでは寂しいですし。
      支那にも戸籍がありますが現在はほとんど無意味なものらしく、世界的に見ても戸籍制度はほぼ日本固有の歴史的文化とみて良さそうです。
       
      私の生家では先祖が何を考えていたのかわかりませんが、明治初期・末期、大正の戸籍、昭和初期と30年代と戸籍謄本(いずれも見事な手書きですが紙の保存状態が悪い)が残っていて、ささやかな個人や家の歴史を感じます。特に明治初期のものはどの階級(●族)の出身かが書いてありますし、氏神(神社名)と菩提寺も書かれていて興味深いです。この様式の戸籍を壬申戸籍(様式も複数あるそうです)といいますが、日本では完全なタブーで法務局で保管されているはずですが公開は絶対許可されません。地域や人によっては新平民、元穢多、元非人と書かれたものもあるからですが(いずれも単なる階級の名称です)。
       
      これらの戸籍と仏壇にあった過去帳(1冊はボロボロで、転記したものと2冊)で私は1700年代前半まで家系を遡れましたが、昔は幼子の死亡が非常に多かったことがよくわかりました。(圧倒的に男子の死亡が多い。女子はしぶとい(^^))
      そんな(自分のために)個人の歴史を辿ることができるように戸籍制度は残して欲しいと私は思います。実験用のマウスではないのですからマイナンバーでは味気なさすぎる。
       
      夫婦別姓、墓不要論など時代の変化に伴う必然的な議論もありますが、日本の長い歴史や文化を壊したい一部の勢力が便乗した議論は注意しないといけません。
      昔は戸籍に親戚一族郎党全部載っていて『家単位』の戸籍ですが、今の戸籍は結婚つまり夫婦単位での管理ですから選択的夫婦別姓については私は容認派です。(なんちゃって)

      • blogファンその1 より:

        おはようございます

        ルーツ、そういえば1970年代にクンタ・キンテを主人公とした「ルーツ」というアメリカのTV番組が一時話題になりましたね。

        そうか、過去帳かと思って仏壇を調べましたが亡くなった祖母がどこかにやってしまったのかありませんでした。残念。いくつか位牌があるのですが正直、誰これ?状態です。
        確かに数字だけでは過去はわからなくなりますね。
        「あなたの戸籍と過去帳を未来永劫保存します!」みたいな商売でも始めようかな(笑)。

        • argusakita より:

          >クンタ・キンテ

          ありました、ありました。音楽がクインシー・ジョーンズだったなと思ってYoutube探したらありました。
          日本の時代劇映画でも十分使えそうな曲でした。

          過去帳ですが、位牌の戒名を作ってくれたお寺がわかるなら、そこにいけば必ず過去帳の控えがあるはずです。
          寺の重要な仕事の一つですから。

          >「あなたの戸籍と過去帳を未来永劫保存します!」みたいな商売でも始めようかな(笑)。
          確かに、紙ベースのものを長期保存する方法を私も模索しています。取り合えず脱酸素剤入れて密封していますが。

  4. きりたんぽ より:

    個人のご都合の主観に責任は果たして持てるのでしょうか???

    「マイナンバー制度」と「テロ財産凍結法の効果とは」 13分でよくわかります。どうぞご覧ください。

    • やっちゃん より:

      さくらのYoutubeを拝見しました。
      やあ、マイナンバー制度ってのは、テロ対策といいながら、実は、言論弾圧に、ひと役かっているわけですね。数年まえに、麻生さんが、「ナチの手法をつかって、国民のわからないうちに、すきにしようぜ」ってなことを、おっしゃってましたが、その一環なんでしょうかね。ナチの焚書事件は、実際、戦争の前兆でした。それに似たことになってるのかな。ああ、戦争に近づいているってことでしょうか。

      しかし、こういった、おどろおどろしい政策のせいで、多くの実業家とか、若いブレーンが、日本を飛び出してしまったら、日本は、戦争どころか、経済競争にもぼろ負けになってしまうじゃないですか。いったい、政府はどういう計算してるんでしょうか。
      わかる人、教えてください。

  5. きりたんぽ より:

    >日本国籍を捨てて海外移住を考えるなら2018年末がギリギリの期限だろうということだ。

    ブログ主様の主観にとても感銘を受けます。いつも宣伝ご苦労様です。

  6. 巡回親父 より:

    私は左でも何でもありませんが、チャンネル桜って最初はおっと思い期待しましたが、なんだかバイアスが強くかかっているようで面白くなくなりました。トランスデジタルの件も胡散臭かったのが印象悪くしましたし。
     
    マイナンバーはArgusさんも書いているように、テロ組織や脱税の温床と全く無縁であっても法人にとっては事務的に面倒なものを押し付けられた印象しかありません。
    そのせいか、中小企業では8割くらいが何も準備していないそうです。
    過渡的であることを期待しますが、こっちはマイナンバーでこっちは***番号みたいな並行運用事務(企業内外で)の負荷やコストは若干の控除があるもののセキュリティを真剣に考える金額にはなりませんし、率直に言ってウェルカムではありませんね。

  7. 予備役 より:

    きりたんぽさんへ

     貴殿は最近blog主にずいぶんと絡んでいますが、何か得るものがありますか?
     しょっちゅう他人のblogで長々とあまり関係ないコメントを書き、そんなにご自分の主張が正しいと思うのなら貴殿が自分でblogでも開設して御開帳されたらいいのではないですか?
     
     ここのblogはネットにゴマンとある食べ物や観光情報blogとは違うし、新しいニュースや記事を求めるよりもちょっと変わったモノの見方や切り口を提示してくれるので私は4年くらい前からファンです。
     物事の真実や正解(?)を追求するのは必要に応じて個々が行えばいいのであって、貴殿が議論(?)を吹っかけてもさほど意味は無いでしょう。そもそもblog主が貴殿と議論をしようという姿勢が無さそうです。
     
     お二人が互いに知り合いなのかどうかはわかりませんが、強いて言えば貴殿は人を批難するのではなく議論のポイントを示して何故それが議論(誤り等)なのかを指摘すべきです。
     見ている限りでは、ネット上の議論が苦手のようですが、誰かの言葉を借りると「嫌ならここのblogをクリックしなければいい」のでは?

  8. ブルーベリー より:

    安倍首相と日銀の黒田総裁の任期は、ともに2018年まで。
    日銀のバランスシートもその頃には破裂しそう。

    2018年はターニングポイントになるでしょうね。
    個人的には、2017年くらいから深刻になると思っています。

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中